中古車を買うならどこがいい?販売店 vs ディーラーを比較してみた

クルマ購入ガイド

中古車を買うならどこがいい?販売店 vs ディーラーを比較してみた

元々の車が古くなったり家族が増えたりすると、新しい車の購入を検討することになりますが、買い替えでは中古車を選ぶ人も多いですよね。中古といってもしっかりメンテナンスがされていますし、中にはレアな車種を掘り出し物としてゲットできるというラッキーなケースもあります。

 

しかし、中古車は販売店でもディーラーでも販売しているため、中古車を買うならどちらの業者を選んだほうが良いのか、どちらの方がお得になるのかを知りたい人も多いでしょう。

 

このページでは、「中古車を買うならどこがいいのか」ということをテーマに、販売店とディーラー2つのパターンを比較していきます。双方のメリットとデメリットを理解し、自分にとって後悔のない選択をしてくださいね。

 

 ※目次※

1.販売店で中古車を買うメリット

2.販売店で中古車を買うデメリット

3.ディーラーで中古車を買うメリット

4.ディーラーで中古車を買うデメリット

5.車を買うときの流れ

6.車を買うときに必要な書類

7.車を買うときのポイント

8.そもそも中古車と新車のどっちを買うべきなのか

9.まとめ

 

■POINT

 

 

・中古車を買うなら、「販売店」と「ディーラー」2つの業者がある!

・販売店は、ディーラーよりも設定価格が低い!

・ディーラーでは、メーカーと直接契約しているので品質面で安心できる!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

販売店で中古車を買うメリット

まずは、販売店で中古車を買う場合のメリットについて見ていきます。販売店とは、特定の自動車メーカーに属することはなく、「総合的な車屋さん」といった立ち位置です。オートオークションや同業者、またはユーザーから買い取った車両などを、一つの店舗でまとめて売っている業者が販売店です。

 

金額が安い

販売店で中古車を購入する一番のメリットは、ディーラーよりも低価格で車を購入できることです。

 

自動車メーカーは一定より金額を安くしてしまうと利益が出なくなってしまうため、ディーラーに対して「この車は○円より安く売ってはいけない」という価格の制限をかけています。一方で、販売店はディーラーから車を仕入れる業者という立場であるため、誰からも価格の制限をされることはありません。

 

例えば、あなた個人が購入した車を友人に譲る時、自動車メーカーから「そんなに安く売らないでください」と言われることはあり得ませんよね。販売店は一度車を購入している立場になるため、安く価格をつけることが可能なのです。

 

ディーラーではなく販売店での購入を選んでもらうために、ほとんどの場合販売店はディーラーに比べて低い価格設定をしています。せっかく同じ車を買うならば、安いものを手に入れられた方が嬉しいですよね。

 

さまざまなメーカーの車から選んで買うことができる

先ほども触れたように、販売店はさまざまな自動車メーカーの中古車を集めて販売しているため、1つの販売店に足を運んだだけで多種多様なメーカーの車を比較検討することができます。

 

車選びで実際にディーラーをいくつもまわるのは、すごく疲れますよね。購入したい車種がすでに決まっている場合は別ですが、店舗を調べ、説明を聞き、検討し、また訪問するという作業を複数の店舗で行うのにはかなりの時間と体力を使います。

 

一方で販売店の場合は、例えば「ワゴンタイプのファミリーカーが欲しい」という場合、いくつかのメーカーから出ている同じタイプのファミリーカーをその場ですぐに比較することができます。これをディーラーでやろうと思うと、数週間、数か月かかりますよね。

 

販売店で中古車を買うデメリット

販売店で中古車を買うデメリット

 

さて、販売店で中古車を買う場合のメリットを見てきましたが、逆にデメリットとしてはどのような点が挙げられるのでしょうか。ものを安く買えるということは、それと引き換えに何らかのデメリットがある場合が多いでしょう。販売店で中古車を買うデメリットを見ていきましょう。

 

