自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

車のローンは、まとまったお金がなくても車を購入できる便利なサービスです。銀行でローンを利用する場合には「変動金利」と「固定金利」の2種類があり、どちらにするのか決める必要があります。金利が変動するほうが最終的にお得なのか、それとも固定のほうが安心なのか、どちらにしたらよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車のローンは変動金利にすると得なのか、固定金利と徹底比較をしていきます。低金利で借りるコツも解説しますので、よりお得にローンが組めるようになるはずです。ぜひこの記事を参考にして、コストを抑えながら自動車ローンを検討してみてください。

 

※目次※

1.自動車ローンの変動金利と固定金利を徹底比較

2.自動車ローンの金利をシミュレーションで比較してみよう

3.自動車ローンの返済方式で金利の違いを比較してみよう

4.自動車ローンの主な種類を比較しよう

5.自動車ローンは金利だけでなく手数料にも注目しよう

6.自動車ローンを低金利で借りるコツ

7.ネクステージでお気に入りの自動車を見つけよう!

8.まとめ

 

■POINT

・変動金利と固定金利で特徴が大きく異なる。安定性やリスクなどを把握して、自分に合った金利を選ぼう

・少しでも低金利で借りるため、「複数のローンで相見積もりを取る」「金融機関のキャンペーンを見逃さない」などのひと手間が重要

・金利はローンにとって大きなポイントだが、その他にも手数料がかかることも忘れずに

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

自動車ローンの変動金利と固定金利を徹底比較

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

銀行のローンで車を購入する場合、頭を悩ませるのが「金利を変動と固定のどちらにするか」ということではないでしょうか。

 

人に聞いたりインターネットで調べたりしても、どちらを選択したほうがよいという明確な答えが少なく、「なんとなく」で決めてしまう方もいるかもしれません。ここでは、それぞれにどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

 

最初の金利の高低

金利の種類によって、借入スタート時の金利の高さが異なります。スタート時の金利は、変動金利の場合は低く、固定金利の場合は高めの設定であるのが一般的です。そのため、ローンが始まったばかりの段階では、変動金利のほうが低金利でお得です。

 

変動金利は、その名のとおり金利が一定ではなく変動していきます。金利が借入スタート時より上がることも考えられますが、スタート時の金利とあまり変わらなければメリットが高い金利の種類といえるでしょう。

 

安定性とリスク

金利の種類を選ぶ際は、安定性とリスク面も考慮して選ぶことが重要です。変動金利の場合、金利の見直しは半年ごとに行われるのが一般的です。そのため、景気がよくなれば、その分金利が上昇する可能性があります。

 

固定金利には「固定金利期間選択型」と「全期間固定金利型」の2種類があり、どちらかを選択します。前者のタイプは、5年や10年などの固定期間を選び、期間経過後に新たに金利の種類を選べます。後者は、ローン終了時まで金利が固定されるタイプです。そのため、固定金利期間選択型を選んだ場合は、金利が変わる可能性もあるので注意しましょう。

 

トータルの支払額

変動金利と固定金利のどちらかを選ぶことによって、トータルでの支払い額が大きく変わる可能性があります。

 

変動金利の場合、金利がスタート時のままほとんど上昇しなければ、トータルで支払う額が少なく済みます。反対に、金利が上昇していった場合、最終的に多くの額を支払わないといけなくなります。

 

景気が悪くて金利の低い状態が長く続けば、トータルで見ると変動金利のほうがお得になるかもしれません。逆に景気が上向き金利も上昇した状態が続いた場合、最終的には固定金利のほうが安く済む場合もあります。

 

変動金利・固定金利の特徴早見表

変動金利と固定金利では特徴が異なります。経済情勢によっては、トータルで支払う額も大きく変わるかもしれません。それぞれの特徴を早見表としてまとめましたので、ご覧ください。

 

変動金利

固定金利

最初の金利の高低

低い

高い

安定性とリスク

一般的に半年で金利の見直しがされるため、経済情勢によっては金利が上がってしまう。

「全期間固定金利型」を選ぶと、完済時まで金利が変わらず安定性が高い。「固定金利期間選択型」を選んだ場合、5年や10年などで金利が変わる。

トータルの支払額

金利が上昇した場合はトータルの支払額が高額になるが、金利が低いままであれば支払額が少なく済む。

金利の高い状態が続いたとしても、トータルの支払額は少なく済む。金利が低い状態が長く続いた場合、変動金利よりもトータルの支払いは高くなる。

※slide →
 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

自動車ローンの金利をシミュレーションで比較してみよう

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

変動金利と固定金利の特徴が分かっても、実際はどのような金額になるのか気になる方も多いことでしょう。実際にシミュレーションをすることで、最終的に支払う額が判明します。今回は、金利が「2%」「5%」「10%」の場合でシミュレーションを行っていきます。実際にシミュレーションをして、支払額を見てみましょう。

 

100万円の車を4年ローンで購入した場合

まずは、100万円の車を4年ローンで購入した場合です。以下にまとめましたのでご覧ください。なお、支払い回数は48回、ボーナス併用払いはなしで計算をしています。

【金利が2%の場合】

利息金額

支払い総額

月の支払額

4万円

104万円

2万1,667円

※slide →

 

【金利が5%の場合】

利息金額

支払い総額

月の支払額

10万円

110万円

2万2,917円

※slide →

 

【金利が10%場合】

利息金額

支払い総額

月の支払額

20万円

120万円

2万5,000円

※slide →

金利が2%の場合、トータルで支払う額は「104万円」です。5%の場合は「110万円」、10%の場合は「120万円」をトータルで支払います。2%の場合と10%の場合を比較すると、支払い総額が16万円も変わることになります

 

PR100万円前後の商品

 

200万円の車を5年ローンで購入した場合

続いては、200万円の車を5年ローンで購入した場合のシミュレーションです。支払い回数は60回、ボーナス併用払いはなしでの計算です。

【金利が2%の場合】

利息金額

支払い総額

月の支払額

10万円

210万円

2万5,000円

※slide →

 

【金利が5%の場合】

利息金額

支払い総額

月の支払額

25万円

225万円

3万7,500円

※slide →

 

【金利が10%場合】

利息金額

支払い総額

月の支払額

50万円

250万円

4万1,667円

※slide →

金利が2%の場合、トータルで支払う額は「210万円」です。5%の場合は「225万円」、10%の場合は「250万円」がトータルでの支払額となります。2%の場合と10%の場合を比較すると、トータルの支払額は実に40万円もの差です。金利によって、最終的に支払う額が大きく変動することを把握しておきましょう。

 

PR200万円前後の商品

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンの返済方式で金利の違いを比較してみよう

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

自動車ローンの返済方法には、「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」の2種類があります。利用する自動車ローンがどちらを採用しているかによって、金利を含めた返済方法が少し異なってきます。どのように異なるのかを見ていきましょう。

 

元利均等返済方式

借り入れをした元金と、その金額に対して発生する利息を合わせて均等に返済する方法です。毎月支払う返済額が常に一定となるため、長期的な返済計画を立てやすいというメリットがあります。

 

一方で、返済額は一定ではあるものの借り入れを始めた当初は利息として支払う金額の割合が大きいため、元金の返済分の割合が小さくなります。このため、元金の減りが遅くなることから、最終的な総支払額は次に元金均等返済方式よりも多くなります。

 

この方法を選択しながら元金を早めに減らすためには、ボーナス払いなど繰り上げ返済を活用するなどして返済期間をなるべく短くすることもおすすめです。

 

元金均等返済方式

こちらの方法は、借り入れした元金のみを均等に返済するという方法です。利息は借り入れ当初が最も多い配分となり、完済が近づくにつれて徐々に少なくなるという仕組みになっています。また、収入の審査基準においても支払金額がもっとも多い1カ月目を軸に考えられることが少なくありません。

 

そのため、借り入れ当初の段階で収入や家計に余裕がない人にとっては少し厳しい方法かもしれません。

 

その一方で、元利均等返済方式よりも総支払額としては少なくて済み、返済額も次第に少なくなっていくために後々は余裕をもってローンを返済できます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

自動車ローンの主な種類を比較しよう

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

変動金利か固定金利かによって、金利やトータルの支払いが大きく変わる可能性があります。さらに、どのようなローンを選ぶかでも支払い額は変わってくるのがポイントです。

 

車のローンには、「銀行のカーローン」「ディーラーローン」「残価設定型ローン」「信用金庫のカーローン」などがあります。それぞれのローンで特徴が異なるため、自分に合ったローンを選びましょう。

 

自動車のローンを組める金融機関

車のローンは、さまざまな場所で組めます。銀行や信用金庫のカーローンは、比較的自由度の高いローンです。出向いて手続きをするので手間がかかりますが、金利相場が低いことが特徴です。

 

ディーラーローンは、ディーラーと付き合いのある信販会社から借り入れをするローンです。車を購入するディーラーでそのままローンが受けられるので、手続きの手間がかかりません。しかし、金利が比較的高めの設定です。「残価設定型ローン」という新しい形式のローンも組めます。

