初心者におすすめの中古車の選び方|不安を解消して購入しよう

クルマ購入ガイド

初心者におすすめの中古車の選び方|不安を解消して購入しよう

仕事・買い物・趣味など、生活していく上でなくてはならない自動車。新たに購入するには車選びをする必要があります。新車は高いため、価格の安い中古車から選んで購入しようと考えている方もいることでしょう。

 

しかし、中古車は古いものから新しいものなど、膨大な数の車種が存在します。そのため、特に初心者の方の場合、どういった選び方をすれば良いのかわからず、不安な方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、初心者の方におすすめの中古車の選び方や、初心者の方が陥りがちな選び方の失敗例などをご紹介します。

 

■POINT

 

 

・中古車は、新車とは違い膨大な数の中から選ぶことになるため、選び方が重要!

・初心者は、選び方で失敗することがあるので注意が必要!

・初めての中古車選びではまず専門家に聞いてみよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

初心者におすすめの中古車の選び方

新車であれば、現在販売されている車種の中から選べば良いため、状態や年式などを考えずに選べます。しかし、中古車の場合は膨大な数の中から選ばなくてはならないため、初心者の方であれば選び方がわからないのも無理はないと言えます。

 

しかし考え方を変えれば、膨大な数の中から選べるということは大きなメリットでもあります。過去に発売された、いろいろな様態の車から選べるので、新車よりも選択肢が増加して、より自分に合った1台を見つけられるチャンスです。おすすめの中古車の選び方を参考にして、自分にとって最適な1台を見つけましょう。

 

予算で選ぶ

お金を節約したいと考えている方は、予算を第一に考慮して中古車を選ぶのがおすすめです。中古車の魅力は、何と言っても新車よりも安く車が手に入ることです。新車よりも幅広い価格帯の中から選べるので、より一層ご自身の予算に合う車が見つかるでしょう。

 

発売されてから期間があまり経過していない高年式のものや、新車での販売価格が高かったもの、人気の高い車種、オプション品が充実しているものなどは中古車の中でも高い傾向にあります。

 

反対に、発売されてから期間が経過している低年式のものや不人気車種、オプション品がないものなどは価格が安くなります。これらは、とにかく低い予算で購入したいという方におすすめです。

 

維持費から選ぶ

購入したあとに車にかける出費を抑えたいという方は、維持費の観点から選ぶと良いでしょう。車にはさまざまな維持費が発生するため、その部分をしっかりと把握しておかないと後悔する恐れがあります。

 

まずは税金です。車を所有している以上は毎年支払わなければいけません。毎年4月1日時点で車を所有していると「自動車税」か「軽自動車税」が発生します。自動車税の場合、所有している車の排気量が多いほど税額も上がります。軽自動車にかかる軽自動車税は、自動車税よりも安く、一律の額となります。

 

また、車検時に支払う「自動車重量税」は、車の重量が重いほど税額も上がります。軽自動車の場合は普通自動車よりも安く、税額も一律です。税金という維持費を抑えたい方には、重量と排気量が少ない普通車や、軽自動車を選ぶのがおすすめです。

 

燃費の良し悪しも維持費に大いに関係します。燃費が良い分、燃料代にかける費用が少なくてすみます。さらに、見落としがちな部分がタイヤサイズです。スポーティーな車になると、タイヤが薄い「扁平タイヤ」や、市場にあまり出回っていないサイズのタイヤである場合があります。そうなると、普通のタイヤよりも割高になるので注意が必要です。

 

室内の大きさで選ぶ

室内の広さが売りの車は新車だと高価な傾向にありますが、中古車であれば比較的お手頃価格で購入することができるのでおすすめです。室内が大きい車種には、ミニバンや軽自動車のスーパーハイトワゴンなどがあります。

 

ミニバンは7人や8人乗車のものがあり、広い室内を活かして多くの人を乗せることが可能です。さらに、2列目や3列目のシートを折り畳むことで、沢山の荷物を積載することもできます。家族全員を乗せてお出かけすることが多い方、アウトドアなどの趣味で沢山の荷物を積載する方におすすめです。

 

軽自動車のスーパーハイトワゴンは、軽自動車らしからぬ室内の広さが売りです。天井が高くて室内も広いため、大人が4人乗車しても窮屈さを感じることがありません。荷物の積載量も多いため、仕事や趣味にも使用することができます。また維持費がかからなくて、広い室内の車を探している方におすすめです。

