車の購入は一括がお得なの?車の購入方法を徹底比較

クルマ購入ガイド

車の購入は一括がお得なの?車の購入方法を徹底比較

自動車は私たちの生活には欠かせないものですが、決して安い買い物ではありません。ときには数百万円もかかる高額な商品であるため、少しでもお得な方法で購入したいと思う方も多いでしょう。

 

そこで、今回は車の購入方法を比較してそれぞれのメリットとデメリットを紹介するとともに、車の見積もりを取った際に確認しておきたいポイントについてもあわせてご案内します。

 

※目次※

1.車の購入方法

2.一括購入をする際の支払い方法

3.分割払いをする際の支払い方法

4.車を一括購入するメリット

5.車を一括購入するデメリット

6.車を分割購入するメリット

7.車を分割購入するデメリット

8.車の購入時には必ず見積もりを取ろう

9.見積もりの取り方とは

10.見積書のチェックポイント

11.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の購入方法には、大きく分けて「一括購入」と「分割払い」があり、各自のライフスタイルや家計にあわせて選択することが重要

・車を購入する際はネットや店舗で複数のしっかりと見積もりとることが大事

・ネットで手続きが完結するマイカーローンならば、忙しくても手間をかけずに申し込みができ、ディーラーローンよりも金利を抑えられたり、便利なサービスを受けられたりする場合もある

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の購入方法

車は高額な商品です。購入にあたってはさまざまな方法が考えられますが、一般的には「一括購入」と「分割払い」の2つに大別できます。

 

「一括購入」は文字通り、一括で全額を支払う方法です。全額を現金で支払う方法のほか、購入資金の一部をローンやクレジットで借り入れ、頭金や半金に充てる方法もあります。

 

一方、「分割払い」は支払の回数と金額をあらかじめ定めて代金を支払います。現金で支払う方法のほか、ローンを組んで支払う方法もあります。ローンには、ディーラーに対して組むディーラーローンや銀行に対して組む銀行ローンなどいろいろな種類があります。

 

一括購入と分割払いには、それぞれにメリットとデメリットがあります。車を買うときの状況や将来発生し得るリスクなどを慎重に検討しなくてはなりません。そのためにはそれぞれの方法について理解する必要があります。支払い方法について比較してみましょう。

 

一括購入をする際の支払い方法

一括購入で最もシンプルな支払い方法は、購入時に全額を現金で支払うことです。とは言っても総額が数百万円にもなる場合、すべてを現金で支払うのは簡単なことではありません。

 

一括購入にもいろいろなバリエーションがありますので、一括購入を検討する際には注意も必要です。ここでは一括購入の実際の方法について紹介していきます。

 

現金払い

購入資金をあらかじめ貯蓄している場合や、預貯金に余裕があるときは車を現金で一括購入するのもよいでしょう。

 

借り入れ(ローンやクレジットなど)

手元にまとまった資金がなくても、ローンを組んでお金を借り入れたり、クレジットで後払いにしたりすることで資金を確保する方法です。ローンやクレジットを利用するためには、各社が設定する一定の条件を満たしている必要があります。金融機関やカード会社のほか、ディーラーの提携ローンなど選択肢はいろいろとありますので、比較検討が必要です。

 

現金払い&借り入れ(頭金や半金を支払う)

全額を一括で支払うのが難しくても、現金と借り入れを組み合わせて一括で支払うという方法があります。例えば、頭金や半金としてあらかじめまとまった金額を現金で支払い、残りの金額を借り入れて支払うという組み合わせです。この方法であれば借り入れる金額を抑えることができ、後から返済を行う際にも比較的負担を軽減できます。

 

ローンやクレジットの利用限度額設定も、金額を抑えることができれば審査が通りやすくなる可能性があります。購入代金の全額を借り入れで済ませるよりは、支払いの目途が立てやすくなる方法と言えるでしょう。

 

