車検なしの中古車購入はお得なの?車検表示の種類と必要な追加費用を徹底解説!

クルマ購入ガイド

車検なしの中古車購入はお得なの?車検表示の種類と必要な追加費用を徹底解説!

中古車販売店には、大きく分けて「車検あり」「車検なし」と表示されている車があります。単純に車両価格だけを見ると「車検なし」の車のほうが安いように思えますが、本当にお得なのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

 

車検のあり・なしによる違いを具体的に知っておくことで、よりお得な中古車を見極めることができます。そこでこの記事では、車検に関する基礎知識を解説しながら、中古車選びのポイントについてご紹介します。

 

※目次※

1.そもそも中古車の車検なしってどういう意味?

2.中古車における車検表示の種類

3.車検なしの中古車購入に必要な追加費用

4.車検なしの中古車を購入するときの気になる疑問

5.まとめ

 

■POINT

 

・「車検なし」の中古車は購入後に車検を受ける必要があり、車体価格に加えて車検費用がかかる

・納車前に販売店が車検を代行する場合、車体価格には車検代や手数料が上乗せされている

・車検基本料金を節約することで、「車検なし」の車のほうがお得になる可能性が高い!お得な中古車購入ならネクステージにお任せ

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

そもそも中古車の車検なしってどういう意味?

普通車や軽自動車の場合、車検は2年ごと(新車登録から初回の検査までは3年間)に受けることが義務付けられています。店舗に並んでいる中古車の中には、買い取られてから陳列されている間に車検が切れてしまっているものがあります。その場合、車は「車検なし」という状態です。

 

車検なしの車は、購入してからすぐに公道を走ることができません。まずは何らかの方法で車検を受ける必要があります。

 

車の車検とは

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」といい、一定期間ごとに受ける義務があります。その車が安全に走れる状態かどうかを証明するためにあり、車検を受けていない車は危険な状態であると判断されてしまいます。そのような状態で公道を走るのは、ただ危険なだけではありません。法律違反となり、罰則の対象になります。

 

車検費用は、国が定めた「法定費用」と、依頼された店舗が点検をするための「車検基本料金」を合わせたものです。法定費用は車の規格によって異なるものの、どこで車検を受けても金額は変わりません。一方、車検基本料金は業者によって大きな差があります。

 

所持している車の満期が近づくと、車を購入したディーラーや販売店からその旨を知らせる案内が届きます。中には「早く車検に出すと損をしてしまうから」とギリギリまで待とうとする方がいますが、それにはさまざまなリスクを伴います。時期にはなるべく余裕を持って、満了日の1か月前には車検に出すのが良いでしょう。

 

車検なしの場合は取得が必須となる

車検なしの中古車を購入した場合、車検を受けてからでないと公道を走ることができません。そのため、車両価格に加えて車検費用や整備費用がかかってきます。

 

また、車検なしの車は試乗もできません。車の走行コンディションを事前に計れないため、状態について販売業者にしっかりと確認しておく必要があります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車における車検表示の種類

中古車の状態は、「車検あり」「車検なし」の2種類だけでなく、「車検整備付(車検整備2年付)」「予備車検付」といったものもあります。

 

このような表示があるものは、購入してから納車までの間に店舗側で車検を済ませてくれます。納車後はすぐに公道を走ることができ、自分で車検を受ける手間もかかりません。その分、価格は車検なしの車と比べて少々高めに設定されています。車検表示の種類について、さらに具体的に見ていきましょう。

 

車検あり

車検あり表記されている車は、まだ前回の車検の有効期限が残っていて、名義変更をすればいつでも走ることができる状態です。価格は少々高めに設定されており、車検なしの同型車と比較すると10万円程度の差があります。

 

注意すべきなのは、車検の有効期限がどの程度残っているかはまちまちという点です。1年以上残っている車もあれば、2か月で切れてしまう車もあります。車検ありの中古車を購入する際は、有効期限がどれくらい残っているのかをしっかり確認しましょう。

 

また、車検ありの場合、車検費用だけでなく自動車重量税といった税金もかかりません。そのため、余分な経費の計算や手続きをする必要がないのはメリットといえます。乗り出し価格を抑えたい、購入後すぐに車に乗りたいという方にはおすすめです。

 

車検整備付(車検整備2年付)

車検整備付となっている車は、販売されているときは車検が切れている状態です。購入が決まったら店舗側で車検を行い、車検に通ったあとに納車される流れです。車検の有効期限は1回目だと3年、2回目以降は2年と違いがありますが、混同を防ぐために「車検整備2年付」といった表記をします。

 

車両価格の中に車検にかかる費用や手間賃なども含まれるため、車検なしの車と比べると割高に設定されています。それでも、とにかく自分で車検を受ける手間を省きたいという方にとってはメリットでしょう。

 

理解しておきたいのは、店舗によって車両価格に上乗せする金額には差があり、その金額分を得しているとは言い切れないということです。手間はかからない分、もっと安く済ませられるかもしれないことは考慮しておきましょう。

 

予備車検付

予備車検付とは、ナンバーが交付されていない車が受ける予備検査を店舗側で行ってくれるというものです。予備検査に合格すると、車検証の代わりに自動車予備検査証が交付されます。自動車予備検査証が交付されてから3か月以内にオーナーがナンバー交付を受け、本登録することで初めて公道を走ることができます。

 

また、予備検査は店舗が代行してくれますが、法定点検は自分で行わなければならないものと認識しておきましょう。

 

予備車検付の場合、ナンバー登録や車庫証明などの手続きが必要になるため、手間は車検なしの車とそこまで変わりません。車両価格は比較的安く済みますが、諸経費を含めた総額が思いのほか高くなるケースが多く、メリットを感じにくいかもしれません。

 

車検なし(車検整備なし)

車検なし、もしくは車検整備なしと表記されている車は、文字通り車検が切れている状態です。車を購入したあとは、最寄りの役場などで仮ナンバーを取得した上で、自分で車検を受ける必要があります。

 

車検費用などの諸経費が上乗せされていない分、車検ありの車と比べて車両価格は安く設定されています。手間と時間はかかりますが、購入後の諸経費をうまく抑えることでお得になるのは、車検なしの車ならではといえるでしょう。

 

ネクステージなら「あり」か「なし」のシンプル表示!

車検整備付や予備車検付の車は、その分の手間が省けて便利にも感じられますが、混乱の元になることもあります。

 

その点ネクステージの車検表示は、「あり」か「なし」の2種類のみとなっています。中古車を初めて購入する方にもわかりやすいシンプル表示で、複雑な計算や予備知識も不要です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車検なしの中古車購入に必要な追加費用

車検なしの場合、車検ありの中古車に比べて車両価格は安くなっていますが、その分追加費用がかかります。購入を検討している車が本当にお得かどうかを知るためには、車検にどれぐらいの費用がかかるのかも考慮しておきましょう。

 

車検費用とは、一定額の法定費用と各業者が定めた車検基本料金を合わせたものです。選ぶ業者によっては総額に大きな差が出るため、しっかりと相場を踏まえておきましょう。

 

車検に必要な費用

車検の法定費用は、車の規格によって異なります。また、販売業者が定める車検基本価格も車の規格により変わってくるケースがほとんどです。特にディーラーや整備工場に車検を依頼した場合、この車検基本価格が高くつく傾向にあります。

 

車検基本価格の相場は、ディーラーだと4万円~6万円、整備工場なら3万円~5万円です。対してネクステージなら一律で1万7,600円、割引を適用することで最大5,600円まで値下がりします。

 

法定費用も含めた金額で見ても、ディーラーや整備工場では10万円程度(普通車の場合)かかってしまうところが、ネクステージでは5万円代から車検を受けることが可能です。

 

総額は車検なしのほうが安くなることも

車検ありの中古車と車検なしの中古車の価格を比較すると、車検なしのほうが10万円以上安くなるケースが多くあります。つまり、車検費用を安く済ませれば、車検なしの車を選んだほうが総額も安くなるというわけです。

 

ただし、車検を自分で済ませるとなると、お金だけでなく手間もかかります。販売業者とは別に車検のための店舗も探すとなれば、かなりの労力と時間が必要です。

 

車検サービスも行っているネクステージでは、購入した中古車の車検も一緒に済ませることができます。さらに、車検の早期予約割引や平日入庫割引などを併用することで、最大1万2,000円の割引が受けられます。そのほか、他店の見積もり額から10%オフ、代車の貸し出し費用無料などうれしい特典も豊富です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車検なしの中古車を購入するときの気になる疑問

車検なしの車のほうがお得に買える可能性が高いことはわかってきましたが、他にもいろいろと疑問に思うことがある方もいるのではないでしょうか。車検なしの中古車を検討する中で多く質問にあがるのは、「納車までにかかる時間」と「購入に必要な手続き」です。ここでは、よくある疑問について詳しく解説します。

 

車検なしだと納車まで時間がかかる?

通常、中古車の納車は長くて5日程度、そこに車検に必要な日数も合わせると、納車までには最大で1週間程度かかるでしょう。近年では非常にスピーディな車検を行う業者が存在するものの、車検だけでも2日~3日かかることが多いといえます。

 

販売店以外に車検を依頼するとなれば、納車自体は早くなることがあります。しかし、レッカー移動のために余計な費用がかさむことや、そのあとの車検で結局2日~3日はかかってしまうことになります。

 

車検なしの中古車を買うなら、納車が数日遅れることを踏まえた上でそのまま販売店に車検も依頼してしまうのが、手間も費用もかからない手法といえるでしょう。

 

自分で手続きをする方法はある?

車検なしの車を購入して、別の店舗で車検を受ける場合、まずは仮ナンバーを取得します。これは車検が切れた車を動かして車検場に向かうために必要となるものです。交付の申請は最寄りの役場などで行い、費用としては750円かかります。

 

また、車検場などへの移動にレッカー車を使うとなると、1万円程度の費用が追加で発生します。覚えておきたいのが、レッカー車で車を移動させる場合も「タイヤが設置されている」という理由から走行していると判断されるため、基本的に仮ナンバーが必須となる点です。

 

車を購入した店舗で車検を受けられるネクステージなら、こうした出費や手間を抑えることができます。車検を安く簡単に済ませることも、中古車をお得に手に入れるポイントといえるでしょう。

 

車検と法定整備の違いは?

車の整備状況について「法定整備」と書かれていることがありますが、これは車検とは全く別物です。車検は、その車が安全に走れる最低限の条件を満たしているかどうかをチェックするものであり、車検が切れた車が公道を走ると法律違反となります。

 

対して法定整備は、車をより良い状態に保つための整備点検のことで、1年ごと・2年ごとに行うことが義務付けられています。パーツの損傷や劣化状況などを詳しく調べてくれるので、車の故障を防ぐためには非常に重要な点検です。

 

車検とは違い、法定整備はたとえ行わなくても罰則の対象とはなりません。ただし、車の故障が原因によるトラブルに見舞われるなどした際に法定整備をしていないことが発覚すると、整備不良としての罰則を受けるケースがあります。不慮のトラブルを回避するためにも、法定整備は定期的に行い、常に車をベストな状態に保つことをおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まとめ

車検なしの車を購入する場合、車検費用などの追加費用を抑えることで、結果的に総額が安くなるケースが多くあります。ネクステージで車の購入と車検を同時に済ませ、さらに豊富な特典を利用することで、中古車をよりお得に手に入れることができます。

 

ネクステージで販売している中古車は「車検あり」か「車検なし」のわかりやすいシンプル表示で、初めての購入でも安心です。中古車を安く手軽に手に入れたい方は、ぜひ低価格・高品質を誇るネクステージまでご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェック