車のローンの種類や金利、選び方のポイントも解説![2020年09月16日] | クルマ購入ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車のローンの種類や金利、選び方のポイントも解説!

クルマ購入ガイド

車のローンの種類や金利、選び方のポイントも解説!

車を購入する際にはまとまった額のお金が必要です。現金を用立てるのが難しいときはローンを利用するのが一般的ですが、ローンにはさまざまな種類があるため、どれに申し込めばよいか分からない方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車のローンや金利の種類について解説します。それぞれのローンの特徴や選ぶときのポイントが分かれば、自分に合ったローンが選べるでしょう。また、中古車を購入するときにローンは組めるのかという疑問も解決します。

 

※目次※

1.車のローンの3つの種類とは?

2.車のローンの金利の種類

3.車のローンを選ぶときのポイント

4.中古車でもローンは組める?

5.まとめ

 

■POINT

 

・車のローンは「銀行系のローン」「ディーラーローン」「自社ローン」の3種類があり、銀行系は金利が低いが審査は厳しいなど、特徴がそれぞれ異なる

・金利は「変動金利型」と「固定金利型」の2種類がある。変動金利型は世界情勢の影響を受けて利率が変動するが、固定型金利は契約時から完済するまで同じ

・中古車もローンを利用できる。ローンで中古車を購入するならネクステージへ!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンの3つの種類とは?

車を購入するときに組むローンは「銀行系のローン」「ディーラーローン」「自社ローン」の3種類があります。金利や審査の通りやすさに違いがあるので、それぞれの特徴を把握して自分に合ったものを選ぶことが大切です。ここでは、各ローンの特徴を紹介します。

 

1.銀行系のローン

一般的に「マイカーローン」と呼ばれる銀行系のローンは、銀行や信用金庫といった金融機関が貸し付けを行っているローンです。金利が低いことが特徴で、他のローンよりもトータルの返済額が少なく済むというメリットがあります。購入した車は自分名義になるので、ローンの借り換えや車の売却がしやすいのも魅力です。

 

一方、金利が低くお得に利用できる分、審査は厳しい傾向にあり利用できる方は限られます。用意する書類が多く手続きも複雑で審査にも時間がかかるため、すぐに利用できないのがデメリットです。金融機関まで直接足を運ばなくてはならない場合もあるので、平日昼間になかなか時間が取れない方は、さらに手続きに時間がかかるでしょう。

 

2.ディーラーローン

車を販売しているディーラーが信販会社を通じて提供しているローンです。銀行系ローンよりも金利は高めですが、審査が通りやすいというメリットがあります。

 

わざわざ金融機関に足を運ばなくてもディーラーでローンが組め、手間がかかる手続きも代行してもらえます。低金利で利用できるキャンペーンを実施しているディーラーもあるので、気になる方はこまめにチェックしましょう。

 

ただし、車の購入代金を信販会社に肩代わりしてもらう代わりに、購入する車を担保にする必要があります。ローンを全て返済するまでは自分名義にならないので、名義変更や売却は自由にできません。また、ローンの返済中に車が全損すると担保として価値がなくなるため、残額を一括で返済しなくてはならない場合もあります。

 

3.自社ローン

販売店が金融機関や信販会社を通さずに、自社で独自に提供しているローンです。他のローンよりも審査は通りやすい傾向がありますが、多くの場合、金利は高めで返済回数が少なく設定されています。

 

販売店で手続きができるので手間がかからず、他のローンを利用できない方でも審査に通る可能性があるのがメリットです。信販会社のような他の機関が介入しない分、適応力が高く、相談次第では利用者の事情に沿ったローンを検討してくれる場合もあります。

 

ただし、ディーラーローンと同様に購入した車の名義は販売店になるので、状況によっては一括返済が求められるケースがあることを覚えておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンの金利の種類

ローンを組む際に最も気になる要素のひとつが金利でしょう。金利には「変動金利」と「固定金利」の2種類があり、それぞれ長所と短所があるので慎重に選ぶ必要があります。ここでは、2種類の金利の特徴について見ていきましょう。

 

1.変動金利型

世界情勢や金利の動向によって利率が変動するのが変動金利型です。景気によって金利が上下し、不景気のときは金利が低くなります。つまり、不景気なら固定金利型よりも総返済額が少なくなる可能性がありますが、景気が回復すると金利が上がり損をするかもしれません。

