走行距離8万キロオーバーの中古車は大丈夫?コスパの良い走行距離を解説![2020年10月13日] | クルマ購入ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

走行距離8万キロオーバーの中古車は大丈夫?コスパの良い走行距離を解説!

クルマ購入ガイド

走行距離8万キロオーバーの中古車は大丈夫?コスパの良い走行距離を解説!

中古車の価格を決める要素のひとつに「走行距離」があります。車の寿命は目安として走行距離10万キロであり、その距離に近付けば近付くほど価格が下がることが特徴です。それでは、その寸前となる8万キロオーバーの車はどうなのか気になるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、走行距離8万キロを超える車を購入しても大丈夫なのかどうかをさまざまな角度からご紹介します。質の良い車を選ぶ方法やおすすめの車種5選、そしておすすめの業者までまとめてお伝えします。

 

※目次※

1.走行距離8万キロオーバーの中古車は大丈夫?

2.走行距離8万キロオーバーの中古車の注意点

3.走行距離8万キロオーバーでも安心な中古車の特徴

4.質の良い中古車を選ぶ方法

5.8万キロオーバーのおすすめ中古車5選!

6.質の良い中古車ならネクステージにご相談ください

7.まとめ

 

■POINT

 

・8万キロオーバーの車は寿命が近いと考えられることが多く、価格が下がるものの、実際はまだしばらく活躍を見込める

・8万キロオーバーの車を購入する際は、修復歴がなく、メンテナンスが適宜行われた車を選ぶことが大切

・ネクステージでは国家資格を持つスタッフが整備を実施し、修復歴なしの中古車のみを安価で販売している

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

走行距離8万キロオーバーの中古車は大丈夫?

最初のテーマとして、走行距離8万キロオーバーの中古車を購入しても大丈夫なのかどうかを確認していきます。そもそも購入の対象として考えてよいコンディションの車なのかどうかを把握しておきましょう。結論としては、8万キロオーバーの車でも問題はなく、お得に購入する手段としておすすめです。その理由についてご紹介します。

 

8万キロオーバーでも問題なし!

第一の理由として、車の性能が昔と比べて向上している点を挙げられます。たしかに10万キロが寿命とされた時代はありましたが、現在は性能の向上により寿命が延びています。10万キロを突破しても問題なく稼働する車が多くなっているのです。

 

車の耐久性の向上によって、通常のメンテナンスを行っただけで15万キロ前後をまったく問題なく走行する車も目立ちます。中には20万キロ以上を異常なく走行するケースもあり、8万キロという数字を恐れることはありません。

 

中古車価格が安くなるのでおすすめ

適切なメンテナンスが行われているという前提条件さえあれば、8万キロオーバーの車は安全である可能性が高く、中古車価格も安いためおすすめです。気になっている車種を見つけた場合は、ぜひ購入を検討しましょう。

 

問題はメンテナンスがほとんど行われていなかったり、事故歴が隠されたりしている場合です。このような車は、たとえ走行距離が短くても注意しなければなりません。注意点やチェックポイントについては、この次の項目で詳しく解説します。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

走行距離8万キロオーバーの中古車の注意点

メンテナンスが行き届いている車を選びさえすれば、走行距離が8万キロを超えていたとしてもとくに問題なく運転することが可能です。お得に購入できることはメリットですが、その反面、これからご紹介する点には注意しなければなりません。これらのデメリットは発生することを踏まえ、お得に購入する手段としての8万キロオーバーの車はおすすめです。

 

走行距離と年式のバランスに注意

走行距離が年式のバランスが不安定な場合は要注意です。年式が古く走行距離は短い車の場合は、長く運転されていない車という可能性が高まります。このケースではオイルが古くなっており、パーツの動きが鈍るため、本体が破損することが多くなるのです。

 

反対に年式が新しい割に走行距離は多いというケースでは、前のオーナーに酷使されていたと考えなければなりません。荒く使われていた車もまた故障発生のリスクが高い車になりますので、やはり要注意です。

 

リセールバリューが少ない

購入時点で8万キロを超えている場合、それから数年後には走行距離が10万キロを軽く超えていることが予想されます。8万キロの時点ですでに価値を落としているのですから、それ以上の走行距離を出せば、より価値が下がることが普通です。

 

このような事情があることから、中古車として購入した車を売却する際のリセールバリューには残念ながら期待できません。8万キロオーバーの中古車を購入する場合は、乗らなくなるときは廃車にすることになるのが一般的です。

 

