人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる|ニュースリリース

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

車のメーカー、車種、装備など、車に関する希望や意識を調査しました。今どんな車が人気なのか?収入による分析から見える結果にも注目です。

 

■はじめに

あなたは愛車をどのように選んでいるでしょうか?車は移動手段として欠かせない生活必需品だという方もいる一方、趣味としてこだわりを持って車選びを楽しんでいる方もいるでしょう。

 

多くの方にとって生活の一部となっている車ですが、街を見渡せば国産車から輸入車まで、実にさまざまな種類の車が走っています。では、特に人気を集めているのは一体どのような車種なのでしょうか?

 

そこで今回は、車の買い替えや購入を検討している448人を対象に、購入希望のメーカーやデザイン、車種などについてアンケート調査を行いました。

 

調査結果から見えてくる、多くの人々に選ばれる車の特徴に、ぜひご注目ください!

 

■調査概要

調査内容:「車」に関する調査

調査方法:インターネット

調査期間:2022年1月21日~2022年1月27日

有効サンプル数:20~59歳の男女448名

 

調査結果のサマリー

今回の調査では、購入を検討している車のメーカーやボディタイプ、カラー、希望の装備などについて7つの質問を行いました。

 

購入希望メーカーについては、やはり国産車が圧倒的な支持を集める結果となっています。

 

一方、ボディタイプやカラーについては比較的人気が分散しているものの、ボディタイプに関しては回答者の年収の高低によって、回答結果にばらつきがあることが分かりました。

 

また、希望装備については、多くの車に標準装備されている安全や利便性に関する機能が特に人気を集めています。

 

最終的な車選びのポイントとしては、デザインと費用を挙げた方が多くいました。ここからは、調査結果をひとつずつ細かく見ていきましょう。

 

調査結果

■トヨタ車が圧倒的人気ながら、特に決めていない方も約15%

まずは、購入を検討しているメーカーについて質問してみました。

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

 

「購入・買い替えを検討しているメーカーはどれですか?(選択制)」という質問をしたところ、「トヨタ(33.3%)」と回答した方が最も多く、次いで「日産(11.4%)」、「ホンダ(9.8%)」という結果になりました。

 

1位のトヨタと回答した方は全体の約3分の1を占めており、2位の日産に大差をつけて圧倒的な人気を持つことが分かります。また、トヨタ、日産、ホンダの上位3社を回答した方の合計は全体の5割以上となり、上位3社に特に人気が集中していることが分かりました。

 

しかしその一方で、「特にない/分からない」と回答した方も14.7%おり、具体的に購入希望のメーカーについてこだわりを持たない方も一定数存在することが伺えます。

 

■輸入車はメルセデスベンツが一番人気

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

先ほどの質問で「輸入車(5.8%)」と回答した26人に対し、購入を検討しているメーカーについて伺ったところ、1位が「メルセデスベンツ(23.1%)」、2位が同率で「BMW」と「特にない/分からない」(15.4%)、そして3位が同じく同率で「アウディ」「ボルボ」「ポルシェ」(7.7%)という結果となりました。

 

輸入車を希望する方の中でメルセデスベンツを挙げたのは全体の約4分の1で、特に高い人気を持つことが見て取れます。次いでBMWを希望する方も多く見られましたが、その他の車種については票が分散しており、人気に大きな差はないといえるでしょう。

 

また、具体的な車種の希望がない方も多くいることが分かりました。輸入車を保有すること自体にステータスを感じ、憧れる方が少なくないのかもしれません。

 

■維持費が安い軽や小型、ゆったり乗れるSUVやミニバンに人気が集中

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

次に、「購入を希望する車のボディタイプは次の内どれですか?(選択制)」という質問をしたところ、「軽自動車(20.8%)」と回答した方が最も多く、次いで「コンパクトカー」「SUV/クロカン」(19.6%)、「ミニバン(15.4%)」という回答が続きました。

 

初期費用や維持費が安く、保有しやすい軽自動車やコンパクトカーが人気を集めているようです。また、街中だけでなくレジャーでも活躍できるSUVやミニバンも上位に位置していることから、多くの方が車に万能さや使い勝手の良さを求めていることが分かります。

 

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

 

さらに年収別に見てみると、年収が400万円未満の方では軽自動車を希望する方が最も多いのに対し、400万円以上の方ではSUV/クロカン、ミニバンを希望する方が多く、傾向に差があることが分かりました。やはりコストが低い車は人気のようですが、ある程度収入がある方は欲しい車に手が届きやすいのかもしれません。

 

■人気カラーはホワイト・ブラック・シルバー系!

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

軽自動車やコンパクトカーが人気を集めていることが分かりましたが、デザインについてはどのような意見を持っているのでしょうか。

そこで、希望のボディカラーについてもアンケートを実施したところ、一番多くの回答を集めたのは「白・パール(29.5%)」で、次に「ブラック(19.2%)」、「シルバー・グレー(13.2%)」と続きました。

 

車のボディカラーは車種によってもさまざまで、多彩なカラーが展開されていますが、上位にランクインしたのは全て定番といえるカラーでした。

 

車を日常使いする方が多い中では、派手すぎずにどんなシーンにもなじみやすい落ち着いたカラーが選ばれやすいのかもしれません。

 

一方で、レッド・ワイン、ブルーと回答した方も比較的多くいました。鮮やかなカラーですが街中でもある程度見つけやすく、個性を発揮したい方に人気を集めているのではないでしょうか。

 

■安全、便利を重視した快適なドライブを希望する方が多数

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

ところで、実際に車を利用する際、多くの方が重視していることは何でしょうか。「購入する際に外せない装備はどれですか?」という質問をし、選択肢の中から上位3つまで選んでもらいました。

 

最も多くの方が選択したのは「ドライブレコーダー(42.4%)」で、実に半数近くの方が回答しています。また、「衝突被害軽減システム(26.3%)」も4分の1以上の方が選択しており、多くの方が安全面を重視していることが分かりました。

 

一方、「カーナビ(40.2%)」や「キーレスエントリー・スマートキー(33.5%)」など今や定番となっている機能を回答した方も多く、便利さや快適さを重視している方も多いことが分かるでしょう。

 

■室内空間が広いミニバン人気が高い

ここまで購入希望の車の特徴についてのアンケート結果を見てきましたが、具体的にはどのような車種が人気なのでしょうか。自由回答で希望の車種について質問をしたところ、1~5位は以下の結果となりました。

 

1位 アルファード

2位 ハリアー、レクサス

3位 アクア、カローラ

4位 VOXY、ルーミー、N-BOX

5位 タント、ノア、ヤリス

 

1位にランクインしたアルファードは、トヨタを代表する大型ミニバンの人気車種です。また、4位と5位にランクインしたVOXYとノアもトヨタのミニバンであり、ミニバンが特に高い人気を集めていることが伺えます。車体が大きく室内空間が広いため、運転者だけでなく同乗者も快適なドライブを楽しむことができる点が人気の理由かもしれません。

 

■見た目重視!金銭面は車両価格よりも維持費のほうが気になるポイント

人気車種ズバリ分析!【第2回】車に対する希望は収入によっても異なる

先ほどの質問で回答した車種を選んだ理由を選択制で聞いてみたところ、「見た目・デザイン(30.1%)」と回答した方が最も多く、次に「燃費・維持費(17.3%)」、「車両価格(10.7%)」と続く結果となりました。

 

約3割の方が見た目やデザインを理由に購入車種を検討しており、車で個性を発揮したりおしゃれを楽しんだりしたいと考える方も多いようです。

 

一方、金銭面では車両価格よりも燃費や維持費を理由に選ぶ方が多くいました。車は5年から10年と長く乗る方も多く、その間にはガソリン代はもちろん、車検代や保険料も多くかかります。

 

長い付き合いとなる車は、長い目で見て買うときよりも買ってからかかる費用のほうを重視する方が多いのかもしれません。

 

■まとめ

今回のアンケートでは、購入車種として国産車を希望する方が最も多く、中でもトヨタ車が圧倒的な人気を集めていることが分かりました。また、輸入車を希望する方の間ではメルセデスベンツが人気ですが、希望する車種が特にないという方もいるようです。

 

購入を検討している車のタイプについてはコストが安い軽や小型が人気ですが、具体的な車種を挙げてもらうと、室内空間が広く使い勝手のいいミニバンも多く名前が挙がりました。コストは購入費用よりも、買ってからかかる燃費や維持費について重視する方が多いようです。

 

一方、カラーは定番のホワイト・ブラック・シルバーなどの落ち着いたカラーが人気でした。また、機能や装備の面ではドライブレコーダーやカーナビなどを挙げる方が多く、安全面と同時に便利さや快適性も車選びの重要なポイントといえるでしょう。

 

■ネクステージについて

ネクステージでは、専任熟練バイヤーの徹底的な調査とこだわりの仕入れにより、国産車から輸入車まで、人気の車種やカラー、グレードなどを豊富に取り揃えています。

 

一方、修復歴車は一切販売を行わないため、中古車であってもコストを抑えながら安心して車を購入することができます。また、契約・納車時には車両状態の説明とチェックをお客様と一緒に行い、納車前には整備も万全に行いますので、安心してお求めください。

 

さらに、毎日他社の価格を調査し設定しなおすことで、いつでもベストプライスで車両を提供しています。ネクステージなら車両価格を抑えつつ圧倒的な品揃えで、きっと希望の車と出会うことができるでしょう。車を購入希望の方はぜひ一度、お近くの店舗までご相談ください。

 

  • 社名:株式会社ネクステージ(https://www.nextage.jp/)
  • 代表者:広田 靖治
  • 所在地:〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町一丁目1番地 明治安田生命名古屋ビル14階
  • 資本金:79億5,320万円
  • 従業員数:3,979名
  • 事業内容:新車・中古車販売、自動車整備、中古車買取、保険代理店事業
ページトップへ