【初心者向け】ハリアーってどんな車?各グレードや新型の特徴を分かりやすく解説[2020年10月30日] | クルマ購入ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

【初心者向け】ハリアーってどんな車?各グレードや新型の特徴を分かりやすく解説

クルマ購入ガイド

【初心者向け】ハリアーってどんな車?各グレードや新型の特徴を分かりやすく解説

「ハリアーってどんな車なのか知りたい」「最近よく耳にするけど特徴が気になる」こんな思いを抱えていないでしょうか。車は購入したら、次に乗り換えるまで8.5年と言われています。そのため、車選びでは失敗したくないでしょう。

 

そこでこの記事では、トヨタのハリアーについて詳しく解説していきます。新車の魅力だけではなく、中古で買うのがおすすめの理由についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

※目次※

1.ハリアーの概要

2.ハリアーの特徴4選

3.【新型ハリアー】2017年モデルからの変更点は3つ

4.トヨタのスペックをグレードごとに解説

5.トヨタを中古で買うのがおすすめの理由3つ

6.トヨタの中古車を購入するならネクステージがおすすめ

7.まとめ

             

▼POINT

・2020年にフルモデルチェンジされたハリアーの魅力やグレードを解説

・中古車でハリアーを買うと納車までの時間を短くできたり、価格を抑えたりできるので中古での購入も検討したい

・中古でハリアーを購入したいなら、全国の在庫を最寄りの店舗にお取り寄せできるネクステージへの相談がおすすめ

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ハリアーの概要

ハリアーはトヨタの車で、1997年に発売されてから今もなお人気の高い商品です。国内の高級SUVのパイオニアで、SUV(スポーツ用途の多目的車)の歴史を変えたと言われています。

 

2020年にフルモデルチェンジをして、4代目ハリアーが誕生しました。2020年7月から3ヶ月連続で新車販売ランキングにトップ10入りを果たしています。

 

車名の由来は、チュウヒという鷹科の鳥を英訳した「HARRIER」です。エンブレムもチュウヒが採用されています。高級感やデザイン性の高さも魅力的ですが、舗装された道、オフロードでもしっかりとSUVの力を発揮する車です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ハリアーの特徴4選

この章では、ハリアーへの理解を深めるため、特徴や魅力を紹介します。具体的には下記4点です。

 

1.都会のSUVらしいエクステリア

2.高級感溢れるインテリア

3.安全機能が充実

4.利便性の高いラゲージスペース

 

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。ハリアーの魅力を分かりやすく紹介するので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。

 

【魅力1】都会のSUVらしいエクステリア

都会のSUVらしいエクステリアが、歴代を通してのハリアーの魅力です。外見はモデルチェンジするたびに変わりますが、ラグジュアリーなクロスオーバーSUVであることは変わりません。

 

4代目ハリアーも、低く伸びやかなフードと絞り込まれたボディから作られたクーペフォルムが魅力的です。都市部を走っても、他の車に引けを取らない豪華さがあります。

 

【魅力2】高級感溢れるインテリア

高級感あふれるインテリアも、ハリアーの特徴です。馬の鞍をイメージして設計された内装は、守られるような、そして高級感のある印象を受けます。

 

デザイン性が優れているだけではありません。アクセサリーコンセントが設置されており、停電などの非常事態なことが起こっても、電気製品を使うことができます。

 

【魅力3】安全機能が充実

ハリアーの特徴のひとつつが、トヨタ独自の安全機能「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されていることです。主な装備は、

 

1.プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ機能)

2.レーントレーシングアシスト(白線などはみ出さないようにサポート機能)

3.レーダークルーズコントロール(車間距離を保ちながら先行車についていく機能)

4.ロードサインアシスト(道路標識の見渡し防止サポート)

 

などが挙げられます。ハリアーには、市街地や高速道路、昼間や夜間の走行などさまざまな場面に合わせた安全装備があります。そのため、安心して車を運転できることが魅力です。

 

【魅力4】利便性の高いラゲージスペース

利便性の高いラゲージスペースも、ハリアーの特徴のひとつです。ハリアーの荷室容量は、5人乗りの状態でもゴルフバックを3つ乗せられるほどです。また、スライド式のデッキボード下収納も装備しています。スニーカーやいざというときのための修理道具を収納可能です。

 

日常の買い物はもちろん、旅行などのアウトドアも楽しむことがきます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

【新型ハリアー】2017年モデルからの変更点は3つ

新型ハリアーは、2017年にモデルチェンジがありました。この章では、以前のモデルと比較したときの変更点を紹介します。

 

具体的には、下記3点です。

 

1.クーペフォルム

2.長時間乗車できる乗り心地と静粛性

3.随所にこだわりを感じられる設計

 

それぞれのポイントを順番に説明していきます。モデルチェンジしたことによるメリットも解説していきますので、ぜひご覧ください。

 

【変更点1】クーペフォルム

3台目の2017年モデルからクーペのフォルムは踏襲していますが、今回のモデルチェンジにより、クーペフォルムに磨きがかかりました。その結果、滑らかでスポーティさが強調されています。

 

スタイリッシュと高級感が増した印象になっています。

 

【変更点2】長時間乗車できる乗り心地と静粛性

長時間乗車できる乗り心地と静粛性も、ハリアーが進化した点です。

 

防音材を適切に配置することによって、静けさのある車内を演出します。ボディの形状もクーペ型のため、風の流れや空気抵抗を低減しました。

 

さらにバネ上制振制御により凹凸の道でも、車体の揺れをコントロールしてくれるので滑らかな乗り心地を提供してくれます。運転するとき目線が安定するため、ドライバーにとってメリットです。長時間運転しても、疲れにくいでしょう。

 

【変更点3】随所にこだわりを感じられる設計

4代目ハリアーは、随所にこだわりを感じられる設計になっています。今回のハリアーを作る上で重視されたのが、ドライバーの感性に訴えることだったからです。

 

たとえば、外観が見た目の美しさだけではなく空気抵抗を減らし燃費向上も考えられたフォルムです。調光パノラマルーフによって、障子のような優しい光が車内を照らします。

 

防音材を適切な場所に配置することで静粛性も上がり、運転手だけでなく同乗者も快適な時間を過ごせる設計になっています。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ハリアーのスペックをグレードごとに解説

ハリアーには3つのグレードがあります。標準装備されているものが多少異なるので、こちらではグレードごとのスペックを解説していきます。

 

ハリアーのグレードは、S・G・Zがあり、それぞれの項目について、分かりやすく解説していきます。ハリアーのどのモデルを購入するか悩んでいる方は、ぜひ確認してみてください。

 

【ハリアーのグレード1】S

ハリアーSは、入門者向けの価格の安いエントリーグレードです。シンプルな装備のように見えますが、Toyota Safety Senseなどの安全装備は他のグレードと同じなので必要な装備は揃っているといえるでしょう。

 

価格も3グレードの中で1番安く、299万円ほどで高級SUVに乗れます。

新車価格

299万円~380万円

サイズ

全長4,740mm×全幅1,855mm全高1,660mm

燃費

14.7km/L~22.3km/L

室内サイズ

室内長1,880mm×室内幅1,520mm室内高1,215mm

 

【ハリアーのグレード2】G

ミドルグレードの、ハリアーGは、アダプティブハイビームシステムなどが一般装備になっています。このシステムは、夜間に対向車とすれ違うときに歩行者や対向車などがまるで蒸発したかのように見えなくなるグレア現象を抑制してくれます。

 

他にも、デジタルインナーミラーも標準装備しています。デジタルインナーミラーとは、液晶ディスプレイを内蔵したものです。

 

Leather Packageは本革を使用しているので、高級感を感じられます。それだけではなく、ヒートシーター&クーラーも導入されているので、快適に乗車できます。

新車価格

393万円~504万円

サイズ

全長4,740mm×全幅1,855mm全高1,660mm

燃費

14.7km/L~22.3km/L

室内サイズ

室内長1,880mm×室内幅1,520mm室内高1,215mm

 

【ハリアーのグレード3】Z

Zは、ハリアーの中で1番高いグレードになります。

 

SとGではオプション装備だった、下記のものが標準装備です。

・T-Connect SDナビゲーションシステム

・JBLプレミアムサウンドシステム

・ヒーターコントロールパネル

 

その他にも、Z専用のアルミホイールもあります。SとGより通常設備がかなり充実しているうえに、Z専用のオプションも用意されています。

新車価格

361万円~452万円

サイズ

全長4,740mm×全幅1,855mm全高1,660mm

燃費

14.7km/L~22.3km/L

室内サイズ

室内長1,880mm×室内幅1,520mm室内高1,215mm

調光パノラマルーフを装着した場合は、室内高は1,185mmになります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ハリアーを中古で買うのがおすすめの理由3つ

ハリアーを購入するなら、新車以外にも中古車という選択肢もあります。そこでこの章では、ハリアーを中古車で手に入れるメリットを紹介します。

 

具体的には、下記3点です。

 

1.納車までの時間が短い

2.選択の幅が広がる

3.新車より安い価格で購入できる

 

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。車選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【中古でハリアーがおすすめの理由1】納車までの時間が短い

中古でハリアーを購入するのがおすすめの理由は、納車までの時間が短いことです。

 

新車でハリアーを購入する場合、納車まで最大8ヶ月も待たなくてはいけません。

 

しかし、中古車の場合はすでに商品がある状態なので新車よりも早めです。車に何の問題もなければ、1~3週間で納車できます。すぐにハリアーを運転したい人には、中古車がおすすめです。

 

【中古でハリアーがおすすめの理由2】選択の幅が広がる

選択の幅が広がるのも、中古でハリアーを購入するのがおすすめのひとつです。新車だと最新のモデル中から購入するのが一般的で、旧型はすでに製造が終わっていることも考えられます。しかし中古車であれば、過去のモデルから最新のモデルまで選択肢が広がります。

 

中古車の中では少し値段が高いですが、登録済み未使用車というのもあります。これは陸運局に車両登録されたものの、実際には使われていない車を指します。走行距離も100km未満のものが多いです。

 

中古車に抵抗がある方は、登録未使用車を検討しても良いでしょう。

 

【中古でハリアーがおすすめの理由3】新車より安い価格で購入できる

中古でハリアーを購入するのがおすすめの理由は、当然ですが新車より安い価格で購入できることです。2020年10月19日現在で、ネクステージで出ているハリアーの中古車で1番安いものは49.9万円、1番高価なのは445.9万円です。グレードや年式によって中古車でも幅広い価格帯になっています。

 

中古車で抑えられるのは、本体価格だけではありません。新車と中古車では、自動車重量税に大きな差が生まれます。新車の場合は購入時に3年分をまとめて納める必要がありますが、中古購入の場合は次回の車検時まで納税義務が発生しません。

 

初期費用をなるべく抑えたい方にも、中古車購入がおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

トヨタの中古車を購入するならネクステージがおすすめ

ハリアーを中古車で購入するなら、ネクステージがおすすめです。こちらでは、ネクステージを利用するメリットを紹介します。下記2点が強みです。

 

1.修復歴車(事故車)の販売はしない

2.全国の在庫を最寄りの店舗にお取り寄せ

 

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。中古車を購入するなら、どのお店で買うのかも重要です。ぜひ参考にしてみてください。

 

【ネクステージがおすすめの理由1】修復歴車(事故車)の販売はしない

ネクステージでは、修復歴車(事故車)の販売はしておりません。お客様を第一に考えるのが弊社の取り組みです。故障やトラブルが起きる可能性が高く、満足いただけない車の販売はしません。

 

ネクステージでは、お客様が安全安心できる中古車を用意しています。

 

【ネクステージがおすすめの理由2】全国の在庫を最寄り店舗にお取り寄せ

全国の在庫を最寄りの店舗にお取り寄せできるのも、ネクステージがおすすめの理由です。欲しい中古車をネット上で見つけても、遠い店舗だと購入することは難しく、それが原因で購入を諦めてしまうお客様もいます。

 

しかし、ネクステージは全国展開のチェーン店なので、お客様の欲しい車種を見つけやすいです。さらに、それを最寄りの店舗に取り寄せることが可能です。購入の選択肢を広げられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

トヨタのハリアーは都市型の高級SUVです。ラゲージスペースの利便性が高く、日常での利用はもちろん、旅行やアウトドアも一緒に楽しめる車です。

自動ブレーキやサポート走行機能が搭載されているので、安心して運転することができます。

 

もしハリアーを買うなら、中古車という選択肢もあります。購入を検討している方や、気になることがある方は、ぜひネクステージをご利用ください。お客様のご要望に少しでも寄り添えるように取り組みます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

 

気になる車種をチェック