「車のローン審査に落ちたらやばい!」方へ。審査の基準と事前準備をご紹介!

クルマ購入ガイド

「車のローン審査に落ちたらやばい!」方へ。審査の基準と事前準備をご紹介!

車がないと生活できないという人にとって、車のローン審査に通るかどうかは、非常に重要な問題です。

 

審査に落ちたくないという気持ちはあっても、実際審査で重要となるポイントを理解している人は少ないのではないでしょうか。車のローン審査にとおるためには、あらかじめ審査の基準を知り、できる限りの対策を取ることが大切です。

 

そこで本記事では、車のローン審査に落ちないために知っておきたい審査の基準と事前準備について解説します。車のローン審査にとおるために事前対策ができるようになるでしょう。

 

※目次※

1.車のローン審査に落ちたらやばい!場合に知っておくべき審査の基準

2.車のローン審査に落ちたらやばい人がやっておくべき事前対策

3.車のローン審査がやばいと思う人が知っておくべきローンの種類

4.やばい!車のローン支払いを延滞してしまった場合に起こること

5.今後も支払いが滞る可能性が高い場合に考えたい車の買い替え

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・ローン審査でチェックされる信用情報は重要ポイント!金融事故履歴がないかどうかをチェックして、万全の態勢で審査に挑もう!

・審査では安定した職業についていること、安定した収入があることが大切!審査前の転職や離職は避けよう!

・銀行系、信販系など、さまざまなカーローンの種類もチェック!金利を考慮しつつ、無理なく返済できるカーローンを選ぼう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローン審査に落ちたらやばい!場合に知っておくべき審査の基準

「地方に住んでいて車がないと生活できない」「仕事で車を使う」など、日常生活において、車に対する依存度が高い人にとっては、車のローン審査の合否は死活問題です。ここではローン審査に落ちないためにあらかじめ把握しておきたい、審査のポイントを解説していきます。

 

①信用に傷がつくような「金融事故」を起こしていないか

信用情報に「金融事故」の履歴があると、審査通過は非常に難しくなります。とはいえ普段はあまり聞き慣れない金融事故とは、一体どのようなことを指すのか分からない人も多いでしょう。金融事故として扱われる代表的なものは、以下の通りです。

  • ・ローン、クレジットカードの支払いが滞ったことがある
  • ・債務整理をした
  • ・自己破産をした

 

これらの金融事故履歴は信用情報に記録され、一定期間消えません。この期間は、ローン審査を通過するのは厳しいでしょう。金融事故履歴は延滞で約5年間、債務整理・自己破産で約5年~10年間、信用情報に記録として残ります。

 

②継続した雇用が見込めるか

アルバイトやパート、派遣社員、契約社員など、雇用期間に定めがあったり安定した雇用が見込めなかったりする職業の人は、ローン審査では比較的不利といえます。これは融資する金融機関などが、「安定して返済できるかどうか」を何よりも重視するためです。

 

特にアルバイトやパートは、一般的な正社員と比べて収入も低い傾向にあるとみなされてしまいます。仮に融資をしたとしても収入に対する返済比率が高くなるため、返済が難しいと判断される確率も高まるでしょう。さらに収入も安定性がないとして判断されることが多く、審査には通りにくいのが実情です。

 

③借入金と収入の比率は適切か

車のローン審査では、借入金と収入の比率=返済比率を非常に重視します。ここで注意したいのが、「借入金」には車のローンだけでなく、ほかの借入金も含むという点です。

 

ほかの借入金が多いと返済比率もそれに応じて高くなってしまうため、審査通過は厳しくなるでしょう。返済比率を求める計算式は、以下の通りです。

  • ・返済比率(%)=年間返済額÷年収×100

 

返済比率の基準は、ローンを取り扱う金融機関によって異なるものの、おおむね30%以内が審査通過の目安とされています。返済比率が30%を超えてしまうような場合には、審査にとおらない可能性が高まります。

 

④申告内容に虚偽がないか

「自分の条件を少しでもよく見せたい」と虚偽の申告をしてしまうと、審査で不利になるだけでなく程度によっては詐欺罪に問われる場合もあるため注意しましょう。

 

ローン審査では、借り手の収入や就業状況を確認するため、信用情報や収入証明書の照会、勤務先への在籍確認を行います。嘘をついてもすぐに分かってしまうため、正直に自分の現状を伝えましょう。

 

⑤スーパーホワイト状態ではないか

「スーパーホワイト」とは、借入経験がまったくないことをいいます。つまり、個人信用情報に履歴情報の記載が一切ない状態のことです。

 

債務整理を行った場合も同じような状態になります。債務整理を行うと約5年~10年の期間、クレジットカードや新規のローンの利用はできません。その期間を過ぎると以前の信用情報の登録情報がすべて消えてしまいます。

 

