中古車だけに選択肢はMAX!中古車選びのポイントとおすすめ軽自動車ランキング

クルマ購入ガイド

中古車だけに選択肢はMAX!中古車選びのポイントとおすすめ軽自動車ランキング

最近では「コスパ」のことを考える傾向が強いため、軽自動車の需要が高まっています。また、スポーツカーのような「かっこいい車」への憧れよりも、効率の良い車や小回りの効く車の方を好む人もいます。

 

そのため、各自動車メーカーが軽自動車の開発をどんどん進めていることも事実です。ただ実際に、どの車種を購入すれば良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、失敗しないために知っておきたい中古車選びのポイントとあわせて、いま大人気の軽自動車をご紹介します。

 

※目次※

1.中古車選びのポイントとは?

2. 本体価格と燃費から見る軽自動車おすすめトップ3

3. 車内空間の広さから見るおすすめ軽自動車トップ3

4. シンプルに人気で選びたい人へ!人気車種・モデルのおすすめ3車種

5. 何と言っても口コミで車を選びたい人へのおすすめ3車種

6. 失敗した!とならないための中古車選びのポイントは?

7. まとめ

 

■POINT

 

 

・中古車選びにおいて重要なポイントは、何を軸にして探しているのか

・失敗したと思わないためにも細かな部分までチェックして選ぶことが大切

・ひとつのこだわりに固執せず、いろいろな角度から総合的に判断しよう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

中古車選びのポイントとは?

中古車選びにおいて重要なポイントなのは、何を軸にして探しているのかです。自分の中で軸がはっきりしていなければ、希望合わない車種を購入して後悔してしまうかもしれません。では失敗しないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。中古車選びにおいて知っておきたいポイントについてご紹介します。

 

まずは燃費・車内空間の広さ・人気度を見よう

中古車を購入するにあたり、何を求めているのかを考えてみましょう。単純に趣味で選ぶなら人気度を重視しても良いですが、ライフスタイルの変化に合わせて購入する人も少なくありません。そのため、燃費や車内空間の広さも重要な判断基準となってきます。

 

たとえば、経済的にコスパの高い中古車を選ぶなら燃費の良いハイブリッド車がおすすめです。また、結婚や出産などで家族の人数が増えたことにより、サイズに余裕のあるミニバンやSUVといったタイプを購入するといった選び方もひとつの方法です。

 

小回りの良さや価格の安さもポイントに

軽自動車を選ぶ理由のひとつとして、小回りの良さを挙げる人もいるかもしれません。実用性でいえば車内空間の広さも大切なポイントですが、そもそも運転が苦手という人であれば一回り小さいサイズの軽自動車を購入すると良いでしょう。

 

また価格的な要因からも選ぶ人が増えている軽自動車ですが、その中でも比較的安く購入できる車種があります。新車でも80万円台から販売されているものもあり、中古車ともなればその半額以下で良質な一台を購入できる可能性があります。。

 

目的や好みに合わせた5つのボディータイプ

ひと口に軽自動車といっても、さまざまなタイプが存在します。具体的には、大きく分けて「スーパーハイト」「ハイト」「セダン」「SUV」「トラック」の5つです。それぞれに特徴を持っているので、自分の使い道を考えながら検討してみましょう。

 

たとえば、大きな荷物を載せたり、小さなお子さまが同乗したりする機会が多い人であれば、車高の高いスーパーハイトタイプがおすすめです。後部座席のドアがスライド式となっているものもあるため、利便性が高くなっています。

 

本体価格と燃費から見る軽自動車おすすめトップ3

最低でも数十万円の出費となるからこそ、維持費のことも考慮しながら、経済的にもコスパの高い軽自動車を探しているという人も多いのではないでしょうか。少しでもお得な買い物をするためには、本体価格だけでなく燃費にも目を向けておく必要があります。その両方を兼ね備えたおすすめの軽自動車をご紹介していきます。

 

マツダ・キャロルのコスパはハイブリッドカー並み!

1962年に発売されてから、何十年も大人気車種の「マツダ・キャロル」。カタログに記載されている燃費は27.2〜37.0km/Lで、軽自動車の中では一番燃費が良いと言われています。

 

また、キャロルの魅力は燃費の良さだけではありません。普通車顔負けの安全性能が標準搭載されており、事故軽減をサポートしてくれます。そのため、安全面が気になり軽自動車にするか悩んでる人でも安心して購入できます。

 

スズキ・アルトは新車でも80万円台からというお得さ!

1979年から販売が続いているスズキの軽セダン・アルトは、低価格で購入できるコスパの高い車種として人気を博しています。軽量化に力を入れた結果、燃費は37.0km/Lとキャロルと並び軽自動車の中でも優秀なレベルです。

 

車内の広さを売りにしている他の軽自動車よりは、若干狭く感じてしまうかもしれませんが、それでも普段乗る分には、スペースに問題はさほど感じません。リアシートは大人が座ってもストレスを感じることなく、ゆったりと過ごせます。

 

みんなのエコカー!ダイハツ・ミライースは地球にもやさしい

軽量化による低燃費のさきがけ的存在として知られるのが、ダイハツ・ミライースです。一から構造を見直したことで、空気抵抗を減らすことと軽量化に成功し、結果的にJC08モードで35.2km/Lという低燃費を実現しています。

 

N-BOXやタントのように高さがあるわけではありませんが、ちょうど良い広さで十分満足いく空間でしょう。後部座席やハッチバック部分も広くなっており、乗降もラクラク行うことができます。たまに大きな荷物を載せる機会があった場合でも、困ることはないほどのスペースが確保されています。

 

車内空間の広さから見るおすすめ軽自動車トップ3

車を選ぶときには、車の中の広さを重要視する人も多いでしょう。家族連れや、アウトドアに利用したいなど用途はさまざまですが、デザイン性よりも広さを重視する人にはとても重要な問題です。そんな時はセダンやワンボックスなどを選ぶ人が多いとは思いますが、軽自動車にも車内が広い車はたくさん存在します。

 

そんな中でもおすすめの軽自動車をご紹介します。

 

ホンダ・N-BOXは車内空間広々で満足度も◎

スーパーハイトワゴンとして絶大な人気を誇っているのが、ホンダ・N-BOXです。高さ1.780m、室内長2.24mと、コンパクトカーとさほど変わらない室内空間の広さが人気の一要因となっています。後部座席はゆったりと寝られるほど広く、体の大きな育ち盛りの男の子でも窮屈には感じないでしょう。そのため、部活の送り迎えにも困りません。

 

また、今注目されている安全性能についてもしっかりと搭載されていますので、子育て世代はもちろんのこと、お年寄りにも支持されています。デザイン性も高い車ですので、「軽自動車はちょっと……」という男性にも人気です。

 

ダイハツ・ウェイクは車内空間の広さNo.1

アウトドアにピッタリな、若い世代に今大人気の「ダイハツ・ウェイク」は、タントをベースにつくられています。車高1.835m、室内長2.24mという広さで、いざという時の車中泊でも、窮屈さを感じることなくゆったりと眠れるでしょう。アウトドアによく出かける人にはおすすめの一台です。

 

また、後部座席を倒さなくても十分に収納できる積載力に驚く人もいるかもしれません。荷室の床下スペースは約90Lの容量があり、自転車も楽々積載できてしまう大きさが特徴です。

 

使いやすさを追求したトヨタ・ピクシスメガは車内の広さも素晴らしい!

ダイハツ・ウェイクをベースにしたピクシスメガは、トヨタの軽自動車の中でも一番の人気車種です。メガを冠しているだけあり、高さ1.80m、室内長2.21mのスーパーハイトワゴンとして知られ、25.4km/Lという低燃費を実現しています。

 

また、視界の良さも選ばれる理由のひとつで、アイポイントは5ナンバーのミニバンに匹敵する1,387ミリです。ドライバーの視点が高いと遠くまで見渡せるようになるため、他の軽自動車よりも安全に走行することができます。

 

シンプルに人気で選びたい人へ!人気車種・モデルのおすすめ3車種

「何を選べば良いのか分からない」という人もいれば「とにかく外見重視」と考えている人もいるのではないでしょうか。性能などにこだわりがなければ、シンプルに人気で選ぶという方法もあります。また、人気車種なら物足りないと感じることもありません。多くの人から支持される人気の軽自動車についてご紹介します。

 

スズキ・ワゴンRは時代が変わっても大人気!

“これぞ軽自動車”とも呼べる象徴でもあり、軽ワゴンのパイオニア的存在として知られるのがスズキ・ワゴンRです。バブルが崩壊して間もない1993年に初代が登場して以降、圧倒的な人気を誇っている軽自動車のひとつです。

 

ワゴンRの魅力は、どの角度から判断しても見劣りする部分がないところにあります。最高33.4km/Lという低燃費だけでなく、小回りにも優れています。しかも、サイズの割には車内空間に余裕があり狭さを感じさせません。

 

スーパーハイトといえばダイハツ・タント

ダイハツ・タントは、ボンネット部分が短く視界が広いため、運転しやすい車種として人気があります。デザイン性も高く、女性からも多くの支持を得ています。スーパーハイトワゴンとしての居住性も追及され、開放的な空間が広がっています。

 

軽自動車なのに収納力は抜群で、ファミリーユースも可能です。またミラクルオープンドアの採用で、子どもの乗り降りにも優しいつくりとなっていることからも、子育て世代のドライバーにはおすすめの車種となっています。

 

女性のニーズに合わせたダイハツ・ムーヴキャンバス

独身女性を意識した、お洒落な生活雑貨のような軽自動車として人気を集めているのが、ダイハツ・ムーヴキャンバスです。丸くてスタイリッシュなデザインが特徴的で、気になるエクステリアはどことなくクラシカルな雰囲気を漂わせます。

 

ボディカラーは合計17種類あり、自分の好みに合わせて選べるのも魅力のひとつです。また外見のかわいさだけでなく、ドライバーが安全運転できるよう配慮されたつくりになっているなど、実用性も抜群です。

 

何といっても口コミで車を選びたい人へのおすすめ3車種

実際に乗ってみないとその車の魅力を知ることはできません。しかし、購入した人の意見であればリアルなものも多く、ぜひ参考にしたいという人もいるのではないでしょうか。中古車の購入時には、口コミから選ぶ方法もあります。インターネットの口コミサイトでも特に評価の高い軽自動車についてご紹介します。

 

小回りの利くダイハツ・ムーヴは見た目の良さも高評価!