 

ライフスタイルから選ぶ

趣味で車を使用したい方や、近所の買い物用として車を使用したいなど車の用途がはっきりとしている方は、ご自身のライフスタイルに応じて中古車を選ぶと良いでしょう。

 

趣味で荷物を沢山積んだり、人を沢山乗せてお出かけしたりすることが多いという方は、ミニバンタイプがおすすめです。近所への買い物や、近場にお出かけするとき用として選ぶ方には、維持費がかからず室内も広い、軽自動車のセミトールワゴンやスーパーハイトワゴンなどが良いでしょう。

 

また、ドライブで運転するのが好きという方にはスポーツタイプがおすすめです。アウトドアやスキーなどで、悪路や雪道を走行することが多いという方には、車高が高くなっているSUVタイプが良いでしょう。

 

このように、趣味や普段の生活などで車を使用することが多い方は、ご自身のライフスタイルに合った中古車を購入すると、より豊かなカーライフを送れるようになります。

 

人気のある車から選ぶ

車に安心・信頼性を求める方や、他の人から注目されるような車が良いという方は、巷で人気のある車種を選ぶのがおすすめです。

 

人気のある車は価格が比較的高くなってしまいますが、多くの人が乗っている安心感や信頼性を得られるのが魅力的です。乗っている人が多いと、インターネットでその車種に関する情報が多数掲載されており、トラブルが起きた際に調べることができます。また、カスタムをする場合も他の人を参考にすることができ、情報不足に困ることがありません。

 

人気車種の場合は中古車市場に出回る数も多くなるため、多くの車の中からお気に入りの一台を見つけることもできます。オプションやカスタムが充実していることも多いため、注目度を上げることができる車を選ぶことも可能です。

 

車の状態から選ぶ

中古車は、既に何人かのオーナーが所有してきた車です。以前のオーナーがどういった運転の仕方や扱い方、整備の仕方をしてきたか不明な点が多いため、車の状態を確認して選ぶことも重要です。

 

基本的に、外装に傷がなくきれいな状態であったり、内燃機関の状態が良いものであったりすると価格は高くなります。逆の場合であると、価格は安くなります。

 

状態が良いものを選びたいという方は、中古車掲載雑誌が車両状態を確認した「鑑定書」が付いているものを選ぶとより安心することができます。

 

初心者が陥りがちな中古車選びの失敗例

中古車は、どんな扱い方をされてきたかが不明であるため、新車よりも選ぶ際の目を厳しくする必要があります。

 

初心者の方であると、新車と同じような感覚で、しっかりと車を確認せずに選んでしまうことも考えられます。初心者の方が陥りがちな失敗例を確認し、後悔することのないようにしましょう。

 

安いというだけで車を選んでしまう

予算重視で選ぶのも良いですが、安さの理由を把握せずにただ安いだけで選んでしまうと、「安物買いの銭失い」になってしまうリスクがあります。

 

ただ安いだけの中古車は、不人気車だったり低年式だったりするほか、修復歴有りのもの、状態が悪いものが多くなります。不人気車は需要がないため安くなっているということが分かるため、安くてもまだ安心できます。低年式のものや修復歴有りのものなども、情報で記載されており把握ができます。

 

危険なのは、外装や内燃機関の状態が悪いことで安くなっている中古車です。この場合、売れなくなってしまうため販売店はこれらの情報を載せません。つまり、自分の目で判断する必要があるのです。初心者の方は状態の良し悪しの判断が難しいので、安さに飛びついてしまわないように気をつけましょう。

 

ただし、これらを説明してくれる中古車販売店や修復歴車を扱っていない店舗もあるので、事前にしっかりと調べておくのがいいでしょう。

 

販売店を近さだけで選ぶ

「どこの販売店も同じだろう」と思って、自宅から近いという理由だけで選んでしまうと、費用が高くついたという失敗例があります。

 

販売店はどこも一緒ではありません。それぞれの販売店の考え方や整備士の経験年数、熟練度、技術などもさまざまです。もし自宅近くの販売店が状態の悪い車ばかり売っていたり、整備士の技術が低い店であったりすると、購入後に痛い目を見ることになります。

 