こうした「ホワイト」状態だと、審査を行う金融機関はその借り手がしっかり支払いを行ってきたのかを過去の取引履歴から判断できません。支払い能力の信頼性を判別できないという点から、ローン審査においてスーパーホワイト状態は非常に不利といえます。

 

車のローン審査に落ちたらやばい人がやっておくべき事前対策

車のローン審査で不利となる条件にはいくつかあります。その条件をクリアするための対策をすることが大切です。ここでは、ローン審査に通過する確率を上げるための事前対策について解説していきます。

 

①自分の信用情報をチェックする

自分の信用情報を確認するには、国が信用情報の管理を委託している「指定信用情報機関」に問い合わせましょう。

 

指定信用情報機関は3機関あり、それぞれ情報の取り寄せ方法、料金が異なります。

指定信用情報機関名

個人信用情報の取り寄せ方法

料金

CIC

(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関)

インターネット・郵送・窓口

インターネット:1,000円(クレジットカード一括払いのみ)

郵送:1,000円(ゆうちょ銀行発行定額小為替証書)

窓口:500円(現金)

JICC

(日本情報信用機構)

インターネット・郵送・窓口

インターネット:1,000円(クレジットカード、コンビニ払い、など)

郵送:1,000円(ゆうちょ銀行発行定額小為替証、クレジットカード)

窓口:500円(現金)

KSC

(全国銀行個人信用情報センター)

郵送のみ

1,000円(ゆうちょ銀行発行定額小為替証)

 

(参考:『CIC(割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関)』)

(参考:『JICC(日本情報信用機構)』)

(参考:『全国銀行個人信用情報センター』)

 

②ローン前の転職・離職を避ける

ローン審査の前には、転職や離職は避けましょう。ローン審査は、勤続年数が長ければ長いほうが有利です。勤続年数が1年に満たない場合には、審査通過は厳しいでしょう。

 

これは多くの金融機関が、勤続年数=職業の安定性として「勤続年数1年以上」を審査の最低基準に設定しているためです。ローンを取り扱う金融機関は、勤続年数を収入や職業などの条件と同様に重視するため、「勤続年数1年以上」は確実にクリアしておきましょう。

 

③借入金額を少なく抑える工夫をする

借入金が少なくなれば、それだけ審査通過の確率は高まります。そのため、以下の対策を取って、借入金額を抑える工夫をしましょう。

  • ・頭金を用意する
  • ・購入予定の車を再検討して安いものに替える
  • ・キャッシングやクレジットカードなどの他社の借り入れを減らす、など

 

特に返済比率が基準をオーバーしていたりギリギリだったりする場合には、借入金の減額は有効な手段です。

 

④自分の収支状態を明確にしておく

自分の収入や支出の状況をしっかり把握できているという人は、意外に少ないのではないでしょうか。大まかに把握していても「細かくチェックすると、ところどころ認識が間違っていた」というケースもあります。

 

車のローン審査では、虚偽申告は審査通過を危うくする要因のひとつです。「分からず、適当に記入したら結果的に嘘の申告をしたことになってしまった」などのトラブルを招かないように書類を集めるなど、自分の収支状況を明確にしておきましょう。

 

⑤クレジットカードの使用などでスーパーホワイト状態から卒業しておく

スーパーホワイト状態だと、金融機関は借り手の支払い能力や信頼性を判断できません。金融機関が「貸しても返済してくれる」と判断できるようにクレジットカードを積極的に利用する、携帯電話を割賦払いで購入するなど、金融サービスの取引実績を作りましょう。その際には、支払い期日は守るよう徹底することが大切です。

 

車のローン審査がやばいと思う人が知っておくべきローンの種類

車のローンは、私たちが普段買いものなどで利用するカードローンと比べ、1%後半~8%と金利が低いのが特徴です。車のローンにはいくつかの種類があります。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分の条件に適したものを厳選しましょう。ここでは、あらかじめ知っておきたい車のローンの種類について見ていきます。

 

銀行系のカーローン

銀行や信用金庫などの金融機関が提供するカーローン最大のメリットといえば、金利の低さです。銀行系カーローンの金利は1%後半~4%未満と消費者金融系のカーローンに比べ、半分以下の低水準となっています。

 

また、車の所有権はローンの契約者にあるため、車の買い替えやローンの借り換えなどをする際、名義の変更の手間がない点も金利と並ぶメリットといえるでしょう。

 

しかし審査は、ほかのカーローンの中で、もっとも厳しいのが特徴です。審査にかかる時間も1週間程度と長く、手続きに多くの書類を用意する必要があります。

 

信販系のカーローン

信販会社というとオリコやジャックスなどが代表的でしょう。信販系カーローンは、審査が早く、車の購入時にオートローン契約書に記入するだけで契約を結べます。

 

30分~1時間、長くても当日中には審査結果が下りるため、銀行系カーローンのように再度本契約に足を運ぶ必要はありません。また審査基準も比較的ゆるめで、事前に準備する書類も少なく、手続きの手間はほとんどないでしょう。

