最短何日でそろう?新車購入の必要書類

クルマ購入ガイド

最短何日でそろう?新車購入の必要書類

就職や転職、家族構成の変化などで新車の購入を検討している人もいるのではないでしょうか。どの車種にしようか選ぶ時間は楽しいですが、新車を購入するにはさまざまな必要書類を用意し、手続きをする必要があります。

 

いつどのタイミングで準備すれば良いのかは気になるところです。そこで今回は、新車購入の必要書類と取得の費用についてもご紹介します。これから新車を購入する方は、まずこの記事を読んで参考にしてみてください。

 

※目次※

1.新車購入に必要な書類と発行方法

2.新車購入の流れと書類が必要になるタイミング

3.キャンセルできるのはいつまで?新車契約後に契約破棄できる期間

4.車が欲しいけど新車は高くて買えない!そんな時……

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・新車購入の必要書類はいくつかあるものの、どれも簡単に入手できるものばかり!

・書類の中には発行までに時間がかかるものもあるので、余裕を持って準備しよう!

・少しでもお得に車を購入するなら、中古車に目を向けてみるのもアリ!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

新車購入に必要な書類と発行方法

新車を購入するためには、車の契約書以外にも必要な書類があります。また普通自動車と軽自動車のどちらを購入するのかによっても、準備しておくべき書類が違ってきます。新車購入のためにはどのような書類が必要になってくるのか、その種類と取得方法についてご紹介します。

 

印鑑(認印)と印鑑証明

一般的に、正式な売買契約を結ぶためには印鑑が必要です。軽自動車を購入する場合は認印で事足ります。しかし普通自動車の場合は実印が必要になります。これは、普通自動車は資産として国に登録することが義務付けられているためです。

 

また、契約書に押印する実印が本人のものであることを証明するために、印鑑証明書の提出を求められます。印鑑証明書は住民票を登録している市区町村の役所で、実印登録の届出をすると取得することができます。事前に登録さえしておけば、証明書の発行自体は申請書を提出するだけなので、すぐに発行可能です。

 

普通自動車の場合には車庫証明申請書(保管場所証明書)

普通自動車を購入する場合は、購入前に駐車場を確保しておかなければなりません。そしてその保管場所を証明する車庫証明書を用意する必要があります。

 

車庫証明書は駐車場を管轄する警察署で簡単に申請することができますが、申請は平日の昼間のみの対応となっています。多くの場合は販売店側が代行してくれますが、その場合は手数料が発生します(相場は1万円~2万円程度)。

 

また、車庫証明書は申請に約2,100円、交付に約500円の費用がかかります。少しでも費用を抑えたい場合は、代行を頼むのではなく自分で手続きしてみてください。

 

車庫証明書を取得するために必要な書類は以下の通りです。

 

  • 保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所使用承諾証明書または保管場所使用証明書
  • 保管場所の所在図・配置図

 

軽自動車の場合には保管場所届け出

普通自動車の車庫証明書と違い、軽自動車の場合は保管場所届出という書類を提出することになります。また購入後の申請でもOKで、即日発行されることがほとんどです。

 

保管場所届出の申請は、車庫証明書と同様に駐車場を管轄している警察署で行います。必要な書類は納車された軽自動車の車検証のみなので、手続きは10分程度で完了します。保管場所届出を発行するためには、550円の手数料がかかります。

 

納車手続きの委任状

委任状とは本来なら自分で行うべき手続きを、第三者に委任したことを証明するための書類です。新車を購入する場合、車の登録や取得にかかる手続きはディーラーが代行することが多いです。代行時に委任状が必要な場面があるため、事前にその旨を同意する委任状の準備が必要です。

 

委任状の用紙はディーラーから渡されるため、自分で準備することはありません。委任状には、自分の氏名と住所を記載し、認印を押印すだけでOKです。

 

住民票

軽自動車は、普通自動車のように資産とは見られないため、実印や印鑑証明を準備する必要はありません。発行から3ヶ月以内の住民票を提出しますが、こちらは現住所を確認するために利用されるので、本籍や続柄は記載されていなくてもOKです。

 

住んでいる地域の市区町村の窓口で発行してもらえます。手数料は自治体によって異なりますが、約300円かかります。

 

全ての書類を集めるのに必要な費用

全ての書類の費用と、申請してから発行されるまでの日数は以下の通りです。

 

発行費用

発行までの日数

印鑑証明

約400円

即日

車庫証明書

申請時:約2,100円

発行時:約500円

3日~5日

保管場所届出

550円

即日

委任状

即日

住民票

約300円

即日

このように表にしてまとめてみると、車庫証明書以外は即日発行してもらえるものばかりだということが分かります。初めて新車を購入する人にとっては厄介にも感じる必要書類ですが、どれも簡単に準備できるものばかりです。

 

新車購入の流れと書類が必要になるタイミング

新車を購入する場合、どのような流れで車を選び契約し納車になるのか、流れを見ていきましょう。購入の流れを押さえておけば、慌てることなく余裕を持って手続きを進めることができます。先ほどご紹介した必要書類が必要になるタイミングも合わせて解説していきます。

 

車とディーラーの選定

最初にどのような車が欲しいのか絞り込みを行います。たとえば車の使用目的のメインが買い物であれば、軽自動車やコンパクトカーがおすすめです。このように、新車は利用目的や家族構成によっても選ぶタイプは変わってきます。

 

ある程度の絞り込みをしたら、インターネット検索などで近くのディーラーをチェックしてみましょう。同じメーカーのディーラーでも取り扱っていない店舗もありますので、事前に問い合わせなどで確認してみることも大切です。

 

下取り・購入価格の交渉と購入決定

新車であっても、できれば少しでもお得に購入したいと思っている方もいるのではないでしょうか。メーカーの希望小売価格はありますが、諸費用などで値下げ交渉ができるかもしれません。担当者との交渉において、安くできるかどうかを話し合ってみましょう。

 

また、これまでに乗っていた車を下取りに出すのであれば、その分の費用を購入価格から割引することができます。ただし今の車を少しでも高く売却したいのであれば、下取りではなく、中古車販売店が行っている買取をおすすめします。

 

購入手続き及び納品スケジュール設定

購入価格に納得できたら、契約手続きに入っていきます。この時点で「印鑑証明書」「実印」「認印」「住民票」の書類が必要です。また、「車庫証明書」や「保管場所届出」といった手続きもこのタイミングで行っておくと良いでしょう。

 

契約手続きと同時進行で、納品スケジュールの設定も行うことがほとんどです。新車の場合は、契約から納品までに2ヶ月~3ヶ月程度かかることがあります。車がないと困るということであれば、代車の有無についても確認しておきましょう。

 

納品手続き(ディーラー側)

すべての契約書類がそろったら、ディーラーの担当者は納品手続きに移ります。具体的には運輸支局または検査登録事務所で登録申請の手続きを行い、公道で走れるようにするために、新しくナンバーを取得します。

 

登録には「印鑑証明書」「実印」「認印」「住民票」「車庫証明書」「委任状」が必要になるため、それまでにディーラーに提出しておく必要があります。このような新規登録は個人でも可能ですが、確実に完了させるためにもディーラーに委任した方が安心です。

 

納車又はピックアップ

すべての手続きが完了すれば、あとは納車されるのを待つだけです。一般的に、新車が納車されるまで2ヶ月~3ヶ月程度かかります。ただし、人気車種やフルモデルチェンジ後だと注文が殺到するため、もう少しかかることもあります。

 

新車が納車されたら、まずは車の状態をチェックしましょう。キズや汚れなどがあれば、すぐに報告して対応してもらうことが大切です。また、手数料を支払えば、自宅まで新車を届けてくれるサービスを行っているディーラーもあります。

 

キャンセルできるのはいつまで?新車契約後に契約破棄できる期間

新車を購入しても、何かしらの理由から契約を破棄したいというケースもあるかもしれません。一般的に、高価な新車はクーリングオフの対象外となっています。つまり、契約成立後はキャンセルすることができません。

 

ただし、ディーラー側としっかりと話し合い、双方が納得できる形であれば、契約成立後でもキャンセルは可能です。どちらにしても、書類の中には発行までに時間がかかるものがあるので、余裕を持って準備に取り掛かりましょう。

 

車が欲しいけど新車は高くて買えない!そんな時……

車の購入には新車だけでなく、中古車という選択肢もあります。前オーナーがいるため状態などに不安を感じている人もいるかもしれませんが、中古車には新車同様に質の高いものもあるので、目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

ネクステージでは、そんな新車並に良好な状態の中古車を数多く取りそろえています。さまざまな価格帯があるため、お客さまの予算に合わせて選べるのもメリットです。少しでもお得に購入したいと考えている人は、ぜひご相談ください。

 

まとめ

新車の購入には、最低でも100万円以上の予算が必要になるため、どの車種を購入するのか慎重に選びつつ、準備は早めにしておくことが大切です。どの必要書類も比較的簡単にそろえられるものばかりなので、一気に済ませてしまうと良いでしょう。

 

また、少しでもお得に購入したいと考えているのであれば、中古車に目を向けてみるのも良いかもしれません。ネクステージでは幅広い価格帯の中古車を取りそろえておりますので、気になる方は、ぜひお近くの店舗までお問い合わせください。

気になる車種をチェックする