今では、中古車情報サイトで販売店のユーザー評価が確認できます。ユーザー評価の高い店や、友人知人から評判の良い店を聞くなどして選ぶのがおすすめです。

 

本体価格だけを見て購入する

初心者の方であると、本体価格だけを見て「安い」と勘違いしてしまいがちです。本体価格の他にも、諸費用がかかることを考慮しなければ思ったよりも高くなってしまった、という失敗をしてしまうこともあります。

 

まず見落としがちなのが「車検」です。車検が長く残っている車であれば良いですが、あと数ヶ月で切れたり、既に切れていたりする可能性もあります。車検が必要になると、車種によっては本体価格にさらに10万円前後かかることもあります。車検の残期間を忘れずに確認しましょう。

 

また、自動車取得税や自動車重量税、自動車税などの法定費用、販売店が設定する諸費用なども発生します。特に、販売店が設定する諸費用は独自であるため、金額が不明であることがあります。購入前に必ず確認を行い、予算オーバーにならないよう注意が必要です。

 

事前になにも決めずに話を聞きに行く

どういった車がほしいのか、何も決めずに話を聞きにいくと、販売店側の良いように言われてしまい、結果的に損をするといった失敗をする可能性があります。さらに、自分の生活スタイルに合わない車を購入して後悔することも考えられます。

 

もしも良心的な店でなかった場合、初心者であることにつけこみ、販売店側に有利な条件で購入させられる恐れがあります。事前に、予算はどのくらいか、どの車種が欲しいのか、その車種の相場はいくらくらいなのかを確認しておきましょう。

 

また親切な販売店のスタッフが担当した場合でも、短い時間のなかでは本当に欲しい車種を見つけ出すことは難しいこともあります。

 

またご自身のライフスタイルや使用用途を考えて、ある程度は欲しい車種や予算を決めておかないと、本当に自分が欲しかった車を購入することができないこともあります。

 

カタログだけで購入を決定する

カタログで見た情報だけで購入をしてしまい、実際に見たり運転したりしてから、「求めていたものと違った」と失敗してしまうパターンがあります。

 

カタログの数値や車のデザインなどを参考にするのも重要ですが、実際の乗り心地も非常に重要です。車の用途は、「人を乗せて運転する」ことです。デザインが良くても、重要な部分が自分に合わなかったら後悔することにもなるでしょう。

 

販売店に行き、購入しようと思っている車の試乗を頼んでみましょう。外を走るのが無理であっても、敷地内を走れることがあります。短時間であっても、一切試乗しないよりは何倍もマシです。後悔しないためにも、試乗は必ず行いましょう。

 

保証内容を確認せずに購入する

購入してからすぐに車の調子が悪くなったため、保証があるものと思って販売店に向かったが、既に保証期間が切れていた、もしくは保証自体がなく高額な修理費を支払ったという失敗例があります。保証内容を確認せずに購入するのは非常に危険です。

 

中古車は走行距離が伸びていること、新車に比べて古くなって劣化していることから、新車と比較すると故障するリスクが高くなります。すぐに故障することはあまりありませんが、どんなタイミングで故障しても対応できるように保証内容は必ず確認しましょう。販売店に確認したところ、もし保証がないということであれば、その車は避けた方が無難 といるでしょう。

 

不安はしっかり解消して購入しよう

中古車の場合、新車よりも確認する事項や注意する点が多く、初心者だと敷居が高く感じてしまうこともあるでしょう。しかし、しっかりとした事前準備や確認を行うことで、不安なく自信を持って選ぶことができます。

 

不安なくしっかりとした目で選ぶことができれば、とてもお買い得な車に出会えることもあります。反対に、不安なまま選んでしまうと、良い車に巡り合うことができませんことも。小さな不安であっても、必ず解消してから購入するようにしましょう。

 

まとめ

中古車購入の経験がない初心者の方であれば、自信を持って選ぶことは難しいでしょう。この車を選んで良いのかと不安に思うこともあるでしょう。しかし、今回ご紹介した選び方と失敗例を参考にすれば、不安がなくなり失敗する確率は低くなります。

 

中古車販売のネクステージでは、良質な中古車を数多く取り揃えています。中古車の購入でお悩みの方は、ネクステージにお気軽にご相談ください。ぜひ、あなたに合った1台の中古車に巡り合ってください。

気になる車種をチェックする