中古車を選ぶときは走行距離と年式、どっちを重視するのがベスト?

クルマ購入ガイド

中古車を選ぶときは走行距離と年式、どっちを重視するのがベスト?

中古車を選ぶ際には、車種やカラー、価格のようにさまざまな項目から絞り込んでいくのが基本です。注意すべき項目の中には走行距離や年式もありますが、この2つではどちらのほうが重要なのでしょうか。

 

中古車選びで重要な項目となる年式と、走行距離ならどちらをより重視して選んだほうが良いのかを知っておいたほうが、失敗しない中古車選びができます。今回は中古車選びに関わってくる「年式」と「走行距離」という2つの項目について解説していきます。

 

■POINT

 

 

・年式と走行距離はどちらも重要なので、どちらかが好条件なら良いというわけではない!

・車の状態を知りたいのなら、メンテナンス履歴や前の所有者についても確認してみよう

・中古車の選び方に困ったときは店舗のスタッフに相談してみよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車選びで大切なのは年式?それとも走行距離?

中古車選びでは車の年式と走行距離はいずれも重要なものです。いずれかを優先して選ぶとしたら、どちらのほうがより重要となるものなのでしょうか。「年式」を優先して選んだ場合と、「走行距離」を優先して選んだ場合のメリットと注意点について解説していきます。それぞれの特徴を見たうえで、改めて年式や走行距離がどれだけ重要なものなのかを確認してみてください。

 

年式によって車を選んだ場合のメリットと注意点

低年式とは年式が古いことで、高年式とは年式が新しいことをさします。つまり、中古車の中でも比較的新しいものを購入したいのなら、高年式の車を選ぶことになります。

 

年式を優先して車を選ぶメリットとしては、劣化していない車や故障のリスクが低い車を購入できるという点があげられます。比較的新しい車だからこそ、性能面が優れているものが見つかりやすいという点も挙げられるでしょう。ステレオやカーナビのような付属している設備だけではなく、燃費の性能も高年式のほうが優れているのも特徴です。

 

ただし、高年式だからといって必ずしも故障しないという保障はありません。メンテナンスがきちんと行われなかった車や走行距離の多い車の場合には、高年式でも不具合が出てくる可能性は十分にありますので注意しておきましょう。

 

走行距離で車を選んだ場合のメリットと注意点

車種やモデル、年式が同じ場合、走行距離が多ければ多いほど中古車としての価格は安くなっているのが特徴です。走行距離の少ない車ならより状態の良い車を購入でき、走行距離の多い車ならより価格の安い車を購入できるというメリットがあります。

 

しかし、こちらも走行距離が短めなら必ずしも状態が良いとは言い切れません。年式を重視した場合と同じく、前の所有者の車の使い方によっては走行距離が少なくてもコンディションが悪くなっている可能性はあるので要注意です。

 

逆を言えば、走行距離が多くても、メンテナンスを徹底しており、車への負担を考えた走行をしてきた中古車であれば、故障するリスクは低くなる可能性があります。

 

何年落ち、走行距離何キロまでなら大丈夫?走行距離と年式の相互関係

走行距離と年式を比較することによって、車がどんな使われ方をしてきたのかがある程度はわかります。

 

例えば、年式が10年前のものでも走行距離が5万キロにも満たないようであれば、あまり使用頻度が高くない車であると判断できるでしょう。あるいは、最初の数年間は運転していたが、あとの数年はあまり乗っていなかったという可能性もあります。年式が新しいのに走行距離が極端に多い車の場合は、長距離運転が多かったことがわかります。

 

これらのようなケースがありますから、何年落ちあるいは走行距離何キロなら問題ないとは一概には言えません。酷使されていない、かつ長期間放置もされていない車を選びたいのなら、年間の走行距離が8,000~1万キロ程度の車を優先的に選ぶと良いでしょう。

 

年式・走行距離と共に重要なのは「車のコンディション」

年式や走行距離といった項目は、どちらかを優先すれば良いというものではありません。どちらも中古車選びには欠かせない重要なポイントであるため、共に重要視すべきだと言えます。

 

また、大切なのは年式や走行距離の数字よりも車のコンディションです。年式や走行距離はあくまでもコンディションを見るための指標のようなものなので、実際の車の状態を確認することが中古車選びには必須です。

 

コンディションについて知りたいのなら、年式や走行距離だけではなく、年にどれくらい乗ってきた車なのかを計算してみましょう。車のコンディションについて中古車店のスタッフに確認しておくのも有効的な手段です。

 

走行距離と年式以外にチェックしたい車のコンディションとは?

走行距離や年式は表面的なデータとしての確認しかできません。実際にどのような走行をしてきたのか、今はどんな状態なのかを知るためにはコンディションのチェックも必要です。

 

走行距離と年式以外にどんな項目についてチェックすべきなのかについてご紹介していきます。

 

メンテナンス履歴を確認しよう

車を長持ちさせるには、メンテナンスが行き届いていることが非常に重要です。エンジンオイルの交換が適切に行われてきたか、まずはチェックしてみましょう。また、タイミングベルトや緩衝材が交換されているのかについても確認してみることをおすすめします。

 

走行距離がそれほどない、または年式が新しい車であれば、部品が交換されていないこともあります。しかし、10万キロや20万キロもの距離を走行している車を購入したい場合は劣化する部品の交換はしておいた方が良いでしょう。メンテナンス履歴で車のコンディションが良いかどうかを判断してみましょう。

 

前の所有者(オーナー)のことを聞いてみよう

前の所有者がどのように車に乗っていたのかによっても、車のコンディションは左右されてきます。定期的にメンテナンスをしっかりしてきた車が良いのであれば、レンタカーや店頭展示車のような法人登録車が狙い目です。法人登録車は個人が乗っていたものよりも整備が念入りに行われているため、多少は走行距離が多くても安心して購入できるでしょう。

 

また、高年式で走行距離が多い中古車の場合でも、高速道路をよく走っていたような車であれば、コンディションは良いと言えます。高速道路での車の利用は頻繁な停止や発進による負荷がないため、街中や山道を走っている車よりも機能面の劣化が緩やかですのでおすすめです。

 

わからないことはプロの専門家の力と知識を借りよう

走行距離や年式以外のコンディションをチェックすると言っても、どのように確認すれば良いのかわからなくて戸惑うかもしれません。そんなときはネクステージのスタッフに相談してください!

 

ネクステージでは全国的に中古車の販売を行っており、お客様が満足できるような車を提供しています。どんな車にすれば良いのかわからないときでも、お客様の希望やライフスタイルに合った車を提案できます。プロの力と知識を借りながら、自分に合った中古車選びをしてみましょう。

 

お買い得な中古車の特徴は?

中古車を購入するなら、少しでもお買い得な車を選びたいものです。しかし、どんな車ならお買い得と言えるのか判断するのはなかなか難しいですよね。そこで、お買い得な中古車の特徴を4つ取り上げていきます。それぞれにどのような特徴があるのか、なぜお買い得なのかについてご紹介していきましょう。

 

マイナーチェンジ前の車

車種によって異なりますが、マイナーチェンジを繰り返しているモデルもあります。中にはフルモデルチェンジをする車もあるので、中古車市場にはマイナーチェンジやモデルチェンジをする前の車が多く並んでいます。

 

お得に購入したいのであれば、このようなマイナーチェンジ前の車がおすすめです。マイナーチェンジやモデルチェンジをすると、旧モデルの在庫は増え、需要は減っていくため、必然的に価格も下がっていきます。新しい車のデザインや性能にこだわっているわけではないのなら、お買い得な車だと言えるでしょう。

 

車検前の1・3・5・7年落ちの車

できる限り中古車の購入価格を安く抑えたいのであれば、車検前の車が狙い目です。具体的には1・3・5・7年落ちの車が良いでしょう。車を売却する人は車検の前に手放すケースが多く、需要と供給のバランスを考えると、このような中古車は安く購入できる可能性が高くなります。

 

比較的新しい中古車を購入したい場合は1年落ちや3年落ちの車を優先して選ぶと良いでしょう。価格の安さ優先で選びたいのなら、5年落ちや7年落ちの中古車の中から探してみてください。

 

低年式で走行距離の短い車

価格が安い、かつなるべく状態が良いものを選びたいのであれば、低年式で走行距離が少ない車がおすすめです。モデルとしては古くても、走行距離が短ければ部品がまだ機能している可能性は十分にあります。

 

ただし、長年放置されていた車という可能性もありますので、メンテナンス履歴や前の所有者に関する情報のチェックは欠かせません。メンテナンスを丁寧に行ってきた車であれば、年式が古くても問題ないと考えて良いでしょう。

 

新古車

それほど安くなくても状態の良いものを選びたいのなら、新古車をおすすめします。新古車とは、いわゆる新車登録済みの未使用車のことで、走行距離は数キロや数十キロ程度しかないのが基本です。殆ど新車同然のコンディションですから、より新車に近い中古車を選びたい人にとっては最適の選択と言えるでしょう。

 

新車よりも安く、納車も早いというメリットがありますが、すぐに売り切れる傾向があるので、新古車を購入したい場合は中古車の情報をこまめに確認してみてください。

 

走行距離と年式に関するウソホント

車に乗っている、あるいは興味を持っていると、走行距離や年式にまつわる噂を耳にしたことはあるのではないでしょうか。しかし、いずれも正確な情報とは限りません。中には大きな間違いである可能性もあるので、走行距離や年式に関する正しい知識をご紹介していきます。誤った認識をしてしまっていないかをチェックしてみてください。

 

「走行距離10万キロで寿命」はうそ?

「走行距離10万キロ走ったら車の寿命が尽きる」という話がありますが、これはほとんどの場合あてはまりません。普通車の場合、安全に走行できる距離は40万キロ以上です。現に、タクシーの走行距離の目安は40万キロ程度とされているので、普通車にも同じことが言えます。

 

メンテナンスさえしっかりとしていれば、10万キロ以上の走行距離があっても全く問題はありません。安全に走行できさえすれば良いという考えであれば、10万キロ以上走っている中古車の購入も視野に入れて良いでしょう。

 

10年経つと車の買い替え時期って本当?

走行距離と同様に、新車購入から10年が経過したら買い替え時期と言われていますが、これは本当でしょうか。自動車検査登録情報協会によると、軽自動車を除いた乗用車の平均使用年数は2015年が12.38年、2018年は約13.24年というデータがあります。

 

10年以上車を使用し続けている人は多くいるため、10年経過したら必ず車の買い替えをするものではないことがわかるでしょう。ただし、初回登録後13年を超えた車は自動車税と自動車重量税が増えるため、その対策として買い替えをする人も少なくないというのが現状です。また車の乗り方次第では、10年持たない場合もあるので注意しましょう。

 

車をオークションで買うのは危険って本当?

オークションサイトでは中古車の販売がされていますが、詐欺まがいの場合もあるため避けるのが無難です。詐欺とまではいかなくとも、購入前には全く聞いていなかったような不具合によってトラブルに発展する可能性もあります。

 

中古車を購入したいのであれば、信頼のおける業者から購入するのが適切です。ネクステージなら、事故車の販売を一切していないほか、万全の整備を行っており、品質には自信があります。毎日他車の価格を調査し価格設定をしているので、安くて品質の良い中古車を購入することができます。

 

「高年式だと維持費が安く上がる」はうそ?

高年式の車であれば維持費は安く済むと思うかもしれません。確かに高年式のほうが低年式の中古車よりも状態が良い可能性は高いですし、燃費性能も良いものが多いでしょう。ガソリン代だけで考えるのなら低年式よりも高年式の中古車を選ぶのが適切と言えます。

 

しかし、コンディションによってはガソリン代以外の維持費がかかる可能性があるため、注意しなければなりません。高年式でもコンディションが悪く、不具合が頻繁に起こるような車もないとは限らないので、一概に維持費が安くなるとは考えないほうが良いでしょう。

 

中古のハイブリッドカーはバッテリー交換で高くつく?

ハイブリッドカーを中古で購入するとバッテリー交換費用で高くついてしまうという話を耳にしたことはあるでしょうか。車種にもよりますが、HVバッテリーの費用は、車種により異なりますがおよそ14~5万円程度。ちなみに交換には専門の資格が必要です。ハイブリッドカーを中古で購入したいのであれば、バッテリー交換のタイミングを考えて購入すべきです。

 

例えば、プリウスの場合は新車登録日から5年間、かつ走行距離10万キロが保証の範囲内となっています。保証を考えるなら、5年前後をバッテリーの交換時期として判断すべきでしょう。中古のバイブリッドカーを購入したいなら、中古車の状態を見て、交換時期が近くないものを選んでみてください。

 

まとめ

中古車を選ぶうえで、走行距離と年式はどちらも欠かせない重要なものです。しかし、走行距離や年式だけで選ぶのではなく、車のコンディションの確認も怠らないようにしましょう。中古車を購入する際には、詳しい車の状態や購入後の維持費についても確認しておくことをおすすめします。

 

中古車選びでわからないことや気になったことがあれば、プロの力にお任せください。ネクステージなら、中古車選びのポイントについてもアドバイスしながら、お客様の希望や要望に合わせた車をご紹介します。プロの力を借りながら最適な中古車選びをしましょう。

気になる車種をチェックする