中古車の相場の推移が決まる4つの要因!相場の見極め方も解説

クルマ購入ガイド

中古車の相場の推移が決まる4つの要因!相場の見極め方も解説

新車の価格が高いと感じるなら、お得に購入できる中古車がおすすめです。すでに新車としての販売が終了しているモデルやグレードも中古車市場には出回っているということもあります。これから中古車の購入を検討している人の中には、相場の推移がどのように決まるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

 

中古車の相場の推移が把握できれば、お気に入りの1台をお得に購入できるタイミングが見極められます。この記事では、中古車の相場の推移が決まる4つの要因を紹介していきます。すでに目当ての車種が決まっている人もそうでない人も、この記事を読んでお得に中古車を手に入れましょう。

 

※目次※

1. 中古車の相場の推移の決まり方

2. 要因①:車種・モデル・グレード

3. 要因②:ボディカラー

4. 要因③:季節

5. 要因④:車のコンディション

6. 相場変動を見極めるポイント

7. ネクステージでは品質にこだわった中古車のラインナップが豊富

8. 買取なら高額査定で定評のネクステージへ

9.まとめ

 

■POINT

 

・中古車の相場の推移が決まる基準は需給バランスだけじゃない!

・お得に中古車を購入したいならモデルチェンジ後が狙い目!

・中古のオープンカーを購入するなら需要が落ち着く冬場がおすすめ!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車の相場の推移の決まり方

みなさんは、中古車の相場は何を基準に決められているか知っていますか。中古車なので多少価格は落ちるものの、継続的に同じ相場を推移する訳ではありません。中古車の相場の推移は、主に次のような4つの項目が影響するといわれています。

  • ・需給バランス
  • ・車の状態
  • ・車種
  • ・季節

 

中古車の相場の推移は、車の買取価格と密接な関係があります。なぜなら、買取価格は中古車の相場に対して見込める利益を考慮した上で決められるのが一般的だからです。車が買取に出されるタイミングは人によって異なるため、年式が古いこともあれば新車に近い状態のこともあります。

 

もちろん状態がよいほど高価買取が期待できますが、中古車として需要が見込めなければ、買取価格も中古車の相場も安くなる傾向にあります。以下では、中古車の相場を決める4つの要因をそれぞれ具体的に解説していきます。

 

要因①:車種・モデル・グレード

中古車の相場の推移に影響する要因の1つとして、車種やモデル、グレードがあげられます。中古車に関わらず車の購入を検討している場合、通勤や買い物といったライフスタイルで必要であることはもちろんのこと、好みの車種や性能で選ぶ人も多いことでしょう。

 

中古車の相場の推移は、車種や性能以外に「人気・不人気」、「需給バランス」が大きく影響します。ここでは、「人気・不人気」と「需給バランス」が中古車の相場の推移に影響を及ぼす理由を紹介していきます。

 

人気・不人気

中古車の相場の推移には、その車種が人気かそうでないかが大きく影響します。なぜなら、人気車種であれば相場は高く、不人気な車種の場合は下がりやすいからです。中古車でも人気が衰えない車種の場合は、中古車相場でも値下がり率が低いといわれています。

 

ただし、不人気な車種でも、もともと新車価格が高い場合は、中古車の相場も高い傾向にあります。また、新車としての販売数が少ない車種でも、中古車市場では希少車種として相場が高いといったケースもあります。

 

そのため、好みの車種が偶然にも不人気な車種で流通量も多い場合、中古車でお得に購入できる可能性が期待できます。

 

需給バランス

中古車の相場の推移には、市場原理による需給バランスが影響します。これは中古車に関わらず、市場に出回っているすべての商品やサービスにも同じことがいえます。需要が高くても、供給不足であれば相場は高くなります。

 

一方で供給が行き届いていても需要が低ければ、おのずと相場も下がるのが一般的です。最近の出来事で例えると、新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足があげられます。

 

一時は、どの店舗でも品薄状態や価格の上昇が続いていました。しかし、供給が追いつくと品薄状態が解消され、価格も下がっています。中古車市場でも同様に、需要と供給のバランスが相場の推移と密接な関係にあることがわかります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

要因②:ボディカラー

中古車の相場の推移には、車のボディカラーが影響します。同じ車種や年式の場合でも、ボディカラーが違うだけで20万円程度の差が生じることもあります。日本で人気のボディカラーは、主に次の3種類です。