車の状態を確認する必要がある

販売店は自動車メーカーの専門販売店ではないため、それぞれの車に対する専門性という点ではどうしてもディーラーに劣る部分があるのも確かです。

 

車の特性に合わせたメンテナンスを行ったり、修理で純正の部品を使ったりということは、訪れた販売店によってはあまり見込めないと考えた方が良いかもしれません。

 

販売店で中古車を買うならば、やはり一度は自分の目で車の状態を確認することをおすすめします。

 

適正価格かわからない

ディーラーの場合は、自動車メーカーが設定した基準にのっとった価格の中で車の販売額を決定しますが、販売店の場合は価格設定が自由なため、その設定が正しいのかどうかを購入者が自分で見極めなければなりません。

 

特に中古車の場合、車種や経過年数だけでなく、メンテナンスの状態や走行距離、部品の内容などによって車の価値は大きく変わってきます。

 

確かに中古車の「販売価格」が安いお店で買うならば販売店がおすすめなのですが、車を「所有する」という観点では必ずしも販売店の方がお得とは限らないのです。

 

大手の販売店でないと騙される可能性も……

販売店と一口に言っても、全国展開しており誰もが知るような大手の販売店もあれば、地域密着型の完全個人経営の販売店もあります。

 

大手の販売店であればきちんとメンテナンスを行っていない劣悪な状態の中古車を販売したり、不適正な価格を設定したりと購入者側が大きく損をすることはほぼありませんが、口コミが広まりづらい小規模な販売店では、騙されてしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

もちろん、適切な対応をしてくれる個人経営の販売店もたくさんありますので一概には言えませんが、販売店で中古車を買うならば、丁寧な対応や適性価格での販売がなされているかをきちんとチェックするようにしてください。

 

ディーラーで中古車を買うメリット

さて、販売店で中古車を買う場合のメリットとデメリットについて見てきましたが、次はディーラーの場合について解説していきます。

 

ディーラーは自動車メーカーと直接的な契約を結んでいる業者であり、販売店よりも製造元に近い存在であるため、品質面で安定しているというメリットがあります。

 

メーカーの安全基準にのっとった厳正なメンテナンスをし、純正な部品を使っているディーラーの中古車は信頼できますよね。車にそこまで詳しくない人にとっては更に安心です。

 

中古車購入に品質を何よりも優先する場合は、それが保証されたディーラーでの購入がおすすめです。

 

ディーラーで中古車を買うデメリット

ディーラーでは安心して中古車を購入することができますが、自動車メーカーと直接契約を結んでいることによるデメリットもあります。高い品質と引き換えに、どんなデメリットがあるのでしょうか。

 

金額が高い

先ほど販売店についてお話した際に触れたように、中古車の販売価格については多くの場合ディーラーの方が高くなっています。自動車メーカーが価格に制限を設けているという理由のほか、やはり高い品質を保つためにはそれだけのお金がかかっているということでしょう。

 

ディーラーで管理しているものなら中古車であっても自社の工場でのメンテナンスが保障されていますが、その分経費はかかりますし、状態の良い車をそのまま維持するには維持費がかかります。

 

安心して車を買うならディーラーがおすすめですが、なるべく初期費用を抑えて車を買うなら、ディーラーの中古車は少し高く感じてしまう可能性があります。

 

同一メーカーの車しか取り扱っていない

こちらも販売店の解説で触れてきましたが、ディーラーではその自動車メーカーの車のみしか取り扱いはありません。

 

更にディーラーでは新車を販売することをメインとしているため、1つのディーラーで取り扱っている中古車の数はそこまで多くないと考えた方が良いでしょう。

 

元々欲しい車種が決まっている人や、「車を買うなら絶対このメーカー」と決めている人であればさほどデメリットには感じないかもしれませんが、幅広く見てまわりたいという人にとっては物足りなく感じてしまう可能性があります。

 

