車の購入費用の平均額はいくら?維持費から購入の目安まで解説します[2020年02月06日] | クルマ購入ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の購入費用の平均額はいくら?維持費から購入の目安まで解説します

クルマ購入ガイド

車の購入費用の平均額はいくら?維持費から購入の目安まで解説します

車を購入する際、欲しい車種を決めるのと同じくらい重要なのが購入費用です。「この車種が欲しい」と思っても、予算オーバーで諦めざるをえないこともあるでしょう。そのようなとき、「車の購入費用はどのくらいが適正なのだろうか」と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車の購入費用の目安や平均額、維持費まで解説していきます。車の購入費用を節約する方法も分かるので、よりお得に購入することが可能です。ぜひチェックしてみましょう。

 

※目次※

1.車の購入費用の平均額はどれくらい?

2.車の購入費用の目安は?

3.車本体以外にかかる費用

4.車の維持費は年間いくらかかる?

5.車の購入費用を節約する方法

6.【年収別】おすすめの中古車を紹介

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の価格は車種によってさまざま。無理して購入すると生活に支障をきたす恐れがあるため、購入費用は年収の50%を目安にしよう

・車には税金やメンテナンス費用、ガソリン代など多くの維持費がかかる。車本体の価格だけでなく、維持費も考慮して車を選ぼう

・中古車であれば、手が届きやすい価格で家計への負担も軽くなる。中古車の購入なら、豊富な在庫の中からお気に入りの1台を見つけられるネクステージにお任せを!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の購入費用の平均額はどれくらい?

安価なものでは一桁台、高価なものになると1,000万円台と、市場にはさまざまな価格の車が販売されています。車選びをする際、好きな車種を選ぶのが基本ですが、費用についての考慮も必要です。価格を考慮せずに車を購入すると、その後の生活に支障が出てしまう恐れもあります。

 

車の購入費用の平均額を把握して、平均よりも高い車を購入する予定であれば、今一度購入プランを見直してみるのもよいでしょう。

 

新車の場合

新車の場合、車の購入費用の平均額は100万円~300万円でしょう。新車市場においては、排気量の少ないコンパクトカーは100万円ほどから購入できます。ミニバンやミドルサイズのSUV、スポーツカーなどは300万円ほどで購入可能です。

 

日本車で300万円を超えると、一般的な車の上級グレードや高級車の低グレードのモデルとなるため、なかなか手が届きにくい価格帯といえます。あとで詳しく解説しますが、日本人の平均年収を考慮すると、大体100万円~300万円という価格帯の車に落ち着くのも理由のひとつです。

 

中古車の場合

中古車の場合、車の購入費用の平均額は100万円前後でしょう。新車の購入費用が300万円だとすると、実に3分の1の価格です。

 

新車では手が届かないような車種でもリーズナブルに手に入れられるため、若者ほど中古車志向が強いというデータもあります。リクルート自動車総研が実施した「中古車購入実態調査2015」によると、20代の1万人あたりの中古車購入台数は全体平均の1.25倍で、ほかの年代と比較して最も高い結果となりました。

 

「少ない予算で買える」「同じ予算でも上級グレードが買える」というのが魅力といえるでしょう。

 

車の購入費用の目安は?

車は人生において高額な買い物となります。車本体の価格以外にも、税金や自賠責保険料、さらには維持費も発生します。そのため、しっかりと計画を立てて購入しないと、購入後の生活を圧迫する事態にもなりかねません。

 

車は自分の年収を考慮して購入すると、その後の生活に影響を与えにくいとされます。購入費用の目安について詳しく見ていきましょう。

 

相場は「年収の50%」

車の購入費用は「年収の50%」程度がよいとされています。具体的にいうと、全国の車の平均購入金額は新車や中古車を含め、約170万円といわれています。

 

国税庁が実施した「民間給与実態統計調査結果」の平成30年の結果を見ると、1年を通じて勤務した給与所得者1人当たりの平均給与は441万円です。441万円の50%は220万5,000円となります。そのため、新車も中古車も含めた平均額の約170万円という金額は妥当な金額といえるでしょう。

 

車を現金で購入すると、一度に大きな金額が手元から離れます。ローンを利用して購入した場合は一気に大きな金額を支払うことはありませんが、毎月一定額を返済していかなければいけません。年収を考慮して、生活に影響がでないように購入計画を立てましょう。

 

ローンを組む場合は金利も考慮する

ローンを組んで車を購入する場合は金利が重要なポイントです。100万円を借りたとしても、元本の返済以外に利息分の支払いも必要となります。

 

車のローンは、大きく分けて信販系のローンと銀行系のローンの2種類です。信販系のローンは、一般的に車を購入するディーラーや中古車販売業者で契約を行います。手間がかからず、比較的審査に通りやすいのがメリットです。しかし、金利相場は3%~10%と高く、トータルで支払う額が多くなります。

