マイカーローンの審査は甘くない!ローンに通るための攻略法とローン以外の選択肢

クルマ購入ガイド

マイカーローンの審査は甘くない!ローンに通るための攻略法とローン以外の選択肢

新車を購入する際、支払い方法として「マイカーローン」が選択できます。費用の負担を分割するために便利な方法ですが、すべてのユーザーがローン審査に通過できるというわけではありません。審査に落ちる理由や、ローン会社の定める基準が気になっている方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、マイカーローンを申し込む前に知っておきたい情報を詳しく解説します。契約先を選ぶポイントをつかむきっかけにもなるでしょう。後半では、ローンに頼らなくてもよい方法をご紹介します。

 

※目次※

1.マイカーローンの審査に「絶対」はない!

2.マイカーローン審査に落ちる理由

3.マイカーローン審査に通りやすくなるための対策

4.審査基準はローンによって異なる!選ぶポイントは?

5.ローンに頼らなくても車は購入できる!

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・マイカーローンの審査は、収入状況やほかの借入額によって落ちる可能性もある。リスクを下げるためには信用情報の更新を待つ決断も大切。

・ローン会社やプランは「自分に合っているかどうか」を基準に選ぼう。審査の通りやすさと金利も重要なチェックポイント。

・ローン審査が不安な方は、中古車から目当ての車を探すのもおすすめ。値下がりが期待できる時期も把握しておこう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

マイカーローンの審査に「絶対」はない!

車の購入時、ディーラーやローン会社と契約して分割払いに対応してもらう方法が「マイカーローン」です。月々決まった金額を中長期的に支払い続ける必要があるため、返済能力の有無を判断する審査を受けます。

 

「マイカーローンは通りやすい」と考える方もいるかもしれませんが、100%契約できるものではありません。収入やほかのローン状況によっては落ちる可能性もあります。一括で支払う負担を減らすためには魅力的ですが、ローンを組めないリスクも把握しておきましょう。

 

マイカーローン審査に落ちる理由

ローン会社は、マイカーローン申込者の支払能力を判断するために複数の要素をチェックします。信用情報の内容は重要な基準です。ふだんは意識することの少ない部分ですが、そのような情報がマイカーローン審査に影響するのか把握しておきましょう。審査に落ちる理由を、5つのポイントに分けて解説します。

 

過去に滞納したことがある

クレジットカードの支払いが滞ったり、住宅ローンを滞納したりといった経験がある場合は、マイカーローン審査に落ちるかもしれません。支払い遅れや滞納は信用情報に記録されるためです。「うっかり忘れていた」という場合は影響しない可能性もありますが、回数が多い方は注意したほうがよいでしょう。

 

家賃の支払いをクレジットカードに設定している方や、スマートフォンの分割払いを適用している方も注意が必要です。一度の滞納でも、信用情報には長期間残ることを理解しておきましょう。

 

申込み書類に誤った情報を記載している

書類には、自身の名前や住所のみならず仕事内容・収入などの記入も求められます。記載内容と事実に矛盾があった場合は「信用できない」と判断され、審査に通る確率が下がるでしょう。

 

記載した金額よりも実際の収入が少ない場合は、リスクが高くなりやすいといえます。悪意がなくともリスクの高さは変わらないため、ローン会社が数字で判断していることをしっかり把握しなければなりません。勤続年数や収入は明確にしてから反映することが大切です。

 

複数から借入している

住宅ローンをはじめ、現在ほかに返済中のローンがある場合は審査に落ちる可能性が高まります。マイカーローンのみで考えると問題はなくとも、ほかのローンも合わせると支払いが困難になると判断されるためです。

 

ローンを複数組むこと自体は問題ないものの、契約数が多いほど、ひとつの金額が高いほどリスクが高まるといえるでしょう。現在ローンを返済中の方は、マイカーローンの借入額を減らしたり返済を終えてから申し込んだりといった手段を考慮する必要があります。

 

収入に見合わない借入を申込みしている

マイカーローンでどのくらい借りられるかは、現在の収入を基準に判断するケースがほとんどです。収入が多いほど高額な借入が可能になるため、審査の通りやすさは収入に比例するともいえるでしょう。

 

収入に対して極端な金額の借入を申し込んだ場合は「支払能力がない」とみなされる可能性があります。何度も申し込めるものではないため、生活費を含む月々の出費と収入のバランスを把握したうえで借入額を決めると安心です。

 