 

残価設定型ローン

近年利用者が増加しているのが「残価設定型ローン」です。金利の相場は、1.9%~2.9%と低くなっています。特徴は、車の将来の予定価値である「残価」を設定することです。

 

車の全額分を借り入れるのではなく、残価分を差し引いた額を借り入れて返済をしていきます。残価分以外を完済したら、「残価の全額支払いをして車を買い取る」「ローンを組んで残価の返済をして最終的に買い取る」「車を返却することで残価分を返済する」という3つの方法を選べるのもポイントです。

 

銀行の自動車ローン

銀行のカーローンは低金利であることがメリットで、金利の相場は1%~2%と低くなっています。金利が低い分、審査にかかる期間は長い傾向です。年収や勤続年数、会社名、過去の借り入れなどを慎重に審査して、融資可能かどうかを判断するためです。こと細かく審査されるので、審査の難易度も高くなります。

 

ほかのローンと比較して金利が低いので、トータルで支払う金額が安く済みます。審査が厳しく時間がかかったとしても、支払い総額を安くしたい方におすすめです。車検証記載の所有者も自分になるので、車の所有権を持ちたい方も銀行のカーローンを選びましょう。

 

申し込みには、車の使用目的を証明する書類が必要です。欲しい車が見つかったらディーラーから見積もり書をもらい、ローンの申し込み時に提出しましょう。

 

ディーラー(信販系)ローン

ディーラーローンは、車の購入と同時に手続きができるので、手間がかからないことがメリットのローンです。金利の相場は3%~10%であり、銀行のカーローンと比較して高い傾向にあります。ほとんどのディーラーローンは固定金利のみの取り扱いです。

 

審査にかかる期間は短く、最短で15分程度で終わることもあります。銀行と比較して審査の難易度は低く、通りやすいのが特徴です。

 

注意する点として、ローンを完済するまでは、所有権が信販会社になることが挙げられます。車検証の所有者の名義も信販会社となるので、派手に改造できないので注意しましょう。ローンの手続きに手間をかけたくない方、銀行だと審査に通りにくい方におすすめのローンです。

 

信用金庫の自動車ローン

信用金庫は、銀行ローンとほぼ同じ特徴をもっているカーローンです。金利の相場は1%~2%と低く、トータルの支払いが少なく済むのがメリットです。

 

審査にかかる期間は、銀行と同様に長めです。年収や勤続年数、会社名、過去の借り入れ状況などを審査対象とします。

 

信用金庫は、大手銀行とは異なり地域に根差した金融機関です。地域性やつながり、今までの取引情報を重視する傾向にあります。そのため、今まで取引がなかった人が突然審査を受けた場合、審査に不利になることも考えられます。今までの取引がない状態である場合、審査難易度はさらに高くなるので注意しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンは金利だけでなく手数料にも注目しよう

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

ローンを利用するうえでは金利ももちろん重要な要素ではあるのですが、元金と金利だけ支払えば良いというわけではありません。

 

ローンの支払いには手数料も含まれるため、金利だけではなく手数料を抑えることも念頭に置いたほうが良いでしょう。では、具体的に手数料とはどのような名目のものが含まれるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

保証料

保証料とは、保証人の代わりとして保証会社に対して支払う費用のことを指します。特に銀行の自動車ローンを利用する場合は、審査条件が厳しいうえに各銀行が指定する保障会社を立てることを条件としているケースが少なくありません。

 

保証料は利用者負担のケースと銀行側が負担するケースに分かれます。銀行側が負担するケースでは直接支払わなくてよいと思うかもしれませんが、実際は金利のパーセンテージに保証料分が上乗せされている場合もあります。

 

保証料の目安は借り入れ金額のおよそ1%程度とされており、借り入れ金額が100万円の場合はおよそ1万円という計算になります。

 

取扱手数料

「事務手数料」ともよばれる、融資するローン取り扱い機関が手続きを行う際に徴収する手数料のことを指します。どのローンにおいても必ず含まれるわけではありませんが、どの程度徴収するかを自由に設定できるため、金額は利用するローンの契約内容によって異なります。

 

こういった手数料は、借り入れをする金額によって割合が定められている場合と、借り入れ金額にかかわらず一定の金額を手数料として設定している場合とがあります。

 

繰上返済手数料

ローンの返済は事前にスケジュールを決めて行われるものですが、ボーナスなどによって家計に余裕が生まれた場合などに多めの金額を返済に充てて、早期完済を目指すことも考えられるでしょう。このようなイレギュラーに返済額を定めた場合に、手数料を設定する機関があります。