クレジットカードでは一括払いができない場合がある

車の購入を検討する人の中には、クレジットカードでの一括払いを考える人もいるかもしれません。ただ、車の購入ではクレジットカードでの一括払いが利用できない場合もありますのでご注意ください。理由としては以下のような点が挙げられます。

 

ひとつは利用限度額です。クレジットカードでは利用限度額の上限が決まっています。購入を希望する車が高額で、購入者のカード利用限度額の上限以上となる場合は、カードでの一括払いは受け付けられません。限度額の増額を申し込むこともできますが、これには審査が必要ですので、希望どおりにならない場合もあるでしょう。

 

また、別の理由としてあげられるのは、販売店が負担する手数料の問題です。クレジットカードで決済をすると販売店がカード会社に決済手数料を支払うことになります。仮にカードの限度額設定に余裕がある方が数百万円の車を購入するとなると、カード手数料も数万円規模になってしまいます。

 

そのため、販売店の中はクレジットカード払いをあまり歓迎しないところもあるようです。販売店によっては、クレジットカード払いを受け付けていないケースや、受け付ける場合でも一定額までと上限が決められているようなケースもあるようです。車を購入するときにクレジットカードでの一括購入は前提としない方がよいでしょう。

 

分割払いをする際の支払い方法

車を購入する際の分割払いとは、ローンとして車の購入代金を借り、その後毎月少しずつ返済していく方法です。ローンを組めば一括購入する資金が手元になくても車の購入ができます。

 

車のローンには大きく分けて、ディーラーローン、銀行ローン、残価設定ローンの3種類があります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

ディーラーローン

ディーラーローンは購入する車を担保として組むローンです。「ディーラー」という名前がついているとおり、販売店の提携ローンを車の購入手続きと共に申し込めます。銀行などで別途ローンを手配するよりも手続きを進めるのが便利に感じられるかもしれません。

 

またローンの審査も比較的緩やかであるため、店頭で申し込んだ場合、数時間程度で審査結果が出ることもあります。申し込み手続きがスムーズに進められる一方で、ディーラーローンは銀行ローンに比べると、金利がやや高めに設定されていることがありますので、申し込む際には他のローンの条件と比較することをおすすめします。

 

銀行ローン

銀行ローンは「マイカーローン」などの名称がつけられたローンです。銀行や信用金庫などの金融機関で申し込みます。銀行ローンはディーラーローンと比べると手続きに時間がかかる可能性があります。また、審査も比較的厳しい傾向にあります。

 

しかし、金利を比較すると、ディーラーローンよりも低い場合が多く、車にかかる税金などの法定費用もローンの対象にできるなど柔軟性に富んだ借入をすることもできるというメリットがあります。

 

残価設定ローン

残価設定ローンは、あらかじめ一定期間使用した後の下取り価格(残価)を新車価格から差し引き、残りの金額を支払っていくローンです。

 

金利は低くなりますが、利息は残価も含めた全体の金額にかかるので高めになってしまいます。また、走行距離があらかじめ定められた規定を超えてしまったり、車体に傷をつけてしまったりと下取りに影響を及ぼすようなことをしてしまうとその分出費が増えてしまうこともあります。

 

車を一括購入するメリット

ここでは車を一括購入するメリットを紹介します。大きな金額をまとめて支払うのは大変ですが、それに見合うメリットも存在しています。

 

利息が発生しない

車を一括購入する場合の一番のメリットは、分割払いの場合に発生する毎月の利息が発生しないことです。借入額と金利にもよりますが、一括購入の場合と比べ分割払いでは数万~数十万円単位でより多くのお金を支払うことになります。この利息分を節約できることは、一括払いの大きな利点と言えるでしょう。

 

車を一括購入するデメリット

車を一括購入すると利息がかかることもなく、値引きの可能性もあるといった点で分割払いをするよりもお得になるというメリットがある一方、預貯金が急激に減ってしまうというデメリットがあるのも事実です。

 

金融広報中央委員会が公表している「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](2018年)および「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2018年)によると、単身世帯が保有する金融資産の中央値が350万円、二人以上世帯の中央値が450万円という結果が出ています。

参考:『「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](2018年)』)

参考:『「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2018年)』)

 

近年では自動車も値上がりをしており、新車を買うときには200~400万円ほどがおおよその相場だと言われています。上記の金融資産中央値と照らし合わせると、新車一台の金額はその値の半分以上を占めることになります。

 

車を購入した後に病気や事故など何らかの不測の事態が起こり、まとまったお金が必要になるようなことが起こらないとも限りません。車の購入であまり無理をし過ぎてしまうと、その後の生活に影響が出てしまう可能性や、せっかく手に入れた車を手放さなければならなくなる可能性もあります。

 

一括購入は確かにお得な面もありますが、自身の預貯金額や収入と車の値段のバランスをよく考えて、慎重に判断する必要があるでしょう。家計にあまり余裕がない場合には、無理をせずに分割払いを選択する方がリスクを抑えることにつながります。

 

車を分割購入するメリット

一括購入は難しいものの車は購入したいという場合には、分割払いで購入することになります。車のような高額商品の購入では、分割購入を選択する方が一般的と言えるでしょう。

 

分割購入にも一括購入とは異なるメリットがあります。ここでは分割購入を選択する場合のメリットを紹介します。

 

資金が手元に残るため、経済的な余裕を持てる

一括購入のデメリットの一つとして、預貯金が一気に減ってしまうリスクがあることを紹介しました。一方、分割購入の場合は、自己資金を手元に残すことで経済的な負荷を緩和できることが大きなメリットと言えるでしょう。

 

病気や事故に限らず、普段の暮らしの中では予定外の出費が発生することもあります。また、子育て中のご家庭であれば、お子さんの教育費などにもお金がかかります。分割払いで猶予を設けることにより、こうした出費に対して備える余裕も生まれるでしょう。

 

分割購入を選択した方が、将来的な計画を考える上でも見通しが立てやすくなるのではないでしょうか。

 

低金利のキャンペーンを利用できる場合もある

ローンを組んで支払いを行うと、実際の代金に加えて利息分についても支払うことになります。

 

車のローンの金利は、ディーラーローンで年率5~7%程度、銀行ローンで2~4%程度がおおよその相場となっています。ローンによっては時よりキャンペーン期間を設けているものもありますので、あらかじめ情報を収集し、こうした機会を上手に利用することをおすすめします。通常よりもお得な金利でローンを組めるチャンスです。

 

低金利キャンペーンを利用して利息額を抑えられれば、一括購入時の支払総額と大差ない金額で分割購入のメリットを享受できるかもしれません。キャッシュフローの安定と自己資金の確保を考えると、場合によっては分割購入によるメリットの方が一括購入時よりも上回るかもしれません。

 

車を分割購入するデメリット

分割購入はその仕組みを正しく理解していないとデメリットが大きくなる可能性があります。デメリットを理解することは、お得な方法を探し出す際の助けにもなりますので、ローンの基本的な仕組みについても把握しておきましょう。

 

ディーラーや金融機関によって金利設定はさまざま

車販売店によっては、そのディーラーが提携するローンも利用できます。しかし、ディーラーローンの場合、金融機関のローンに比べて金利の高くなってしまうものもあります。ディーラーローンは車の購入手続きと同時に、比較的緩やかな審査基準で申し込むことができる傾向にありますが、その分金利が高めに設定されていることが少なくありません。

 

ディーラーでは車購入の流れから自社の提携ローンを勧めてくることがありますが、他のローンとの比較検討をしないまま、促されるままに高金利のローンを組まないよう気をつけてください。

 

ローンを完済しなければ所有物にはならない

ローンを組んだ場合、購入した車は購入者の所有物にはなりません。車検証を見ると「使用者」と「所有者」という欄があり、「使用者」には購入者の名前が、「所有者」にはローンを組んだ販売店や金融機関などの名前がそれぞれ記載されます。ローンの回収ができない場合に備えて、ローンの貸出先が車の所有権を持つことで代金回収を確実に行えるようにしているのです。

 

車の所有権が自分にないことから、住所変更時の車検証の記載変更やローン完済時の所有権解除の手続きの際には、所有者(ディーラーや金融機関など)から書類をもらう必要があります。こうした手続きに少々手間がかかるという点はデメリットの一つと言えるかもしれません。

 

車の購入時には必ず見積もりを取ろう

車の購入には、自分に合った購入方法を選ぶことが大切です。特に分割購入では、どこでローンを組むかによって支払総額に大きな差が生じることもあります。

 

購入方法を選ぶ上では他にも大切なことがあります。それは見積もりを取ることです。見積もりをよく確認せず販売店に一任することは、結果的に余計な出費につながったり、装備の要不要について後日トラブルに発展したりする可能性もあります。車の購入にあたっては、可能であれば複数の販売店から相見積もりを取って価格や内容を確認・検討するようにしてください。

 

見積もりの取り方とは

車の見積もりをとることは、価格交渉につながる第一歩となります。金額の設定やその内訳、サービス内容を把握することは、車の購入では基本的なことですし、販売店との交渉を行ううえでも重要になります。

 

オンラインのシミュレーション機能を利用する

近年ではわざわざ販売店に出向かなくても、オンラインで見積もりを取ることができます。販売店のウェブサイトから車種やグレードなどの諸条件を設定すれば、見積もり結果が表示されます。

 

具体的にどういったタイプの車が欲しいのか決まっていないような場合でも、オンラインならばさまざまな条件を設定して気軽に検索できます。また、オンライン見積もりの場合は、自宅にいながらにして見積もりを取れるので、金額だけでなく時間をかけずに内容を確認することができます。

 

店舗で見積書を発行してもらう

オンラインの価格シミュレーションは便利に利用できますが、そこでの見積もりはあくまでも参考情報に過ぎません。実際の購入にあたり各種オプションについて検討したり、価格の内訳の詳細を確認したりするには、店舗で見積書を発行してもらう必要があります。

 

特に中古車を買う場合には、車両ごとに状態や性能に大きな差が生じている場合もありますので、販売店で詳細な見積もりを取ることが重要です。

 

見積書のチェックポイント

見積書は記載項目も多く、販売店によっても書式が異なるため、情報を比較するのに苦労するかもしれません。販売店ごとに項目の名称が異なっていたり、「一式」として詳細が省かれていたりする場合もあります。

 

疑問に感じた項目についてはその都度販売店に確認してみることをおすすめします。また、オプションや手数料といった項目の中には、不必要な装備やサービスを含んでいる場合もあります。これらは交渉によりカットしてもらえる可能性もありますので、見逃さずに確認するようにしましょう。

 

最も大切なことは支払う総額です。車両本体の値引き額をよく確かめてください。特に買い替える前に乗っていた下取り車の査定額は値引き額全体の調整に使われることもあり、実際よりも値引き幅が小さくなっている可能性がありますので、ご注意ください。

 

また総額の近くに「現金販売時」とあるときにはローンを組んだ場合の手数料や利息分が含まれない額となっています。実際に払うときには額面より高額になるので気をつけてください。ローン利用時の総額についても必ず確認するようにしましょう。

 

まとめ

今回は車の購入で支払い方法に迷っている人に一括購入と分割払いのメリットとデメリット、価格の交渉に必要な見積もりについて紹介しました。

 

車は安い買い物ではありません。その分、支払方法の選択肢は多数あります。ご自身の資産や収入、ライフプランをよく考えた上で、購入方法を選択しましょう。また、ローンを利用する場合にも、事前にどのような種類があるのかよく調べ、比較検討することをおすすめします。

 

ご自身の条件にあった無理のない方法で車を購入し、車のある楽しい暮らしを実現してください。

中古車販売店のネクステージでは、お客様に合わせた車をご提供するため、さまざまな中古車を取り揃えています。車の購入を考えている方は、ぜひ一度ご相談ください。

気になる車種をチェックする