車の購入に貯金を崩すのはあり?車の購入のために上手に貯金する方法も紹介!

クルマ購入ガイド

車の購入に貯金を崩すのはあり?車の購入のために上手に貯金する方法も紹介!

人生において、住宅に続いて高額な買い物が車の購入です。中古車を購入しようと思っても、数十万円の資金は必要になります。とは言っても、急な出費で一括での購入が難しいという人もいるのではないでしょうか。また、できるだけ賢い買い物をしたいというのが本音でしょう。そのためには、車購入のために上手な貯金をしていかなければいけません。そこで本記事では、車購入に向けた賢い貯金の仕方から、車の購入に必要な費用まで徹底解説していきます。

 

※目次※

1.まずは自分の貯金の何割を車の購入に使えるのかを把握しよう!

2.車の購入は現金(キャッシュ)一括購入だけでなくローンでも払うことができる

3.審査に通りやすくなるだけの頭金を払うだけでもいいかも!

4.車の頭金で2~3割は払っておくとベストかも!

5.車の頭金を用意する方法

6.車の購入に必要な費用

7.車を購入するための貯金方法

8.車を購入するときの節約のポイント

9.車の購入後に考えなければならない維持費用

10.車の維持費を節約するには?

11.まとめ

 

■POINT

 

 

・「自分の貯金の何割を車の購入に使えるか」を基準に予算を決定しよう

・とにかく安く購入したいときは、金利が不要な一括支払いがおすすめ!

・車検や自動車税など、定期的な出費が続くことも考慮して支払い計画を立てておくことが大切!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まずは自分の貯金の何割を車の購入に使えるのかを把握しよう!

車購入のために貯金をしてきたという人も少なくないでしょう。とは言っても、貯金残高がゼロになってしまうのは、あまり賢い方法とはいえません。なぜなら、車は「購入代金を支払えば終わり」ではないからです。車を購入すれば、保険や税金、ガソリン代、駐車場代など、毎月さまざまな維持費が必要になってきます。そのため、目標額に達したからといって全額を車購入資金に充てることはしないことをおすすめします。

 

では、貯金の何割を車の購入に使っても問題ないのでしょうか。これには、貯金額や車の購入代金などの条件によって変わってくるため、一概にいうことはできません。目安としては、収入がなくなっても半年は生活できるだけの貯金は残しておくことです。

 

車の購入は現金(キャッシュ)一括購入だけでなくローンでも払うことができる

では、車を購入するための資金しか貯金していない人はどうすれば良いのでしょうか。ご存知の通り、車の購入は現金(キャッシュ)一括購入だけでなく、ローンでも支払うことができます。

 

自動車ローンを活用することで、貯金の全額を車の購入代金に充てる必要はなくなります。ただし、毎月の収入が安定していない、もしくは収入が少ない人は、毎月のローン返済により生活が厳しくなることを想定しておく必要があるでしょう。また、現金一括で支払える余裕がある人でも、ローンを利用するかどうかを迷っている人もいるかもしれません。この場合、車は現金一括購入した方がお得になる場合がほとんどです。ローンを組めば購入代金に金利手数料がプラスされることも、必ず試算するようにしてください。

 

審査に通りやすくなるだけの頭金を払うだけでもいいかも!

とは言っても、ローンは一時的な負担を減らすためには最適な選択肢のひとつです。ここで頭に入れておきたいことが、ローン審査と頭金についてです。

 

一般的に安定した収入があればローン審査を通すことは可能ですが、場合によっては落ちることもあります。特に金融機関がサービス提供するマイカーローンは年収や勤続年数に条件があることも多く、審査基準が厳しいことで知られています。

この場合、役に立つのが頭金の存在です。ある程度の貯金をしていれば、頭金を支払うことも問題ないでしょう。頭金を支払っていれば年間の支払総額も抑えることができるため、ローン審査に通りやすくなります。また、金融機関によっては頭金を入れることで金利が低くなることもあるなど、さまざまなメリットを生み出すことが可能です。

 

車の頭金で2~3割は払っておくとベストかも!

ローン審査に通るのであれば、頭金ゼロの全額ローンで支払う(フルローン)こともできますが、それだけ返済額が大きくなるため審査は厳しくなり、金利も高くなる可能性があります。とは言っても、貯金に余裕がないため頭金は最小限に抑えておきたいという人もいるのではないでしょうか。

 

頭金は支払総額の2~3割程度が必要だと言われています。つまり、100万円の中古車を購入したいのであれば、頭金として20万円~30万円は用意しておかなければいけません。この数字は、車を購入するためのひとつの目安となります。現在、車を購入するために貯金をしている真っ最中の人は、欲しい車の支払総額5割程度を目標にしておくと良いでしょう。

 

車の頭金を用意する方法

乗りたい車の支払総額2~3割程度にあたる頭金。もちろん金額は車の状態により変動しますが、ローン契約時に必要となる重要かつ大きなお金です。なるべくなら、計画的に支払って負担を減らしたいものだと考えるのではないでしょうか。

 

ここからは、頭金を用意する方法としてよく見られる3つの手段をご紹介します。自分に合った方法を選んで、この先のローンにも影響が出ないよう考えておきましょう。

 

貯金を切り崩して使う

頭金が必要になったとき、コツコツ貯めてきたお金を切り崩して使う方が多いでしょう。決して安い金額ではありませんが、計画的に貯めることができれば生活にはそれほど影響しません。

 

ただし、「頭金の支払いで資金がなくなった」という結果だけは避けなければなりません。そのためにも、やはり車の支払総額の5割という目安は大切になってきます。支払い後も安定した収入があるか、引っ越しのような別の理由で大金を支払う機会がないか、なども視野に入れて用意できると安心です。

 

親に借りる

「数十万円をすぐに用意するのが難しい」という方は、親族に借りるのも1つの方法です。結婚している方であれば、配偶者の両親に相談してみるのも良いかもしれません。

 

車の購入後も、車検やローンの支払いで定期的な出費はかさみます。そのときに困って助けを求めるよりは、親から頭金を借りて計画的に返済するほうが良いでしょう。

 

現在の車の売却代金を利用する

貯金を極力減らさずに賢くお金を使うであれば、現在乗っている車の売却代金を利用するのがおすすめです。具体的な金額は車種や年式により異なりますが、多くの場合数万円の値が付きます。さらに価値の高いものであれば数十万円となる場合もあるため、頭金が全額まかなえる可能性も出てくるのです。

 

すぐに必要になるお金が減るので、金銭的な負担が大きく減るメリットがあります。売却・購入を同店舗で手続きするのであれば、「頭金に利用したい」という旨も相談しておくと良いでしょう。

 

車の購入に必要な費用

初めて車を購入する人は、実際にどれくらいの予算を見積もっておくべきなのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。予算が不明な状態だと、目標の貯金額も設定することができません。車の購入には、広告などで記載されている以外にもさまざまな費用が必要です。車の購入に必要な費用についてご紹介します。

 

車両本体費用

新車か中古車かによっても必要な費用は大きく異なります。たとえば、新車なら軽自動車でも100万円以上の予算は当たり前ですが、中古車なら人気のコンパクトカーでも100万円以下で購入できることも少なくありません。また、同じ車種でもグレードやオプションによって、価格が10万円以上変わることもあります。何を購入するかは、車を必要とする目的とはっきりさせておきましょう。

 

消費税

当然ですが、車の購入代金には消費税が課されます。現在の消費税は8%(2019年2月末現在)ですが、2019年10月1日に消費税が10%に引き上げられることがほぼ確定しています。2%だけと感じるかもしれませんが、100万円の車を購入することで消費税8%と10%では2万円の差があります。そのため、増税前ならお得に購入することができます。

 

リサイクル料金

車は生活に必要不可欠なツールですが、毎年数多くの車両が廃棄処分されています。環境に悪影響を及ぼさず適正に廃棄処理するために、その費用は所有者が負担する仕組みになっています。これが「自動車リサイクル法」に基づいたリサイクル料金です。費用の詳細は車種によっても異なりますが、普通乗用車なら1万円~1万8千円程度となっています。

 

ナンバープレート代金

新規登録や名義変更するときなど、ナンバープレートを新規取得や変更する場合は、ナンバープレート代がかかります。料金は管轄の都道府県の運輸局(軽自動車は軽自動車検査協会)によって変わってきます。一般的なプレートなら1,500円~2,000円程度、自光式のプレートなら5,000円程度希望ナンバーにするなら4,000円~5,000円程度が相場です。

 

車庫証明書取得手続きの代行

車庫証明とは、購入した車を保管しておく場所を証明するための書類のことです。警察署で必要書類を提出することで取得可能で、手数料として2,000円程度(都道府県により異なる)が必要となります。また、車庫証明は平日のみの対応で仕事などの都合により申請が難しい場合は業者に代行を依頼することもできます。ただし、手数料以外の料金が発生します。

 

その他諸費用

新しく車を購入したら、自動車税や自動車取得税といった税金関連も支払わなければいけません。費用に関しては普通自動車か軽自動車によっても変わってきます。また、業者によっては納車費用や代行手数料がかかるところもあります。車の購入に必要な諸手続きは、業者が代行し費用が発生する項目が多いようです。

 

車を購入するための貯金方法

欲しい車を購入するために、貯金をしている真っ最中の人もいれば、これから計画していこうかと考えている人もいるのではないでしょうか。高額な買い物となるため、計画的に進めなければいけません。とは言っても、いざ車を購入する段階で足りないなどの問題が出てくることもあるでしょう。このような非常事態を避けるために、賢い貯金方法についてご紹介します。

 

車の貯金額の目安は一番高価な車に合わせよう

たとえば、買い物や職場へと向かうなど、街乗りを目的として車を必要としていることから、軽自動車の購入を検討しているとします。新車なら100万円以上の予算は絶対ですが、中古車なら100万円以下で購入できるでしょう。

この場合、中古車を購入することを考えて貯金額を設定することは賢い方法とはいえません。なぜなら、年月が経過することで状況の変化があるからです。また、資金に余裕を持たせるためにも、貯金額は一番高価な車に合わせることをおすすめします。

 

複数の車を視野に入れておくべし

欲しい車を購入するために、貯金を頑張ることは素晴らしいことです。しかし、目標額が達成する前からすでに購入する車を決めることも、あまり賢い選択とはいえないでしょう。なぜなら、車はモデルチェンジが頻繁に行われており、性能の高い車がどんどん登場しているからです。ひとつの車に固執するのではなく、複数の車を視野に入れておくと良いかもしれません。

 

短期的な計画で貯金をする

もちろん、人によって収入の差があるため、実際にどれくらいの期間で貯金を計画すれば良いのかについては一概にいうことはできません。ただし、明確な目標があるからには短期的な計画を立てた方が設定金額に到達しやすくなります。無理をしない程度にということが前提ではありますが、自分にも厳しく無駄な出費は抑えるようにしましょう。

 

ローンを組むことも考えた貯金を!

金利のことを考えれば、車は現金一括で購入することが賢い選択といえます。しかし、一時的な大きな負担を抑える意味でも、ローンを組むことを考えた貯金をした方が良いでしょう。また、頭金だけを揃えれば良いと考えれば、短期間で楽に貯金することができます。資金に余裕があれば現金一括を選び、少しでも負担を抑えたいのならローンについても検討してみてください。

 

車を購入するときの節約のポイント

中古車を購入するときは、「購入する車を安くすること」「売る車を高くすること」の2つを意識してみてください。例えば、車体価格が安い点だけで満足していても、売却する車に価値がなければ結果的に損をしてしまう可能性があります。

 

賢くお得に、節約しながら売買するためのポイントを4つ押さえておきましょう。

 

売却する車は高く売る

車の売却金額には、ある程度の相場があります。本来ならもっと価値があるのにも関わらず、安値で売却してしまった……となれば、後悔してしまうでしょう。相場の目安を知るために、インターネット等で下調べをしておくと安心です。

 

ネクステージなら、中古車の売却・購入が同時に可能となっています。車本来の価値を見出し、お客様にご満足いただける高価買取を目指しています。売買・購入の取引だけではなく、その他のサービスを充実させることで信頼関係を築いていけるよう取り組んでいます。車の売却先にお悩みの方は、ぜひネクステージをご検討ください。

 

交渉をして車両価格を下げる

中古車の購入を決断する前に、まず店舗側と価格の交渉をしてみましょう。こちらも店舗や車種により対応は異なりますが、数万円お得に購入できるチャンスです。とくに人気の車種であれば、在庫がある店舗も多いでしょう。業者はなるべく販売台数を増やしたいと考えているため、価格交渉が成功する可能性も大いにあります。

 

交渉成立を狙うなら、欲しい車の相場も考慮しながら数万円程度低い金額を予算として伝えてみると良いでしょう。

 

購入する時期を考える

車体価格が安くなりやすい、または価格交渉で値下げにつながりやすい時期というものがあります。よく知られているのは店舗の決算期直前です。決算が出るまでになるべく多く販売したいと考えているため、価格よりも販売台数を重視する傾向にあります。このタイミングで希望車種があれば、お得に購入できるかもしれません。

 

また、人気の車種であれば「発売月から計算した車検の時期」もチェックしてみましょう。新車は3・5・7年後に車検時期がきますが、車検をきっかけに買い替えを考える人が増えます。つまり、ほかの時期よりも売却に出す人が増える傾向にあるということです。

 

すべての車種に当てはまるわけではありませんが、欲しい車種が比較的新しい場合は、車検時期を狙ってみるのも1つの方法です。

 

リセールバリューが高い車にする

リセールバリューとは、中古車の「再販売価格」のことです。「中古車としての価値がどれだけあるか」を表す言葉で、リセールバリューが高い車は当然販売価格も高くなります。多くの車は古ければ古いほど価値が下がりますが、一部では希少車種として扱われることもあります。

 

「中古車を買っても数年で乗り換える予定」といった場合は、リセールバリューを重視して車種を選ぶのもポイントです。例えば、3年後も価値が下がらない車であれば高く売却できるかもしれません。購入時の金額は高くても、こうして数年先の価値を見越して買うことで結果的に節約できます。

 

ただし、リセールバリューはメーカーのモデルチェンジでも変動するため注意が必要です。不良や故障があればそれだけ価値も下がってしまうので、あくまでも現時点でのリセールバリューを基準に決めていきましょう。

 

車の購入後に考えなければならない維持費用

車の購入後も定期的な出費がかさむことは多くの人がご存知でしょう。車を走らせるためのガソリン代や高速料金のほか、車検やタイヤ交換といったメンテナンス面でもお金が必要になります。さらに、ローンを組んでいる場合は金利も重なり負担が大きくなるため、維持費用は意外とかかるものです。ここからは、車の購入後に必要となる維持費用をご紹介していきます。

 

走行費用

走行費用という言葉はよく耳にしますが、その内訳は乗る頻度や車種によって変わってきます。例えば、燃費のいい車であればガソリン代が節約できますし、「買い物に使うだけ」といった方なら高速料金も必要ないでしょう。

 

車に乗る機会が多ければ多いほど、走行費用についてある程度考えておく必要があります。最近ではETCを使って高速料金を支払うことが多いため、具体的にどのくらいの出費になっているか知らない人も多いのではないでしょうか。厳密に計算するのは難しいですが、ある程度はどのくらい必要になるかを考慮できると安心です。

 

整備メンテナンス費用

車を安全に乗り続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。2年に1回のペースで義務付けられている車検がその代表ですが、「車検時期の出費がつらい」と感じている方は少なくないでしょう。

 

また、メーカー補償が切れたあとは自費でまかなわなければならないため、年数が経過するほど必要金額も増えていきます。車検のほかに、オイル交換やタイヤ交換をはじめ消耗品の交換・修理頻度も増えるでしょう。とくに車検の時期は確定されているので、車検費用として少額ずつ貯金しておくと経済的負担も減らすことができます。

 

保険費用

車の維持費用として目に見えず実感しにくいのが、自賠責保険の料金です。車検に比べると安価で、普通自動車でも1年あたり2万円以下となることがほとんどでしょう。ただしここに任意保険が加わると、保険料だけで1年あたり5万円程度の出費になる場合もあります。

 

任意保険は会社や補償内容で金額が異なるため、自分が加入している保険の契約料金を知ることが大切です。契約切れといったトラブルにも注意しながら、3~6ヶ月など期間を決めて定期的にチェックしておきましょう。

 

ローンの金利

ローンを組んでいる方は、当然金利を支払う必要があります。一般的に、信販系では3~10%、銀行系では1~2%が相場です。それぞれ審査スピードや審査の通りやすさなどメリット・デメリットがありますが、車の価格や収入を考慮しながら慎重に決めなければなりません。

 

期間が長ければそれだけ総支払額が増えていくため、なるべく短期間で、かつ負担を少なくできるペースに設定するよう計画していくと良いでしょう。

 

税金

車にかかわらず購入時に必要となる8%の税金以外に、自動車税や重量税といった支払いが義務付けられています。自動車税は「自家用車か貨物自動車か」「排気量が何リットルか」といった基準で決定される税金です。例えば、排気量1リットル以下の自家用車の自動車税は29,500円。軽自動車では一律10,800円に定められています(2019年6月現在)。

 

さらに、自動車税とは別に「0.5トンごとの重さ」で決まる重量税も必要です。こちらも軽自動車は一定となりますが、普通自動車は細かく区分されているためそれぞれどの程度必要になるか計算しておきましょう。

 

車の維持費を節約するには?

車の購入時には高額なお金を支払いますし、ローンを組んだ場合でも頭金のことも考慮してある程度のまとまったお金が必要になります。その後も走行費用や保険料を用意しなければならないことを考えると、メンテナンス費用など節約できる部分はなるべく安く済ませたいと考えるのではないでしょうか。

 

燃費のいい車種を選ぶ・ローンの金利が低い銀行系で支払うなどさまざまな方法がありますが、実際にどのくらいお得になるのか実感しづらいと感じている方も多いでしょう。

 

「どのように節約につなげれば良いかわからない」という方は、ぜひネクステージにご相談ください。売買による節約方法はもちろん、オイル交換費用のようなメンテナンス費用を安く抑えるためのアドバイスもさせていただきます。

 

まとめ

生活にも影響を与えることになる車の購入は、計画的に行動すべきです。そして、少しでも負担を軽減させるためにも、ある程度の貯金をしてから購入するようにしてください。貯金に余裕がなければフルローンという選択肢もありますが、あまり賢い選択とはいえません。車を購入した後の維持費のことも頭に入れておきながら、どれだけ資金を準備しておけば良いのかをしっかりと考えてみましょう。

気になる車種をチェックする