 

銀行系のローンは手続きの手間がかかり、審査も厳しいのが特徴です。しかし、金利は1%~2%のことが多く、トータルの支払額が信販系のローンよりも少なく済むでしょう。

 

金利が高いと月々の返済額も多くなり、生活を圧迫する恐れがあります。手間や審査の難易度だけにとらわれず、金利も重視しましょう。

 

車本体以外にかかる費用

車を購入する際、車本体以外にかかる費用は、「税金」「自賠責保険の保険料」「リサイクル料金などの諸費用」です。車本体の価格だけを考えて資金計画を立てると、予算が足りなくなる恐れもあります。車本体以外にかかる費用もしっかりと把握しておきましょう。

 

ここでは、車両価格200万円、重量1,000kg~1,500kgの車を購入したと仮定して解説をしていきます。

 

1.税金

200万円、重量1,000kg~1,500kgの新車を購入すると、場合によっては約26万円もの税金を支払う必要があります。新車を購入することによって発生する税金は、「自動車税(種別割)」「環境性能割」「自動車重量税」「消費税」の4つです。

 

自動車税(種別割)は従来の自動車税に代わる税金で、2019年10月1日以降に新規で新車登録をした車に適用されます。今までの自動車税よりも税率を低くしていることが特徴です。排気量1,000CC超~1,500CC以下の車の場合、税額は3万500円となります。従来の自動車税よりも4,000円の減額です。

 

また2019年10月からは、自動車取得税が廃止されて環境性能割が導入されました。車の取得価額に対し、燃費性能に応じて0%~3%の税金がかかります。取得価額は車本体価格の9割ほどとされているため、200万円の車の取得価額は180万円です。仮に3%の税金がかかった場合、5万4,000円の税金を支払うことになります。

 

自動車重量税は、その名のとおり車両重量に応じて発生する税金です。新車購入時は、次の車検までの3年分を支払います。車両重量1,000kg~1,500kgでエコカー減税なしと仮定した場合は3万6,900円です。

 

消費税は2019年10月から10%となったため、200万円の車を買うと20万円かかります。税金を抑えるためには、エコカーを購入して税率を軽減するのがおすすめです。

 

2.自賠責保険の保険料

自家用乗用自動車の場合、新車購入時の自賠責保険料は3万円かかります。自賠責保険は、車を所有する際に確実に加入しなくてはいけないため「強制保険」とも呼ばれる保険です。

 

車で事故を起こした際に他人を死傷させ、損害賠償責任が発生した際に保険金が支払われます。車検期間分の保険に加入するため、新車購入時は36か月か37か月分の自賠責保険料を支払うのが一般的でしょう。36か月の場合は2万9,520円、37か月の場合は3万170円です。

 

3.諸費用(リサイクル料金など)

税金や自賠責保険の保険料以外に、約7万円の諸費用が発生します。諸費用の内訳は、リサイクル料金や車の登録の代行費用、保証費用などがあります。

 

リサイクル料金は、車を廃車にした際にかかるリサイクル費用を新車購入時に先払いするというものです。「シュレッダーダスト料金」「エアバッグ類料金」「フロン類料金」「情報管理料金」「資金管理料金」の5つの項目があり、合計で6,000円~18,000円ほどかかります。

 

車の登録の代行費用は「車両登録代行費用」や「車庫証明書代行費用」などがあり、合計で3万円~5万円でしょう。保証費用は、エンジンオイルの無料交換や故障時の無料修理などのオプションサービスです。1万円~10万円と幅があります。諸費用は、車を購入する業者や選択するオプションで金額が変動しやすいので注意しましょう。

 

車の維持費は年間いくらかかる?

車の購入に際して、忘れてはいけないのが「維持費」です。車を所有している以上は、継続的に多くの維持費が発生します。発生する維持費は主に「税金」「保険料」「メンテナンス費用」「ガソリン代」「駐車料金」の5つです。購入予定の車の維持費がどれくらいかかるかを把握し、生活の負担とならないようにしましょう。

 

1.税金

1,000CC超~1,500CC以下の車を購入した場合、自動車税(種別割)が毎年3万500円発生します。2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用乗用車については従来の自動車税よりも税額が下がり、ユーザーの負担が軽くなったのがポイントです。4月1日時点で車を所有するユーザーに納付義務が発生します。

 

税率と以前の自動車税からの引き下げ額を以下にまとめました。

排気量

自動車税(種別割)

