車を安く買う方法とは|お得な車の購入方法を紹介

クルマ購入ガイド

車を安く買う方法とは|お得な車の購入方法を紹介

「少しでも車を安く購入したい」と思っている方は多いのではないでしょうか。車は決して安い買い物ではありません。また、近年は車の買い方の選択肢が増え、「違いが分かりにくい」という方もいるでしょう。

 

そこでこの記事では、車を安く買う方法について解説します。ポイントを理解すれば、車を安く購入できるでしょう。新しいスタイルともいえる「カーリース」や「サブスクリプション」についても詳しく分かる内容です。後半では車の購入に関する、よくある質問と答えを紹介しています。

 

※目次※

1.車を安く購入する方法とは

2.中古車を安く購入する時の注意点

3.カーリースの方が安いって本当?カーリースのメリット、デメリット

4.車のサブスクリプションはどうなの?カーリースとの違いは?

5.よくある質問

6.まとめ

 

■POINT

 

・少しでも車を安く購入したいなら販売店の決算月を狙おう!車を選ぶ上で譲れない優先順位を決めて品定めをしよう!

・価格だけで車を選ぶのは要注意!安すぎる車はなぜなのか販売員に確かめよう!

・カーリースやサブスクリプションは長期的に見ると損をすることも!購入する方が結果的に安上がりになることもある!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を安く購入する方法とは

少しでも安く車を購入したいと感じていても、車を安く購入する具体的な方法が分からない方もいるでしょう。ここでは、車を安く購入する方法や、購入後も車を快適に使用できる選び方を紹介します。車をお得に購入するために知っておきたい、購入場所や時期、車種選びについて理解を深めましょう。

 

車を扱う店舗が売却した車を選ぶ

車の購入において、安さだけでなく質を求める場合は、ディーラーやレンタカー会社の車がおすすめです。

 

ディーラーが車検時に貸し出す代車や試乗車は新車の宣伝に使用しているため、モデルチェンジをすると中古車として販売されるケースがあります。レンタカーも同様に貸し出している車を定期的に変え、古い車を中古車として販売することが多いようです。

 

上記のようなディーラーやレンタカー会社が使用していた車は、安全に使用できるように定期的な点検や整備が施されています。

 

そのため、安くて整備された中古車を探すならば、ディーラーやレンタカー会社が使用していた中古車を選ぶことが最適です。走行距離が数kmの中古車でも新車よりも大幅に安い場合もあるため、購入する際は検討をおすすめします。

 

購入時期で選ぶ

自動車販売店の多くは、決算月の3月と半期決算月の9月に販売価格を安くしやすい傾向にあります。各自動車販売店は決算月までの目標売上台数が決められているため、販売価格を安くしてでも購入件数を増やさなければならないためです。

 

つまり、購入者側は3月と9月に車を購入すれば、他の月に比べ車を安く手に入れやすいといえるでしょう。他の月でも車の価格を値引きしてもらえる販売店はありますが、決算月ほどではないかもしれません。そのため、より安く車を購入したい方は3月と9月が最適です。

 

欲しい車を明確にする

車を選ぶ際にはメーカーや車の大きさ・価格など検討すべき多くの項目があります。欲しい車を明確にすることも重要です。これらのうち、譲れないものは何なのか優先順位をつけましょう。全てにおいて最上級のものを求めていると、価格はどんどん上がってしまうからです。

 

例えば欲しいメーカーの同じ車種でも、エンジンがディーゼルかガソリンかによって価格は異なります。車体の色やオプション・グレードによっても価格に差が出るでしょう。譲れないものが何かを整理することは、妥協点を見つけることにつながります。

 

リセールバリューが高い車を選ぶ

購入時だけではなく売却価格を含めてお得な車を求める場合は、リセールバリューに注目しましょう。リセールバリューとは「売却する車の価値」という意味です。例えば、車種の人気や需要が高く車の価値が高騰するとリセールバリューが高いと呼ばれ、車種の価値が下がるとリセールバリューが低いと呼ばれます。

 

リセールバリューは、新車登場時から価値が高いままのケースもあれば、新車登場時のみ価値が高まるケースもあるため、購入する車のリセールバリューを見極めることが重要です。

