高齢者におすすめの車は?選び方のポイントも紹介

クルマ購入ガイド

高齢者におすすめの車は?選び方のポイントも紹介

年齢が上がるごとに、車選びは慎重におこなわなくてはいけません。高齢者にとって、日々の車の乗り降りは重労働に感じる人もいるからです。運転をする上では、安全性も重要視しなければならないでしょう。年齢とともに反射力や判断力が低下すると、以前よりも交通事故を引き起こしかねません。

 

今回の記事では、高齢者が安全かつ快適に利用しやすいおすすめの車について、選び方のコツとともに具体的なメーカーや車種を紹介します。これからの車選びを考えているあなたは、ぜひチェックしてみてください。

 

※目次※

1. 高齢者におすすめの車の選び方

2. 安全性の高い車のメーカーはどれ?

3. まとめ

 

■POINT

 

 

・高齢者が車を選ぶ際は、安全装置がついていて、乗り降りがしやすく、維持費が安いものを選ぶ

・車のサイズやカラーにもこだわると、安全性が上がりやすい

・国産メーカーでは、トヨタやダイハツ、スバルが安全機能が充実していておすすめ

 

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

 

高齢者におすすめの車の選び方

まずは、高齢者に適した車の選び方を紹介します。基本的には、「乗り降りがしやすいこと」、「安全に運転できること」、「費用の負担が少ないこと」を考えると良いでしょう。ここからは、具体的なポイントを紹介するので参考にしてください。

 

安全装備が充実している車を選ぶ

高齢になり運転に自信が持てなくなった時点で運転免許を返却することは理想です。しかし、住んでいる地域やライフスタイルによっては、どうしても運転せざるを得ない状況になることもあるでしょう。

 

そのため、高齢者が運転する車は、安全装置が充実していることが望ましいです。以下は安全装置の一例です。

 

ブレーキに関する装置

・衝突防止警報装置:衝突の危険性がある際、警報音が鳴る

・衝突被害軽減ブレーキ:ドライバーが対応できない場合、自律自動ブレーキが作動する

・踏み間違い時加速抑制装置:アクセルとブレーキのペダル踏み間違い時に警報音が鳴り、数秒の急発進ストップや自動ブレーキ作動などをおこなう

 

車間距離に関する装置

・車線逸脱防止警報装置:車線から逸脱しそうになったら警報音が鳴り、自動で正位・置に戻る

・車間距離制御装置(ACC):アクセルとブレーキの自動装置により、前方走行車両との一定距離を保つ

 

視界に関する装置

・自動切換え型前照灯:夜間や暗所の走行時に、自動的にハイビームに切り替える

・標識検知機能:標識を自動認識し、違反の可能性があれば警報音が鳴る

 

サポカーを選ぶ

高齢者が車を選ぶ際には、「サポカー」を選ぶのがおすすめです。「サポカー」とは政府が推奨している呼び方で、正式には「セーフティー・サポートカー」といいます。衝突被害軽減ブレーキが搭載されたものを指します。

 

また、衝突被害軽減ブレーキと踏み間違い時加速抑制装置が搭載された車を「サポカーS」と呼んでいます。

 

サポカーやサポカーSを選ぶことで、高齢者の交通事故を予防し、安全な走行の手助けとなるでしょう。

 

コンパクトカーを選ぶ

高齢者の車には、「コンパクトカー」もおすすめです。コンパクトカーとは、軽乗用車よりは大きく、普通乗用車よりは小さいサイズの車のことです。

 

コンパクトゆえに小回りが利き、前後の車両や歩行者との接触を防ぎやすいのです。また、サイドブレーキもレバー式となっているため、高齢者でもスムーズな運転が実現しやすいでしょう。

 

低床フロアの車を選ぶ

乗り降りがしやすい「低床フロアの車」もおすすめです。ステップの位置が低く、地面から大きく足を上げなくても車内に乗り込めるからです。

 

ただし、シートの位置が低すぎると、結果的に足腰への負担が増してしまうので注意しましょう。スポーツカーは、低床フロアかつ低シート位置である車の代表です。高齢者向きであれば、低床フロアかつ高めのシート位置の車が適切です。

 

暖色系カラーの車を選ぶ

高齢者が運転する車は、暖色系カラーがおすすめです。暖色系カラーは膨張色であるため、より接近しているように見え、事故防止に役立つからです。

 

あるいは、ホワイト系やシルバー系、グレー系も高齢者の車には適しているでしょう。これらのカラーは光を反射する性質が強いため、やはり事故防止に効果的です。

 

一方で、高齢者が避けた方が良いのはブラック系の車です。暗くなってくると、周囲の景色に溶け込んでしまい、交通事故の発生率が上がるといわれています。

 

維持費が安い車を選ぶ

高齢者の車は、維持費が安いものがおすすめです。維持費が高い車ほど、手入れの手間や負担も大きいからです。高齢者は収入が減っていることが多いため、車にかける費用は少ない方が良い、という理由もあります。

 

車は車体代よりも、それぞれの維持費の方が高くつきやすいため、購入前には慎重に検討しましょう。

 

安全性の高い車のメーカーはどれ?

ここからは、高齢者におすすめの安全性が高い車のメーカーや車種を紹介します。今回は、国産車の中から適切なものをピックアップしました。予算をはじめとしたニーズと兼ね合わせて、相性が良い車を選ぶ参考にしてください。

 

日産 ノート

2018年上半期には、国産車の中でもっとも多い販売台数で知られている日産・ノート。高齢者でも乗りやすいコンパクトカーですが、空間を広くとったファミリー向けでもあるため、車内に圧迫感がありません。

 

すべてのグレードで、踏み間違い時加速抑制装置や車線逸脱防止警報装置、衝突被害軽減ブレーキなどが搭載されており、安全性もばっちりです。また、燃費が優れた車なため、長期的なコストパフォーマンスの良さも魅力でしょう。

 

トヨタ カローラスポーツ

安全装置の充実度で、高い注目を浴びているトヨタの車です。車線逸脱防止警報装置や車間距離制御装置(ACC)が標準装備なので、高速道路を運転したい高齢者にもぴったりでしょう。

 

自動切換え型前照灯も搭載されているので、夜間の運転中もヘッドライトの切り替え忘れがありません。

 

さらに注目されている理由が、専用通信機(DCM)がすべてのグレードに搭載されていることです。専用回路でカスタマーセンターと通信できるため、緊急時にスムーズなサポートが受けられます。万が一の事故や体調不良にも、丁寧に対応してもらえるため、デリケートな高齢者の利用にもおすすめです。

 

マツダ デミオ

政府推奨のサポカーの中でも、安全装備がもっとも充実した「サポカーSワイド」の車です。踏み間違い時加速抑制装置、自動切換え型前照灯、標識検知機能などの基本的な先進安全装置はしっかり搭載されています。

 

オプションが充実しているのも魅力です。周囲を360°見渡せるカメラとモニターは特に人気です。狭い道路や駐車場でも、トラブルがなく運転しやすいでしょう。

 

ホンダ N-BOX

ホンダが提供する安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が、すべてのグレードに搭載されています。

 

単眼カメラとミリ波レーダーが常時作動し、交通事故の防止に役立つでしょう。ぶつかりそうな歩行者を避けるステアリング機能もあるため、歩道からはみ出しそうな歩行者がいた場合でも、警告音と共にスムーズに回避してくれます。

 

高齢者が運転しやすい軽自動車で、維持費も安くすませられます。車両価格もお手頃なので、経済的な負担を軽くしたいときにもおすすめです。

 

トヨタ アクア

高齢者でも乗りやすいハイブリッドカーです。非常に燃費が良いため、長い目で見たコストパフォーマンスも魅力でしょう。

 

もちろん、トヨタならではの安全機能も充実しています。自動切換え型前照灯や衝突被害軽減ブレーキは標準装備で、オプション装置の選択肢も豊富です。

 

スバル インプレッサ

信頼できる国産メーカー、スバルの車です。本体価格が抑えられていることも魅力です。安全性に関してもお墨付きで、衝突被害軽減ブレーキの先駆者的な位置づけの車でもあります。

 

もちろん、踏み間違い時加速抑制装置や車線逸脱防止警報装置も搭載されているため、日常的に運転をしなければならない高齢者でも安心でしょう。ミラー位置やピラー形状もこだわっているため、視界が広く、交通事故を未然に防ぎやすい車となっています。

 

ダイハツ タント

安全性、機能性共に信頼度抜群の国内メーカー「ダイハツ」の車です。軽自動車ではありますが、車内は広々と作られており、快適なドライブ空間となるでしょう。

 

広い幅のスライドドア方式で、荷物の出し入れもスムーズです。また、タントは低床フロア仕様なので、高齢者にとっても乗り降りがしやすいです。

 

さらに、ダイハツ独自の安全支援システム「スマートアシストⅢ」により、事故防止に役立つさまざまな機能が搭載されています。衝突防止警報装置や衝突被害軽減ブレーキも標準装備なので、人通りが多いエリアを運転する高齢者にもおすすめです。

 

スズキ ハスラー

個性的なデザインの車で、見た目も楽しみたい高齢者におすすめです。カラーバリエーションが豊富なので、明るい色を選べば、暗がりで運転することが多い場合でも目立ちやすくて良いでしょう。

 

安全機能も充実しており、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱防止警報装置は標準装備。オプションで選択できる、2つのカメラを活用した「デュアルカメラブレーキサポート」も人気です。狭い道や駐車場を利用することが多い高齢ドライバーでも、安全に運転しやすい車に仕上がっています。

 

ダイハツ ミライース

新車でも100万円以下で購入できるという、リーズナブルな価格設定が魅力の車です。幅広い年齢層に人気がある車で、カラフルでコンパクトな見た目は女性からも高い支持を得ています。環境に優しいエコカーであり、低燃費のため維持費を節約したい場合にもおすすめです。

 

安全装置も評価は高く、安全支援システム「スマートアシストIII」でトラブルを回避できます。衝突被害軽減ブレーキは、車両にも歩行者にも徹底反応してくれるため、接触のリスクを抑えられます。誤発進抑制制御機能は、前方はもちろん後方にも有効なので、駐車トラブルなども防ぎやすくなっています。

 

スズキ ワゴンR

数ある軽自動車の中でも、トップクラスの燃費の良さを誇っている車です。ハイブリッド車に乗りたい高齢者にぴったりの車だといえるでしょう。低床フロアかつシートの位置も高いので、高齢者が乗り降りしやすい仕様になっています。

 

安全装置もしっかり整っており、誤発進抑制機能や衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止警報装置や自動切換え型前照灯もあるので、一通りの機能は利用できるでしょう。

 

また、先行車発進時のお知らせ機能も搭載されているため、渋滞や信号待ちが多い地域にも向いています。

 

まとめ

今回の記事では、高齢者におすすめの車について紹介しました。高齢ドライバーが車を選ぶ際には、快適性と安全性をこれまで以上に気にしなくてはなりません。車を購入する際には、今回紹介したポイントを意識しながら、トラブルなく乗りやすい車を選びましょう。

 

もしも車選びに迷ってしまったら、「ネクステージ」にご相談ください。あなたのニーズに合った、最適な車を紹介します。

気になる車種をチェックする