 

手軽で便利な信販系カーローンですが、その反面、金利が高い点が最大のデメリットといえます。金利の相場としては4%~10%以下となっていて、銀行系カーローンと比べると高い水準です。

 

ディーラーローンは信販系ローンの一部

ディーラーローンのほとんどは、信販会社を通じて融資を行っています。そのため、ディーラーローンと信販系ローンの条件は、ほぼ同じといえるでしょう。

 

ディーラーローンは返済が完了するまでは車の所有権がディーラー側にあるため、審査にとおりやすいのがメリットです。ローンの取引数の多いディーラーから申し込んだ場合、通過率が高くなる可能性もあります。

 

用途が自由な消費者金融系ローン

プロミスやアイフルなどが代表的な消費者金融系ローンは、カーローンの中ではもっとも審査がゆるいのが特徴です。審査にかかる時間は最短1時間程度と短く、融資スピードが早いのもメリットでしょう。

 

デメリットは、金利がカーローンの中でもっとも高い点で、15%を超える高金利が主流です。車の購入費用は高額なため、金利が高いと返済額が増え、毎月の収支を圧迫しかねません。消費者金融系ローンを車のローンで利用することは、避けたほうがよいでしょう。

 

残価設定型クレジットローン

残価設定型クレジットローンとは、一定期間後にディーラー、もしくは借入者が車を買い取ることを条件に、その買取予想価格を差し引いた金額を分割返済していくローン形態のことです。

 

近年、ディーラーや販売店が力を入れているローンの一種で、ディーラーローンの一形態として定着しています。買取価格の相場は3割~5割程度の場合が多いため、残価設定型クレジットローンの返済額は通常のカーローンの5割~7割程と安くなるのがメリットです。

 

金利も通常のディーラーローンに比べ低く、4%を切るものもあります。一方、残価設定型クレジットローンは買取を前提としているため、走行距離や車の傷・汚れなどの制限が契約時の条件となる点はデメリットといえるでしょう。

 

カスタマイズも禁止となっているため、車の利用はレンタルしている感覚で慎重に行う必要があります。

 

やばい!車のローン支払いを延滞してしまった場合に起こること

「失業してしまった」「給料が一気に下がった」「維持費の負担が大きすぎた」などの理由によって、車のローンの支払いが滞ってしまう人は少なくありません。

 

ここでは、もし車のローンの支払いを延滞してしまった場合に起こることを解説していきます。

 

延滞してから車が引き上げられるまでの流れ

ローンの滞納を放置すると、最終的には車を手放すことになるでしょう。ローン支払いの延滞から車の引き上げまでのおおまかな流れは、以下の通りです。

  • 1.金融機関やローン会社から電話や督促状で支払いの催促が来る
  • 2.1の後も2~3か月滞納が続いた場合、最後通告が来る
  • 3.2にも応じなかった場合、金融機関やローン会社が車の引き上げを行う

 

督促状が来ても支払わなかったらどうなるか

督促状が届いた後、2~3か月経っても支払いを行わなかった場合、最後通告が届きます。最後通告には20日程度の支払い猶予期間が設定してあり、その期間内に支払わなければ以降分割払いによる返済はできません。

 

信販系カーローン・ディーラーローンの場合は、車の所有権がローン完済まで信販会社にあります。返済ができないのであれば、車は信販会社に引き渡します。

 

最後通告が来てからできること

最後通告にも応じず、分割返済ができなくなってしまった場合、ローン会社の多くは残額の一括返済を求めてきます。しかし、ローンの残額が多いと一括返済は難しいでしょう。

 

仮にローン会社が、残額の一括返済を求めてきたとしても、まずは滞納分を支払ってローン会社の不信感を払拭するよう努力するのがおすすめです。

 

滞納金の精算によって返済する意向があることを伝えれば、車の引き上げはせず、残額の分割返済を容認してくれる可能性もあります。

 

今後も支払いが滞る可能性が高い場合に考えたい車の買い替え

家計状況が苦しく、今後もローンの支払いが滞る可能性があるなら、車の買い替えがおすすめです。価格が安く、長く乗れる車に買い替えることでローンの負担額が減り、返済比率も低くなるため、毎月の収支に余裕が生まれるでしょう。

 

ネクステージでは、低価格で長く乗れる良質な車を豊富に取り揃えています。車の買い替えをご希望でしたら、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

 

まとめ

車が必需品という人にとって、車のローン審査にとおるか落ちるかは生活を左右する重要な分かれ道です。ローンの審査を無事通過できるよう、審査の基準やカーローンの種類を知って、あらかじめ対策を打っておきましょう。また、場合によっては安い車に買い替える選択肢も有効です。

 

ローンについてご不明な点やお困りのことがあれば、ぜひお気軽にネクステージにご相談ください。ネクステージが誠意を持って、お客様にとってベストな選択肢をご提案します。

気になる車種をチェックする