 

リセールバリューが高い車を購入すれば、たとえ購入額が高くても売却時に査定額を優遇してもらえるため、実質購入した車に支払った金額を少なくできます。リセールバリューについては、車販売店に相談すれば教えてもらえることも多いため、購入する前に知識として持っておきましょう。

 

マイカーローンも吟味する

支払額を抑えるためには、マイカーローン選びも重要です。車は大きな買い物のため、商品の利率や返済期間によって支払総額が大きく変わります。

 

利率が比較的低いのは、銀行などの金融機関の自動車ローンでしょう。しかし利率が優遇される分、事前の審査は厳しい傾向にあります。ディーラーのローンは手続きに手間がかからないことがメリットですが、利率は高めです。

 

このように条件は多様であるため、事前に支払いのシミュレーションをしましょう。複数の商品を吟味して最適な支払方法を選択することも、車を安く買うポイントのひとつです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を安く購入する時の注意点

車を購入する場合、安さを求めて価格だけで選ぶことは危険です。中古車の中には、車の状態がよく価格も安いものもあります。しかし、価格が安すぎる車種にはそれなりの理由があると思っておいた方が良いかもしれません。ここでは、車を安く購入する時の注意点について紹介します。

 

どの車でも絶対安全とは限らない

ディーラーやレンタカー会社で使われていた車は、整備の質が良い可能性が高いのですが、全ての車に該当するわけではありません。例えばレンタカー会社の車は、整備はしっかりとしていた場合でも短期間でとても長い距離を走っていたことも考えられます。

 

上記のような車を購入すると、購入後にパーツ交換や不具合が出やすいでしょう。そのため、ディーラーやレンタカー会社で使用した中古車を販売店で見つけた際は、車の状態に注意が必要です。

 

価格だけでの車選びは危険

車の見た目は良いにもかかわらず、安い価格で販売されている中古車を見つけた場合は注意が必要です。特に修復歴や水没歴は見た目では判断がつきにくい傾向にあるため注意しましょう。

 

修復歴がある車は購入後に不具合が出やすく、走行中に破損すると大きな事故に発展するかもしれません。修復歴がある車でも故障しないケースもあります。しかし、万が一を考えて安全を考慮するならば、修復歴車(事故車)の購入は避けた方が無難です。

 

水没歴の中でも、水害によって水没した車は修復歴に含まれません。水没歴のある車は、内部パーツが錆びやすくなっている可能性があるため、安く販売されることがあります。そのため、価格が安すぎる中古車を購入する場合は、販売店の担当者に修復歴や水没歴がないかを確認することが重要です。

 

アフターサポートの有無に注目しよう

中古車を購入するならば、アフターサポートが充実している販売店を選ぶことも重要です。車を購入した場合、使用するにつれて何らかの不具合が出やすくなります。新車に比べて、中古車の方が年式や走行距離がたっていることもあり、不具合が出やすくなることも考えられるでしょう。

 

中古車販売店によっては、中古車を購入後にバンパーやタイヤの交換を一定期間サポートしてもらえるサービスもあります。そのため、車の不具合にかかる経費を削減するためにも、アフターサポートが付いている販売店を選びましょう。

  

新車登録時から13年を超える車は税金が上がるので注意

安く販売される車の中には、年式落ちが13年を超える車も存在します。新車登録から13年を超える車は、自動車税や重量税が高くなるため注意が必要です。例えば、普通車で排気量が1,000cc未満の場合、自動車税は13年未満で2万9,500円、13年経過で3万4,000円となります。

(参考: 『自動車税について』)

 

重量税は車の年式が13年を超えると、0.5トン以下の普通車の場合13年までは1万800円ですが、13年経過で1万1,400円と高くなります。そのため、新車登録から13年以上経過した車は、自動車税と重量税の価格が上がることを理解しておきましょう。

(参考: 『自動車重量税』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

カーリースの方が安いって本当?カーリースのメリット、デメリット

車を購入するよりも、カーリースを利用した方が安いと聞いたことはありませんか。しかしカーリースには、利用する目的によってメリットとデメリットがあるため、理解をしておきましょう。ここからはカーリースのメリットやデメリットを紹介します。車を購入するのかリースにするのかという判断の参考にしてください。