どうしても劣化が目立つ

新車登録から時間が経ち、長く活躍してきた車には、どうしても劣化が目立ってしまいます。パーツやエンジンなどに傷みが見られることが増えることに加えて、ボディの汚れや傷といった外見上の綺麗さにもあまり期待できないというのが実情です。

 

発売から数年が経過すれば、性能自体の劣化も目立ち始めます。とくに目覚ましい発展を遂げている安全性能に関しては顕著です。見た目の美しさや最新の性能にも期待したいのであれば、より新しい車を購入することがおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

走行距離8万キロオーバーでも安心な中古車の特徴

走行距離8万キロオーバーでも安全な車があることと、その一方でこの条件の車にはデメリットがあることをこれまでにお伝えしました。それでは、安心して購入できる中古車を判断するための特徴として、どのような点に注目するべきなのでしょうか。確認するポイントは主に2点になります。このポイントを押さえた上で中古車選びを行いましょう。

 

整備記録簿がある

どんな車でも定期点検や車検を受けることになります。これを終えた際には整備の内容をすべて記した記録簿が残りますので、この書類が添付されているかどうかを確認しましょう。これは適時必要なメンテナンスを行っているという重大な証拠です。

 

記録簿が残っていれば、それまでに事故歴などがなく、正常な状態を維持できていると考えて問題ありません。一方でそれがない場合、事故からの修復歴などが意図的に隠されている可能性もあり、信頼度が下がります。

 

パーツやオイルが交換してある

エンジンに関与する重大なパーツのひとつにタイミングベルトがあります。同様に、車の緩衝材となるブッシュ類にも確認が必要です。これは、車のコンディションを維持するためには、10万キロを目途に交換することが推奨されたパーツになります。

 

次いでエンジンオイルについても、適切に交換が行われているかどうかを確認します。このメンテナンスが不足している場合、電気系統で重大なトラブルが派生しがちです。これら3点のパーツがきちんと交換されていれば、購入に値する車と考えて大丈夫です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

質の良い中古車を選ぶ方法

たとえ同じ年式・走行距離同士の中古車でも、質の良し悪しはシチュエーション次第で大きく異なります。安全に長く乗り続けるためには、少しでも質の高い中古車を選ぶことが重要です。そのための見極め方として、4つのポイントをご紹介します。これらの点を意識しながら中古車選びをするだけで、長く付き合える車に巡り会えます。

 

修復歴車を見分ける

修復歴車は徹底して避けることが鉄則です。見分け方としては、各部分についている「ナットの山」に注目します。ここに再塗装の跡がある場合や、一度取り外した形跡が見られる場合は、修復歴車であることを疑わなければなりません。

 

ジャッキアップポイントの近くにドット柄のような跡がある場合も、フレーム修理の可能性が高く、購入を見合わせるべきです。その他にも車両下にサビが多く見られる場合や、トランクのフタが外された跡がある場合も、修復歴車である可能性が出てきます。

 

故障しにくい車がおすすめ

故障との縁が多いか少ないかは運次第でもありますが、前オーナーの使い方によってある程度判断できるポイントです。定期的にメンテナンスを行われていたことが整備記録簿などでわかれば、多くのパーツが正常に稼働しやすく、故障のリスクが下がります。

 

修復歴がある場合はフレームなどにダメージがかかっており、通常の走行に支障を来したり、簡単な事故で大破したりするリスクがあります。修復歴なしの車を探すこと、あるいは事故車を扱っていない販売店を選ぶことがおすすめです。

 

必要な装備が付いているか

中古車の価値を増減させるポイントに「装備」があります。多くの装備が付いている車ほど価格が高くなることが普通ですが、不要に感じる装備のある車を選んでもお金の無駄遣いになってしまいます。

 

サンルーフや本革シート、純正カーナビなどの装備が付いていると高額になることが多いのですが、これらの装備は本当に必要なものなのでしょうか。とくに重視しないようあれば、同じ車種でも装備が少なく、より安い中古車を探すとよいでしょう。

 

グレードで選ぶ

グレードが高い車は新車価格が高く、中古車価格も上がります。しかしこちらも装備と同じで、高級なグレードだからといって必ずしも価値を感じられるものではありません。高いグレードと安いグレードの差を見極めて、必要なグレードを選びましょう。

 

たとえば車種によっては、エクステリアがまったく同じであるにもかかわらず、本革シートなどを採用したグレードの価格が急激に上がることもあります。高級素材や最新性能の有無はとくに気にしないようであれば、あえてグレードが低く、安い中古車を選ぶことがおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

8万キロオーバーのおすすめ中古車5選!

ここからは、8万キロオーバーの走行距離だとしても、優れた価値を維持し続けられる車種を5つご紹介します。車種選びで悩んだ際には、ここで取り上げた5車種を優先してチェックしてみましょう。この項目では、それぞれの車種の特徴に加えて、新車価格とネクステージにおける中古車価格の相場を比較してご案内していきます。

 

トヨタ・ハリアー

たくましく、それでいてエレガントで上質な空間演出に加え、高い動力性能と燃費性能を誇るハリアーは、新車・中古車ともに大人気です。多くのグレードがハイブリッドモデルであり、E-Four採用モデルも多く、長く乗り続けるに相応しい車種といえます。

 

トヨタ ハリアー プレミアムの新車価格は330.9万円ですが、ネクステージでは同車種のホワイト系色を199.9万円で販売しています。こちらは2015年式で走行距離8.1万キロのモデルとなり、修復歴はありません。

 

トヨタ・ヴェルファイア

圧倒的な存在感を放つ重厚なエクステリアが特徴的なヴェルファイア。2列目までゆったりと過ごせる内装、そしてたっぷりと設けられたラゲッジスペースはアウトドアファンからの評価も高く、街乗りからキャンプまであらゆるシーンで活躍してくれます。

 

ヴェルファイア ハイブリッドZRの現行モデルの新車価格は549.1万円と高級車に見合った価格帯です。一方で2012年式・走行距離8.5万キロという条件でハイブリッドZRの中古車を見てみると、ネクステージでは229.9万円で販売を行っています。

 

レクサス・NX

遠目からでも一目でわかるほどの質感と思いどおりのハンドリング、さらに快適な乗り心地を実現させるレクサス・NXは、高級都市型SUVの代表格です。危険回避をサポートする「Lexus Safety System+」を搭載しており、安全性能も高めています。

 

レクサス NX300の新車価格は454.6万円ですが、ネクステージではNX200t Fスポーツを289.9万円で取り扱っています。こちらは2015年式で走行距離8.9万キロですが、修復歴はありません。さらに人気の高いブラック系色で、革シートを採用したモデルです。

 

トヨタ・クラウンアスリート

クラウンは初期型の登場から65年以上が経過したトヨタのロングセラーです。伝統を重んじながらも現代の流行に合わせて改良されたスポーティなデザイン、TNGAベースで作り込んだ新世代の走行性能など、常に前進を続ける姿に共感するファンを多く抱えています。

 

現行モデルとなるクラウン スポーツタイプの新車価格は517.3万円と、車種の価値に見合う価格設定です。ネクステージで販売しているクラウンハイブリッド アスリートSは、2015年式で走行距離8.8万キロという条件で、価格は約半値の259.9万円になります。

 

トヨタ・プリウス

プリウスは老若男女から支持される定番の名車です。シャープで現代的なデザイン性を持ち、グレードによっては30km/Lを上回る燃費性を備え、安全性能にも配慮。高いレベルでバランスが取れていることが人気に火をつけた要因となります。

 

4WDのプリウスS現行モデルは285.3万円という新車価格ですが、ネクステージでは同グレードの販売価格が半値以下の129.9万円に下がります。2017年式で走行距離は8.1万キロ、シルバー系色という条件であり、修復歴はありません。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

質の良い中古車ならネクステージにご相談ください

たくさんの中古車販売店がある中で、ネクステージの強みとしてお伝えできるのが、保証が充実しているという点です。保証の対象箇所は33機構318項目におよび、最長3年間に渡ってサポートを行えるほか、修復歴のある車の取り扱いは行っておりません。

 

走行距離が8万キロをオーバーする車を選ぶならば、万一の故障に備えることが極めて重要です。ネクステージの販売実績は豊富であり、整備や点検は国家資格を有する専門スタッフが担当するため、安心して質の良い中古車をお探しいただけます。

まとめ

走行距離8万キロオーバーの中古車は販売価格が下がりますが、まだ寿命を迎えるまでには十分な余裕があります。故障リスクに備えることは必須ですが、修復歴車を避ければ、まだまだ活躍させることができます。

 

品質が高い車を購入するなら、信頼と販売実績が豊富な大手業者を選びましょう。ネクステージは取り扱い台数が20,000台を超えており、修復歴車は一切販売しません。整備スタッフも国家資格を有しておりますので、8万キロオーバーの車も安心してお求めいただけます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

 

気になる車種をチェック