車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

車のバッテリーは、摩耗や劣化によって交換が必要となる部品のひとつです。バッテリー交換の費用は車種によって異なるため、あらかじめバッテリー交換にかかる費用の目安を知っておくことをおすすめします。

 

この記事では、車のバッテリー交換費用の目安についてだけではなく、バッテリー交換費用を安く抑える方法やバッテリーを長持ちさせる乗り方について紹介します。

 

※目次※

1.車のバッテリー上がりはなぜ起きるの?

2.車のバッテリーを交換する目安や症状

3.車のバッテリー交換にかかる費用はこの3つ!

4.車のバッテリー交換にかかる費用の目安

5.車のバッテリー交換の費用をできるだけ抑えたいときは?

6.バッテリーを長持ちさせるための乗り方

7.バッテリー交換のタイミングで車の乗り換えも検討しよう

8.まとめ

 

■POINT

・車のバッテリー上がりはライトのつけっぱなしや劣化などが原因となり、一度起こると繰り返しやすくなる傾向にある。

・バッテリー交換にかかる費用には、主に本体価格・工賃・廃棄料金がある。

・バッテリー交換の費用を抑える手段はいくつかあり、費用面を考慮した乗り換えの検討もおすすめ。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリー上がりはなぜ起きるの?

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

乗車中に突然バッテリー上がりが起こると、様々なリスクが伴います。そのため、事前に車のバッテリーが上がる原因を把握しておき、突発的なトラブルの回避を行うことがおすすめです。

 

また、バッテリー上がりを何度も起こしてしまうと、バッテリーの摩耗に繋がるため注意しましょう。まずは車のバッテリーが上がってしまう例を説明します。

 

バッテリーの役割とは

バッテリーは、車の様々なシステムを動かすために必要な電力を供給する蓄電池を指します。エンジンを始動するためのスターターモーターやウィンカーといった備え付けの機能から、カーナビゲーションをはじめとするあらゆる電子機器の作動に不可欠なパーツです。

 

したがって、バッテリーが劣化してしまうと思わぬ不具合が起きてしまいます。車の定期的なメンテナンス項目として、考慮しておくことがおすすめです。

 

バッテリーが上がると起きること

車のバッテリーが上がると車は正常に動かなくなります。バッテリー上がりで発生するトラブルは以下の通りです。

 

・エンジンがかからなくなる

・ランプやライトがつかなくなる

・電装品が作動しなくなる

 

車は、セルモーターが動くことでエンジンがかかる仕組みです。そのため、バッテリーが上がるとセルモーターへ電力供給が足りなくなってしまい、エンジンがかからなくなります。

 

また、室内灯やヘッドライト、ウィンカーといった様々なライトが備え付けられています。バッテリーが上がるとこれらは点灯しなくなります。

 

メーター類やパワーウィンドウ、パワーシート、カーオーディオなどもバッテリーからの電力供給が必要です。そのため、バッテリーが上がるとすべての電装品が使えなくなります。また、リモコンキーも作動しなくなるので注意です。

 

バッテリーが上がる原因

バッテリーが上がる原因は、主に次の3つあります。

 

・ライトや室内灯をつけっぱなしにしていたため

・エアコンをつけたままエンジンを切ったため

・経年劣化や自然放電のため

 

ライトをつけたままエンジンを切って長時間放置してしまうと、バッテリーが電力切れを起こします。室内灯にも注意が必要で、消し忘れたままエンジンを切ってしまうとバッテリーが上がりの原因になります。

 

ライト類だけではなく、エアコンも電力を消費します。停車していてアイドリング状態が続くと、バッテリーからの電力が常に使われている状態になってしまうので注意しましょう。

 

バッテリーは長期間使用することで次第に劣化し、バッテリー上がりを起こしやすくなります。また、車を運転していなくてもバッテリーは少しずつ自然放電しているため、久しぶりに車を使おうとしたときにバッテリーが上がってしまっているケースも少なくありません。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーを交換する目安や症状

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

バッテリーはあらゆる要因で劣化していきます。バッテリー交換を行う目安となる症状が出ていないか確認することで、想定外のトラブルを防げます。

 

また、バッテリーの寿命となる年数を迎えていないかどうかの確認も大切です。

 

バッテリーの寿命を迎えている

バッテリーの寿命は平均2~5年です。バッテリー上がりを何度も起こすと劣化が進み、バッテリーの寿命は短くなります。

 

また、車を運転する機会が少ないほど蓄電ができず、寿命が縮みやすいので注意が必要です。不具合なく車を運転するために、まずは何年くらいバッテリーを使っているか確認するようにしましょう。

 

エンジンのかかりが悪くなった

エンジンは、セルモーターに電流が流れて回転することで始動します。そのため、エンジンをかけるにはバッテリーから多くの電力供給が必要です。

 

エンジンがかかりにくくなった場合、バッテリーが十分に蓄電できておらず電力不足を起こしていることが考えられます。エンジンがすぐにかからない状態になったら、バッテリー交換の目安ととらえましょう。

 

アイドリング中のヘッドライトが暗い

ヘッドライトは、点灯時にバッテリーからの電力を使っています。バッテリーが劣化していると、電力供給が足りなくなりヘッドライトの明るさも不足します。

 

いつもよりヘッドライトが暗いと感じたらバッテリー交換の目安です。なお、走行中はバッテリーに蓄電が行われて電力が安定するため、アイドリング中にヘッドライトの明るさを確認しましょう。

 

アイドリングストップがあまり作動しなくなった

アイドリングストップ機能をオンにしているにも関わらずエンジンが停止しない場合は、バッテリーの劣化により電力が不足しているサインです。

 

信号待ちのときをはじめ、停車しているときに正常にアイドリングストップしているかどうかを日常的に意識することをおすすめします。

 

バッテリーの電圧低下やバッテリー液が変色している

バッテリーが劣化しているかどうかは、バッテリーの電圧をチェックすることでわかります。バッテリーの正常な電圧は平均12.5~13Vです。エンジンを止めてから検電テスターで電圧チェックを行い、もしも電圧が12.5V以下になっている場合はバッテリーを交換しましょう。

 

また、バッテリー液が変色している場合もバッテリー交換が望ましいです。バッテリー液は硫酸なので無色透明ですが、劣化すると次第に濁った色になります。なお、バッテリー液に触れると炎症を起こす恐れがありますので、専門の業者にチェックしてもらいましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリー交換にかかる費用はこの3つ!

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

車のバッテリーを交換する場合、バッテリー本体の金額以外にも費用がかかります。バッテリー交換時の費用にはどのようなものが含まれるのかをあらかじめ理解しておくと、総額の目安を考えるときにも役立ちます。

 

バッテリーの購入費用

まずはバッテリー本体の購入費用です。新品のバッテリーは、性能や生産国、車種などによって価格に開きがあります。目安として安いものだと約4,000円ほどで、高いものになると約40,000円ほどです。

 

ハイブリット車や電気自動車用のバッテリー、アイドリングストップに対応している車のバッテリーは価格が高い傾向にあります。

 

交換にかかる工賃

バッテリー交換の工賃は、車のタイプによって異なります。

ガソリン車の場合

約1,000円

ハイブリット車の場合

約3,500円

電気自動車の場合

約1,500円

※slide →

なお、上記の工賃は国産車の場合です。外国車のバッテリー交換の工賃は国産車と比べると高い傾向にあるため、交換前に確認しておくとよいでしょう。

 

廃棄にかかる費用

バッテリー交換後、取り外した古いバッテリーは廃棄されます。バッテリー内には人体に対する有害物質が含まれているため、専門の業者に適切に廃棄してもらう必要があり、廃棄料がかかります。

 

廃棄料は業者によって様々ですが、約3,000円ほどと考えておきましょう。中には無料で廃棄を行ってくれる業者もあります。

 

また、自分でバッテリー交換を行った場合も、古いバッテリーは業者に引き取ってもらわなくてはなりません。自治体では回収してくれないため、ゴミとして出さないように気を付けましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリー交換にかかる費用の目安

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

バッテリー交換を行う場合は、バッテリー本体の価格や工賃などを合わせた費用が総額としてかかります。費用はバッテリー交換を依頼する場所によって異なるため、想定外の出費とならないようあらかじめ目安を把握しておきましょう。

 

ディーラーに依頼する場合

車のディーラーに交換を依頼すると、工賃が目安2,000~3,000円かかります。サービスで廃棄料を無料にしてくれるディーラーもありますが、500円前後の上乗せは想定しておきましょう。

 

ディーラーでのバッテリー交換は他と比べて高めですが、純正品にこだわりのある方や、専門店ならではの知識に安心感を持つ方にはおすすめです。

 

カー用品店に依頼する場合

カー用品店でのバッテリー交換は安価で済む場合が多いです。バッテリー本体の取り扱い数が多く安価なバッテリーを選ぶことができるのも理由のひとつですが、工賃や廃棄料がバッテリー購入によって無料となる場合もあるからです。

 

工賃がかかる場合も目安として1,000円程度と安く、廃棄料も同じくらいで済む傾向にあります。

 

整備工場やガソリンスタンドに依頼する場合

整備工場もガソリンスタンドも、バッテリー交換の工賃は2,000~3,000円前後が目安です。廃棄料は500円ほどの場合が多いのでそれほどお財布に負担がかかりません。

 

カー用品店同様、バッテリー本体の購入で工賃・廃棄料が無料になる場合もあるためお得です。整備工場は様々な車種の知識があり、整備に特化しているため安心感があります。ガソリンスタンドは店舗数も多く、気軽に立ち寄りやすい点がメリットです。

 

有料出張サービスを利用する場合

有料出張サービスにバッテリー交換を依頼すると、出張料が費用に上乗せされるので平均10,000円ほどかかってしまいます。

 

他の業者と比べると高いですが、24時間対応してくれるところを選べば、急なトラブル時やバッテリーが上がってしまい車が動かないときでもバッテリー交換してもらえるので便利です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリー交換の費用をできるだけ抑えたいときは?