  • ・白
  • ・黒
  • ・グレー

 

白や黒、グレーといったボディカラーは年齢を問わず人気のため、中古車の相場も高くなりやすいといえます。たとえば白の場合、大きくわけるとソリッドホワイトとパールホワイトの2種類があります。

 

パールホワイトはキラキラと輝く素材が調合されているため、一般的なソリッドホワイトよりも光沢感があるタイプです。同じ白でもパールホワイトへの人気は高く、販売台数が限定されていることもあります。

 

そのため、パールホワイトは他のボディカラーに比べて中古車の相場でも価格が高めです。また、新たな車種が販売される際には、イメージカラーが設定されるケースがほとんどです。ボディカラーがイメージカラーの場合も、中古車の相場が高くなりやすいといわれています。

 

要因③:季節

どの季節に中古車を購入しても、価格にはほとんど影響しないと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、中古車の相場の推移は季節が影響します。なぜなら、特定の季節になると人気がアップする車種もあるからです。

 

たとえば、ポルシェのボクスターやホンダのS660といったオープンカーは、夏場に人気が高くなるので中古車の相場も高くなります。一方で、冬場にはスキーやスノートレッキングといったレジャーに出かける人が多くなるため、日産のエクストレイルやトヨタのハリアーといった4WD車への人気とともに中古車の相場も高くなりやすいです。

 

また、新年度や新学期が始まる直前の3月は、人事異動や進学でライフスタイルが変化しやすいタイミングです。この時期には利便性の高い軽自動車やコンパクトカーへの需要が高まることから、中古車の相場はピークになります。

 

要因④:車のコンディション

お気に入りの中古車を見つけても、車の状態が悪いと購入を躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。中古車の相場の推移は、次のような車のコンディションも大きく影響するといわれています。

  • ・年代
  • ・走行距離
  • ・喫煙の有無
  • ・修復歴
  • ・内外装の状態

 

ここでは、車のコンディションが中古車の相場の推移に影響する理由をそれぞれ紹介していきます。

 

年代

中古車市場では、年代が古くなるほど相場の推移が下がるのが一般的です。なぜなら、年代が古くなると部品やパーツが劣化しているケースが多いからです。また、修理で部品やパーツの交換が必要になっても、すでに生産を終了している可能性も考えられます。

 

年代が古い車種でも、ビンテージカーのように人気とともに相場が高いこともあります。プレミアがついている車種の場合は一般的な車種と異なり、年代が古いほど相場が上がることがあります。

 

そのため、年代が古くプレミアがついている車種の購入を検討している場合は、中古車でも相場が高めであることを心得ておく必要があります。

 

走行距離

中古車の購入を検討している場合、走行距離を気にする人も多いのではないでしょうか。中古車市場では、走行距離が多いほど相場の推移が下がるのが一般的です。なぜなら、長い距離を走行しているほど、車自体の劣化が進んでいると認識されるからです。

 

走行距離が少ないほど、車のコンディションはよい傾向にあります。しかし、走行距離が多い場合でも、きちんとメンテナンスをしていれば良好なコンディションを維持できていることもあります。

 

そのため、単に走行距離だけで判断することは難しいでしょう。中古車の走行距離が気になる場合は、メンテナンス歴も同時に確認しておくと安心です。

 

喫煙の有無

日本では健康増進法の一部が改正され、2020年4月1日から屋内による全面禁煙が原則となりました。喫煙は、本人だけでなく副流煙による他者への健康被害が懸念されます。そのため、喫煙歴のない中古車を求める人が増えています。

 

喫煙歴のある中古車の場合、天井や窓、ダッシュボードといった至るところにヤニや臭いが付着しています。また、エアコンの内部にも浸食しているため、稼働することで車内に臭いが漂うこともあります。

 

一般的に、喫煙歴のある中古車は相場が低い傾向にあります。買取価格も低いため、買い替えを検討している場合は注意が必要です。

 

修復歴

修復歴のある中古車は、相場が低い傾向にあります。なぜなら、修復歴のある車は不具合を起こしやすく、購入者から敬遠されるからです。実際にどのような修復があった場合が該当するかというと、次のような車本体の骨格部分を交換したり修正したりした経緯があるものです。