車を買うときの流れ

車を購入する際は、車種やお店などの選び方のポイントを押さえましょう。また、全体の流れを把握することで納車までの手続きをスムーズにできます。車を使用する目的によっても買う車は変わってくるため、どのような手順で車を選べば良いのかを理解することが大切です。

 

ここでは、車を買う前に知っておきたい手順を紹介していきます。

 

1.購入の予算と欲しい車を決める

車を選ぶ際は、まず予算を決めることが重要です。当たり前のことですが、どんなに欲しい車を見つけても予算が足りなければ購入できないからです。ただし最近では、頭金0円でも毎月の支払額を抑えて組めるローンもあります。手元にまとまった資金がなくても、1ヶ月にいくらなら支払い続けられるかを目安にして決めても良いでしょう。

 

予算が決定したら、次に欲しい車を絞っていきます。重要な点は買った車を「何に使うのか」ということです。どんな目的で車を購入するのかが定まっていないと購入後に使い勝手が悪く感じて後悔する可能性もあるので注意が必要です。

 

レジャーやキャンプによく行く人なら荷物が多く積める車、家族の人数が多い人なら乗車人数が多くて長時間走行しても疲れにくい車、といったように考えます。これは一例ですが、車を買った後のことを思い描いて欲しい車を選定すると実際の利便性も高まるでしょう。

 

2.サービスが充実した販売店を選ぶ

欲しい車の目星がついたら、販売店を選んでいきましょう。車を販売している業者は全国に数多く存在するため、1店舗に絞り込むのは難しいのものです。

 

サービス内容は店舗や時期によって異なるため、自分にとって魅力的なサービスが付いている業者に依頼すると良いでしょう。アフターサービスを最小限に絞って、車の購入価格を安くしている業者も存在します。価格とサービスを照らし合わせてバランスのとれた店舗を選ぶと失敗しにくいと言えます。

 

日本全国に店舗を展開するネクステージでは、業界最高水準のサービスサポートをご用意しています。オプション保証は最長3年、保証範囲は318項目で一定期間内なら消耗品まで無償で保証いたします。安心のロードサポート付きです。

 

他にも、最長3年間のバンパー修理サポート保険や、タイヤが1本パンクした場合でも最大で4本、10万円まで保証するタイヤ新品保証など充実のアフターサービスを提供しています。

 

3.販売店で車種やグレードを決める

各販売店ではさまざまな車種を取り扱っていますが、自分が車を使う目的を叶えてくれる車種を選ぶことが何より大切です。

 

家族みんなで旅行や買い物に行くために車を購入する場合は、7人や8人など大人数が乗れるミニバンなどがおすすめですし、ガソリン代を抑えたい人はコンパクトカーやエコカーなどを選択するのも良いでしょう。

 

車種を決める際はグレードもチェックする必要があります。車種によっては、高いグレードにしか付いていない安全装置や限定機能があるケースもあるため、自分のこだわりたい部分も含めて検討しなければなりません。

 

ちなみに中古車だと新車に比べて高グレードの車種にも手が届きやすいメリットがあります。グレードの種類によってどのような違いがあるのかを担当スタッフに詳しく聞くことも忘れないようにすると良いでしょう。

 

4.購入の契約をする

購入したい車が見つかった場合は、担当スタッフから見積もりをもらって予算に合うかを判断していきます。予算をオーバーしてしまう場合は、生活に支障が出ないかをしっかりと確認してから購入の決断をしていきましょう。

 

見積もりに納得できたら契約を行っていくのですが、事前に必要書類を用意しておくと手続きがスムーズです。主な必要書類は後述の「車を買うときに必要な書類」を参照してください。

 

契約をする際の支払い方法は一括払いや分割払いだけでなく、業者によってはオートローンも選択できます。自分のライフスタイルに合った支払い方法を選択しましょう。契約の際に具体的な費用の意味や知りたい情報がある場合は、担当スタッフに聞いておくと安心です。

 

5.車庫証明を取得する

契約を済ませた後は中古車だと納車までに2~3週間程度かかりますので、その間に車庫証明を取得しておきます。車庫証明とは車を停める場所を十分に確保していることを証明する書類で、車を購入する場合は必須です。

 

車庫証明を取得する際には管轄の警察署に書類を提出するのですが、住んでいる環境によって必要書類が変わってきますので、以下を参考にして下さい。

車庫を持っている場合(持ち家)

車庫が賃貸の場合

自動車保管場所証明申請書

自動車保管場所証明申請書

保管場所の配置図および所在図

保管場所の配置図および所在図

保管場所標章交付申請書

保管場所標章交付申請書

保管場所使用権原疎明書面(自認書)

保管場所使用承諾証明書

本拠の位置が確認できる書類

(運転免許証、公共料金の領収書、郵便物など)

本拠の位置が確認できる書類

(運転免許証、公共料金の領収書、郵便物など)

※本拠の位置が確認できる書類は住民票のある住所と使用の本拠地が異なる場合のみ

(参考:『警視庁』

 

申請書は管轄の警察署の窓口やホームページからダウンロードして入手できるので、納車までに準備しておきましょう。

 

6.支払い、納車

契約内容に従って期限までに支払いを完了させましょう。ローン払いで支払いが遅れると信用情報に傷がついてしまう可能性もあるため、必ず期日を把握し決められた方法で支払うようにしてください。

 

納車が決まると購入した店舗から連絡がくるので、車の受け渡し日程の調整を行っていきます。無事、納車が完了した際は契約時の内容と購入した車の状態に違いがないかをチェックしましょう。

 

例えば、契約時にはオプションで装備が付くはずだったにもかかわらず、納車時の車には装備されていないケースも中にはあります。契約書の記載事項を見ながら確実にすべての装備やオプションが整っているかを確認しておく必要があるでしょう。

 

納車した車が契約書の内容と違う場合は、できるだけ早く担当スタッフに連絡し対応してもらってください。

 

車を買うときに必要な書類

車を購入する際の必要書類などは以下の通りです。

普通車

必要書類

交付元

備考

車庫証明

警察署

店舗に代行してもらえることもある

実印

印鑑登録をしたもの

印鑑証明書

市区町村の役所

交付から3ヵ月以内のもの

自動車検査証

店舗

 

自賠責保険証

店舗

 

委任状(中古車の場合)

店舗

 

 

軽自動車

必要書類

交付元

備考

住民票

市区町村の役所

交付から3ヵ月以内のもの

認印

シャチハタは不可の場合がある

自動車検査証

店舗

 

自賠責保険証

店舗

 

委任状(中古車の場合)

店舗

 

上記のように必要書類の一部は店舗側が用意をしてくれるため、自分で持参する書類は多くはありません。普通車と軽自動車では、印鑑などの必要書類が変わってくるため間違えないように注意しておきましょう。契約内容や販売店によっても異なる可能性があるので、事前によく確認してください。

 

車を買うときのポイント

車を購入する際は「購入時期」「費用面」「利用目的」に注目して、購入後に利用しやすい車を選ぶことが大切です。目的に沿った車を購入できれば、買ってから後悔しにくくなるでしょう。

 

車選びで失敗しないためにも、事前に車を買うときのポイントをおさえておくと安心です。

 

お得に購入できる時期を選ぶ

同じ車を購入する場合でも、買う時期を変えるだけで値段が全く違ってきます。事前にお得に車を購入できる時期を理解しておくことが大切です。

 

1年間の中でもっとも車をお得に買える時期は3月で、次に9月となる場合が多いと言えるでしょう。各販売店では、3月の決算や9月の中間決算が近づくと目標販売台数を達成させるために、通常よりも値引き幅を大きくする傾向にあります。つまり、3月や9月に車を購入すれば他の月にくらべて安価に車を購入できる確率が上がるということです。

 

しかし、販売台数として計上させるためには、決算月までに納車を間に合わせて車を登録しなければなりません。一般的に中古車の場合は、契約して納車するまでの期間は2~3週間とされています。お得に車を購入したい場合は決算月の1ヵ月前を目安に車を購入すると良いでしょう。

 

維持費を考慮して購入する

費用をできるだけ抑えたい人は、維持費の少ない車種を選ぶ必要があります。例えば、普通車に比べて軽自動車は自動車税や重量税などの税金が安くすみます。軽自動車を購入すれば維持費を削減することが可能です。

 

新車ならエコカーを購入した場合、期間内であればエコカー減税や免税を受けられるため、燃費だけでなく税金も一定期間抑えることができます。中古車であっても、年式1年未満などの条件が整っていればエコカー減税の対象となるケースもあるので注目すべきポイントです。

 

月々のガソリン代を少しでも節約したい人はハイブリットカーもおすすめです。走行する環境によってもお得感は変わってきますが、ガソリン代を安価に抑えることができます。

 

自身のニーズに合わせて選ぶ

車を購入する前には、欲しい車が自分の目的に合っているのかを判断するようにしましょう。車によっては、見た目はかっこいいが燃費が悪く荷物があまり積めないというパターンもあります。逆に、デザインが好みではなくても自分のニーズに合っていれば実際の乗り心地は快適でしょう。

 

車を選ぶ際は重視するポイントを絞って購入後に利用しやすい車を選択しておくことが大切です。全体の費用を抑えたいならば、中古車や軽自動車など価格が比較的安く生活の負担になりにくいチョイスがおすすめです。

 

安全性や快適性など機能を重視したいなら、高性能なエンジンを搭載した車やリクライニングなどの装備が整ったタイプ、燃費の良いハイブリットカーなども良いでしょう。いずれにしても、車を購入してから何に使用したいのかに着目することが大切だといえます。

 

そもそも中古車と新車のどっちを買うべきなのか

さて、中古車を買うなら販売店とディーラーどちらが良いのか、というテーマで解説をしてきましたが、そもそも中古車と新車はどちらを選ぶべきなのでしょうか。買う場所だけでなく中古車か新車かを迷っている人に向けて、記事の最後に、中古車と新車のメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

 

新車を買うメリット、デメリット

新車を買うメリットは、なんといってもすべてが新しい状態で車を手に入れられるということでしょう。特に車好きな人は新型モデルをいち早く手に入れることもできますし、カスタマイズも好きなだけ楽しむことができます。また、部品なども新品でしっかり検査された状態で販売されているため、安全面についても安心して乗ることができますよね。

 

一方で、新車で購入する場合はやはり価格が高くなってしまうことはデメリットになります。中古車に比べると数倍の価格を出さなければ買えないため、お財布の大きな負担になってしまうことは確かです。ローンを組む人も多いと思いますが、長期にわたってローンに追われるのは大変ですよね。

 

中古車を買うメリット、デメリット

中古車を買うメリットは、やはり価格設定が低い所にあるでしょう。中古車の中には前の所有者がほとんど乗っていないというケースもあり、ほぼ新車に近い形で、数倍安く車を手に入れることもできます。車を複数所有したい人や、あまり車にお金をかけられない人にとって嬉しいことですよね。

 

デメリットとしては、品質面では新車に比べて少し心配ということが挙げられます。もちろんすぐに故障してしまうような中古車が販売されているということは考えにくいですが、どうしても新車よりはパフォーマンスが下がってしまうのは避けられないでしょう。

 

中古車と新車にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、どちらの方が良いということは一概には言えません。何を大切にしたいのかによって、どちらを購入するのか考えてみてください。

 

まとめ

さて、このページでは「中古車を買うならどこがいいのか」ということをテーマに、販売店とディーラーのメリットとデメリットをそれぞれ解説してきました。それぞれの特性と違いを理解していただくことはできたでしょうか。

 

お話の中でお分かりいただけたかと思いますが、中古車を買うならどこが良い、という正解はありません。それぞれのメリットとデメリットを比較して、それぞれにとってよりよい選択をしてくださいね。

気になる車種をチェックする