予算で選ぶおすすめの中古車15選!自分にピッタリの車種を選ぶポイントも解説[2019年04月06日] | クルマ購入ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

予算で選ぶおすすめの中古車15選!自分にピッタリの車種を選ぶポイントも解説

クルマ購入ガイド

予算で選ぶおすすめの中古車15選!自分にピッタリの車種を選ぶポイントも解説

新車よりもお得に購入できる中古車に魅力を感じている人もいるのではないでしょうか。とは言っても、ただ闇雲に探しているだけでは本当に自分が理想と思える一台に出会うことはできません。それだけ、中古車市場にはさまざまな車種が存在します。

 

しかし、ちょっとしたポイントをつかむだけで、上質の中古車を格安で購入することができます。そこで今回では、自分にピッタリの車種を選ぶポイントを解説していきます。この記事を読めば、予算別にどの中古車を購入すれば良いのかのヒントが得られます。

 

■POINT

 

 

・コンパクトサイズの軽自動車からあの人気モデルまで中古車なら格安で購入できる!

・車を購入する前にどのような目的で利用するのかをしっかりと考えてみよう!

・ポイントをひとつに絞るのではなく、総合的に判断して購入を決定しよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

予算別のおすすめ中古車7選(50万円以内)

中古車であれば、予算が50万円以内でも質の高いものを購入することができます。50万円となると、やはり軽自動車が中心となってくるものの、走行性能に優れているコンパクトカーも出会えるかもしれません。では、どのような中古車がラインアップされているのでしょうか。予算50万円以内で購入できるおすすめの車種についてご紹介します。

 

マツダ・デミオ

コンパクトカーとして人気の高いマツダ・デミオも50万円以内の予算で購入することができます。美しさを重視したスタイルと、ドライバー中心の設計となっており、他のコンパクトカーとは一線を画す存在です。また、同じクラスのモデルと比較しても燃費性能に優れており、走りにこだわりたいという人にもおすすめの車種でもあります。

 

トヨタ・パッソ

丸みを帯びた見た目とコンパクトさで女性を中心に人気のあるトヨタ・パッソも予算50万円以内で購入することができます。その見た目とは裏腹に、定員の5人乗ってもゆとりある空間が広がり、買い物で荷物が多くなってしまう人でも問題ありません。また、燃費はJC08モードで28.0km/Lと低燃費を達成しています。

 

ダイハツ・ムーヴ

軽自動車の定番でもあるトールワゴンタイプの代表格ともいえるダイハツ・ムーヴも比較的安く購入することができます。車内空間にゆとりがあるだけでなく、走りの質感にもこだわって開発されたことが人気の高い理由です。また、静粛性や乗り心地で高い評価を獲得しており、普通車に劣らない走り心地を実現しています。

 

スズキ・アルト

“これぞ軽自動車”ともいえるコンパクトなデザインが特徴のスズキ・アルトも予算50万円以内で購入することができます。スマートで小回りが利くといった高い利便性を持っており、運転が苦手な人でも楽に乗りこなせるのが最大の魅力です。また、軽自動車のなかでも圧倒的な軽さを誇っており、燃費性能にも優れています。

 

スズキ・ワゴンR

スズキを代表する車種として人気の高い使いワゴンRも50万円以内の予算で購入することができます。軽自動車の王道を歩んできた人気モデルのひとつで、その使い勝手の良さが魅力に感じる人も少なくありません。さらに、低燃費技術「S-エネチャージ」が搭載され、JC08モードで33.4km/Lという低燃費を実現しています。

 

ダイハツ・タント

税金を最小限に抑えられる軽自動車とはいえ、ある程度の室内空間は確保したいものです。そんな軽自動車のデメリットを解消したつくりとなっている、ダイハツ・タントも50万円以内の予算で購入することができます。スライドドアが採用されているだけでなく、助手席側の前後ドアの間に柱がないことも利便性の高さをうかがえます。

 

三菱・ekワゴン

洗練されたインテリアで軽自動車のなかでも圧倒的な存在感を放っている三菱・ekワゴンも予算50万円以内で購入することができます。一部グレードには電動スライドドアも採用されており、子育て世代にとっても利便性の高いモデルといえます。乗り心地も良く、ちょっとした買い物や送り迎えなど、街乗りには最適です。

 

予算別のおすすめ中古車8選(100万円以内)

予算が100万円以内になってくると、軽自動車なら1世代前のモデルを購入することもできます。また、荷室空間の広いモデルも数多くラインアップされているため、買い物がメインという人にもおすすめです。他にも、人気の普通自動車が販売されていることもあります。予算100万円以内で購入できるおすすめの中古車についてご紹介します。

 

スズキ・ハスラー

個性的なデザインで圧倒的な人気を誇るスズキ・ハスラーなら、100万円以内の予算で購入することができます。コンパクトな軽自動車ながら、SUVのような力強さも併せ持ち、魅力に感じている人もいるのではないでしょうか。スズキの低燃費技術「S-エネチャージ」が搭載されているため、普段使いで便利な実用性を持っています。

 

スズキ・ソリオ

見た目はコンパクトながら中身がダイナミックなデザインが人気のスズキ・ソリオも100万円以内の予算で購入することができます。車内にウォークスルーを採用し、外に出なくても車内を自由に移動できるつくりです。大型スライドドアも両側に設置されており、乗り降りがスムーズになるだけでなく、荷物の出し入れもスムーズに行えます。

 

トヨタ・アクア

小型ハイブリッド乗用車として人気の高いトヨタ・アクアも100万円以内の予算で購入することができます。その魅力は世界最高水準の燃費性能にあり、JC08モードで34.4km/Lという低燃費を実現しています。また、コンパクトながらも遊び心を忘れないスポーティーなデザインで、心惹かれている人もいるのではないでしょうか。

 

トヨタ・プリウス

いまではトヨタを代表する車種にまで成長したプリウスも予算100万円以内で購入することができます。最新モデルで燃費性能はJC8モードで39.0km/Lを実現し、まるでEVのような静粛性も魅力のひとつです。その唯一無二の存在は安全にもこだわって開発されており、次世代カーとしてふさわしい輝きを解き放っています。

 

日産・キューブ

他のモデルにはない独特なフォルムが魅力の日産・キューブも100万円以内の予算で購入することができます。空間を無駄なく最大限に活用した車内は、スペース効率に優れていると高い評判を得ています。アイドリングストップが搭載され低燃費を実現することができ、環境に優しく、使い心地が良いのもキューブの魅力です。

 

日産・ジューク

デザインが魅力のコンパクトSUVとして注目されている日産・ジュークも予算100万円以内で購入することができます。街で出会ったら思わず目を留めてしまう、その圧倒的なデザインが特徴です。また、クロスオーバーSUVだからこそ他の車種とは違った走りの楽しみを味わうことができ、走り心地にも長けているといえるでしょう。

 

日産・ノート

コンパクトカーとして低燃費走行をサポートする先進技術が搭載された日産・ノートも予算100万円以内で購入することができます。最近では2018年の登録車販売台数No.1に輝くなど注目されている車種のひとつで、中古車市場でも高い人気を誇っています。従来のガソリン車でも質の高い走行性能を感じられ、運転のしやすさも魅力のひとつです。

 

ホンダ・N-BOX

子育て世代から圧倒的な人気を得ているホンダ・N-BOXも100万円以内の予算で購入することができます。軽自動車にも関わらずその圧倒的な存在感と室内空間の広さは大きな魅力のひとつといえるでしょう。また、後部ドアにスライドドアが採用されていることからも、乗り換え時に子どもが勢いよくドアを開けて隣の車にぶつけるといった心配もありません。

 

中古車選びで車種を決める際のおすすめポイント

中古車選びにおいて「どの車種にするのか」を悩む人もいるのではないでしょうか。車種といっても「軽自動車」「コンパクトカー」「SUV」「ミニバン」「セダン」「クーペ」など、さまざまなタイプがラインアップされています。では、どのように購入する車種を決めれば良いのか、基準となるおすすめポイントについてご紹介します。

 

車をどんな目的に使うか考えてみよう

新しく中古車を購入したら、どのような場面で使うことが多くなるのかを考えてみることが大切です。車をどんな目的に使うのかによっても、選ぶ車種は変わってきます。目的に合わない車種を購入すれば「失敗した」と感じてしまうかもしれません。

 

たとえば、買い物がメインになるのであれば、街乗りに最適な軽自動車やコンパクトカーがおすすめです。また、このような車種でも荷室空間が狭すぎると大きな荷物を運べなくなるため、サイズや運転のしやすさなども考える必要があります。

 

また、家族や友だちと一緒にレジャーや旅行といったロングドライブに出かけたいと考えているのであれば、車内空間に余裕のあるミニバンやSUVなどがおすすめです。燃料費のことを考慮して、低燃費車やハイブリッド車も検討してみましょう。

 

普通自動車のメリット・デメリット

少しでも車内空間に余裕を持たせるために、普通自動車の購入を検討している人もいるかもしれません。ミニバンやSUVといったタイプを選べば、大人数で出掛けられるだけでなく、アウトドアや旅行など、荷物が多いドライブにも最適です。

 

また、普通自動車なら車種も数多くラインアップされているため、自分好みのタイプが見つかりやすいのもひとつのメリットといえます。スポーツカー好きならクーペやオープンカーといった車種が選べるのも普通自動車の魅力です。