引き下げ額

1,000CC以下

2万5,000円

-4,500円

1,000CC超~1,500CC以下

3万500円

-4,000円

1,500CC超~2,000CC以下

3万6,000円

-3,500円

2,000CC超~2,500CC以下

4万3,500円

-1,500円

2,500CC超~

5万円~

各区分-1,000円

最も税率が下がるのが1,000CC以下の区分です。変更後は2万5,000円となり、以前と比較して4,500円もの減税となります。2,000CC以下までは大幅な値下げとなり、大きな恩恵を受けられるでしょう。

 

2.保険料

仮に15等級で年間走行距離8,000km、車両保険を付けない場合、年間で9万円ほどの任意保険料がかかることがあるでしょう。

 

自賠責保険と異なり、任意保険は自分で加入する保険会社を選べます。多くの保険会社があり、それぞれで補償内容や料金が異なるのが特徴です。加入する前に、いろいろな保険会社をチェックして、自分に合った保険を選びましょう。

 

自動車保険は多くの会社で1等級~20等級に区分されており、等級が高いほど保険料の割引率が上がる仕組みです。最初の契約時は基本的に6等級ですが、1年間保険を使うような事故を起こさなければ、翌年度の等級が1等級上がり、割引率も高くなります。

 

3.メンテナンス費用

車を維持する上で車検費用として毎年3万円、これに加えて修理代がかかってきます。1,500CCの車であれば、ディーラーで車検を受けた場合の費用は、24か月点検費用を含めて10万円ほどです。

 

新車登録後は3年後に車検を受けるため、年間で3万円ほどとなります。初回の車検を受けたあとは2年に1度の車検となるため、毎年5万円ほど積み立てる必要があるでしょう。

 

車検だけでなく、突然の故障で修理が必要となる場合もあります。整備費用は、車検以外にも発生すると把握しておきましょう。法定12か月点検(1年点検)を受ける場合は1万5,000円ほどの費用も発生します。

 

4.ガソリン代

年間のガソリン代は、都市部で約4万2,000円、地方で約9万9,000円かかるでしょう。1世帯あたりの年間ガソリン消費量は、都市部の場合は300Lほど、地方の場合は700Lほどとされています。

 

都市部は電車やバスなどの交通網が発達しているため、車に頼らず公共交通機関を利用する機会が多いのが特徴です。地方の場合は公共交通機関が発達しておらず、車に頼らざるをえない状況も考えられます。その結果、地方のほうがガソリン代も多くかかる傾向にあるでしょう。

 

少しでもガソリン代を節約したいのであれば、低燃費の車を選ぶことが重要です。また、電気自動車も検討してみましょう。深夜帯の電気料金が安い契約であれば、夜間に充電するとお得になります。新車だと比較的高価なので、手の届きやすい中古車の購入がおすすめです。

 

5.駐車料金

自宅に駐車場がない方が駐車場を借りた場合、全国平均で年間約10万8,000円の駐車料金がかかるでしょう。

 

駐車料金の相場は地域によって大きく異なります。特に、東京や大阪、愛知などの大都市は料金が高い傾向にあるでしょう。反対に、人口が少ない地方では料金は安めの設定です。たとえば東京都の月額の駐車料金相場は3万円程度、地方だと5,000円程度と、金額にかなり差が出ることもあります。

 

とくに大都市にお住まいの方であると、車の維持費のなかで駐車料金が大きく目立ってしまうかもしれません。自宅に駐車場がないという方は、事前に自分の住む地域の駐車料金を調べておきましょう。

 

車の購入費用を節約する方法

車は高価であるため、「少しでも購入費用の節約をしたい」と思う方も多いのではないでしょうか。購入費用が節約できれば、浮いたお金をオプション品に使ったり、今後の維持費の支払いに利用できたりします。

 

節約するには、「値引き交渉を行う」「手続きを自分で行う」といった方法があります。よりお得に購入できるように、しっかりと把握しておきましょう。

 

値引き交渉を行う

まずは、値引きができないかの交渉をしてみます。他メーカーのライバル車などを引き合いに出して、少しでも安くならないか営業担当者に聞いてみましょう。そのために、実際は欲しくなくても、ほかの車についても情報収集をします。実際に店舗に出向いて見積もりをもらうのもおすすめです。

 

他店の見積もりを提示した上で、「どのくらいまで安くできるか」と聞いてみましょう。「どうしても自社で購入してほしい」と営業担当者が思えば、値引きをしてくれる可能性が高まります。

 

もし「この価格だったら購入をすぐ決める」という目標金額があったら、それを素直に伝えるのもひとつの手です。顧客との合意ラインが判明するため、先方もどのような方法で値引きできるかを考えてくれるでしょう。

 

手続きを自分で行う

ディーラーや中古車販売業者に任せず、自分で手続きを行うと費用の節約になります。自分で行える手続きとして、たとえば車庫証明が挙げられるでしょう。

 

車庫証明は、車の保管場所がしっかりと確保されていることを証明する手続きです。管轄の警察署に出向くか、警察署のホームページで必要書類をダウンロードします。書類に必要事項を記入し、警察署に提出しましょう。1週間ほどすると、車庫証明書が送付されてきます。

 

車庫証明は、自分で手続きを行えば、2,500円~2,700円と安価です。車庫証明の代行を依頼すると2万円前後はかかるため、費用の節約効果は十分にあります。

 

注意点としては、警察署の車庫証明手続き窓口は土日が休みということです。手続きができるのは平日のみなので、多忙な方だと対応が難しいことも考えられます。

 

【年収別】おすすめの中古車を紹介

ここまで解説をしてきたように、車にはさまざまな費用がかかります。車本体が高額なのはもちろんのこと、維持費も多くかかるため、購入前に費用をしっかりと把握しておきましょう。

 

年収に応じての車選びも重要です。新車は高額ですが、中古車であれば手が届きやすい価格で、家計にも負担をかけにくいでしょう。年収別におすすめの中古車をご紹介します。

 

年収300万円以下:日産 デイズ

年収300万円以下の場合であれば、日産のデイズがおすすめです。ご紹介する中古車は現行デイズの一世代前のモデルになりますが、普段使いには十分な機能性を有しています。

  • ・車両本体価格(税込):79万9,000円
  • ・年式:2018年
  • ・走行距離:5,000km
  • ・車検:2021年8月
  • ・JC08モード燃費:23.0km/L

 

衝突被害軽減システムが搭載されており、低速走行中の衝突を回避したり被害を軽減したりしてくれます。踏み間違い防止アシスト機能付きで、ご年配の方も安心してお乗りいただけるでしょう。ホワイトが基調の内装は清潔感があり気分も爽やかになります。高年式で車検も十分に残っており、お得感の高い車でおすすめです。

(参考:『ネクステージ 日産 デイズ の一覧』)

 

年収300万円~500万円:ホンダ ヴェゼル

年収300万円~500万円の方には、ホンダのヴェゼルをおすすめします。ご紹介する中古車は、ヴェゼルの中でも一際スポーティーなRSグレードです。

 

RS専用の18インチアルミホイールやフロントグリル、ボディーロアーガーニッシュによってダイナミックさを演出しています。

  • ・車両本体価格(税込):169万9,000円
  • ・年式:2017年
  • ・走行距離:1万6,000km
  • ・車検:2020年12月
  • ・JC08モード燃費:20.2km/L

 

衝突被害軽減システムが搭載されているので、もしものときでも安心できます。レーダークルーズコントロールも付き、遠距離のドライブも疲れにくいのがポイントです。SUVで車高も高いため、不整地や雪道などを走るアウトドア派の方にもおすすめします。

(参考:『ネクステージ ホンダ ヴェゼルの一覧』)

 

年収500万円~800万円:BMW X2

年収500万円~800万円の方であれば、BMW X2の中古車を検討してみましょう。X2はコンパクトSUVに位置付けられます。BMWを象徴するキドニーグリル、優雅でラグジュアリーな雰囲気は健在ながらも、車高が高くアクティブに楽しめるのが魅力です。

  • ・車両本体価格(税込):298万9,000円
  • ・年式:2019年
  • ・走行距離:9,000km
  • ・車検:2022年1月
  • ・JC08モード燃費:14.3km/L

 

衝突被害軽減システムが付いており、安心感が高まります。Mスポーツモデル専用のサスペンションも装備され、スポーティーな走りを体感できるでしょう。舗装路、悪路問わずにドライブを楽しめる車です。

(参考:『ネクステージ BMW X2の在庫一覧』)

 

まとめ

新車や中古車を問わず、市場にはさまざまな価格帯の車が販売されています。無理をして高額な車を購入すると、家計を圧迫する恐れがあるので慎重に検討しましょう。

 

車本体の価格だけでなく、税金やメンテナンス代などの維持費も多くかかるため、年収の50%を購入費用の目安として選ぶことが重要です。中古車であれば新車だと手が届かないような車種でも選択肢に加えられるため、お得に購入できる中古車を検討してみましょう。

 

ネクステージは全国130店舗以上を展開しており、総在庫数は2万台を誇ります。全国各地の在庫をお取り寄せできるので、お客様に合った1台を見つけられるのが強みです。中古車の購入をご検討中の方は、ぜひネクステージにお気軽にご相談ください。

 

※本記事に記載の自賠責保険料は、基準料率改訂等の理由により変更となる場合があります。最新の自賠責保険料率表は損害保険料料率算出機構のHPをご確認ください。

気になる車種をチェック