ブラックリストに登録されている

支払いの滞納が続いた場合や、自己破産などの債務整理を行った場合はブラックリストに登録されます。具体的には、以下のような経験がある方に注意が必要な要素です。

  • ・3か月以上支払いが遅れている
  • ・数か月の支払い遅れを何度も繰り返している
  • ・自己破産や民事再生などの債務整理を行った
  •  

ブラックリストの対象者になると、情報が抹消されるまではローンの契約ができません。信用情報を登録する機関によって異なりますが、5年~10年は情報が残ると考えたほうがよいでしょう。

 

マイカーローン審査に通りやすくなるための対策

「審査に通るか不安……」と悩んでいる方は、対策を講じてから申し込むのがおすすめです。マイカーローン以外の借入をなくしたり、頭金を用意したりといった方法が有効といえます。収入の影響力を考慮して、転職を控えることも大切です。マイカーローン審査に通りやすくなるためのポイントを6つご紹介します。

 

ほかのローンの返済を完全に済ませること

マイカーローン以外に借入がある方は、車を購入するまでに完済できるかどうか検討してみましょう。ローン契約をひとつに絞ることで、「複数のローンを契約しているから」という理由で審査に落ちるリスクを軽減できます。

 

「すべて返済するのは厳しい」という場合は、残債を少しでも減らせるよう繰り上げ返済を選択するのも有益な方法です。マイカーローンの審査を受ける時点で借入額を減らしておくことが、重要なポイントといえます。

 

十分な収入があることを証明する

「マイカーローンを完済するまで支払い続けられる」という事実を証明するためには、収入状況や資産を提示して証明しなければなりません。現在の支出にローンを上乗せしても問題ないことを確認したうえで申し込みましょう。

 

会社に属している方は給料明細、自営業やフリーランスの方は確定申告書を提出します。収入だけで不安な場合は、所有する住宅や遺産といった固定資産も有効です。予定している月々の返済額が負担なく支払える環境を作るよう意識しましょう。

 

頭金を用意して借入総額を減らす

これまで蓄えてきた貯金が活用できる状況であれば、頭金を支払うのもおすすめです。購入金額の一部を負担することで、結果的に支払う総合的な金額を低減できます。マイカーローンのほとんどが金利を上乗せするためです。

 

支払いが滞る可能性が下がるため、ローン会社も長期間回収できなくなるリスクを低減できます。ローン会社・契約者どちらにもメリットがあり、審査の難易度も下がる方法といえるでしょう。

 

保証人をたてる

ローンを契約する際に保証人をたてるケースも多く見られますが、マイカーローンの場合必須条件ではありません。しかし、審査落ちが不安な場合は念のため保証人をたてておくのがおすすめです。以下のように、申込者の希望に関係なく求められる場合もあります。

  • ・申込者が未成年
  • ・収入が安定していない
  • ・借入額が大きい
  • ・ほかにもローン契約をしている

 

保証人をたてる際は、申込者と同様に審査を受けなければなりません。収入や借入状況といった情報も提供するため、金銭的な信頼度の高い方に相談してみましょう。

 

転職・退職を控えること

マイカーローンをはじめとする審査では、勤続年数が重要なポイントとなります。短期間で複数回転職している場合、収入の安定性を確信できないためローンを組めないかもしれません。転職・退職を予定している方は、審査に通るまで控えたほうがよいでしょう。

 

就職直後のタイミングであれば、1年程度勤続してから申し込むのもひとつの方法です。アルバイトやパートは、審査落ちの可能性が高いともいえます。収入と勤続年数が審査に大きく影響する点を理解しておきましょう。

 

信用情報の更新を待つ

現在ブラックリストに登録されている方は、信用情報から抹消されるまで待つのもおすすめです。5年~10年が経過するとブラックリストから外されるため、適切なタイミングを見計らって申し込みましょう。

 

「抹消されたかどうかわからない」という場合は、JICC・CICといった機関で情報開示の申請が可能です。手数料は必要ですが、確実な情報を得てからマイカーローンの申し込みへと進められます。ブラックリストから外されたあとも、支払いの滞納や遅れには十分注意しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

審査基準はローンによって異なる!選ぶポイントは?

マイカーローンはさまざまな金融機関から展開されていますが、すべての審査が同じ基準で行われるわけではありません。プラン内容や手続き方法など、自分に合ったローンに申し込むことが大切です。審査に落ちると信用情報に記録されるため、一度で済むよう慎重に見極めましょう。ローン会社の選び方を3つご紹介します。

 

個々に合ったプランがあるかどうか

同じマイカーローンでも、ローン会社によってプランの内容はさまざまです。借入額の範囲や期間も複数のパターンがあるため、無理なく返済できるプランを条件に探しましょう。ひとつの条件にこだわって選んだ場合、別の要素が影響して審査に落ちる可能性もあります。

 

重視したいのは「最後まで支払い続けられるかどうか」です。自分に合ったプランを選べなかった場合、返済中に悩みが生じてストレスを増すきっかけになるかもしれません。

 

利率が低いところを探すこと

マイカーローンに限らず、ローンを組むと金利が上乗せされます。ディーラーや銀行など機関によって傾向はあるものの、マイカーローン全体を見たときの利率は2%~7%の範囲です。借入額が高いほど差が開きやすいため、利率の低いローン会社を選ぶとよいでしょう。場合によっては数十万円の差が生じることもあります。

 

ただし、利率の低さだけを重視するのは賢明といえません。厳しい審査基準を設けている可能性があるためです。あくまでもひとつの選び方として認識しておきましょう。

 

審査や手続きが複雑過ぎないか

効率よく審査を通過するためには、ローン会社が定める基準や手続きの流れを把握することも大切です。複雑過ぎると細部までチェックされる可能性があるため、なるべくシンプルな工程を重視するのも有益といえます。利率やプラン内容のほか、以下のようなポイントもチェックしておきましょう。

  • ・申し込んでから審査が完了するまでの期間
  • ・申し込みの際に来店が必要か
  • ・全国からの申し込みに対応しているか

 

ローンに頼らなくても車は購入できる!

「審査に通る自信がない……」と不安を抱えている方は、マイカーローンに頼らなくてもよい方法を検討してみましょう。新車ではなく中古車を選んだり、所有している車を売ったりすることで購入にかかる費用を抑えられます。クレジットカードを活用するのもおすすめです。節約しながら車を手に入れる5つの方法をご紹介します。

 

中古車で安く抑えること

新車にこだわる理由がない場合は、中古車のなかから好みの車を選ぶ方法がおすすめです。ほとんどの車が新車よりも安い価格で販売されています。購入に費やせる予算に合わせて選びやすいでしょう。

 

あまりに安価なものは購入後の故障リスクがあるため、コンディションのよさをチェックすることも大切です。新車では手が出せないモデルも、中古車であればリーズナブルな価格で入手できます。業者に希望の車種と予算を伝えて、最適なものを提案してもらいましょう。

 

手持ちの車があれば下取りしてもらう

現在車を所有している方は、中古車として売却するのも有益な方法です。ディーラーや中古車販売店で下取りに出すと、下取り価格を差し引いた金額で新しい車が購入できます。

 

売却したお金を自由に使いたい方は、業者に買取ってもらうのもおすすめです。売却で得たお金の一部を購入のために使ったり、資金と合わせて一括で支払ったりさまざまな方法を選択できます。同時期に買替えると手続きの手間も省けるため、お金と時間両方の節約に効果的です。

 

値下がりした時期に購入

購入時期が定まっていない方は、お得に購入できるタイミングを見計らいましょう。販売店が決まっているのであれば、キャンペーン情報をチェックするのがおすすめです。購入金額の値引きだけでなく、アフターサービスもお得に利用できるかもしれません。

 

また、決算期を狙うと価格交渉が成立しやすい傾向にあります。3月と9月を決算期とする業者が多いため、2月~3月または8月~9月が狙い目です。買替えの場合はプラス査定につながる要素もアピールしましょう。

 

家族で協力する

自分以外の家族も使用する予定であれば、複数人で出し合うのもひとつの方法です。1人では購入できない金額でも、2人以上の力が集まると負担も和らぐでしょう。

 

協力できる方が周囲にいる場合は、家族にお金を借りる方法も有益といえます。マイカーローンの審査を心配する必要がなく、返済額や期間が変動しても信用情報には影響しないためです。信頼関係が必要なことを前提に、しっかり相談しながら決めていきましょう。

 

クレジットカード対応の販売店を利用する

「借入額を返済できるが、ローンの審査に通らない」という状況に陥った際は、クレジットカードを用いて分割払いやリボ払いを選ぶのもおすすめです。金利が上乗せされる点はローンと同じですが、申し込みや審査といった工程は省略できます。

 

販売店によってはクレジットカードに対応していない場合もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。契約しているクレジットカードの限度額も重要なチェックポイントです。

 

まとめ

マイカーローンは車の購入に便利な方法ですが、生活状況や信用情報の内容によって審査に落ちる可能性もあります。審査の大まかな基準やローン会社の選び方をふまえたうえで、無理なく支払い続けられるプランに申し込みましょう。

 

審査落ちのリスクや経済状況に対して不安がある方は、中古車を購入したり下取り・買取を検討したりローン以外の方法も検討することをおすすめします。ネクステージでは多種多様な中古車を販売しているため、ぜひこの機会にご相談ください。豊富な知識をもつ担当者が、ひとつでも多くのご要望に応えます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェック