初めて中古車を購入しようと考えている人へ|購入の流れ、注意点、選び方まとめ

クルマ購入ガイド

初めて中古車を購入しようと考えている人へ|購入の流れ、注意点、選び方まとめ

車の購入を考えるときに、検討する人も多い中古車。もちろん新車のように最新モデルを手に入れたり自由にカスタマイズしたりということはできませんが、しっかり乗れる車を新車よりずっと安く購入できるため、費用を抑えたいという人に人気があります。

 

しかし、中古車を検討している人の中には、初めて購入するという人もいるでしょう。

 

そこでこのページでは、中古車を初めて購入する人に向けて、中古車はどのような流れで購入していくのか、購入において注意すべきことは何か、中古車の選び方のポイントについて解説していきます。

 

※目次※

1.中古車購入の流れ

2.車庫証明書について

3.中古車を購入するときのポイント

4.中古車を購入するときの注意点

5.中古車の選び方

6.良い中古車販売店の選び方

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・車選びから購入に関する手続き、必要書類まで、多くの販売店はサポートしてくれる

・中古車選びは「走行距離」と「リセールバリュー」に着目すると良い

・優良店を見定めることで、より質の高い中古車に出会える可能性が高まる

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車購入の流れ

まずは、そもそも中古車を購入するときにどのようなステップで進めていけば良いか分からない人のために、中古車購入を進めていく流れからお話します。車は大掛かりな買い物ですから、その場ですぐに買って使えるものではありません。中古車を初めて購入する人は、検討段階から納品までの流れを知っておきましょう。

 

予算を決める

車を決める際には、まず予算から考えていきましょう。車のスペックやデザインは好きなように選べますが、予算は個人個人の金銭事情によって異なるもので、あとから動かせるものではありませんよね。

 

車を所有するということは、車の本体価格だけでなく駐車場やガソリン代、修理費、税金など様々な維持費の支払いをすることになります。維持費も考慮した上で予算組みをしてみましょう。

 

駐車場の目処を立てる

車の購入と普通の買い物との間で異なるポイントの一つとして、「保管する土地が必要」ということが挙げられます。車を駐車場に停めることは当然だと思うかもしれませんが、中には公道などに車を停めてしまう人もいるのです。(もちろん、違法行為です)

 

このような行為を抑止するために、車を購入する際には「車庫証明書」という書類の提出が義務付けられています。駐車スペースを事前に押さえた上で、そのことを証明しなければいけないというルールがあるのです。

 

希望の車種を決める

予算と駐車スペースが決まったら、次は車の車種を見てみましょう。各自動車メーカーから様々なタイプの車が販売されていますので、事前に決めておいた予算と照らし合わせながら候補を絞っていきましょう。

 

予算だけでなく、家族の人数など使用する規模に合わせた乗車定員や、車を走らせる場所に合わせたスペックなど、車を使用する上で自分にとって必須になるポイントを押さえながら決定していきます。

 

店舗に連絡、訪問する

買いたい車種の候補がある程度絞れたら、すぐに販売店やディーラーに行くのではなく、まずは中古車サイトや販売店のホームページをチェックして、一度問い合わせをしてみましょう。その店舗に欲しい車の在庫があるか分かりませんし、混雑している場合待ち時間が長くなってしまうかもしれません。

 

当日はお目当ての車を自分の目で確認し、候補の中から購入したい車を決定していきましょう。

 

見積もりを作成してもらう

車を購入の際はすぐに契約するのではなく、まず見積もりを作成してもらいましょう。車を購入する際は本体価格だけでなく、車の購入にあたって一律で支払わなければならない「法定費用」や、ディーラーや販売店の代行費用となる「手数料」が上乗せになります。

 

どんなお店でどんなクルマを購入する場合でも、一度見積書の内容を見てから、本当にその店舗でその車を購入しても良さそうかを検討してください。

 

契約に必要な書類を用意する

車の購入には様々な手続きが必要です。先ほどお話した駐車スペースの確保を証明する「車庫証明書」をはじめ、実印の正しさを証明する「印鑑証明書」、業者へ車の登録手続きを委任するための「委任状」などを用意してください。

 

どれも普段の生活で取り扱うことはあまりないと思いますので、初めて取得や作成をするという人も多いでしょう。書類の準備は早めに動き出しておきましょう。

 

支払い方法を選ぶ

支払い方法についても、準備段階からしっかり考えておく必要があります。現金一括払いで買えるのなら特に考える必要はありませんが、買うのが車となるとなかなかそうもいかないでしょう。

 

銀行でローンを組むのであれば金利は低く抑えられますが、前もってローンの申し込みに足を運んでおかなければなりません。また、審査も他のローンと比べて「厳しめ」というデメリットがあります。

 

中古車販売店提携のローン会社なら、車を買うタイミングで同時にローンの申し込みができます。金利は銀行系ローンに比べやや高くはなってしまいますが、その分提携ローンならではのキャンペーンがあり、オプションがサービスされたり、値引きがあったりと充実しています。また審査も銀行系のローンより易しい傾向にあります。

 

クレジットカードの分割払いができる店舗も中にはありますが、カードローンは金利が高いのであまりおすすめはできません。使ったとしても現金で足りなかった分を補うぐらいに留めておきましょう。

 

契約書にサインする

見積もりの内容や中古車の状態を見て購入を決意したら、いよいよ契約書にサインをしましょう。

 

車の購入は大きなお金が動く契約ですので、契約の内容をきちんと理解しないままサインをしないように注意が必要です。初めて聞く内容を目にした場合や違和感がある場合は、質問をして解消するようにしてください。

 

保険の契約をおこなう

日本では、車を所有すると強制的に「自賠責保険」という保険に加入します。車は便利な反面危険を伴う商品であるため、万が一被害者が出た場合その救済を行うために加入が義務付けられているのです。

 

しかし、自賠責保険でカバーできるのはある程度の金額分までになります。自分の身を守るためには、任意保険への加入も検討したほうが良いかもしれません。遅くとも購入した車が納車される日までには手続きを完了させておきましょう。

 

中古車の購入

契約が完了したら、お金の支払いをしましょう。車の購入では現金による一括払いかローンを組んでの支払いが主流です。

 

全額を一度に支払えない場合は、銀行などの金融機関で組む「マイカーローン」や、販売店やディーラーで組む「オートローン」を利用する人が多いですが、クレジットカードでの「リボ払い」は利息率が高いため車購入時の支払いには不向きなので避けましょう。

 

納車

ここまでの購入のステップをふんだら、いよいよ車が自分の手元へ届きます。納車日や時間は業者と打ち合わせをし、多めに時間を取っておきましょう。

 

多めに時間が必要なのは、車のチェックをした方が良いためです。中古車は新車とは違い、保証期間が短い場合があるので、不備があれば保証期間内に見つけることができるよう、車のチェックは入念に行いましょう。

 

車庫証明書について

車を購入するにあたって、車庫証明書が必要になることには前項でも触れました。しかしこの書類の用意に関して本人がする必要があるのは、ほとんどの場合、駐車場の確保だけです。

 

多くの中古車販売店は車庫証明書の発行も代行します。ですから、買う人は契約時申請書に駐車場の情報を記入するだけでよくなります。

 

また月極駐車場を車庫証明に利用する場合、駐車場の管理会社に発行を依頼しなければなりません。自宅に駐車できるのか、駐車場を新たに借りるのか、それぞれの場合の対応を覚えておきましょう。

 

以上を踏まえれば稀なケースですが、車庫証明書は自分で発行しに行くこともできます。その場合、警察署に申請書を提出しなければなりません。記入方法は、窓口で尋ねれば丁寧に教えてくれます。必要となる費用は都道府県によって変わりますが、おおむね2,000円程度でしょう。

 

中古車を購入するときのポイント

お得に中古車を手に入れるためには、いくつか心掛けておきたいポイントがあります。中古車を買うことに慣れていない人でも、以下のポイントを知っておくとより上手な買い物に繋がりやすいでしょう。

 

中古車は4月〜5月が安くなるかも

中古車をより安く手に入れたいのなら、一年のうちでも4~5月が狙い目になります。この時期は車の需要が比較的少なく、販売店は値段を下げてでも売りたいと思っていることが多いためです。

 

1~3月は新生活に向けて車を買う人が相次ぎます。7~10月もボーナスなどの兼ね合いで車の需要が高まるでしょう。これを踏まえると、間の期間である4~5月に売り上げが下がることにも合点がいきます。

 

ディーラーの試乗車・代車落ちがオススメ

ディーラーでは試乗車、代車落ちの車が中古車として販売されることがあります。中古車でも特に状態の良いものを選びたいという人は、こういった車の購入も検討してみてはいかがでしょうか。

 

試乗車や代車として扱われていたものは、まず年式に対して走行距離が少なく、部品の消耗も比較的軽いものが多いでしょう。また整備もディーラーによってこまめに行われているので、いわゆる「放置されていて走行距離が少ない車」とは違います。

 

以上のようなことから、ディーラーで扱われていたものを選べば、かなり状態の良い中古車を手に入れられることがわかります。

 

グレードの高い車を探すのもおすすめ!

中古車はグレードの高いものから探し始めることをおすすめします。同じ車種でも、グレードが下がるほど安くなっていきます。かといって低いグレードだけを見ていると、グレードが高くてお買い得な車があっても、見落としてしまいます。

 

中古車の値段は使用状況や人気に応じて千差万別です。手が届かないと思っていたグレードの中にも、自分の予算に収まるものが出てくるかもしれません。

 

あまりに安くなっている場合、その理由を販売員に訪ねる必要はありますが、人によって「多少の修理歴なら気にならない」ということもあるでしょう。

 

中古車を購入するときの注意点

さて、中古車購入が初めてという人も、流れをイメージしていただくことができたでしょうか。次に、中古車を購入するときにどんなことに注意すべきなのかをお伝えします。中古車は新車とは違い、車の状態を自分の目でチェックしていくことが大切です。

 

実際に購入する車を必ず確認する

中には忙しくて販売店やディーラーへ行く時間がなく、情報誌やインターネットの情報だけで車選びをしたり、取り寄せた車を確認していなかったりという人もいるでしょう。

 

しかし、中古車はどこに傷や故障などがあるか分かりません。契約・購入後に手元に届いてから初めて自分の目で見て後悔しては遅いので、事前に必ず確認しましょう。

 

安さだけで選ばない

そもそも中古車を選ぶ理由として「予算を抑えたい」ということが多いと思いますが、あまりに安すぎるものには注意が必要です。きちんとメンテナンスがされておらず納車後すぐに修理が必要になるなど、販売店によってはコンディションの悪い車の可能性もあります。車種や経過年数から見て、その金額が妥当なのかをしっかり確認しましょう。

 

保証がついているかどうかを確認する

相場よりかなり安い価格で販売している中古車には、保証がついていない可能性も考えられます。「こんなに安く売っているのだから、壊れても仕方ない」という考え方をする業者も中にはいるのです。

 

保証のついていない車を購入することは基本的に避け、保証がついているのか、内容はどうなっているのかというポイントを、購入する前に必ず確認しましょう。また、別途有償で長期の保証オプションを用意している販売店もありますので、購入の際はしっかりチェックするようにしましょう。

 

新車購入と中古車購入の違いを理解しておく

これまで新車しか所有したことが無く、中古車を初めて購入するという人は、新車との違いも理解しておきましょう。

 

新車の場合、購入後の3年間は車検を受ける必要がありませんが、中古車の場合は一番遅くても2年後には車検を受けることになります。購入の時点で車検期間が有効な場合は、更に早く車検を受ける必要があるのです。また、ローンを組む場合は新車に比べて金利が高くなりやすいことにも注意してください。

 

中古車の選び方

中古車購入について理解を深めていただいた所で、最後は実際に中古車を選ぶステップに関してお話していきます。良い中古車を見極めるべきポイントを挙げていきますので、初めて購入する人は参考にしてみてください。

 

リセールバリューの高い車を選ぶ

「リセールバリュー」とは日本語で「再販価格」のことで、その中古車を売り払う際につく値段を指します。

 

購入時の価格が100万円で、リセールバリューが70万円の車と、購入時50万円でリセールバリューが10万円の車を比較すると、結果的に前者の方がお得に車に乗れるということになりますよね。

 

長い目で見て、リセールバリューの高い車を狙ってみるのも良いでしょう。

 

どれだけメンテナンスされているのかで選ぶ

車は様々な部品を組み合わせて作られている商品なため、それだけの数の部品が故障する可能性を持っています。車の修理やメンテナンスには費用がかかりますし、走行中にトラブルが起こることはもちろん避けたいですよね。

 

多少費用が掛かっても、きちんとメンテナンスされている車を購入すれば、自分で修理へ持って行かなければならなかったり、トラブルが起きたりという可能性を低くすることができます。

 

走行距離で選ぶ

車も機会なので、当然寿命がありますが、寿命には経過年数だけでなく、走行距離が大きく関わってきます。例えば1年しか乗っていなくても3万キロ走った車と、3年乗って5000キロしか走っていない車であれば、前者の方が「多く使われている」ことになりますよね。

 

走行距離が多ければ多いほど、寿命に近づいている車と考えることができます。経過年数だけではなく、これまでの走行距離にも目を向けて見ましょう。

 

金額で選ぶ

中古車を選ぶメリットは、やはりなんといっても金額でしょう。リセールバリューやメンテナンスももちろん大切ですが、現実的に考えればその時出せるお金には限度がありますよね。

 

中古車には、新車購入時の何倍も価格が下がっている掘り出し物もありますので、とことんお得な車探しを楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

ただし、あまりにも価格が安すぎる場合は、おかしいポイントがないか注意してくださいね。

 

人気で選ぶ

余程車に精通している人でない限り、車の細かい違いは分かりませんよね。しかし、人気の車にはそれだけの理由がありますので、良い車種が欲しいという人はやはり「人気かどうか」ということを一つの物差しにして選ぶのも手です。

 

トレンドの流れにもよりますが、人気車種はリセールバリューも高くなることが見込めますので、車選びが初めてという人は、人気のある車種の中から選んでみるのも良いでしょう。

 

良い中古車販売店の選び方

中古車の購入において、販売店選びは特に重要です。中古車は同じ車種でも個体差が大きく、車両の状態を把握するにしても、販売員からの情報に頼る部分がほとんどになります。

 

また良質な店舗を選べば、それだけ管理の行き届いた車を手に入れることができます。以下の項目を参考に、優良店を見定めていきましょう。

 

店舗を訪問して決める

車は実際に店舗を訪れるまでは「あくまでも候補であること」を念頭に置いておきましょう。候補の車は、ネットで値段を含めた情報を見比べて決める場合が多いでしょう。しかし実際に店舗を訪れるまで、販売店の良し悪しはわかりません。「絶対にこの車が欲しい」と思っているのに、実際に訪れたお店の印象が悪いと、車の魅力も半減してしまいます。

 

展示されている車が綺麗

展示されている車が綺麗だということは、それだけ管理が行き届いていることを物語っています。またお客様をお出迎えするのに、店舗が綺麗なことはおもてなしです。店舗や車両が清潔に保たれていることは、優良店の基本条件だといえます。

 

展示されている車の台数が多い

小型店にももちろん優良店はありますが、展示されている台数が多い店舗のほうが、より多くのラインアップから品定めできるメリットがあります。また大型店舗を構えられるということは、それだけ業界でも大手の業者だということの表れでもあります。

 

大手の業者になると、流通のネットワークも広く持っているため、よりニーズに沿った提案をしてくれる可能性が高いでしょう。また実績があるということは、それだけ中古車選びのポイントを熟知していることにも繋がります。これを踏まえると、大型店に絞って探していくのも良いかもしれません。

 

自分の要望に合った車を提案してくれる

ネットである程度目星を付けて店舗に訪れたとしても、ニーズを見定めた上で違った提案をしてくれるお店もあります。こういったお店は「売れれば良い」とするのではなく、「満足してもらいたい」という想いを持った店舗だといえるでしょう。

 

またそういったお店であれば、欲しい車種が決まっていない段階から相談しても、親身に対応してくれるでしょう。車選びから相談を持ち掛けてみるのもまた、優良店を見定めるのに有効な手段だといえます。その段階から関係性を築いておけば、多くの中古車販売店が嫌がる試乗の面で、融通を効かせてくれることもあるでしょう。

 

価格・費用などを明確に提示してくれる

どんなお店でも見積もりを出せば、明確な値段はわかります。しかし見積もりまでいかずとも検討している段階から、諸経費を含めてどのぐらいの費用になるかを教えてくれる店舗は優良店だといえます。

 

見積もりを出してもらってもその段階で購入を決める必要はないのですが、なんとなく断り辛くなる気持ちはあるでしょう。優良店というのは、そういった点からもお客様がいかに気持ちよく買い物ができるかを考えています。

 

まとめ

このページでは、中古車の購入が初めてという人に向けて、中古車はどのような流れで購入していくのか、購入において注意すべきことは何か、中古車の選び方のポイントは何かということを解説してきました。新車の購入とは違う、中古車購入のポイントをご理解いただけたでしょうか。初めて中古車を購入する人には、注意するべきこと、知っておいてほしいこともたくさんあります。この記事を参考に、初めての中古車購入を良いものにしてくださいね。

気になる車種をチェックする