 

カーリースとは

カーリースとは、車を長期的に借りるサービスのことです。車を購入する場合は、一括やローンを組み購入金額を全額返済することで、自分の所有物として利用できます。一方、カーリースでは選択したリース期間の金額を支払うことで、期間内に限り車を借り続けられる仕組みです。

 

カーリースは車1台に支払う金額を自分で決められるため、購入に比べ負担額が少なく利用しやすいという特徴があります。

 

また、レンタルで借りる車は1時間○○円というように短期間で使用する場合が多い一方、カーリースでは契約期間が数カ月や数年と長く、自分の専用車として使用することが可能です。借りられる期間の満期が迫っても、乗り換えや契約継続などを選択できることも特徴でしょう。

 

カーリースのメリット

カーリースのメリットは「車の乗り換えが簡単」という点です。車を買い替える場合、車の残価と査定額を計算し、新しい車の購入金額も考慮しながら検討しなければなりません。一方、カーリースでは期間内の金額でしか契約をしていないため、同じ車に飽きたら違う車に乗り換えが可能です。

 

また、さまざまな手続きをしなくてよいということも大きなメリットになるでしょう。さらに新車のカーリースを契約すれば、故障や不具合が起こりにくいことも大きなメリットといえます。車を購入しても短期間で乗り換えする方や、新車に乗り続けたい方にはカーリースが適しているといえるでしょう。

 

カーリースのデメリット

カーリースはあくまでも借りているという状態のため、契約している車に対しての縛りがあるのが大きなデメリットです。契約中の車を自分好みに改造することができないため、車を「自分のもの」として扱いたい方には物足りないかもしれません。

 

また、事故をしてしまい車の価値が落ちた場合は、契約満了時に追加料金を請求されることもあります。走行距離が想定を超えている場合も、追加料金の対象となるかもしれません。契約した業者によっても、自由度や追加料金の有無は異なりますが、車を購入した場合に比べてカーリースで契約した車の自由度は低く、リスクもあるといえます。

 

またリースは購入に比べ、一時的な金額は低くなりますが、月単位、年単位で見ると割高になるという側面もあります。今後数年自動車に乗っていくことを考えると、購入した方がお得でしょう。

 

長期的に見れば買うのがお得!

新車を数年ごとに乗り換える場合は、購入するよりもカーリースの方がお得です。カーリースでは乗り換えの手続きも簡単で、費用も乗った分しか発生しません。

 

しかし、短期間で乗り換えをする方でも、完全に自分の所有物にして改造を楽しみたい場合は中古車を購入した方がお得です。車を購入してしまえば改造や事故もすべて自己責任ですし、契約に縛られることはありません。長期的に同じ車を自分の思い通りに利用したい方は、縛りの強いカーリースよりも中古車を購入した方が利用しやすいでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のサブスクリプションはどうなの?カーリースとの違いは?

サブスクリプションとは、サービスを一定期間利用する権利を定額料金で得る方式のことです。音楽や電子書籍だけでなく、最近は車のサブスクリプションのサービスが広がっています。

 

「カーリースとの違いが分からない」という方もいるかもしれません。ここからは、車のサブスクリプションについて仕組みを詳しく解説します。メリットだけでなくデメリットも正しく把握して、自分に合った方法を探りましょう。

 

サブスクリプションの仕組み

車ではなく「車を利用できる権利」に対して料金を支払うことが、車のサブスクリプションの特徴です。2年や3年が契約期間であることが多く、中には上限の走行距離が設定されているサービスもあります。

 

頭金は不要で、月額料金の中には保険料や自動車税(諸費用)が含まれていることが特徴的です。自賠責保険料だけでなく任意保険料も月額料金に含まれることが多く、この点はカーリースとの違いのひとつといえるでしょう。若い方は保険料の負担が軽くなるケースがあります。

 

また、原則として中途解約ができないカーリースに対し、サブスクリプションは一定の条件を満たせば可能です。免許返納や環境の変化にも対応しやすい仕組みといえます。ただし、解約料がかかるケースもあり、契約前に確認できると安心です。

 

サブスクリプションのメリット

メリットのひとつは、車にかかるお金を把握できることです。保険・自動車税といった諸経費は月額料金に含まれています。プランによっては定期メンテナンス費用などの維持費も毎月の料金に含められるため、家計の管理がしやすくなるでしょう。

 

また、車の乗り換えがしやすいことも魅力です。一定期間ごとにその時のライフスタイルに合った車が選べます。契約期間中に複数台の車に乗り換えられるプランや、輸入車を選べるプランなどもあり「多くの車に乗ってみたい」という希望も叶えられるでしょう。

 

サブスクリプションのデメリット

デメリットのひとつとして、利用頻度にかかわらず料金がかかることが挙げられます。例えば、仕事で出張が続いて車に乗る機会が少ない月もあるかもしれません。しかしサブスクリプションでは、その期間も支払いは続きます。

 

また、長期間乗るのであれば、購入した方が安くなるケースがあることも認識しておきましょう。サブスクリプションは返却を前提としているため、所有権は業者にあります。購入すれば、乗り換えのタイミングは自分で決められ、手放す時には売却代も見込めるでしょう。

 

「定期的な乗り換えは必要ない」と考える方にとっては、お得に活用できない可能性もあります。

 

サブスクリプションより購入がおすすめな理由

車に乗る手段としてサブスクリプションと購入で迷っている方には、購入をおすすめします。理由は、サブスクリプションは使用に際して多くの縛りがあるからです。自分の車のように使用できますが、所有物ではありません。具体的には以下のような縛りがあります。

  • ・車のカスタマイズができない
  • ・車の状態を良好に保つ必要がある
  • ・走行距離

 

常に制限事項を気にして乗る必要があり、ストレスを感じる方もいるかもしれません。煩わしさや長期的な目線で考えると、購入するメリットの方が大きいといえます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

よくある質問

 

Q.車を買うなら新車と中古車どちらがお得?

A.新車でも中古車でも、乗り続けていれば何かしらのトラブルはいずれ発生します。重要なのは、適切なメンテナンスです。状態が良好で、欲しい車が中古で販売されていればお得感は強いでしょう。購入の際は、アフターサポートも要チェックです。

 

Q.中古車を買うときは値引き交渉できる?

A.車は高い買い物ですから、見積もりをもとに交渉するのはごく一般的なことです。納車費用など、工夫することで節約できる項目もあるでしょう。実際には交渉できる余地はそれほど大きくありませんが、担当者が丁寧に対応してくれるかどうかはポイントです。

 

Q.ネットオークションなら安く車を買えるの?

A.最近では個人向けのネットオークションで車が取引されることもあります。確かに、相場よりも安く買える可能性はありますが、故障リスクや入金トラブル、手続きの手間などのデメリットもあるため、慣れていない方にはあまりおすすめできません。

 

Q.業者向けの中古車オークションなら安く車を買えるって本当?

A.一般の個人が参加できない業者向けの中古車オークションですが、代行業者を通して取引するという方法もあります。ただし、代行手数料を取られる、落札できないことある、手に入れた車は基本的に整備が必要、などの問題があるので注意しましょう。

 

Q.車を買うなら現金一括とローンどちらがおすすめ?

A.利息を考えると、現金一括で買えるならそれが一番でしょう。しかし、欲しい車には手が届かなかったり、貯金が一気に減ることに不安を覚えたりすることもあります。きちんと返済計画を立てれば、ローンのほうが無理なく買えるケースもあるでしょう。

 

まとめ

より安く車を買うためには、車に求める条件を整理して、「購入場所や時期」「支払い方法」などを見極めましょう。また、目先の価格だけに惑わされない意識も大切です。最近話題のカーリースやサブスクリプションは一見お得なように見えますが、縛りも多く、総合的に考えると購入することをおすすめします。

 

中古車の購入では、アフターサポートの有無も重要な要素です。ネクステージなら最長3年間の保証があります。修復歴のある車は販売していないことも安心できるポイントです。全国におよそ130の店舗がありますので、車を安く買いたい方はネクステージにご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェックする