ダイハツタントを買うか迷っている人へ|価格、燃費、機能、サイズを紹介!

車種ガイド

ダイハツタントを買うか迷っている人へ|価格、燃費、機能、サイズを紹介!

軽自動車を買うのであれば、「人気のダイハツタントがいいな」と考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、ダイハツタントのオススメ機能や価格帯、燃費など、気になる情報について解説していきます。

 

また、ダイハツタントが欲しいけれど少し高いと感じている人のために、安く購入するためのポイントも紹介していきますので、併せてご覧ください。

 

※目次※

1.ダイハツタントを買うか迷っている人へ|価格、燃費、機能、サイズを紹介!

2.ダイハツタントとは

3.ダイハツタントを買うべき理由となる機能

4.ダイハツタントの燃費

5.ダイハツタントの価格

6.ダイハツタントのサイズ

7.ダイハツタントを安く買うためにはどうすればいいの?

8.まとめ

 

■POINT

 

 

・軽トールワゴンを代表するダイハツの軽自動車「タント」は、2019年7月にフルモデルチェンジされた新型が発売開始!

・乗り降りが楽なミラクルオープンドアや先進的な安全性能など、優れた機能が数多く搭載されている

・タントの新車が高いと感じたら中古車がおすすめ、できるだけ安く購入したいならネクステージに相談しよう!

 

 

ダイハツ タント の中古車相場をチェックする! >

 

ダイハツタントとは

ダイハツタントは、「背の高い軽自動車」の代名詞ともいえる、ダイハツの軽トールワゴンです。高さがあるため車内は広々としており、子どもの乗り降りや荷物の乗せ降ろしも楽におこなえるので、子育て世帯からシニア世帯まで幅広い層の支持を集めています。

 

これまでの軽自動車のイメージを覆すファニーなデザインとともに、カラーラインナップも豊富で、若い女性にも人気の車種です。

 

イタリア語で「とても広い」「たくさんの」という意味があるタント(tanto)は、シリーズの累計販売台数が200万台を超えるという実績もあります。

 

モデルチェンジして新型ダイハツタントへ!

東京モーターショー2017でダイハツがコンセプトカー「DN U-SPACE(ディーエヌ ユー スペース)」を発表しました。ダイハツは明言していませんが、このモデルが今後のタント新型のモデルになると言われています。そして現在噂されている、モデルチェンジ後の新型タントには以下の変更点があると予想されています。

  • 運転席と助手席もスライドドアに
  • 助手席を折りたたむことで、さらに広いスペースを確保
  • 現行モデルより低燃費となる技術を採用

 

これまでフルモデルチェンジをおこなった周期から考えると、現行のタントが4代目となる新型ダイハツタントにフルモデルチェンジするのは、2019年の秋頃だと予想することができます。まだ正式な発表はありませんが、新型タントが発売されるタイミングで購入するというのもひとつの方法です。

 

2019年7月9日に、フルモデルチェンジされた新型タントが発売開始しました。ダイハツの次世代技術「DNGA」の考え方に基づいた新プラットフォームの採用により、走行性能を大幅に改善していることが特徴です。

 

ダイハツタントを買うべき理由となる機能

ダイハツタントは、乗り心地のよさをはじめ、運転のしやすさや安全性、使い勝手のよさなど、さまざまな魅力があります。ここでは、現行のダイハツタントが選ばれる理由でもある、オススメの機能について確認しておきましょう。

 

乗り降りしやすいミラクルオープンドア

ダイハツタントは助手席側のセンターピラーがないミラクルオープンドアなので、楽に子どもを後部座席に乗せたり、チャイルドシートへ移動したりすることができます。

 

助手席を前にずらせば、かさばりがちなA型ベビーカーでも、そのまま乗せられて便利です。荷物が多くなりがちな、子ども連れのお出かけも快適に楽しめます。

 

新型タントにも、ミラクルオープンドアが採用されました。旧モデルより床の位置が16mm下がっているため、より乗り降りしやすくなっていることも特徴です。開けた際の幅も広く、後部座席へスムーズに乗り込めます。

 

豊富なボディカラー

好みによって選べる豊富なボディカラーも、ダイハツタントの魅力でしょう。

選べるカラーは以下の通りです。

  • ・ホワイト
  • ・ディープブルークリスタルマイカ
  • ・パールホワイトⅢ
  • ・ライトローズマイカメタリックⅡ
  • ・ブライトシルバーメタリック
  • ・ブラックマイカメタリック
  • ・プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ・ファイアークォーツレッドメタリック
  • ・ホワイト×ライトローズマイカメタリックⅡのツートーン・カラー(X“ホワイトアクセントSA Ⅲ”専用色)