■口コミ

「広めの車内はゆとりがありリラックスできますし、荷物もたくさん積めます」

「ちょっとしたセダンのようにフラフラ揺れたりせずに安定しています」

 

トールワゴンの代名詞ともいえる「ダイハツ・ムーヴ」。低価格にも関わらず高機能で低燃費にこだわって開発され、軽自動車として選ぶ人も少なくありません。高い走行性能や積載性といった魅力も兼ね備えた万能型です。

 

カラーバリエーションの豊富さも人気の秘訣!日産・デイズルークス

■口コミ

「車内は高さがあり、小さい子どもを立たせて着替えさせたりできて便利です」

「座席はクッション性も良くて座り心地がよく、長時間乗っていても疲れません」

 

日産「デイズルークス」は、軽自動車なのに車内は広々としており、バリアフリーの自動車として高く評価されています。そして、豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつです。単色はもちろんのこと、ツートンカラーの種類も数多くラインアップされています。

 

ホンダ・N-WGNは安全性・燃費・車内空間の広さで満足間違いなし!

■口コミ

「N-WGNは丁度良い広さでスペースを上手に使うことができます」

「本当に軽自動車なのかと思うくらい、非常にキレのある加速です」

 

一歩先を行く安全性から、ホンダ「N-WGN」は軽自動車で初めて新・安全性能総合評価で最高ランクを獲得しています。また、居住性や積載性を追求しているだけでなく、最高29.4km/Lという低燃費を実現する利便性の高い車種でもあります。

 

失敗した!とならないための中古車選びのポイントは?

新車よりも故障のリスクが高まる中古車選びは慎重になることが大切です。決して勢いで購入するのではなく、あらゆる角度から判断して良質な一台を購入しましょう。そのためには、いくつかの大事なポイントを知っておく必要があります。失敗しない中古車選びのポイントについてご紹介します。

 

事故車や水没車ではないか確認を!

車の骨格部分が損傷し、修理した車のことを修復歴車と呼びます。事故歴あり/なしで認識している人もいるかもしれません。相場よりも比較的安く購入することができる反面、不具合が発生するリスクは高まってしまいます。

 

また、水害を受けた水没車は事故歴ありとして扱われません。そのため、知らずのうちに水没車を購入してしまうこともあります。いずれにしても高額な修理費がかかってしまいますので、購入前に必ず確認しておきましょう。

 

常にメンテナンスされていたかどうか聞いてみよう

走行距離を重視し過ぎてしまう人もいますが、走行距離が短いからといって必ずしも状態の良い車というわけではありません。車庫などで何年か放置されていれば、メンテナンスがしっかりとされていないこともあります。そのため年式と一緒に確認することが大切です。

 

また、信頼のおける中古車販売店であれば、定期的にメンテナンスがされていたのかどうかについての情報もしっかりと教えてくれます。このような細かなことまで隠すことなく公開してくれる中古車販売店に相談してみると良いでしょう。

 

諸費用を含めた総計金額は許容範囲?

中古車の購入金額は、主に「車両価格」と「手数料」の2つを合計したものです。仮に車両価格が安くても、そこに上乗せされる手数料が高くなっているかもしれません。中古車販売店によっては、この手数料で誤魔化すといった手口を使うところもあるので、信頼できる販売店を利用しましょう。

 

購入前に必ず実物を確認しよう!

事故歴の有無やメンテナンスがしっかりと行われていたかどうかを確認するためには、現車確認をする必要があります。止まっている状態だけでもコンディションをチェックすることはできますが、実際に試乗してみることも大切です。

 

何か問題があれば、運転中に違和感があるかもしれません。試運転をしてみることで、目で見るだけとは違った感覚が出てくることもあります。また、もし試運転を断られるようなことがあれば「何かある」と考えた方が良いでしょう。

 

最終的には信頼のおける中古車販売業者を選ぶ!

とはいっても、新車とは違い前オーナーが存在する中古車に不安を感じている人もいるでしょう。「購入後に不具合が起きそう」「もしも事故車だったらどうしよう」そんな心配を抱えないためにも、信頼のおける中古車販売店を選びましょう。

 

まとめ

正しい中古車選びのポイントは、たったひとつのこだわりに捉われすぎないことです。あらゆる角度から総合的に判断して、本当に良質だと思える一台を探しましょう。また、修復歴などで嘘をつく業者もあるため、どこで購入するかを決めることも大切です。

 

ネクステージでは、お客さま一人ひとりが安心して中古車をご購入いただけるためのサービスを用意しおります。また、本当に良かったと思ってもらえるよう真摯に向き合っておりますので、少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

気になる車種をチェックする