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

バッテリーが寿命を迎えた場合にバッテリー交換は必須です。必ず発生する費用だからこそできるだけ安価で済ませたいという方は、出費を抑えるために少し工夫してみましょう。

 

バッテリーを購入してから持ち込む

費用を抑えたいときは、まずバッテリー本体を安く手に入れましょう。インターネットでは店舗より安価でバッテリーを販売している場合があります。自分で選んで購入することになるため、愛車に合うバッテリーかどうかの確認を怠らないようにしてください。

 

また、バッテリー交換を依頼する場所が、バッテリー持ち込み可能かどうかも要確認です。

 

セルフで交換する

工賃も抑えたい場合は、自分自身でバッテリー交換を行うという選択肢があります。バッテリー本体もあらかじめ安価で購入しておけば、さらに費用を抑えられます。

 

ただし、正しい知識を持たずにセルフでバッテリー交換を行うのは危険です。作業時の事故を防ぐために、しっかりとした強度で固定することや正しい接続を意識しましょう。万が一自信がない場合は、専門の業者に依頼することがおすすめです。

 

車検や定期点検のとき一緒にバッテリー交換も依頼する

車検や定期点検では、車の不具合を全体的に調べてくれます。そのため、バッテリーの劣化の確認や交換も依頼可能です。

 

また、オイル交換やフィルター交換といった他の作業と一緒にバッテリー交換をお願いすることで、工賃をまとめて抑えられる場合もあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

バッテリーを長持ちさせるための乗り方

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

バッテリー交換は車を乗り続けるうえで必須の作業です。バッテリーを長持ちさせればバッテリー交換の頻度が減り、結果的に出費を抑えることができます。

 

車の維持費の負担を減らすためにもバッテリーを長持ちさせるコツを実践して、愛車のバッテリーを大切に使いましょう。

 

アイドリング状態を長めにする

アイドリング状態でもバッテリーへの充電は行われます。バッテリー上がりによる摩耗を防ぐために、バッテリーの電力切れは避けたいところです。

 

いつもより数分長めにアイドリング状態を保つだけでいいので、簡単に実践できます。

 

定期的に運転する

長期間エンジンをかけずに車を放置していると、自然放電によってバッテリー上がりを起こしてしまうことがあります。

 

バッテリー上がりを起こすとバッテリーは劣化し、寿命が縮みます。そのため、定期的にエンジンをかけたり運転をしたりすることで、バッテリーを充電させましょう。

 

ライトを使用する時間帯を避ける

夜間に運転する場合は、ヘッドライトを点灯させなくてはいけません。ヘッドライトの点灯にはバッテリーからの電力供給が必要ですので、自然とバッテリーは摩耗していきます。

 

バッテリーを長持ちさせたいのであれば、なるべくバッテリーの負担を減らすことが大切です。不要な夜間の運転は控えるなどの方法で、バッテリーの負担を減らしましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

バッテリー交換のタイミングで車の乗り換えも検討しよう

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

バッテリーの調子が気になり始めた時は、交換だけでなく車自体の乗り換えという選択肢もあります。状況によっては乗り換えを選択した方がお財布への負担が軽減される場合もあるため、ひとつの節目として検討することがおすすめです。

 

では、バッテリー交換と車の乗り換えを検討する時のポイントを見てみましょう。

 

総合的な整備費用とのバランスを確認しよう

同じ車を乗り続けるには、バッテリー交換以外にも車検や税金、定期的な整備費用がかかります。年式が古くなっている場合はタイミングベルトや、劣化したパーツの交換など、整備費用の負担が大きくなるケースも少なくありません。

 

バッテリー交換のタイミングとこれらの出費が近い場合は、お財布への影響も大きくなることから車自体を乗り換えた方が安く済ませられるケースがあります。特に、中古車への乗り換えであれば買取を行うことで購入費を安く抑えられる可能性もあるため、一度確認してみることがおすすめです。

 

ネクステージなら選べる車の種類が多い

全国展開しているネクステージでは、車種ごとに専任バイヤーが配置されており、こだわり抜かれた中古車が揃っています。人気の車や好きな色の車、ライフスタイルに合わせた車など、豊富なラインナップの中から自分に合う1台を探すことが可能です。

 

中古車の買取も行っているため、乗り換えを検討する際もご利用しやすい環境が整っています。まずは選べる車両の豊富なネクステージで車探しを行い、理想の車を探してみましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

バッテリー交換は、トラブルなく車を乗り続けるうえで必要な整備です。バッテリー交換をするときには、バッテリー本体の費用だけでなく工賃や廃棄料も上乗せされます。費用を安く抑えたい場合は、バッテリー交換を依頼する場所や方法を考えておくことをおすすめします。

 

また、バッテリー交換が必要になるということは他の部品も劣化していることが多く、思わぬ不具合が続くケースもあります。整備費用がかさむのであれば、バッテリー交換時期の乗り換えがおすすめです。中古車への乗り換えをご検討の際は、ぜひネクステージへお気軽にご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーの交換費用はどのくらい?目安や安く済ませるポイントとは

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