中古車購入で見るところは?車選びのススメ

クルマ購入ガイド

中古車購入で見るところは?車選びのススメ

中古車を購入したいと考えている人の中には「どこを見て決めれば良いか分からない」「車の状態を確認するポイントが分からず不安」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。満足度の高い中古車選びをするには見るべきところがあります。

 

そこで今回は中古車を選ぶときに見るべきポイントを解説します。きっちりとポイントを押さえれば、自分にピッタリの車を安心してお得に購入できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

 

※目次※

1.中古車選びで見るべきところとは

2.車の状態で確認すべきポイント

3.中古車を購入する店舗の見るべきポイント

4.まとめ

 

■POINT

 

 

・年式や走行距離、オプションの違いは車の価格を左右するので、自分の求める条件や予算と照らし合わせながらチェックしよう

・外観だけで判断せずに、実際にエンジンをかけたり試乗したりして、中古車の状態を確認しよう

・中古車選びではサポート体制が充実した店舗を選ぼう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車選びで見るべきところとは

中古車を選ぶとき、「まずどこに注目すれば良いかわからない」という方も多いでしょう。中古車選びで見るべきところは大きく6つあります。その6つのポイントをチェックすれば、満足のいく中古車選びが可能になるはずです。

 

また、ポイントを押さえることは、お得な中古車の購入にもつながります。ここでは、6つのポイントについてそれぞれ解説していきましょう。

 

年式

まずは年式に注目しましょう。車は古くなるほど価格が安くなるのが一般的ですが、中古車市場では、7年落ち・10年落ちの古い車だからといって必ずしも状態が悪いわけではありません。価格を重視するなら年式が古い車を選ぶのも一つの選択肢と言えるでしょう。

 

もし安く購入したいなら、3年落ち・5年落ち・7年落ちの車が狙い目です。新車購入から3・5・7年目は車検の時期で、このタイミングで車を手放す人が一気に増えます。中古車の価格は需要と供給のバランスによって決まるため、一般的に市場に出回る車が多ければ多いほど割安になります。

 

つまり、3年落ち・5年落ち・7年落ちの車は比較的在庫が多いため、お得に買える可能性が高いということです。

 

走行距離

走行距離は中古車の価格を左右する要素の一つです。多くの場合、走行距離が増えるほど価格は下がる傾向にあります。お得に車を購入したいときは、走行距離の頭の数字に注目しましょう。

 

例えば、9.9万キロと10.1万キロの2台を比較します。実際の数字は大して変わらないものの、「9」と「10」を比べると、10.1万キロの方が長く走っているように見えるため、走行距離以上に割安になっている場合が多くあります。

 

もちろん、長く走っている車はその分パーツを消耗している可能性が高いため、メンテナンスや点検の状態を十分確認することが大切です。

 

グレード

グレードも大切なポイントになります。グレードとは同じ車種におけるランクのことで、主にエンジンや駆動方式が異なります。例えば、高速や山道を走る人・積雪地帯に住んでいる人は十分なパワーと駆動方式を持つ車が必要です。そのため、選ぶときの判断基準の一つになります。

 

一方、日常的に通勤や外出で車を使う人にとっては、エンジンや駆動方式の重要度はあまり高くありません。その場合、同じ車種でもグレードの低い車を選ぶことで、価格を安く抑えることができます。

 

装備

中古車を見る際はどんな装備がついているかチェックしましょう。特に注意したいのが、後付けできない装備です。サンルーフ・リクライニングシート・安全装備といった純正オプションは、基本的に後付けできません。どんな装備がついていると望ましいか、事前に考えておきましょう。

 

また、一般的に純正オプションが多い車ほど価格は高くなります。価格を安く抑えたいなら、純正オプションの少ない車を選ぶのも一つの方法です。特に、ナビは自分で簡単に取り付けられるため、純正品でなくても問題ない場合が多くなっています。

 

価格

自分の予算に応じて適した価格の中古車を選ぶことも大切です。貯蓄や支払い方法から先に予算を組んでおくとスムーズに車を購入できます。「車を買っても生活できるだけの資金は十分にあるか」「ローンを組む場合はどのくらいお金が必要か」といったことも考えておきましょう。

 

また、数年で乗り潰すつもりなら、10年落ち・15年落ちの古い車を選ぶのも賢い方法です。逆に長く乗るつもりなら、年式の新しい車を購入したほうがいいかもしれません。価格だけに左右されず、長期的な視点で自分に合った車を選びましょう。

 

保証内容

保証があれば、より安心して中古車を購入できます。当然ですが、買った車が故障しないという保証はどこにもありません。もし保証がない場合、いくら安く車を購入しても、もしものときの修理代が高くついてしまうケースが考えられます。特に、走行距離が長く年式が古い中古車であれば、保証の有無は重視したいポイントです。

 

また、中古車に対して十分な保証ができるのは、販売店の自信の裏付けでもあります。安心して車に乗るためにも、できれば保証がある車を選びましょう。

 

車の状態で確認すべきポイント

中古車の購入を検討する際、最も気になるのは車の状態ではないでしょうか。中古車であっても、なるべく状態の良い車を選びたいと誰もが考えるはずです。車の状態で確認すべきポイントは5つあります。それらを事前にチェックすることで、購入後も気持ちよく安心して車に乗ることができます。それでは、5つのポイントを見ていきましょう。

 

内外装の傷・汚れ

まず確認したい箇所は内外装の傷や汚れです。外装では、特にエンジン周りに大きな傷や凹みがないか、ボンネットとフェンダー、ヘッドライトの隙間は均一かに注目しましょう。もし問題がある場合はメンテナンスが行き届いていない可能性があるため、十分な検討が必要です。