 

定期的に返済額を繰り上げる予定であれば、手数料のかからない機関を選んだほうが効率よくコストを抑えられるかもしれません。

 

条件変更手数料

車を購入する際に借り入れる金額は何百万円単位となることも多いため、必然的に返済期間は長期にわたることが一般的です。ローンの返済計画を返済当初は綿密に決めていたつもりでも、ライフスタイルの変化や特別な事情など中途で支払いが困難になるなどのケースが起こらないとも限りません。その場合、ローン借入額の減額や各種変更手続きの際に手数料を徴収される可能性があります。

 

条件変更を行った場合、保証料なども追加で支払う可能性があるため、あらかじめ他に追加で徴収が必要ないかどうか確認しておくようにしましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

自動車ローンを低金利で借りるコツ

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

車は高額な買い物であるため、少しでも低金利でローンを組むのが望ましいでしょう。金利が1%や2%というわずかな差であっても、トータルで支払う金額は大きく変わります。より低金利で借りるためには手間がかかります。しかし、手間をかけた以上にお得になる可能性があるのでぜひ実践してみましょう。低金利で借りるコツを解説していきます。

 

複数のローンで相見積を取り比較する

複数のローンで相見積もりを取ることで、それぞれの金利を明確に把握することが可能です。同じ銀行の自動車ローンであっても、メガバンクや地方銀行、信用金庫、農協などで金利は異なります。集めた見積もりで、それぞれの金利やメリットデメリットを確認することで、自分に合った自動車ローンが見つけられます。

 

ネットで情報収集するのも重要です。金融機関の中には、ネットで申し込むと金利を優遇してくれる場合があります。店舗に行っての見積もりと、ネットでの情報収集の両方を行うのがおすすめです。

 

下限金利だけを見てローンを決めない

下限金利のみを参考にしてローンを決めてしまうと、「考えていたよりも金利が高かった」ということにもなりかねません。自動車ローンの金利には幅があることが多く、下限金利で契約できるとは限らないことを理解しておきましょう。

 

自動車ローンを選ぶ際は、低金利のローンを選ぼうとして下限金利ばかりに注目がいきがちです。最も低い金利でのローン契約は、取引状況などの条件を満たしていないとできない可能性があります。下限金利だけに目を向けるのではなく、上限にも目を向けておくことが重要です。

 

細かい部分もチェックする

自動車ローンには、「借入上限額」の設定があるので注意しましょう。低金利であっても借入上限額が低いと、車の金額すべてをカバーできません。見積もりを作成してもらう際、借入上限額についても確認をしておきましょう。

 

 保証料や手数料にも注意が必要です。自動車ローンとは別に、保証料や手数料の支払いが必要となる場合があります。実質的に金利への上乗せとなるので、トータルで支払う額が多くなってしまいます。また、繰り上げ返済に対応していない場合もあるので、細かい部分のチェックも重要です。

 

金融機関が実施しているキャンペーンを見逃さない

金融機関では、キャンペーンを開催している場合があります。多くの場合、期間中に契約すると通常より低い金利で借りられるというものです。キャンペーン中に契約をしたほうが、トータル的に支払う額は少なくなります。

 

ホームページに掲載していることが多いため、日ごろから各金融機関のホームページはチェックしておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

ネクステージでお気に入りの自動車を見つけよう!

低金利だったりメリットがあったりするローンを探すことも重要ですが、その前にまずは目当ての車を見つけましょう。しかし、新車だと高額な車もあるので、なかなか手を出しにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。

 

そのようなときは、中古車の購入がおすすめです。新車よりもお手頃価格となっており、気軽に買いやすいのが魅力です。ネクステージでは、全国130店舗以上で総在庫数1万5,000台の中から、お客様に合った1台が探せます。車をお探しの際は、ぜひネクステージにご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まとめ

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

変動金利は借入スタート時の金利が低いため、返済が済むまで上下幅がなければトータルでの支払いが安く済みます。しかし、景気がよくなって金利が上がると、その分トータルで多くの額を支払うことになります。相見積もりを取ったり、下限金利だけを見てローンを決めたりしないなど、コツを把握してのローン選びが重要です。

 

ネクステージでは、「お客様ファースト」の理念で、お客様からのご相談やご要望に真摯にお応えします。カーローンについてはもちろんのこと、多数の在庫の中からお客様に合った1台をご提案いたします。中古車のご購入やカーローンのご相談などは、ぜひネクステージにお任せください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンの金利を徹底比較!低金利で借りるポイントも詳しく解説

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