 

このように多彩なカラーが用意されているため、様々な年齢や性別の人が、自分に合ったダイハツタントを選ぶことができます。

 

新型タントの場合、選べるカラーは上記のとおり9色、カスタムは7色+ツートーン3色です。カスタムカラーでは、9色のベーシックカラーでは選べない、パールブラック・プラムブラウンクリスタルマイカが選べます。

 

先進的な安全性能

ダイハツタントは先進の安全性能「スマートアシストⅢ」を装備しています。スマートアシストⅢの、安心機能をみていきましょう。

 

1.障害物を察知して止まる「衝突回避支援ブレーキ機能」

センサーが障害物を察知して、ブザーで警告するとともに、緊急度に応じて減速します。歩行者との衝突事故も避けられます。

 

2.ペダルの踏み間違えによる飛び出しを防ぐ「誤発進抑制制御機能」

10㎞/h以下のスピードでアクセルを強く踏み込んだ時に、障害物を察知して急発進を防ぎます。アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突事故防止に効果的です。

 

3.車線のはみ出しを防ぐ「車線逸脱警報機能」

60㎞/h以上のスピードで走行中に車線からはみ出すと、ブザー音でドライバーに警告します。高速道路で多い、車線のはみ出し事故も予防できるでしょう。

 

4.信号待ちの「うっかり」を防ぐ「先行車発進お知らせ機能」

ブレーキペダルを踏んでいるときに前の車が動き出すと、ブザー音でお知らせします。信号待ちでのうっかりも、しっかりサポートするので安心です。

 

5.自動でハイビームの切り替えをおこなう「オートハイビーム」

対向車のヘッドライトなどの明るさによって、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。夜道のドライブも快適になるでしょう。

 

安心のドライビングサポート

駐車や狭い道で衝突を避けるためにブザーでお知らせするコーナーセンサーや、車の前後後左右を確認できるパノラマモニターが運転をサポートします。の運転が苦手な人でも、安心してお出かけすることができます。

 

ファミリーに優しいロングスライド

新型タントには、運転席に540mm、助手席に380mmのロングスライド機能を搭載しています。それぞれを前後に目いっぱい動かすことで、車内での移動がしやすくなることがメリットです。

 

後部座席左側にチャイルドシートを乗せている場合、助手席を前にスライドさせれば、チャイルドシートの前に大きな空間ができるため楽に座らせられます。安全面に配慮し、停車時のみレバーを動かせる仕様であることも特徴です。

 

ダイハツ タント の中古車相場をチェックする! >

 

ダイハツタントの燃費

ダイハツタントの走行燃費をまとめました。

グレード

駆動方式

走行燃費

市街地

郊外

高速道路

Xターボ

2WD

25.2㎞/L

17.5㎞/L

21.4㎞/L

20.4㎞/L

Xターボ

4WD

18.8㎞/L

16.7㎞/L

20.1㎞/L

19.0㎞/L

X

2WD

27.2㎞/L

18.4㎞/L

22.8㎞/L

21.6㎞/L

X

4WD

25.4㎞/L

17.6㎞/L

21.7㎞/L

20.5㎞/L

L

2WD

27.2㎞/L

18.4㎞/L

22.8㎞/L

21.6㎞/L

L

4WD

27.0㎞/L

25.4㎞/L

17.6㎞/L

21.7㎞/L

カスタムRS

2WD

25.2㎞/L

17.5㎞/L

21.4㎞/L

20.4㎞/L

カスタムRS

4WD

23.8㎞/L

16.7㎞/L

20.1㎞/L

19.0㎞/L

カスタムX

2WD

27.2㎞/L

18.4㎞/L

22.8㎞/L

21.6㎞/L

カスタムX

4WD

25.4㎞/L

17.6㎞/L

21.7㎞/L

20.5㎞/L

カスタムL

2WD

27.2㎞/L

18.4㎞/L

22.8㎞/L

21.6㎞/L

カスタムL

4WD

25.4㎞/L

17.6㎞/L

21.7㎞/L

20.5㎞/L

グレードによる差はそれほどないものの、ターボ車は若干燃費が悪く、2WDに比べて4WDは燃費が悪くなる傾向にあります。使用環境や運転の仕方によっても燃費は変わりますので、あくまで目安として参考にしてください。