  • ・フレーム
  • ・クロスメンバー
  • ・インサイドパネル
  • ・ピラー
  • ・ダッシュパネル
  • ・ルーフパネル
  • ・フロア
  • ・トランクフロア

 

バンパーやボンネットといった骨格部分以外の交換や修理の場合は、修復歴ではなく「修理歴」です。

 

内外装の状態

エクステリアやインテリアといった内外装の状態が悪い場合は、相場が低い傾向にあります。なぜなら、目立つ傷がない車の方が中古車の購入希望者からの需要が高いからです。特にエクステリアは実物を外から見ただけでわかりやすいため、酷い傷がある場合は販売店側で修理していることもあります。

 

このような車は買取相場にも影響するため、これから買い替えを検討している人は日頃からのメンテナンスを心がけておくようにしましょう。なお、整備工場が併設された販売店の場合は、サービスで修理してくれることもあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

相場変動を見極めるポイント

ここまでで紹介してきたように、中古車の相場の推移は次のようなさまざまな項目が影響します。

  • ・車種・モデル・グレード
  • ・ボディカラー
  • ・季節
  • ・車のコンディション

 

新車には定価があるものの、中古車にはありません。そのため、販売店によって価格が多少なりとも異なるのが事実です。しかし、相場は存在するため、購入を検討している車が相場に見合っているか見極めることが大切です。ここでは、中古車の相場を見極めるポイントを紹介していきます。

 

モデルチェンジ

購入を検討している車種のモデルチェンジが行われると、旧モデルの中古車の相場が下がると考える人も多いのではないでしょうか。モデルチェンジが行なわれると、旧モデルの人気や需要とともに相場も下がる傾向にあります。

 

なぜなら、人気や需要は新モデルに傾き、ショールームなどの展示車両などが一斉に中古車市場に出回るからです。たとえば、メルセデスベンツのEクラスの場合、フルモデルチェンジした5代目の登場によって4代目は急激に値下がりしたという経緯があります。

 

そのため、お得に中古車を購入したいなら、モデルチェンジ後が狙い目です。ただし、新モデルの価格や人気需要によっては、大きな変化がない場合もあります。

 

季節

上記で紹介したように、中古車の相場は季節によって変動します。そのため、お得に中古車を購入したいなら、車種の季節ごとの需給を調べることが大切です。軽自動車やコンパクトカーは、ライフスタイルの変化によって人の移動が活発になる3月頃がおすすめです。

 

また、オープンカーは夏場に需要が高まるため、相場が下がる11月から2月といった冬場が狙い目だといえるでしょう。このように車種によって季節ごとの需給が異なるため、購入を検討している車種があればあらかじめ需給を把握しておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

ネクステージでは品質にこだわった中古車のラインナップが豊富

中古車販売店の数は多いため、どこで購入すればよいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。このような場合は、品質にこだわり、修復歴がない万全な整備を施しているネクステージをご検討ください。

 

購入後の不具合が心配な人でも、ネクステージでは業界最高水準の充実した保証をご用意しております。保証範囲は全318項目と多く、一定期間内であれば消耗品も無償で保証致します。

 

買取なら高額査定で定評のネクステージへ

ネクステージでは、品質にこだわった豊富な中古車の販売だけでなく、買取も行っています。次のような3つの理由で高額査定を実現しています。

  • ・他社と買取の目的が異なる
  • ・仕入から販売までのスピードが速い
  • ・「生涯取引」という考え方

 

多くの買取店では、転売して利益を得ることが目的です。しかしネクステージでは、自社の在庫にすることが目的であるため、相場に見合った価格で買取できます。また、車の価値が下がる前に再販するため、仕入から販売までがスムーズに行なえ、相場が下がる前に販売できることが強みです。

 

お客さまとの取引はその場だけでなく、「生涯取引」だと考えています。そのため、長くお付き合いするために買取による金額はもちろんのこと、サービスへの満足度アップを目指しています。

 

まとめ

中古車の相場の推移は、一定ではなく変動します。相場の推移に影響を及ぼすのは、ボディカラーや車のコンディションといったさまざまな項目です。そのため、購入したい車種がある場合は、まずは相場の推移を把握することが大切です。

 

これから中古車の購入を検討している場合は、数多くの中古車を取り揃えているネクステージにご相談ください。買取にも対応しているため、買い替えを検討している場合も気軽にお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェック