コスパ最高!評価の高い2019年おすすめ車13車種を徹底紹介!

クルマ購入ガイド

コスパ最高!評価の高い2019年おすすめ車13車種を徹底紹介!

転職や家族構成の変化などから、新しく車を買い替える人は少なくありません。しかし、車は欲しくても新車だとどれも高く、中古車に目を向けている人もいるのではないでしょうか。とはいっても、新車でも意外にも安く購入できる車種もあります。

 

そこで今回は、コスパが最高な評価の高いおすすめ車種について徹底紹介していきます。この記事を読むことで、本当の意味で魅力に感じる一台が見つかるようになります。どのような車がラインアップされているのか早速見ていきましょう。

 

※目次※

1.200万以下という低価格でも満足度の高い7車種!

2.小さくたってたくさん積める!一度乗ったら手放せない軽自動車3車種

3.時代はハイブリッド!ガソリン代も税金も節約しよう!

4.新車を買う余裕がないという人は、中古車にも目を向けてみて!

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・軽自動車やコンパクトカー以外でもコスパ最高な人気車種は見つかる!

・新車を購入するなら、利用目的を考えながら欲しい車を探してみることが大切!

・中古車なら新車よりも価格が安いだけでなく、幅広い車種で選択肢も広がる!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >


 

200万以下という低価格でも満足度の高い7車種!

新車で200万円以下というと、軽自動車やコンパクトカーが中心と思っている人もいるかもしれません。しかし、実際には人気のSUVやミニバン、セダンといったタイプも数多くラインアップされています。200万円以下という低価格でも購入できる満足度の高い7車種について、その特徴と魅力をご紹介します。

 

ホンダ・フリードはミニバンなのに180万円台!

「ちょうどいい」をコンセプトに開発されたのが、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」です。ミニバンながら運転しやすいボディサイズで、室内空間も広々としています。また、シートアレンジも多彩で、機能の充実さが魅力です。

 

そして、なんといってもJC08モードで最大27.2km/Lという低燃費を実現しているのにも関わらず、力強い走りと優れた静粛性によって、車としての質感が大きく向上しています。ミニバンは少し苦手という人にもおすすめです。

 

ホンダ・グレイスは190万円以下で買えるセダン

セダンの魅力を徹底的に追及しながらも、従来のイメージを大きく変えたホンダのコンパクトセダン「グレイス」。5ナンバーサイズのコンパクトなボディならではの扱いやすさと、優れた燃費性能を兼ね備えています。

 

また、アッパーミドルのような室内空間の広さと上質さも魅力のひとつで、ファミリーユースとしても人気です。EV発進を可能にした「スポーツハイブリッドi-DCD」が搭載され、ハイブリッドセダンでトップクラスの燃費性能を誇ります。

 

トヨタ・シエンタはたくさん載れるのに160万円台という低価格!

5ナンバーサイズでありながら、3列シートで7人乗りが可能なトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」は、160万円代という低価格で購入することができます。その運転のしやすさからも、男女を問わず高い人気を誇っています。

 

特にハイブリッドタイプはJC08モードで最大27.2km/Lという、他のミニバンタイプを圧倒する低燃費を実現しています。また、ファミリーカーとは思えないほどスポーティーで、この個性あふれるデザインがシエンタの魅力のひとつです。

 

低燃費なのに低価格、トヨタ・ヴィッツは120万円という驚きの価格!

トヨタを代表するコンパクトカーとして知られている「ヴィッツ」ですが、国内外で人気の高い車種として知られています。その力強い走りと、JC08モードで最高34.4km/Lという低燃費を実現していることは魅力のひとつです。

 

排気量1.0L、1.3L、1.5Lの3種類から選べるヴィッツは、同じくトヨタの人気車種として君臨するアクアよりも魅力に感じる人は少なくありません。また、エンジンルーム内に余裕ができたことからも、小回りの利く小型車として重宝されています。

 

日産・ノートは140万円台からという価格設定

低燃費走行をサポートする先進技術が搭載された日産「ノート」も、コンパクトカーのなかでは注目されている一台です。予最近では2018年の登録車販売台数No.1に輝くなど注目されている車種のひとつで、中古車市場でも高い人気を誇っています。

 

最近、特に注目されているのはe-POWERです。エンジンを発電専用とすることにより、JC08モードで37.2km/Lというお財布にも優しいクラストップレベルの低燃費を実現しています。そこに高い静粛性を兼ね備え、確固たる地位を築いています。

 

カローラ・アクシオは150万円台とセダンなのにリーズナブル

トヨタの大人気セダン「カローラ・アクシオ」は、大人4人が快適に、そして安心して長距離を運転できるようにと開発されました。また、カローラの歴史の中では初となる外形サイズのコンパクト化を実施しています。

 

ハイブリッドを含む豊富なモデルバリエーションも魅力のひとつで、トヨタの安全運転支援機能「トヨタセーフシティーセンスC」も搭載されています。コンパクトセダンとして魅力がたっぷりと詰まった内容となっています。

 

小さなおすすめSUV!色もカラフルなスズキ・ハスラー

かわいくてユニークなスタイルが特徴のスズキのクロスオーバーSUV「ハスラー」は、女性を中心に人気の高い車種です。「遊べる車」がコンセプトなだけあって、カスタムパーツも豊富で、購入後も目いっぱい楽しめる一台となっています。

 

また、雪道などでも苦に感じない走行性能の高さは軽自動車とは思えないほどです。そのパワフルな印象とは一転して静粛性も高く、落ち着いたドライブも楽しめます。女性でも比較的運転しやすいので、カップルで交代しながらのドライブも良いかもしれません。

 

小さくたってたくさん積める!一度乗ったら手放せない軽自動車3車種

税金や小回りの良さなどから軽自動車に魅力を感じている人も少なくありません。最近発売されているモデルは普通車にも劣らない室内空間の広さが魅力で、一度乗ったら手放せないという人が続出しています。小さくたってたくさん積むことのできる、利便性の高いおすすめの軽自動車をご紹介します。

 

ホンダ・N-BOX

スーパーハイトワゴンとして注目されているホンダの軽自動車「N-BOX」は、子育て世代から圧倒的な人気を得ています。20代の独身女性には大きすぎるのではと感じるかもしれませんが、その女性らしいデザインからも購入を検討する人は少なくありません。

 

軽自動車にも関わらずその圧倒的な存在感と室内空間の広さは大きな魅力のひとつといえるでしょう。また、後部ドアにスライドドアが採用されていることからも、乗り換え時に同乗者が勢いよくドアを開けて隣の車にぶつけると

いった危険性も防ぐことができます。

 

ダイハツ・ムーヴ

軽自動車の本質を低燃費・低価格をベースとしているダイハツの軽自動車「ムーヴ」は、室内空間の広さはもちろんのこと、高い走行性能や積載性が魅力の万能型です。それでいて、新車で110万円代から購入できるというコスパの良さがあります。

 

また、JC08モードで最大31.0km/Lという低燃費を実現し、他の追随を許さない性能の高さも人気の理由のひとつです。トールワゴンの代名詞ということで大きさがピックアップされることも少なくありませんが、実用性の高さは折り紙付きです。

 

スズキ・ワゴンR

軽ワゴンタイプの王道でもあり、スズキの看板モデルである「ワゴンR」も、2017年より新型モデルが発売されています。新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」をはじめとした、スズキの最新技術が惜しみなく投入されています。

 

また、スズキの次世代環境技術「SUZUKI GREEN Technology」が搭載され、高効率によって33.4km/Lという低燃費の走行を実現しています。そして、見た目以上に室内空間は広々としており、使い勝手の良いデザインが魅力のひとつです。

 

時代はハイブリッド!ガソリン代も税金も節約しよう!

やはり、燃費代を節約するためにもハイブリッドが気になっている人もいるのではないでしょうか。これまでにない低燃費を実現しているため、お財布にも優しいとして人気を集めるスタンダードスタイルとなりつつあります。そんなハイブリッドモデルの中でも、特におすすめしたい3車種についてご紹介します。

 

トヨタ・プリウス

ハイブリッドの代表格ともいえるのがトヨタの看板モデル「プリウス」です。世界初の量産型ハイブリッドカーとして発売されて以降、現在も不動の人気を誇っています。その魅力となる燃費性能も、JC08モードで40.8km/Lを実現しています。

 

また、TNGAと呼ばれる次世代型プラットフォームが採用されており、いままでにない快適な乗り心地を体感することができます。さらに、プリウス搭載の「E-Four」は電気式モーターで駆動するため、街乗りやデイユースでのストレスが軽減されます。

 

スズキ・スイフトハイブリッド

そのスポーティーな外観から、車好きから愛されるスズキのコンパクトカー「スイフト」は、他メーカーの車種とは少し違った楽しみ方ができるかもしれません。燃費性能の良さだけでなく、それ以上の魅力を体感することができます。

 

速度計やタコメーターの目盛りを細かく設定できるところも車好きから高い支持を得る理由のひとつです。また、広めの収納スペースを確保しているため、ドライブだけでなく、普段の買い物や送り迎えなどでも、その実力を発揮してくれます。

 

トヨタ・アクア

小型ハイブリッド乗用車として人気の高いトヨタ「アクア」も、発売されてから揺るぎない人気を獲得しています。その魅力は世界最高水準の燃費性能にあり、JC08モードで34.4km/Lという低燃費だからこそ、燃料費を気にする必要がありません。

 

アクアの室内空間はコンパクトSUVよりも広めに設計されており、ストレスを感じることなく走行が可能です。十分な収納スペースも確保されていることからも、燃費性能だけでなく、すべてにおいて完成度の高い車種として、さまざまなシーンで活用できます。

 

新車を買う余裕がないという人は、中古車にも目を向けてみて!

やはり、予算という観点から考えると、新車の購入は難しいと感じている人もいるかもしれません。少しでも安く抑えたいということであれば、中古車にも目を向けてみるという選択肢もあります。その魅力は一体どのようなところなのか、可能性が広げられる中古車についてご紹介します。

 

中古車の値段はリーズナブルで魅力的

中古車の魅力は、なんといっても新車よりもお得に購入できるところです。新車ともなれば、最低でも100万円以上の予算は必要になってきますが、中古車なら軽自動車やコンパクトカーだけでなく、人気のSUVやセダンなども100万円以下で購入可能です。

 

また、新車だとなかなか手が出しにくいハイグレードモデルも比較的安く販売されているため、中古車市場に目を向ける人も少なくありません。型落ちとは言いつつも、新車並に質の高いモデルも数多くラインアップされ、選択肢も広がります。

 

中古車は壊れないか心配?信頼のおける中古車業者を選ぼう

とはいっても、新車とは違い、前オーナーが存在する中古車に不安を感じている人もいるのではないでしょうか。「購入後に不具合が起きそう」「もしも事故車だったらどうしよう」そんな心配を抱えないためにも、信頼の中古車販売店を選びましょう。

 

たとえば、ネクステージなら事故車や修復歴車は一切取り扱っていません。また、購入後のアフターサービスなども充実しており、保証内容もバッチリです。少しでも中古車に関して疑問を感じることがありましたら、お気軽に店舗スタッフまでご相談ください。

 

中古車を選ぶメリット

新車のメリットといえば、安心・安全が保証されているだけでなく、新型モデルをいち早く手にできるところでしょう。しかし、古いモデルは生産されなくなってしまうため、新車のみで探していると選択肢が狭まってしまうと感じることもあるかもしれません。

 

その一方で、中古車なら過去に発売されたモデルでも簡単に探すことができます。中古車の魅力は価格の安さですが、豊富なラインアップも選ばれる理由のひとつです。少しでも可能性を広げるために、中古車に目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

車が欲しくてもお金に余裕がない……そんな人でもコスパ良好で使い勝手に優れた車種はいくつかあります。それでも、中古車を選ぶ場合も新車を選ぶ場合も、メリットとデメリットを頭に入れながら信頼のおけるショップで購入しましょう。

 

お得な中古車のご購入なら、ネクステージにお任せください。全国に店舗展開し、豊富なラインアップを取りそろえていることが強みです。また、お客さま一人ひとりのご希望に合った一台をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

気になる車種をチェックする