車購入の流れと必要な書類や手続き【まとめ】

クルマ購入ガイド

車購入の流れと必要な書類や手続き【まとめ】

仮に新しく車の購入を検討していたとしても、車は高額の買い物であることは間違いないため、予算や購入時期、購入するまでの流れなどについては、しっかりと把握しておきたい人も多いはず。またなかには、初めての車購入で何を準備しておけば良いのか分からないという人もいるかもしれません。そこで本記事では、誰もがスムーズに新しい車を購入できるように、購入までの流れから必要な書類や手続きまでを詳しく解説していきます。

 

※目次※

1.車を購入するときの流れ、手続き

2.車の購入に必要な書類

3.車を購入する際にどのようなことを押さえておきたいか

4.車を購入する際にどのようなやり取りを業者とすれば良いか

5.車を購入する際は余裕を持って購入することが大切

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を購入する際は、予算や条件などを決めて、慎重に車を選ぼう

・車の購入に必要な書類があるので、不備がないように取り揃えておこう

・家族の同意やオプションの詳細など、本契約をする前に注意すべきポイントを確認しておくと良い!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を購入するときの流れ、手続き

車の購入は住宅の次に大きな買い物といわれています。生活に大きく影響するからこそ、損をしないでスムーズに手続きを進めたいと考えているのではないでしょうか。なにを注意すれば良いのかを知っていれば、初めての人でも安心して契約をすることができます。そこでここでは、車を購入するときの流れや必要となる手続きについてご紹介します。

 

新しく購入する車の予算を決める

車は誰もが簡単に購入できるものではありません。新車なら数百万円、中古車でも最低数十万円の予算は必要です。理想とする車を購入したいという気持ちが先走ってしまい、いろいろな車を見ていくうちに、つい最初に考えていた金額よりも高くなっていたことはよくある話。とは言っても、車を購入してからも税金やガソリン代、駐車料台、保険料など車の維持費はかかってきます。無理のない返済をしていくためにも、月々のローンの支払金額や回数など、細かなところまで決めましょう。

 

新しく購入する車の欲しい条件を決定する

ある程度の予算が決まったら、新しく購入する車の欲しい条件を考えてみてください。ひと口に車と言っても、さまざまなメーカーから数多くの車種が発売されています。そのなかから闇雲に決めるのは骨が折れる作業です。自分に合った車を探すためには「車の利用目的」を決めましょう。

たとえば、買い物がメインになるのであれば、車内スペースが広いタントやN-BOXといった軽自動車が良いでしょう。家族全員でレジャーに出掛けたいのであれば、ステップワゴンやヴェルファイアなどがおすすめです。

 

条件に優先順位をつける

次に購入予算と欲しい車の条件を照らし合わせながら、何が大事なのか優先順位をつけていきましょう。たとえば、予算を100万円以内という条件が絶対なのであれば、そこからいくつかの車種をピックアップしてみてください。特に予算に関しては、生活に無理のない範囲で車を選ぶことがカーライフを楽しむためのポイントです。「ナビは欲しいけどスマホのアプリを使えば十分」など、妥協できるところはないのか、しっかりと検討していくことが大切です。

 

お店に在庫があるか確認して訪問する

気になる車があれば、お店に訪問して現車確認をしましょう。実際に店舗へ訪問する前に、在庫があるかどうかの確認も忘れないでください。なぜなら、お店に欲しい車の在庫がなければ、担当者より他の車種をおすすめされることがあるからです。この話に流されてしまえば、これまで検討してきたことはすべて水の泡となってしまいます。

車の購入は「予算の決定」「欲しい車の条件」「条件の優先順位」といった段階が重要です。事前に決定したことがすべてゼロになってしまわないように、在庫確認だけは必ず行っておきましょう。

 

見積もりを算出してもらう

実際に欲しい車を見て問題ないようであれば、見積もりを出してもらってください。インターネットでまずは簡単な見積もりを出してもらい、細かな内訳を把握するために店舗で見積もりをしてもらうことをおすすめします。車を購入する費用の内訳は、大きく「車両本体価格」と「諸費用」の2つに分けられます。また、諸費用には金額が一律の「法定費用」と店舗が自由に設定できる「販売店手数料」の2つがあります。何のための費用なのか分からなければ、担当者に質問してみてみましょう。

 

中古車をどのように売るのかを決める

これまで乗っていた車から買い替えるという人も少なくないはずです。中古車を売却する方法は「下取り」と「買取」の2つに分けられます。他にも個人売買という選択肢もありますが、リスクも大きいため避けた方が良いでしょう。ディーラーで車を購入するのであれば、下取りの方が手続きもスムーズに済みますが、下取り価格は期待できません。一方の買取は人気装備などがダイレクトに反映されて、高額査定になることもあります。少しでも高く売却したいのであれば、買取専門店に査定依頼することをおすすめします。

 

交渉する

新しく車を購入するとき、少しでも安く抑えたいというのは本音ではないでしょうか。販売店によっては交渉次第で、購入価格を値引きすることもできます。ここで大切なのは、担当者と良好な関係を築くことです。これまでに数々の販売実績がある営業マンは車販売のプロなので、ギリギリのラインで交渉をしてくれることがあります。ただし、購入する気がない相手に対しては値引きをすることはありません。最大限の値引き額を引き出すためにも、購入しようとする意欲を伝えることが大切です。

 

購入に必要な書類を集める

車購入のために必要な書類は以下の通りです。

 

  • 車検証
  • 印鑑登録証明書
  • 実印(認印)
  • 車庫証明書
  • 住民票
  • 委任状

 

これらすべての書類を自分で用意する必要はなく、委任状や車検証は販売店が準備してくれることがほとんどです。また、車庫証明書は警察署で取得できますが、平日しか申請ができないため、難しい場合は販売店に代行を依頼してみてください。その他の書類に関しては、自分で準備しなければいけません。また、手続きをスムーズに進めるためにも早めの段階で用意しておきましょう。

 

新しい車を購入、契約する

あとは契約書類に必要事項を記入して、サインをするだけで完了です。とは言っても、ただ契約書に記入するだけでなく、細かな注意事項などにも目を通すようにしてください。基本的には担当者が一つひとつを説明してくれますが、大事な部分を聞き逃してしまうかもしれません。契約書類に書かれている内容を把握できていなければ、後でトラブルになる可能性もあります。理解できない部分があれば担当者に質問しながら、解決するようにしましょう。

 

保険の検討、車両入替をする

車の保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」の他に、任意で加入する「自動車保険」があります。月々の支払いを抑えるために任意保険への加入をしていない人もいますが、万が一のことを考えて加入はしておいた方が良いでしょう。また、買い替えをするのであれば、車両入れ替えをしなければいけません。車両入れ替えとは、保険の契約内容を変更することです。原則として、新しい車を納車してから30日以内が期限となっているため、車検証を取得次第、すぐに保険会社へ電話連絡することをおすすめします。

 

購入費用、税金を払う

すべての書類がそろったら、契約そして購入の段階に入っていきます。このときに、金額の支払方法を選択します。車購入の支払方法は、主に「一括払い」と「ローン支払い」の2つです。ローンは銀行などの金融機関でも組むことができますが、中古車販売店によっては自社ローンを展開しているところもあります。また、ローンを組むのであれば審査に通らなければいけません。審査のために提出する書類もあるため、事前に確認しておきましょう。

 

納車

ここまできたら、後は納車を待つのみです。一般的に、契約から納車までの期間は3週間~4週間程度とされていますが、繁忙期などはもう少し待たされるかもしれません。また納車時には、車に問題がないかをしっかりと確認しておきましょう。たとえば、車両に傷やへこみがないかはもちろんのこと、エアコンやオーディオといった機器は問題なく機能するかについても確認が必要です。他にも、車検証や整備記録簿といった書類にもしっかりと目を通しましょう。

 

車の購入に必要な書類

新しく車を購入するために少し面倒に感じてしまうのが必要書類の準備です。どの書類が必要なのかだけでなく、どのように取得すれば良いのか分からないものもあるかもしれません。とは言っても、基本的には簡単に用意できるものばかりです。車の購入に必要な書類について、一つひとつご紹介します。

 

車庫証明書

車庫証明書とは、購入した車を保管する場所を証明するための書類です。軽自動車は地域によっては不要なところもあります。また、管轄先は各都道府県の警察署で、車庫証明書を申請する場所も警察署です。申請するためには、以下の書類が必要です。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面(自認書)

 

ただし、車庫証明書の申請は平日しか対応していないので、仕事などの都合でどうしても申請が難しい場合、販売店が代行してくれることもあります。

 

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、登録した印鑑が地方公共団体に登録されたものであることを証明したものを指しています。では、なぜ印鑑登録証明書が車の購入に必要なのか。これは、地方公共団体により「本人が登録した印鑑」であることが証明されているため、信頼できる第三者が本人の印鑑の正当性を証明しているからです。印鑑登録証明書は、印鑑を登録している市区町村の役所で申請することにより取得することができます。

 

実印(認印)

また、印鑑登録証明書と一緒に用意しなければいけないのが実印です。もちろん、実印は居住地の市区町村に登録されているものでなければいけません。ただし、軽自動車の購入には実印や印鑑登録証明書は不要です。なぜなら、普通自動車は所有者を国に登録する必要があり財産とみなされますが、軽自動車は法的に財産としての扱いをされないからです。

 

免許証(身分証明書)

当然、車を購入するときは身分証明書の提示が必要となります。契約書の欄には免許証番号を記載するところもあるため、忘れずに用意しておきましょう。また、免許証はローンを組む場合の審査時にも必要です。中古車販売店のオートローンではなく、銀行のマイカーローンを利用する場合は、取得証明書などの書類を求められることもあります。

 

任意保険の証券

いま乗っている車から買い替えるのであれば、現在加入している保険の車両入れ替えをしなければいけません。車検証を取得次第、加入先の保険会社へ電話連絡を入れてください。また、新しい車の購入を機に、別の任意保険に切替えることもあるでしょう。この場合は、現在加入中の任意保険の証券を提出する必要があります。

 

委任状

車の所有者を変更する名義変更の手続きなどは、販売店が代行してくれることがほとんどです。ただし、名義変更などの手続きは自分で陸運局に出向いて行うこともできます。販売店に委託する場合は、手続きを第三者に委任したことを記載した委任状が必要です。こちらも販売店が準備してくれることがほとんどなので、そこに署名および押印をすれば完了です。

 

車を購入する際にどのようなことを押さえておきたいか

実際に車を購入するときには、事前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。業者探しはもちろん、購入したあとの利用頻度や維持費などについても、前もって把握しておくことをおすすめします。そこで今回は、新しい車を購入する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

家族の同意を得られるかどうか

未成年者が車を購入するためには、保護者の同意が必要になります。責任能力が低いうえ、金銭面でも不安があることから、購入時に保護者が立ち会ったり、同意書を提出したりしなくてはならないのです。連帯保証人が必要になるケースも多いです。万が一支払い不能になってしまったときのために、まず保護者の同意を得るようにしましょう。

 

また、たとえ成人していたとしても、家族の同意を得ることは重要です。車の置き場所をはじめとして、万が一トラブルが発生した場合のケアを頼むこともあるでしょう。

 

家族全員で使用する車であれば、なおさら家族の理解を得ることが必要になります。家族には購入予定の車の詳細を伝えたうえで、きちんと同意を得てから本契約に進みましょう。

 

どの店舗で取り扱っているか

車選びはどの店舗でおこなうか、ということも重要です。「日産」「トヨタ」「ホンダ」のようなディーラーであれば、そのメーカーの車を幅広く取り扱っています。専門家のアドバイスが受けやすいうえ、アフターサービスも充実していることが多いです。

 

車販売店(サブディーラー)であれば、複数のメーカーの車が販売されています。いろいろなメーカーの車を比較して、より条件に合ったものを選びたい方におすすめです。

 

中古販売店であれば、車両本体の価格を低く押さえられます。メーカー中古販売店であれば、特定のメーカーの中古車だけを取り扱っているため、こだわりがある方はこちらを利用すると良いでしょう。あなたが欲しい車は、どのタイプの店舗で取り扱っているのかを調べておきましょう。

 

どのようなオプションを取り付けたいか

オプションの選択内容によって、車の乗り心地も価格も大きく変わってきます。機能性や見た目など、自分がどのような車に乗りたいのかをよく考えて決めるようにしましょう。

 

最近、多くの方が取り付けているのが「ETC車載器」です。高速道路や有料道路を多く利用する方には、欠かせないオプションのひとつです。

 

「純正カーナビ」を取り付ける方も多いです。純正は価格が高くなりやすいものの、クオリティが高く使いやすい傾向にあります。汎用のカーナビより、車のデザインにもぴったり合う収まりの良さが魅力でしょう。

 

駐車サポートや事故予防のために、「バックモニター」を取り付ける方も増えています。車の視覚を減らし、安全運転に貢献するオプションです。

 

オーディオ機器や車全体の高級感や乗り心地を変える「フロアマット」や「シート」などのオプションにこだわる方もいます。

 

車を運転する頻度はどの位か

どの位の頻度で運転するかによって、適切な車は異なってきます。通勤や通学で毎日使用する方と週末のみのドライブをする方では、必要な機能も異なるからです。運転頻度や目的に応じた車選びを意識しましょう。

 

運転頻度が高い方は、燃費が良い車の方が向いているといえます。減税対象になる車種を選ぶことで、金銭負担を軽くすることも可能です。逆にあまり頻繁に運転をしない方であれば、多少燃費が悪くても好みやこだわりをもって選ぶのも良いでしょう。

 

毎月どの位の維持費がかかるか

車は、購入時に発生する車両本体価格に加えて、そのほかいろいろな維持費がかかります。以下は維持費の一例です。

  • ・税金(自動車税、自動車重量税など)
  • ・保険料(自賠責保険、任意保険など)
  • ・燃料費(ガソリン、電気代など)
  • ・駐車場代
  • ・通行料(高速道路、有料道路など)
  • ・メンテナンス代(車検、消耗品交換など)

 

具体的な金額は、それぞれの項目や場面によっても異なりますが、いずれも決して安い金額ではありません。そのため、車を購入する前にどのくらいの維持費がかかるのか事前に計算するようにしましょう。予算オーバーの場合は、「税金が安い軽自動車を選ぶ」「減税対象の車種を選ぶ」「新車ではなく中古車を選ぶ」など、検討してみると良いでしょう。

 

車を購入する際にどのようなやり取りを業者とすれば良いか

車を購入する際には、業者とはどのようなやり取りをすることになるのでしょうか。失敗しない車選びのために、専門家に確認しておきたいことや直接相談しておくべきことなどをご紹介します。

 

自分の希望する条件を満たした車は何か

車種やメーカー、予算などをはじめとして、あなたが求める条件を満たした車はどれなのか、専門家に相談してみましょう。自分で絞り込んだ車以外にも、適切な車が存在しているかもしれません。そのためにも、自分が求める条件を明確にしておくことをおすすめします。

 

「見てから決める」「説明を聞いて考える」という姿勢も柔軟で良いのですが、ある程度求める内容が定まっていないと、実際に運転し始めてから後悔することもあり得ます。運転の頻度や目的、家族の人数やオプションの内容、車の大きさや色など、機能性と好みの両方をあげておきましょう。駐車場の広さや高さなども、あらかじめ調べておく必要があります。

 

車を購入する際に疑問に感じたこと

実際に車の購入を考えるときには、さまざまな疑問点も浮かび上がってくることでしょう。「信頼できるメーカーはどこなのか」「自分に適した車はどれなのか」「オプションはどこまでつけるか」「保険や補償はどのようになっているのか」など、例を挙げていけばキリがありません。こういった疑問点は、本契約前に業者に確認しておきましょう。

 

また、中古車を購入する場合、車の状態や価格相場など少しでも気になる部分は確認しておきましょう。新車ではない分、あらかじめ疑問点を解消しておくことで、リスクの少ない買い物ができるでしょう。

 

利用しようと考えているローンの特徴

車のローンにはいろいろなタイプがあり、ディーラーや信販会社のローンもあれば、銀行や信用金庫などが扱っているローンもあります。販売会社や中古販売業者独自のローンもあるでしょう。それぞれのローンで、手続きや審査にかかる時間、金利やローン対象、難易度などが異なります。

 

いずれのローンにもメリット・デメリットがあるため、検討しているローンの詳細について、あらかじめ専門家に相談しておくと良いでしょう。その際には、あなたの収入プランや家族構成もまとめたうえで、具体的な返済計画を作れるようにしておきましょう。

 

車を購入する際は余裕を持って購入することが大切

車の購入に関する手続きは、余裕を持ったスケジュールで進めましょう。車種や購入先を選んだり、ローンの審査結果を待ったりしていると、思った以上に時間がかかります。購入に必要な書類を準備するにしても、発行機関によっては営業日や時間に制限があるため、取得タイミングが限られてくることもあるでしょう。

 

こういった細かいタイムラグが積み重ねられて、目当ての車の在庫がなくなって納車スケジュールがずれこむことも珍しくありません。オプションの追加内容によっても、製造にかかる時間は変わります。希望するタイミングで納車してもらえないケースに至る可能性もあります。状況によっては、車がないことで不便になってしまうことにもなりかねません。

 

こういったトラブルを回避するためにも、車の購入準備は計画的におこなうべきだと言えます。

 

まとめ

生活に大きく影響する車の購入だからこそ、しっかりと準備をして、契約から購入までの手順を把握してから、手続きを進めていくのが理想です。また、欲しい車の基準を事前に決めておくだけでも、予算をオーバーしたり、不要な装備を付けてしまったりするなどの失敗も少なくなります。後悔しない車選びをするためにも、じっくりと検討して、楽しいカーライフを迎えましょう。

気になる車種をチェックする