中古車を購入するときのポイント10選|素敵なカーライフを送るために把握しておこう

クルマ購入ガイド

中古車を購入するときのポイント10選|素敵なカーライフを送るために把握しておこう

これから中古車購入の検討をしている人のなかには、少なからず不安や悩みを抱いている人もいるのではないでしょうか。価格の安さだけで中古車を購入してしまうと「失敗した」と後悔してしまうことも少なくありません

 

そのため、中古車を購入するためには事前にいくつかの基準を持っておくことが大切です。そこで今回は、中古車を購入するときのポイントについてご紹介していきます。この記事を読むことで、素敵なカーライフを送るために把握すべきことを知ることができます。

 

■POINT

 

 

・中古車はひとつのポイントに絞るのではなく、総合的に判断して購入するようにしよう!

・理想の一台に出会うためには、事前にリサーチをしっかりしておくことが大切!

・大手の中古車販売店なら、在庫数が多いだけでなく、アフターサービスも充実している!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車を購入するときのポイント10選

中古車を購入しようと思っても「何を基準にして選べば良いのか分からない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。ただ闇雲に選んでいるだけでは、良質な中古車に出会うことはできません。中古車を購入するときには、自分のなかで明確にしておくべきポイントがあります。中古車を購入するときに知っておきたいポイントについてご紹介します。

 

新車と中古車のどちらがいいかを比較する

そもそも新しく車を購入するのであれば、新車と中古車のどちらが良いのか迷ってしまうものです。どちらにもメリット・デメリットがあり、決められないという人もいるかもしれませんが、特にこだわりがなければ中古車の購入をおすすめします。

 

なぜなら、中古車は選べる車種の幅が広がるからです。年式や走行距離など、さまざまな要素で価格が異なってくることからも、最初に設定した予算内に抑えられやすくなります。また、新車よりも安い価格で1クラス以上のモデルが買えることも理由のひとつです。

 

その一方で、新車だと予算のなかで選択できる車種は限られてきてしまいます。たしかに、新車はエコカー減税やリセールバリューといったメリットはありますが、中古車の方が本当に欲しいと思える一台に出会える可能性は高くなります。

 

譲れないポイントを明確にしておく

中古車を購入するメリットは選択肢の幅が広がることにありますが、それがデメリットになってしまうこともあります。たとえば、特に欲しい車種が見つからずにただ闇雲に探していれば、良質だと思える一台と出会いにくくなります。

 

しかし、譲れないポイントを明確しておくことで、このデメリットを解消することが可能です。たとえば、最初に考えて欲しいポイントである「購入予算」についてです。欲しい車が見つかっても、予算をオーバーすれば意味がありません。

 

また、少しの予算オーバーなら……と考えていれば、気が付いたら数十万円のマイナスということはよくある話です。最初にある程度の購入予算を設定しておくことで、購入後に大きく後悔することがほとんどなくなるでしょう。

 

事前に相場を調べておく

初めて中古車購入を検討していれば「どれくらいの予算を設定すれば良いのか分からない」と疑問に感じている人もいるかもしれません。新車ならメーカーのホームページなどで確認できますが、中古車の場合は相場を調べておく必要があります。

 

インターネット検索で「中古車 相場」などで調べれば、ある程度の相場を紹介しているサイトを見つけることができるはずです。自分が欲しいと思っている車種を入力することで、誰でも簡単に中古車の相場を把握することができます。

 

ただし、同一車種であっても中古車販売店によって数十万円の差が出ることも少なくありません。このように、中古車は相場があってないようなものであると思っておいた方が良いでしょう。あくまでも相場は参考程度にとどめておくことが大切です。

 

在庫数が多い中古車販売店を選ぶ

中古車は選べる車種の幅が広がるという意味では、新車よりも魅力に感じるはずです。しかし、購入する中古車販売店によっては在庫が10台に満たないというところも少なくありません。これでは、せっかくの中古車の魅力が台無しです。

 

本当に欲しいと思える一台に出会うなら、在庫数が多い大手の中古車販売店がおすすめです。全国各地に店舗を構えているため自宅から足を運びやすいという利点だけでなく、それだけ多くの在庫を抱えているため、お気に入りの一台を探しやすくなります。

 

また、大手の中古車販売店であれば、中古車の入手ルートを数多く確保していることがほとんどです。さらに中古車の保証や購入後のメンテナンスなど、アフターサービスが充実していることからも、安心して素敵なカーライフを送ることができます。

 

購入後のサービスを確認する

新車とは違い、前オーナーが存在する中古車は、少なからず故障などのリスクが高まります。そのため、中古車の購入に対して不安を感じている人もいるかもしれません。そこで、購入後のサービスがどうなっているのかについても確認しておきましょう。

 

たとえば、中古車に保証が付いているのかどうかです。車には約3万点もの部品から成り立っており、いつどの部品に不具合が起きても不思議ではありません。保証内容が充実していれば、品質に対して中古車販売店が自信を持っている証拠でもあります。

 

そのため、中古車の購入前には保証範囲の確認を行うことで、購入後の無用なトラブルを防ぐことができます。保証期間はどれくらいなのかはもちろんのこと、保証されない部品はどのようなものがあるのかを確認することが大切です。

 

信頼できる販売店からリサーチする

街中を見渡してみると、数多くの中古車販売店が立ち並んでいることが分かります。しかし、そのなかには悪質と呼ばれる営業をしている店舗も紛れていることもあるため、その店舗についての情報がない状態で訪問することはおすすめできません。

 

本当に欲しいと思える一台を何のトラブルもなく購入したいと考えているのであれば、信頼できる中古車販売店からリサーチするようにしましょう。たとえば、大手の中古車販売店なら、自社ホームページからさまざまな情報を知ることができます。

 

どうしても欲しい車種が見つからなければ、中古車販売店の担当者に相談してみることも大切です。大手の中古車販売店はいくつかの入手ルートを確保しているところもあるため、もしかしたら探していた車種を見つけてくれるかもしれません。

 

事故車(修復歴車)かどうか確認する

価格が安いことが魅力の中古車ですが、それだけに注意すべきリスクもいくつかあります。たとえば、事故車(修復歴)であるというリスクです。事故などの影響で骨格部分が破損してしまい、修復したことのある中古車を指しています。

 

このように、過去に修復した経歴のある中古車だと、どうしても再度故障するリスクが高まります。現車確認時は何の問題もなかったにも関わらず、購入して数週間で不具合が見つかり、多額の修理費用を支払わないといけないかもしれません。

 

そのため、基本的には事故車の購入は避けた方が良いでしょう。また、中古車販売店によっては事故車であることを隠している場合もあります。これらのことを考慮しても、やはり信頼できる大手の中古車販売店での購入がおすすめです。

 

購入費、維持費を事前に算出しておく

中古車の購入に必要な費用は「車両本体価格」だけではなく、これに加えて税金や代行費用といった諸費用を含めた「支払総額」に目を向ける必要があります。そして、中古車の場合は同じ車種だとしても、諸費用が大きく違うことも少なくありません。

 

たとえば、トヨタ・プリウスを100万円で販売している店舗が2つあったとします。ひとつの店舗では支払総額が「110万円」に対して、もう一方の店舗では支払総額が「120万円」になることもあり、同じ車種でも諸費用は大きく変わるものです。

 

諸費用の相場は、車両本体価格の10%~20%程度が相場となっています。しかし、中古車販売店によっては諸費用を高く設定しているところもあるため注意が必要です。見積書の項目で内容が分からなければ、担当者に質問するようにしましょう。

 

購入する時期を選ぶ

中古車は購入する時期によっても、価格に変動があります。たとえば、中古車販売店の決算期にあたる3月や9月であれば、営業マンが1ヶ月で販売しなければいけない目標台数が多く設定されるため、安く購入できるかもしれません。

 

また、中古車を欲しい人が少ないのに対して、中古車の在庫が余っている4月中旬から5月にかけても、中古車の価格は安くなる傾向にあります。もしも購入時期の調整ができるなら、この時期を狙うと掘り出し物の車に出会えることもあるでしょう。

 

さらに、営業マンには毎月のように売上目標台数が課されていることがほとんどです。月末になれば目標に達していないこともあるため、多少のサービスをしてでも契約を取りたいと考えています。そのため、値引きの交渉がしやすくなるのです。

 

事前にどのようなトラブルが多いか確認しておく

中古車の購入に対して、少しでも不安や疑問を解消することは大切です。そのため、事前にどのようなトラブルが多いのかについて確認しておきましょう。たとえば、国民生活センターのホームページでは、中古車に関するさまざまな相談が寄せられています。

参考:『国民生活センター』

 

そのほとんどが、中古車の機能や性能によるものです。無用なトラブルを避けるためにも、事前に現車確認をしっかりと行い、中古車の状態をしっかりとチェックしましょう。また、契約に関するトラブルも多発しているため、契約書の内容を熟読することも忘れずに。

 

中古車を購入する流れ

中古車の購入を検討しているけれど「初めてのことで良く分からない」と不安に感じている人もいるかもしれません。中古車を購入する流れや、それぞれの段階で気を付けるべきポイントなどを押さえておくことで、初めての中古車購入でもスムーズに行うことができます。賢く中古車を購入するために、その流れについてご紹介します。

 

予算を決める

何よりも最初に考えて欲しいことが「購入予算の決定」についてです。中古車情報サイトなどで欲しい車種を決めていたとしても、中古車は年式や走行距離などいろいろな条件によって、車体価格だけでなく諸費用まで大きく差が付くことがあります。

 

そのため、いろいろな車種に目移りをしてしまい、最終的には予算を大きくオーバーしてしまうこともあるかもしれません。最初にある程度の予算を設定することで、購入後にかかる維持費などで生活が苦しくなる可能性は低くなるでしょう。

 

車種を選定する

そうはいっても、前々から欲しいと考えていた車種もあるかもしれません。ある程度の予算が設定できたら、その予算内ならどれくらいの車が購入できるのかを中古車情報サイトや中古車販売店のホームページなどで調べてみましょう。

 

また、特に欲しい車種が見つからない場合は、車の利用目的から考えてみてください。たとえば、買い物がメインであれば荷室空間の広い軽自動車で十分ですが、家族でレジャーやドライブに出かけるならミニバンなどサイズの大きなタイプがおすすめです。

 

店舗に在庫があるか確認する

欲しい車種が見つかっても、希少価値の高いタイプであれば。近くの店舗に在庫がないこともあります。ただし、大手の中古車販売店であれば全国に店舗を構えているだけでなく、中古車の入手ルートを確保しているため、見つかる可能性が高いです。

 

いきなり店舗訪問をするのではなく、電話やメールなどで在庫があるかどうかの確認をしてみましょう。このときに、簡単な見積もりを送ってくれるところもあります。最初に設定した予算内に抑えられるかの確認もできると良いかもしれません。

 

店舗に訪問する

店舗に在庫があることが確認出来たら、店舗に足を運んでも現車確認を行います。もしも遠方の中古車販売店しか欲しい車種の在庫がない場合でも、必ず店舗訪問をして実際に自分の目で車の状態を確認してみることが大切です。

 

中古車情報サイトなどではある程度の情報や写真が掲載されていますが、これだけでは本当に購入して良いのかを判断することはできません。そのため、実際に目で見て確認するだけでなく、試乗をさせてもらってから判断するようにしましょう。

 

必要な書類を揃える

中古車購入の手続きをスムーズに進めるためにも、事前に必要な書類をそろえておくことをおすすめします。どの書類もすぐに入手できるものばかりですが、どのように取得すれば良いのか分からないものに関しては、調べる時間も必要です。

 

また、必要書類のなかには販売店側が準備してくれるものもあります。自分が何を用意しておかなければいけないのかを事前に把握しておくことも大切です。車庫証明書など取得が難しいものについては、中古車販売店が代行してくれることもあります。

 

契約、支払い

 

すべての書類が整えば、次に支払いの段階に入っていきます。中古車購入の支払いは、主に「現金一括」「クレジットカード」「自動車ローン」の3つに分けられます。どの方法で支払うのかについては、事前に担当者に話しておくと良いでしょう。

 

現金は金利手数料がかかることもありません。しかし、少しでも最初の負担を減らしたいということであれば、自動車ローンを「3年」や「5年」など組んで、計画的に返済していくという方法もあります。

 

保険の手続きをする

車に関する保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、任意で加入する「自動車保険」の2つに分けられます。自賠責保険については、中古車販売店が手続きを進めてくれることがほとんどなので、それに従いましょう。

 

また、新しい車に買い替えるのであれば、これまで加入していた自動車保険の「車両入替」と呼ばれる手続きが必要です。この手続きを忘れると新しい車の補償がゼロになることもあるため、早めに加入先の保険会社への連絡をおすすめします。

 

納車

ここまで完了したら、あとは納車日を待つだけです。新車だと人気モデルであれば契約してから納車まで2ヶ月~3ヶ月程度待つこともありますが、中古車の場合は平均して1週間~2週間程度で納車されることがほとんどです。

 

また、買い替えを検討している人であれば、古い車の引き渡しと新しい車の納車の両方を考える必要があります。ただし、売却と購入を同じ店舗で行っていれば、担当者が上手く調整してくれることもあるため、事前に相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

中古車の購入で大切なことは、価格などひとつのポイントに縛られないことです。さまざまなことを総合的に判断したうえで、購入するようにしましょう。また、どの中古車販売店で購入すれば良いのか迷っている人もいるかもしれません。

 

そんなときは、全国規模で展開するネクステージにお任せください。数多くの中古車を抱えるだけでなく、購入後のアフターサービスを充実しております。お客さま一人ひとりに満足していただけるよう準備させていただきますので、ぜひ一度お問い合わせください。

気になる車種をチェックする