車の購入の流れを解説!振込のタイミングはいつ?

クルマ購入ガイド

車の購入の流れを解説!振込のタイミングはいつ?

車を買うことが決まったら、まずは購入の流れを確認しましょう。中でも、車の購入代金を振り込むタイミングはいつなのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車を購入するときの流れや購入代金の振込はいつなのか解説します。振込の正しいタイミングを知っておけば、安心して車を手に入れられるでしょう。また、車の本体価格以外に必要なお金についてもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

※目次※

1.まずは確認!車を購入するときの流れ

2.車の購入代金の振込はいつ?納車前でも大丈夫?

3.車購入の支払い方法

4.車の本体価格以外にかかるお金

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・欲しい車を決めるのが車の購入の第一歩!納車を無事に迎えるまでの流れをチェック

・契約後に車の購入代金を振り込むのが一般的。疑問点がある場合はすぐに解決することが大切

・車の購入代金=本体価格ではない!?ほかにも用意しないといけないお金には、税金や保険料、リサイクル料金といったものがある

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まずは確認!車を購入するときの流れ

車が納車されるまでには、いくつかのステップをクリアする必要があります。「欲しい車を決めてお金を支払うだけ」とシンプルに考えていると、実際に購入するときに思いのほか手間がかかると驚くことになるでしょう。ここでは、車を購入するときの流れについて解説します。

 

1.欲しい車と予算を決める

まずはどのような車が欲しいのか考えて、購入する車を決めましょう。コンパクトカーやSUVのようなボディタイプや何人乗りがよいかといった条件を基準に選ぶと車種を絞りやすくなります。また、予算も決めておきましょう。いくらまでなら買えるのか明確にしておけば、無理なく車を購入することができます。

 

購入したい自動車メーカーが決まっているなら、取り扱っている車種の中から選ぶだけなのでそれほど時間もかからないでしょう。

 

2.どこで買うか決める

欲しい車と予算が決まったら、車をどこで買うか決めます。インターネットで検索し、気になる車があれば取り扱っている販売店に在庫を確認しましょう。

 

中古車の購入を考えているなら、在庫台数と口コミを参考に販売店を選ぶのがおすすめです。在庫台数が多ければ過去の取引実績も豊富であると考えられるため、信頼できる販売店を選ぶ基準になります。また、口コミは件数が多いほど情報の信憑性も増します。判断材料のひとつとして確認するとよいでしょう。

 

3.見積もりを確認する

購入する販売店を決めたら、見積書を出してもらいます。購入後のトラブルを防ぐためにも、見積書は販売店のスタッフと一緒に確認するとよいでしょう。忙しいからといってひとりで確認すると、聞きたいことがあってもすぐに解決できません。スタッフと一緒なら、その都度質問できるので安心です。

 

見積書に記載してある金額と自分の予算を照らし合わせて、購入できる金額なのかどうか冷静に判断しましょう。

 

4.必要書類を集める

見積書に問題がなく予算内に収まると分かったら、契約に向けて動き始めます。普通自動車を購入する際に必要な書類を以下にまとめました。

 

・免許証

自動車(オート)ローンを利用する場合は審査の際に必要です。本人確認書類として提出します。

 

・印鑑証明書

印鑑証明書は市区町村役場で発行できます。ただし、印鑑登録をしていない場合は実印の登録が必要です。販売店によっては複数枚求められる場合もあります。

 

・実印

もっていない場合は新たに作る必要があります。シャチハタは使えません。

 

・車庫証明書

自宅の車庫の場合は「自認書(保管場所使用権原疎明書面)」「自動車保管場所証明申請書」「保管場所の所在図・配置図」を用意し警察署に提出すれば発行してもらえます。賃貸物件の駐車場の場合、「自認書」の代わりに「保管場所使用承諾証明書」が必要です。管理会社に発行を依頼しましょう。

 

車庫証明の発行には2,500円~2,800円程度かかります。販売店が代行可能な場合もありますが、手数料が発生するので注意しましょう。

 

・自動車検査証(車検証)

販売店が用意してくれます。

 

・委任状

販売店が用意してくれます。

 

・自賠責保険証

販売店が用意してくれます。

 

5.契約

必要書類をそろえたら、いよいよ契約です。販売店が提示する契約書にサインする際には、記載されている注意事項をよく読み、疑問点があればその場で担当者に質問しましょう。契約後のトラブルを防ぐためにも、分からないことはその都度解決するのがポイントです。

 

契約の際に支払い方法も決めます。支払い方法には一括払いや自動車(オート)ローン、残価設定型クレジットがあり、取り扱っている支払い方法は販売店により異なります。担当者の説明をきちんと聞いて、どの方法を選ぶか判断しましょう。

 

6.自動車保険に入る

自賠責保険以外にも、任意保険に入っているユーザーが大半です。自賠責保険の加入は法律により義務づけられていますが、任意保険はそうではありません。費用面を理由に入らない方も中にはいますが、被害者や自分を守るためにも加入したほうがよいでしょう。

 

買い替えなどですでに入っている任意保険があり、変更する予定がなければ継続して問題ありません。その場合、保険会社への連絡と手続きが必要なので忘れないようにしましょう。

 

7.納車

納車されたら、自動車検査証(車検証)の内容はもちろん、オプションの有無や車の状態が契約書と異なる点はないか確認します。万が一、問題あればそのままにせず担当スタッフに伝えましょう。

 

納車の方法には、指定した場所まで運んでもらう方法と販売店まで取りに行く方法があります。買い替えの場合は納車の際に手放す車を引き取ってもらうこともあるでしょう。

 

車の購入代金の振込はいつ?納車前でも大丈夫?

車の購入代金は、契約が済んだら契約時に決めた支払い方法で振込を行います。販売店から指定された期日までに済ませるようにしましょう。販売店によって支払いのタイミングは異なる場合があります。

 

ただし、契約内容に不安がある場合には、リスクを避けるためにも納得できるまで時期をずらしてもらいましょう。また、費用の一部、たとえば登録諸費用だけを先に支払うといった方法もあるようです。いずれの場合も販売店としっかりと話し合って決めましょう。

 

契約に関して納得していれば、販売店の指示どおりに振込をして構いません。納車前に車の購入代金を支払うのは何となく不安という方もいるかもしれませんが、契約内容に問題がなければ特に心配することはないでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車購入の支払い方法

契約時には車の購入代金の支払い方法を決めます。そのときまでに、それぞれの支払い方法について理解し、自分にはどれが向いているか考えておくと安心です。ここでは、車の購入代金の代表的な支払い方法を3つご紹介します。

 

一括払い

一括払いというと現金払いをイメージする方もいるかもしれませんが、現在は現金での一括払いを取り扱っている販売店は少なく、銀行振込を指定される場合がほとんどです。一括払いはローンのように金利を支払う必要がなく、車の購入者が所有者になるというメリットがあります。

 

一方、一気に大きな金額が手元からなくなってしまうというデメリットもあるので気を付けましょう。十分な貯蓄がある方や毎月の収入が多い方は一括払いが向いています。

 

オート(自動車)ローン

オート(自動車)ローンを利用するには審査を通過しなければなりません。無事に審査に通れば、契約内容に応じた支払いが始まります。

 

また、どのようなローンを利用するかによって車の所有者が異なるので注意しましょう。所有者が購入者になるのは主に銀行系マイカーローンです。ディーラーローンの場合には信販会社やディーラーが所有者になります。

 

車の所有者が自分であれば、ローンの支払い途中でも車を売却できるといったメリットがあります。ただし、ディーラーローンのほうが銀行系マイカーローンよりも手続きが簡単という利点もあるので、自分に合ったローンを選ぶとよいでしょう。

 

オート(自動車)ローンは資金が少なくても車を購入できますが、金利を支払う必要があります。また、ローンを返済している期間に収入源を失い支払いが難しくなれば、車を手放さなければならないことも覚えておきましょう。

 

残価設定型クレジット

残価設定型クレジットとは、3年~5年後の車の残存価値を差し引いた金額に対してローンを組んで支払う方法です。ほかのローンと同様、利用するには審査を通過しなれければなりません。振込は審査を通過してから始まります。

 

ただし、残価設定型クレジットを利用するには、3年~5年後の残存価値を維持するための制約をクリアする必要があります。条件の一部として「指定した走行距離内であること」「事故を起こしていないこと」といったものがあり、クリアできなかった場合には引き渡し時に精算が発生するケースもあるようです。

 

車の本体価格以外にかかるお金

車を購入する際には、本体価格以外にもかかるお金があります。どのようなお金が必要なのか事前に知っておけば、余裕をもって車を購入できるでしょう。具体的には、税金や自動車保険、法定費用、自動車リサイクル料金といったお金がかかります。ここでは、それぞれのお金について分かりやすく解説します。

 

税金

車の所有者に課せられる税金には「自動車税種別割」「自動車重量税」「環境性能割」があります。それぞれの内容について以下にまとめました。

 

・自動車税種別割

旧自動車税です。毎年4月1日時点での車の所有者に対して課せられる税金で、納付書は5月ごろに郵送されます。総排気量や新規登録をした時期によって税額が異なります。

 

・自動車重量税

新車登録時や車検時に車の重量に対して支払う税金です。経過年数や車検期間、エコカー減税の有無、車の用途によって税額が変わります。ただし、660cc以下の軽自動車の税額は、重さにかかわらず一定です。

 

・環境性能割

旧自動車取得税です。令和元年10月1日から導入されました。燃費性能により税額が決まり、車を購入したときに支払います。

 

自賠責保険

自賠責保険の加入は法律で義務付けられています。車を購入するときに自動的に加入する保険と考えてよいでしょう。加入の手続きは契約者ではなく販売店が代わりに行う場合がほとんどです。

 

自賠責保険に加入していれば、交通事故を起こしても被害者に対して補償ができます。保険料はおおむね一律ですが、沖縄や離島は異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

自動車保険

自動車保険とは任意保険とも呼ばれ、対人のみで保証額も限られる自賠責保険と異なり、対物や自身に対しても補償される保険です。自賠責保険のみと比べて毎月支払う保険料は高くなりますが、万が一のことを考えれば加入するメリットは大きいでしょう。

 

自動車保険会社を選ぶ際には月々の支払額に目がいきがちですが、補償内容は充実しているか、事故が起きたときの対応に満足できるかといった部分も大切です。実際の加入者の声を聞きたいときには周りの車所有者に聞いてみたり、インターネットで口コミを確認したりするとよいでしょう。

 

法定費用

法定費用として「登録費用」「車庫証明費用」が必要です。それぞれの内容について以下にまとめました。

 

・登録費用

陸運局で行う車の名義変更やナンバープレートの変更手続きにかかる費用です。名義変更は500円、ナンバープレート代は1,500円程度かかります。

 

・車庫証明費用

警察署で行う車庫証明の取得手続きにかかる費用です。地域によって異なりますが、2,500円~2,800円程度かかります。

 

いずれも販売店に代行を依頼することが可能です。代行費用は1万円~3万円かかりますが、陸運局や警察署は平日昼間にしか受け付けていないこともあり、代行を利用したほうがスムーズに手続きが済むでしょう。

 

自動車リサイクル料金

車に使用されている部品は正しく廃棄する必要があります。廃棄費用を所有者が前払いで支払うのが自動車リサイクル料金です。自動車リサイクル法に基づいたもので、不法投棄で環境に悪影響を与えないよう作られました。

 

料金は1万円~2万円で、車に付随するものです。中古車の場合は所有者が変更になることで、リサイクル料は前の所有者には還付され新しい所有者が新たに負担します。

 

まとめ

車を買うと決めたら、まずは納車までどのような流れになっているのか確認しましょう。見積書や契約書の内容、納車時に不備について、少しでも疑問があれば早めに解決することが大切です。車の購入代金の支払い方法にはいくつか種類があるため、それぞれの特徴についても理解しておきましょう。

 

ネクステージは新車と中古車を多数取り扱っており、実績も豊富です。支払い方法や振込についても丁寧に対応します。日本全国に店舗展開しており、ネットワークが広いのも強みといえるでしょう。希望に沿った車を見つけやすく、保証も充実で安心の車購入が可能です。興味がある方はぜひ一度、ネクステージへご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

気になる車種をチェック