中古車の購入はオークションが便利?メリットやトラブル回避策を紹介!

クルマ購入ガイド

中古車の購入はオークションが便利?メリットやトラブル回避策を紹介!

中古車をオークションで購入すると中間コストがかからないため「安く買えてお得」という利点があります。一方で、一般的な中古車販売店にはない様々なトラブルが多いことも事実です。良いことばかりではなく、デメリットがあることもしっかりと理解しておきましょう。

 

ここでは、中古車購入をオークションで行う際の利点やトラブルを避ける方法を紹介していきますので、利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1.中古車をオークションで購入するメリット

2.中古車オークションで車を購入するための手順(個人売買編)

3.中古車オークションで車を購入するまでの手順(代行業者編)

4.中古車オークションでトラブルに遭遇しないための方法

5.トラブルを避けたいなら信頼できる業者から購入しよう

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・中古車オークションサイトを利用するメリットは安い価格で希望の車を入手できること

・中古車オークションサイト利用は個人売買と代行業者仲介の2つの方法がある

・落札後トラブル発生の可能性があるため、信頼できる業者から車を購入する方が安心

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車をオークションで購入するメリット

中古車オークションでは数多くの車を扱っているため、欲しい車が見つかりやすいという利点があります。また、業者が中古車を仕入れる価格で購入できるため、価格が安いことも魅力です。中古車オークションを利用するメリットとしては、大きく分けて3つあります。具体的に見ていきましょう。

 

安い価格で落札できる

中古車をオークションで購入する最大の利点は、中古車販売店よりも割安な値段で車を手に入れられる点です。

 

中古車販売店では、販売店自身がオークションで車を調達した際の買値に、人件費や広告費、家賃などの費用を上乗せして販売しているため、実際の仕入れ値よりも高いことが多くなっています。

 

中古車オークションでは、中古車販売店の仕入れ価格で購入することになるため、中古車販売店で提示されている値段よりも安く車を買えるのです。

 

希望の車を入手できる

中古車オークションでは、全国の中古車市場に出品されている数万台、数十万台の商品の中から欲しい車を選べるので、希望の車を見つけられる可能性が格段に高くなります。希望に合った車を検索できる仕組みが整っているのも特徴です。

 

中古車販売店を利用する場合は、基本的に店頭在庫に存在する車の中から選ぶことになるので、欲しいタイミングで希望の車種やグレードが見つかるとは限りません。

 

レアな車が見つかることも

中古車オークションでは、通常ではなかなか市場に出回らないような車が見つかることが多いのも特徴です。

 

生産台数が少ない車、希少なモデルの車、期間限定車など、流通量が少なく中古車販売店では見つけるのが難しい車にも出会えることがあります。自動車ファンの間では憧れの存在となっているようなレアな車種も探せるため、車好きの方にとっては特に魅力的と言えるでしょう。

 

中古車オークションで車を購入するための手順(個人売買編)

中古車オークションには、通常のオークションサイトと、業者専用オークションサイトがありますが、業者専用のオークションは個人での参加が許可されていません。よって、代行業者を挟まずに個人で参加できるのは「通常のオークションサイトのみ」となっています。

 

通常のオークションサイトでは、出品者も個人であるケースが多いため、販売店より安く買えるのが利点です。一方で取引する上では注意点も多くあります。個人で利用可能な人気のサイトとしては、ヤフオクやメルカリなどが挙げられます。

 

欲しい車を見つける

欲しい車が決まったら、まずはオークションサイトで希望の車種、色、年式、出品している都道府県などから検索しましょう。検索結果には車のスペックや走行距離、写真、即決落札価格などが表示されているため、様々な情報を見比べながら、欲しい車を絞っていくことができます。

 

オークションは「中古車販売店よりも車を安く購入できる」と考えられていますが、最近では中古車販売業者が出品していることも多く、出品者が個人ではない場合は、あまり値段が変わらないケースもあります。

 

入札(落札)

希望する車が決定したら入札を行います。もしも複数の入札者がいた場合は、設定された期間内に一番高い価格を提示した人が落札することになります。

 

実際に車の状態を確認したい場合は、出品者に連絡を取り、入札前に現車確認を行いましょう。車の状態を実際で目で見て確認することで「思っていた状態と違った」というトラブルを防げます。

 

実車確認を必ず行いたいという場合は、自分が出向いていける範囲の都道府県から出品されている車を選ぶようにしましょう。

 

輸送手順を手配する

車を落札したら、車を輸送する手配をしましょう。基本的にはキャリアカーや船便を使って出品されている地域から自宅まで車を運んでもらうことになりますが、距離によっては予想外に多くの輸送料がかかってしまう場合もあります。

 

車検が切れていない車であれば、出品者と話し合って引き取りに行ける場合もありますが、その場合は任意保険の加入手続きを事前に行っておくことも必要でしょう。

 

落札代金を入金する

車の輸送手配が終わったら、落札代金を入金します。銀行振り込みやサイト独自の決済方法など、お金の支払い方法は出品者と相談して決めると良いでしょう。

 

しかし、最近では代金を支払ったのに納車がおこなわれないといったトラブルも多く発生しています。個人と取引する場合はリスクもあるということをよく理解しておくようにしましょう。

 

納車された車の点検や各種手続き

入金後は、名義変更の手続きに必要な書類を出品者から受け取り、陸運局または軽自動車検査協会に行って名義変更の手続きを行います。必要書類に漏れがないかどうか、事前に出品者に確認してください。

 

購入した車が車検切れの場合は、名義変更の前にまず車検を行います。万が一ここで不具合が見つかっても返品や交換は基本的にできませんので、購入前に車の状態をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

中古車オークションで車を購入するまでの手順(代行業者編)

中古車オークションでは、オークション市場に精通している代行業者を通じて車を購入することで、よりリスクが少ない取引を行えます。修復した跡を隠して出品するような悪徳業者も存在しますが、代行業者に委託すると現車の下見を行ってもらえるので安心です。

 

実際にエンジンをかけて、カーステレオやナビに不具合がないかの確認もできるため、粗悪な車を買ってしまったというトラブルも少なくなります。

 

業者を選ぶ、代行手数料の支払い

代行業者を選ぶ際には取引実績を確認しましょう。過去の入札データを開示しているような、情報公開に積極的な業者を選ぶのがおすすめです。

 

業者を決めたら、まずは代行手数料を支払います。代行手数料は業者によって違いますが、3万円以上はかかる場合が多いようです。

 

欲しい車の情報を業者に伝える

中古車の出品情報を見て、気になる車が見つかったら業者にそれを伝えましょう。より詳しい車のレポートをもらえます。

 

代行業者に依頼する場合は、車の状態を実際に確認することはできず、業者に任せることになりますので資料は貴重な情報源です。記載情報で気になるところがあれば、代行業者に相談してみると良いでしょう。

 

入札(落札)

希望する車が決まったら入札を行います。希望する車を競りで落とせるかどうかは、代行業者の腕にもかかってきます。また、人気の車は入札者が殺到するため、落札できないこともあります。

 

希望の車を落札できなかった場合でも、「入札をした」ということで入札料を取られてしまう場合がありますので、できれば入札料がない代行業者を選ぶようにしましょう。

 

業者に落札代金の支払い

希望の車を落札できたら業者に代金を支払います。入金のタイミングは業者によって異なり、納車前の場合もあれば、納車をしてから車代金の振込をする業者もあります。お金のやり取りや取引の流れは業者によって違いがあるため、最初に確認しておくと良いでしょう。

 

納車

代行業者を利用した場合は、納車のための車の運搬や名義変更手続きはすべて業者が行ってくれますので安心です。特に、車の名義変更は大変手間がかかる作業で、車庫証明や印鑑証明書、譲渡証明書、委任状など多岐にわたる書類を持って、陸運局に足を運ぶ必要があります。

 

こうした面倒な手続きをすべて任せることができるという点は、代行業者に依頼するメリットと言えるでしょう。

 

中古車オークションでトラブルに遭遇しないための方法

中古車オークションを利用する場合は、トラブルを避けるために信頼できる業者を選ぶことが大切です。

 

オークションを行っている業者は個人事業主レベルの小さなところから、大規模な法人まで様々です。業者選びを間違うと、落札した車が届かない、車に不備があっても対応してもらえないなど、深刻なトラブルが発生する場合もあります。

 

信頼できる業者を選ぶポイントを紹介していきますので、オークションを利用する際にはしっかりと確認するようにしましょう。

 

取引実績の豊富な業者に依頼する

中古車オークションの代行業者を選ぶ際には、車の売買の取引実績が豊富かどうかを確認してください。上場していたり、ある程度の歴史と規模があったりする企業であれば安心感があるでしょう。

 

取引実績が多いということは、中古車オークションに精通しており、信頼性が高いということを意味します。また、何かトラブルがあったときに対応してくれるようなアフターサービスを提供している業者なら、より安心して取引をすることができます。

 

業者の利用料金(手数料)を把握する

業者向けの中古車オークションは一般の人は参加できないため、利用したい場合はオークション代行業者に手数料を支払う必要があります。代行業者の手数料の額はまちまちですが、一般的には3万円から10万円ほどかかる場合が多いようです。また、手数料を定額にせず、落札した車の価格の〇%と定めている場合もあります。

 

基本の利用手数料以外にも、希望の車を落札できたときには、落札料としてオークション会場に3万円ほど、成約料として仲介業者に2万円ほど必要になることが多いようです。

 

また、落札できるか否かに関わらず、一度の入札ごとに手数料をとる業者もあります。このように、オークションを利用する際は別途様々な手数料がかかるということを理解しておきましょう。

 

過去のオークション情報を開示している業者を選ぶ

「過去、どのような車をどのような価格で落札したか」という情報を積極的に開示し、オープンにしている業者を選びましょう。情報の透明性が高い業者は取引実績も多く、信用度も高い傾向があるので、初めてでも安心して利用できます。

 

過去のオークションの情報を開示したがらない業者の中には、落札価格をごまかしているようなケースも考えられますので、避けた方が賢明です。

 

車両の詳細情報をチェックする

中古車オークションでトラブルが起きないようにするには、実際に車をみて、車両の状態を確認することが大切です。車の装備品が出品情報と異なっている、車両の状態が思っていたよりも悪いなど、実際に車をチェックして初めてわかることもあります。

 

業者用の中古車オークションでは、依頼主自身で出品されている車を確認できないので、代行業者に行ってもらう必要があります。重点的に確認してほしいポイントなどがあれば、現車確認の前に業者に伝えておくようにしましょう。

 

落札後のリスクを理解する

中古車オークションを利用する場合、車の落札後に予想外のトラブルに巻き込まれる恐れがあります。特に個人売買の場合は、出品者が必要書類を準備してくれず、迅速に名義変更ができないケースもあるので注意が必要です。

 

無事に落札できても、その後に様々なトラブルが発生する可能性があるということを覚えておきましょう。

 

トラブルを避けたいなら信頼できる業者から購入しよう

中古車の購入をオークションで行うと、「安い価格で購入できる」「希望の車を探しやすい」というメリットはあります。

 

一方で、「車の代金を支払ったのに納車がされない」「出品者が書類を用意してくれず、なかなか名義変更ができない」といった深刻なトラブルも多く報告されているため注意が必要です。

 

一旦トラブルに巻き込まれると解決するまでに労力や時間がかかってしまいますし、最悪の場合、支払った代金が戻ってこないこともあります。トラブルを避け、安心して車の購入をしたいという人は、信頼できる業者を利用するようにしましょう。

 

まとめ

個人で中古車オ―クションを利用して車を購入すると、安い価格で購入できたり、欲しい車を探しやすかったりというメリットはあるものの、自分では対処しにくい大きなトラブルが起こる可能性がありますので注意が必要です。

 

また、仲介業者を利用する場合は、様々な手数料を支払わなければならず、割安感が薄れてしまうというデメリットがあります。

 

中古車販売を行っている上場1部企業のネクステージでは、修復歴ゼロの車両のみを取り扱っているため、粗悪な品質の車が混じっている心配はなく、安心して車を選ぶことができます。

 

また、車の品ぞろえにもこだわっており、人気のモデルやカラー、グレードのバリエーションを豊富にそろえつつも、トラブルが多いモデルは事前に排除するなどの対策を行っています。価格面でも365日他社の価格を調査しており、「価格以上の良質な車」を常に提供しているという強みがあります。

 

中古車を安心して乗るためには、品質が良い車、修復歴がない車かどうかを見極めることが大切です。ネクステージでは良質な、安心して乗ることができる車のみを取り揃えています。中古車購入を検討している人は、ぜひ一度ネクステージへ足を運んでみてください。

気になる車種をチェックする