 

ダイハツタントの価格

気になるダイハツタントの価格ですが、グレードや駆動方式によって金額に違いがあります。下記の表でチェックしていきましょう。

グレード

駆動方式

メーカー希望小売価格

Xターボ “セレクション”

2WD

税込価格1,644,500円(税抜1,495,000円)

Xターボ “セレクション”

4WD

税込価格1,765,500円(税抜1,605,000円)

Xターボ

2WD

税込価格1,589,500円(税抜1,445,000円)

Xターボ

4WD

税込価格1,716,000円(税抜1,560,000円)

X “セレクション”

2WD

税込価格1,490,500円(税抜1,355,000円)

X “セレクション”

4WD

税込価格1,617,000円(税抜1,470,000円)

X

2WD

税込価格1,490,500円(税抜1,355,000円)

X

4WD

税込価格1,617,000円(税抜1,470,000円)

L

2WD

税込価格1,331,000円(税抜1,210,000円)

L

4WD

税込価格1,457,500円(税抜1,325,000円)

L(スマートアシスト非装着車)

2WD

税込価格1,243,000円(税抜1,130,000円)

L(スマートアシスト非装着車)

4WD

税込価格1,369,500円(税抜1,245,000円)

グレードや駆動方式によって若干の差はありますが、ダイハツタントの新車価格は150万円前後となっています。

 

ダイハツタントのサイズ

広々とした車内空間が魅力のダイハツタントですが、車の大きさや車内の広さを具体的に見ていきましょう。

  • Xターボ 2WD
  • 全長:3,395mm
  • 全幅:1,475mm
  • 全高:1,755mm
  • 室内長:2,180mm
  • 室内幅:1,350㎜
  • 室内高:1,370mm
  • 最低地上高:150㎜
  • ホイールベース:2,460㎜

 

車内の高さは、120cmくらいの子どもであれば、立っても余裕があります。また、リヤフロア高が370㎜と低いので、小さな子どもや高齢の方でも、スムーズに乗り降りできるでしょう。また、最低地上高が150㎜と低いので、小さな子どもや高齢の方でも、スムーズに乗り降りできるでしょう。

 

ダイハツ タント の中古車相場をチェックする! >

 

ダイハツタントを安く買うためにはどうすればいいの?

すぐにタントを購入したいけれど、「新車では予算が合わなくて買えない」という場合は、中古車を購入するという方法もあります。

 

中古車を購入するのであれば、信頼できる販売店で購入することが大切です。

 

ネクステージでは車種によって専門のバイヤーが仕入れをおこなっています。中古車の品質や品ぞろえのよさはもちろん、購入時の丁寧な説明や事前整備など、安心して購入していただくためのサービスを徹底しています。

 

さらに乗り換えであれば、車を買い取ってもらうことでさらに安く購入できますので、まずは一度相談ください!

 

車の購入時期を検討する

ディーラーで新車を購入する場合は、ディーラー特有の時期を狙ってみましょう。ディーラーでは、初売り・3月と9月の決算期・夏のボーナスといった月にイベントを実施し、値引きにより安く購入できる可能性が高まります。

 

また、これらのイベント月から1か月前までの時期も狙い目です。ディーラーでは、イベント開催の1か月前には内容を決めていることが多いため、イベント月まで待たなくても即決してくれる場合があります。

 

車の下取りの相談をする

現在乗っている車を下取りに出せば、下取り価格をタントの購入価格から差し引くことが可能です。下取りの査定は、無料で行ってもらえます。購入までスムーズに手続きが進むため、手間がかからないことも下取りのメリットです。

 

無料査定や下取りを検討するなら、ネクステージにお任せください。疑問点や不安なことがある場合でも、中古車の買取に抜群の実績をほこるネクステージのスタッフが、丁寧に分かりやすく対応いたします。

 

まとめ

今回の記事では、ダイハツタントの購入を迷っている方に向けて、有益な情報を解説しました。タントが買いたくても高くて手が出せないという場合は、中古車で購入したり、今乗っている車を下取りに出したりするのがおすすめです。

 

タントの購入に関して分からない点があるなら、ネクステージにご相談ください。全国100店舗以上に販売ネットワークを広げているため、今乗っている車を売ってタントが欲しい方でも、強い販売力を生かした高額査定が期待できます。

 

ダイハツ タント の中古車相場をチェックする! >