 

外装だけでなく内装の傷や汚れも確認しておくと、購入後も安心して車に乗ることができます。

 

車内のニオイ

車内で快適に過ごすため、チェックしておきたいのがニオイです。実際に車に乗り込み、その瞬間、ニオイを感じるかどうか、またエンジンをかけたあとやエアコンを利用した際のニオイも確認することが大事です。

 

自分にとって不快なニオイを少しでも感じると、気持ちよく運転できません。日常的に乗る車だからこそ、車内のニオイには気を配りましょう。

 

ゴム類の劣化度合い

タイヤとゴム製パーツの状態も確認しましょう。タイヤをチェックする際は、4本全てに溝が残っているか、内側か外側の一方だけが大きくすり減っていないかをしっかりと見てください。もし問題があれば、購入後すぐにタイヤ交換が必要になる可能性が高くなります。

 

さらに、ゴム製パーツの状態もチェックしておくと安心です。例えば、窓枠のゴムは繰り返し開閉することで、硬化やヒビ割れが進んでいるケースがあります。状態の良くない窓枠のゴムでは、最悪の場合、雨漏りしてしまいます。細かい部分ですが、気持ちよく運転するためにも確認しておきましょう。

 

エンジンのかかり具合

状態を確認するため、実際にエンジンをかけてみましょう。注目すべきはスムーズに始動するかどうかです。一発でエンジンがかからない場合、バッテリーやセルモーターに問題が生じている可能性があります。

 

また、アイドリング時の状態も合わせて確認しておくと安心です。エンジン始動後に一定時間アイドリングさせ、800〜900回転ほどで安定しているかをチェックしましょう。

 

ブレーキの状態

安全に車を利用するためには、ブレーキの状態を確認しておくことが重要です。ブレーキをチェックする際は、特にブレーキオイルとサイドブレーキの2つに注目しましょう。ブレーキオイルはブレーキの効きを左右するもので、通常1〜2年で交換します。交換頻度を事前に確認し、必要であれば納車前にオイル交換を行いましょう。

 

サイドブレーキの効きに関しては、サイドブレーキを引いた状態でDにしてみて、前方に進まないかどうかでチェックします。もし進んでしまう場合には、調整をお願いするか、必要に応じてパッドを交換してもらいましょう。

 

中古車を購入する店舗の見るべきポイント

中古車を購入するときは、どんな車を選ぶかだけでなく、どこで買うかも大切な要素になってきます。良い店舗を選ぶことでスムーズに取引できるのはもちろん、満足度の高い中古車を安心して購入できます。店舗を選ぶときに見るべきポイントは4つです。

 

4つのポイントを知っておくだけで、理想の店舗が見つかる可能性がぐっと上がります。ぜひ店舗選びの参考にしてみてください。

 

自宅から近いか

まずは自宅からの距離で選びましょう。車の選定・購入から納車にいたるまでの間、書類の手続きやスタッフとのやりとりといった必要なプロセスがたくさんあります。店舗と自宅の距離が近ければ、いざというときでも柔軟かつスピーディーな対応が可能になります。

 

さらに、多くの場合、自宅と店舗が近いほど車の購入から納車までの期間が短くなります。もちろん、第一に考えるべきは自分に合った車が購入できるか否かですが、条件が同じ場合は自宅から近い店舗を選ぶことをオススメします。

 

店員の対応が丁寧か

店員の対応も良い店舗かどうかを判断する重要なポイントになります。車の購入には店員とのやり取りが不可欠です。対応が親切かつ丁寧な店員がいる店舗であれば、納車まで気持ちよく取引することができます。

 

車は高額な買い物です。だからこそ、不安や疑問のない満足いく取引をしたいと考える人も多いでしょう。接客態度が誠実で丁寧な店員がいる店を選ぶことで、購入後もメンテナンスや保証について安心して相談できるのは大きなメリットです。

 

信頼できる会社か

信頼できる会社かどうかを見極める際は、実績やスタッフの対応はもちろん、サポート体制に注目しましょう。保証特典・返品可能・無料で相談可能といったサポートが充実している会社を選べば、万が一トラブルが起きた場合も安心です。

 

決して安くはない買い物だからこそ、信頼できる会社を選び、誠実で気持ちの良い取引を心がけましょう。

 

試乗させてもらえるか

満足いく車選びに試乗はかかせません。実際に乗って運転することで、運転しやすさや乗り心地など、よりリアルな感覚が掴めます。特に中古車の場合、不具合の有無を確かめる意味でも一度試乗しておくと安心です。

 

基本的に中古車は試乗させてもらえる場合がほとんどですが、中には車検や保険が切れていて、試乗できない車もあります。事前にお店に連絡をして、試乗の可否を確認しましょう。

 

まとめ

ここまで、中古車を購入する際に見るべき項目やポイントについて解説してきました。中古車を選ぶときには価格だけに注目するのではなく、車の状態や自分に合った車かどうかをきちんとチェックしましょう。また、信頼できる店舗で購入することも大切です。

 

お得な車を安心して購入したいなら、ネクステージがオススメです。全国に店舗があるネクステージは販売実績が豊富なのはもちろん、「90日以内返品可能」「事故車・修理歴車ゼロ」「保証制度有り」と安心サポートが充実しています。

 

さらに、約1万台の豊富なラインナップから自分の条件に合った車が検索可能で、接客対応が良いと好評なスタッフが無料でご相談に応じます。中古車選びや購入に悩んだら、ぜひネクステージへご相談ください。

気になる車種をチェックする