 

世界情勢の影響をダイレクトに受けるため、総返済額はローンを組んだ段階では分からないのが変動金利型の特徴です。得をすることもあれば損をすることもある、不安定な金利といえるでしょう。

 

2.固定金利型

ローン契約時の利率のまま、返済が終わるまで一定の金利が適用されるのが固定金利型です。好景気で金利が上がっても返済額は増えませんが、下がったときも恩恵は受けられません。金利の上昇が損につながらないのは大きなメリットといえるでしょう。

 

景気の影響を受けないのは長所にも短所にもなりますが、総返済額がはっきりと分かっているので、返済計画を立てやすいのが魅力です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンを選ぶときのポイント

車のローンを選ぶ際は金利や審査の通りやすさ以外にも、いくつか注意点があります。どのようなローンを選べば負担が少なくて済むのか、ローンを選ぶときに注目したいポイントを事前に確認しましょう。ここでは、「金利の上限」「繰り上げ決済」「別途料金」といったポイントについて解説します。

 

金利は上限を重視

ローンを選ぶ基準として、金利は重要な要素のひとつです。なるべく金利が低いところを選ぶのが基本ですが、「3%~3.5%」と幅のある表記を見たことがある方もいるのではないでしょうか。

 

幅のある表記は金利の下限と上限を表しており、利用者は範囲の中のいずれかの利率でローンを利用します。具体的に何%になるかは審査に通るまで分かりません。上限金利となることも考慮してローンを選びましょう。

 

繰り上げ返済のしやすさ

月々の返済額以上の額を前倒しで返済するのが「繰り上げ返済」です。返済期間が長ければ長いほど利息を多く支払わなくてはなりませんが、繰り上げ返済をして早めに完済すれば総返済額が減ります。収入に余裕があるときには、繰り上げ返済を利用するのもひとつの方法でしょう。

 

ただし、ローンによっては繰り上げ返済に制限があり、自由に行えないものもあります。「一括返済しかできない」「手数料が必要になる」といったローンもあるので、繰り上げ返済を考えている方は契約前に規定を確認した方がよいでしょう。

 

別途料金に注意

ローンによっては保証料といった料金を請求されることがあります。保証料は保証会社に支払う手数料で、借入金の1%程度が相場です。例えば、100万円のローンを組んだ場合、1万円程度をローン契約時に現金で支払います。

 

ローンの金利が低くても、別の名目で費用を徴収されると、総支払額が他のローンよりも多くなってしまうかもしれません。金利に注目するだけでなく、「保証料別」という契約になっていないか確認することも大切です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車でもローンは組める?

ローンを利用して新車を買うことは珍しくありませんが、中古車を購入する際もローンを組めるのでしょうか。「欲しい中古車があるけれど、一括払いは難しい」と悩んでいる方もいるかもしれません。ここでは、中古車でもローンが組めるかどうか解説します。

 

中古車もローン利用が可能

新車だけでなく中古車を購入するときも、ローンを利用することは可能です。主にディーラーローンや銀行系のローンが中古車に対応しています。

 

中古車なら新車では手が届かない車やグレードが高い車も予算内で購入できるでしょう。また、すでに新車が販売終了しているモデルが見つかるかもしれません。ローンを組めるのは新車だけと諦めていた方は、ぜひ中古車市場にも目を向けてみてください。

 

ネクステージは複数のローン会社に対応

ネクステージでは複数のローン会社を利用できます。対応しているのは、ジャックス、オリコ、SMBCファイナンスサービスといった信販会社です。お支払い方法について分からないことがあれば、お気軽にスタッフにお声掛けください。

 

車だけでなくナビのような装備もローンで購入できます。ただし、各種ローンのご利用には事前審査が必要です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まとめ

車を購入する際にローンを利用するときは、どのローンを選べばよいか慎重に検討しましょう。車のローンには「銀行系のローン」「ディーラーローン」「自社ローン」の3種類があります。それぞれ金利や審査基準が異なるので、自分に適したものを選ぶとよいでしょう。

 

ネクステージはローンでの支払いに対応しています。一括払いが難しいという方は、まずはお気軽にスタッフにご相談ください。お客様の事情に沿ったお支払いプランを提案します。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

 

気になる車種をチェック