 

ただし、どうしても軽自動車より維持費の負担がかかってしまうことは覚えておく必要があります。また、税金は排気量や重量などによって税額が変わるものがほとんどなため、サイズが大きければ大きいほど負担額は増えてしまいます。

 

軽自動車のメリット・デメリット

一方で、軽自動車なら維持費を最小限に抑えることができます。もともと軽自動車は価格のお得さが魅力でもあるため、少しでも安く中古車を購入したいと考えているのであれば、軽自動車は最適な選択のひとつといえます。

 

また、小回りが利きやすいというメリットから、運転に自信がない人でも安心して購入することができます。さらに最近では、燃費性能に優れている軽自動車も数多く販売されているため、経済的にも優しい車種といえるでしょう。

 

ただし、普通自動車のように車内スペースに余裕が生まれないことはデメリットに感じるかもしれません。それでも、N-BOXやタントのように荷室の広い軽自動車も登場していますので、いろいろと探してみると良いでしょう。

 

中古車の選び方

欲しいと思える車種が見つかったとしても、中古車はひとつとして同じものはありません。たとえば、同一の車種で車両本体価格が100万円で販売されていたとします。しかし、諸費用を含めた支払総額では、110万円になるところもあれば、120万円の店舗も存在します。では、何を基準にして中古車を購入すれば良いのか、失敗しない選び方をご紹介します。

 

走行距離をチェック

新車と中古車で大きな差が出てくるのは走行距離です。中古車は前オーナーが存在するため、その車によって走行距離が違ってきます。まだ5千キロしか走行していないものもあれば、10万キロ以上も走行しているものもあります。

 

また、一般的には走行距離が少なければ少ないほど中古車としての価値が上がり、販売価格も高くなる傾向にあります。では、10万キロ以上の多走行車を購入すれば良いのかといえば違います。多走行車の場合、価格は安くても故障するリスクが高まります。

 

そのため、中古車は故障するリスクが少なく、比較的安く購入できる「5万キロ以上」が狙い目です。また、走行距離が多くなっている中古車でも、前オーナーがしっかりとメンテナンスをしていれば、質の高いものは少なくありません。

 

修復歴の有無をチェック

価格が安いことが魅力の中古車ですが、それだけに注意すべきリスクもいくつかあります。たとえば、事故車(修復歴)であるというリスクです。事故などの影響で骨格部分が破損してしまい、修復したことのある中古車を指しています。

 

このように、過去に修復した経歴のある中古車だと、どうしても再度故障するリスクが高まります。現車確認時は何の問題もなかったにも関わらず、購入して数週間で不具合が見つかり、多額の修理費用を支払わないといけないかもしれません。

 

そのため、基本的には事故車の購入は避けた方が良いでしょう。また、中古車販売店によっては事故車であることを隠している場合もあります。これらのことを考慮しても、やはり信頼できる大手の中古車販売店での購入がおすすめです。

 

きちんと整備がされているかチェック

新車よりも不具合が出るリスクが高くなる中古車だからこそ、しっかりとメンテナンスされているかをチェックする必要があります。たとえば、過去の整備や点検の記録については「定期点検整備記録簿」から確認することができます。

 

また、中古車販売店はオークションや買取などで、自社在庫を確保することがほとんどです。これらの方法で入手した中古車はそのまま店頭に並べられるのではなく、国家資格を保有する整備士などの手によって整備や点検がされています。

 

中古車選びはネットより実店舗がおすすめ

近年、インターネット検索によって誰でも気軽に中古車を探せるようになりました。インターネットは便利なツールのひとつとして使うことはできますが、中古車選びから購入までをインターネットだけで済ませることは危険が伴います。

 

なぜなら、インターネットの中古車情報サイトに掲載されている情報や写真だけではすべてを把握することができないからです。実際に店舗まで足を運んで現車を自分の目で確認するだけでなく、試乗をして乗り心地なども確認しましょう。

 

そのため、本当に欲しいと思える一台を購入したいと考えているのであれば、店舗へと足を運んでみることをおすすめします。インターネットだけでは知ることができない情報をつかむことができたり、思わぬ掘り出し物に出会えたりするかもしれません。

 

まとめ

中古車市場を上手に活用することで、質の高い一台を格安で購入することができます。そのためには、ただ闇雲に探すのではなく、目的を持って見つけることがポイントです。今回ご紹介した方法を実践することで、本当に欲しかった一台に出会うことができます。

 

また、中古車販売店のネクステージなら、お客さまにとって理想の中古車を探し出すことができるかもしれません。全国各地に店舗を構えており、豊富な車種を取りそろえております。少しでも気になる中古車がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

気になる車種をチェックする