人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?|ニュースリリース

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

車を購入しようと決めたら、まずはどの車種にするのかを検討しなければなりません。世間ではどのような車が人気を集めているのか、購入や買い替えを検討している車について調査しました。

 

■はじめに

車は一度購入したら数年間は乗り続けるのが一般的なので、ほとんどの方は長い間快適に乗り続けられる車を選びたいものです。とはいえ、車はメーカーやボディタイプ、カラーなど検討するポイントが多数あるため、どの車を選べば良いのか迷ってしまう方もいるでしょう。

 

実際にどのポイントを重視するか、どのようなタイプを選ぶのかは人それぞれですが、車選びの参考に人気車種が知りたいという方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、ネクステージでは車の購入や買い替えを検討している車についてアンケートを実施しました。メーカーやボディタイプ、カラーなど、どのような車種が人気を集めるのか、調査の結果を紹介します。

 

■調査概要

・調査内容:「車」に関する調査

・調査方法:インターネット

・調査期間:2022年1月21日~2022年1月26日

・有効サンプル数:20~59歳の男女449名

 

調査結果のサマリー

車の購入や買い替えを検討している方の多くは、使い勝手の良さや安全面を考慮して選ぶ傾向が見られました。運転のしやすさや、自分のライフスタイルに合った車を選ぶことはもちろん、安心して運転できるかどうかを重要なポイントとするのは自然なことです。

 

一方、ボディタイプについては年齢や性別による傾向の違いが顕著に現れました。男性は年齢に応じて検討するボディタイプの傾向が変化するのに対し、女性は年齢を問わず軽自動車が人気です。

 

また、実際に購入を検討している車種を選ぶ際は、見た目やデザインで決める方が最も多いこともわかりました。長期間ともに過ごすパートナーだからこそ、飽きの来ない気に入った車かどうかも重視して選ぶ方が多いようです。

 

調査結果

■購入・買い替えでは8割以上の人が国産メーカーを検討

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

車の購入・買い替えを検討しているメーカーを質問したところ、80%以上の方が国産メーカーを検討していると回答しました。内訳を見てみると、「トヨタ」が33%、「ホンダ」と「日産」がそれぞれ約12%と、3社だけで全体の50%を占めています。日本の自動車業界の主要企業と言われる3社だけあり、人気の高さがうかがえます。

 

一方、「輸入車」と回答した方はわずか8%程度でした。デザイン性が高く特別感もある輸入車に憧れる方は多いようですが、車検などの維持費や故障したときのことを考えると、実際に候補として検討するのはハードルが高いと感じている可能性があるのではないでしょうか。

 

また、約10%の方は「特にない/分からない」と回答しており、メーカーはそれほど気にしない方も一定数いることがわかりました。

 

■輸入車はメルセデスベンツが1番人気

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

購入・買い替えを検討している輸入車メーカーについての問いには、1位が「メルセデスベンツ」で約28%、2位は「BMW」で約18%、3位は「フォルクスワーゲン・ボルボ」でともに約13%でした。

 

メルセデスベンツは2位以下と10ポイント以上も差をつけており、圧倒的に人気があることがわかります。ベンツは外観の完成度が高い点はもちろん、不具合が起きにくい耐久性の高さや、流通量が多いことで万が一故障をしても部品が手に入りやすい点なども人気の理由なのではないでしょうか。

 

ちなみに、次に多かったのが「その他」と回答した方です。輸入車メーカーは国産メーカーよりもさらに選択肢が増えるため、個人の好みやこだわりにより、検討するメーカーも大きく割れるようです。

 

■日常や街乗りに適したボディタイプに人気が集中

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

検討しているボディタイプについての調査では1位が「軽自動車」、2位は「コンパクトカー」、3位が「SUV/クロカン」という結果になりました。運転しやすく小回りもきくボディタイプや、アウトドアシーンにも活躍するボディタイプが上位を占めており、実用性の高さを求める方が多いようです。

 

男女別・年齢別でも傾向が異なります。例えば、男性の場合20~29歳にはSUV/クロカンが人気で、純粋に自分が欲しい車種を選ぶ傾向があると考えられます。30~39歳はミニバンが人気で、結婚や子供が生まれたなどのライフスタイルを考慮している可能性があります。50~59歳になるとセダンが人気です。ファミリーカーを選ぶ必要がなくなり、憧れの車を選ぶ方が増えることが理由ではないでしょうか。

 

一方、女性は20代・30代・40代ともに軽自動車を検討している方が最多です。運転のしやすさや家庭のセカンドカーとして使用する点が理由と考えられます。なお、40~49歳では軽自動車と並んでミニバンが最多となっている点も特徴です。家庭のメインカー、セカンドカーそれぞれの需要があるからと考えられるでしょう。

 

■人気カラーはホワイト・ブラック・シルバー系!

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

ボディカラーは飽きの来ないオーソドックスなカラーが人気のようです。「白・パール」と回答した方が約25%と全体の4分の1を占めています。白・パールは汚れが目立ちやすいイメージがあるものの、清潔感があり万人受けする定番カラーです。カラーで迷った場合も、選びやすいカラーの一つでしょう。

 

次いで「ブラック」が約20%、「シルバー・グレー」が約17%と続いています。ブラックは傷や汚れが目立ちやすい反面、大人っぽく高級感があるカラーです。車のカッコよさにこだわりたい方や車が好きでこまめなお手入れも楽しめる方が多いため、人気を集めているのではないでしょうか。シルバー・グレーは傷や汚れが目立ちにくく、お手入れも楽な点が人気の理由の一つと考えられます。

 

■安全面と便利さを兼ね備えた装備が求められている

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

購入する際に外せない装備を上位3つまで回答してもらったところ、約40%の方が「ドライブレコーダー」を選択しました。「衝撃被害軽減システム」「前周囲カメラ・バックカメラ」もそれぞれ約20%の方が選択しており、安全面を重視している傾向があるようです。また、「キーレスエントリー・スマートキー」や「カーナビ」といった、あると便利な装備も外せないことがわかります。

 

ちなみに、年齢別でも傾向に違いが見られました。20~39歳では男女ともに「キーレスエントリー・スマートキー」「ドライブレコーダー」の回答が多く、便利さと安全の両方を求めています。一方、50~59歳は男女ともに「カーナビ」が最多でした。若いころにはなかった装備に便利さを実感しているのかもしれません。

 

■実際に購入を検討しているのは軽自動車からミニバンまで多彩

続いて、実施に購入を検討している車を自由回答してもらったところ、5位以内にトヨタ車が4つランクインしました。

 

1位 アクア

2位 プリウス

3位 VOXY

4位 N-BOX

5位 フリード、ノア

 

上位にランクインしている車のボディタイプを見ると、軽自動車からコンパクトカー、ミニバンまで多彩です。購入・買い替えを検討しているボディタイプについての調査結果でも軽自動車やコンパクトカーの回答が多かったことから、運転のしやすさや狭い道でも小回りがきくサイズ感は人気のようです。

 

■3割近くが見や目やデザインで購入する車を検討している

人気車種ズバリ分析!【第1回】性別・年代から見える傾向とは?

実際に購入しようと考えている車種を選んだ理由については、約30%の方が「見た目・デザイン」と回答しています。車種選びを左右するのは、見た目やデザインが大きなポイントとなるようです。長期間飽きずに乗り続けるためには、見た目やデザインが重要になるのではないでしょうか。

 

さらに約18%が「燃費・維持費」、約10%が「車体価格」を選択しています。購入時の車体価格よりも燃費や維持費を重視する傾向があるようです。確かに、長期的な費用を考えると、車両価格が多少かかっても燃費や維持費がかさまない車のほうが結果的には経済的なので、納得できる結果です。

 

まとめ

車の購入・買い替えを検討するにあたり、車を選ぶポイントは年齢や性別によっても大きく異なることがわかりました。こだわりの条件があったり、特定の車種を希望していたりする場合は別ですが多くの方は、結婚や子供の有無などのライフスタイルに応じた車種を選ぶのではないでしょうか。

 

とはいえ、最終的に購入しようとしている車種は、見た目やデザインで選んだ方が最も多かった点も特徴です。検討しているボディカラーに対する回答で、飽きのこないオーソドックスなカラーが人気を集めたように、長期間乗り続けることを考えると見た目やデザインの面でも飽きずに乗り続けられる車種を選ぶ方が多いといえそうです。

 

ネクステージについて

ネクステージは全国に200店舗を構える中古車売買の会社です。中古車はもちろん、未使用車も豊富に取り揃えています。全国総在庫30,000台(令和4年4月現在)を有しており、気になる車を最寄りの店舗まで取り寄せることも可能です。

 

軽自動車専門店、SUV専門店、正規輸入車専門店など、カテゴリー別専門店も展開しているため、何店舗も回って気になる車を探す必要がありません。取り扱っている車のメーカーやグレードもさまざまなので、きっとお気に入りの1台が見つかります。

 

また、ネクステージでは国家資格を有する専門メカニックによる万全の整備や、各種保証・メンテナンスにより安心・安全なカーライフをサポートします。車の購入・買い替えを検討中の場合は、ネクステージをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

社名:株式会社ネクステージ(https://www.nextage.jp/)

代表者:広田 靖治

所在地:〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町一丁目1番地 明治安田生命名古屋ビル14階

資本金:79億5,320万円

従業員数:3,979名

事業内容:新車・中古車販売、自動車整備、中古車買取、保険代理店事業

サービスURL:https://www.nextage.jp/

ページトップへ