スズキスイフトを買うか迷っている人へ|価格、燃費、機能、サイズを紹介!

車種ガイド

スズキスイフトを買うか迷っている人へ|価格、燃費、機能、サイズを紹介!

スズキのスイフトといえば、国内のみならず世界的にも有名なコンパクトカーでも知られ、そのリーズナブルな価格やスポーティなデザインから、圧倒的人気なコンパクトカーの一つです。

 

現行は4代目となり、2種類のハイブリッドシステムや直噴ターボエンジンがラインナップに追加され、走行性能や燃費はトップクラスのレベルと言っても過言ではありません。そのため、新たに車を購入する人のなかには、スイフトも候補の一つに入っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、スイフトの価格や燃費、搭載されている最新機能や、安く購入するための方法についてご紹介します。

 

■POINT

 

 

・スイフトは4代目になり、より室内空間が広く、スタイリッシュなデザインに!

・ハイブリッドは2種類あり、ユーザーの用途・好みによって選ぶことができる

・スイフトを安く買いたい場合は、大手中古車販売店のネクステージにお任せください!

 

 

スズキ スイフトの中古車相場をチェックする! >

 

スズキスイフトとは

2000年に登場したスイフトは、ホンダのフィットやトヨタのアクアなどの各メーカーのコンパクトカーに対抗するために開発された、スズキを代表するコンパクトカーです。

 

スイフトのスポーツグレードである「スイフトスポーツ」は世界ラリー選手権(WRC)に参戦し、レースで培った技術を市販車へフィードバックしており、その完成度とブランドイメージが特徴的なグローバル車種として展開することに成功しています。

 

また、競争が多いコンパクトカークラスで勝ち抜くため、大幅な軽量化やハイブリッド技術を搭載したり、「自立自動ブレーキ」や自動で先行車を追従する「アダプディブクルーズコントロール」など最新の安全装備が搭載されたりと進化を続け、現在では4代目へと続いています。

 

ラリーなどのレースで活躍するため、どちらかといえばスポーツ志向のユーザーに好まれる傾向がありますが、現在のスイフトはスタイリッシュなボディに使い勝手の良い収納など、幅広いユーザーの用途に応える車に進化しています。

 

スズキスイフトを買うべき機能

スイフトは最新の安全装備が搭載されており、運転に慣れていない人でも安心して乗ることができます。

 

特にスイフトの安全技術は2016年度の「JNCAP予防安全性能アセスメント」において最高ランクを獲得するほどの信頼性があります。そこで、スイフトに搭載されているおすすめの機能をご紹介します。

 

デュアルセンサーブレーキサポート

フロントガラスの上部に設置した単眼カメラと、レーダーの2つのセンサーで前方の障害物や車線を検知し、運転中に起こる危険に対してドライバーのサポートをしてくれる機能となります。

 

デュアルセンサーブレーキサポートは「前方衝突警報機能」「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」「自動ブレーキ機能」と、3つの機能から成り立っています。

 

また、アクセルペダルを間違って踏むことによる急発進を防ぐ「誤発進抑制機能」や、走行中に車線をはみ出すと判断した時に警報で教えてくれる「車線逸脱警報機能」、蛇行運転をしていると警報を発する「ふらつき警報機能」、前の車が発進したにも関わらず自分が停止したままであることを教えてくれる「先行車発進お知らせ機能」といった多くの安全システムも搭載されています。

 

採用されているレーダーは夜間でも正常に作動するものを採用しており、単眼カメラの設置位置がワイパーの作動域にあるので、雨天時など関係なく、、どのような条件でも作動させることができるようになっています。

 

また、この機能は任意でON・OFFの切り替えもできるため、必要に応じて切り替えができます。

 

アダプティブクルーズコントロール

長距離ドライブや高速道路の長時間の運転は徐々に疲労が蓄積するため、ドライバーが疲れて移動先で十分に楽しめないということも考えられます。

 

その防止策の一つが、、アダプティブクルーズコントロールです。これは前の車との車間距離をキープしながら、自動的に加減速を繰り返して走行してくれるという機能です。

 

この機能はハンドルについたスイッチを押すだけで、前の車との距離をミリ波レーダーで測定し自動で距離を保ってくれます。さらに、車間距離は短・中・長と3段階に設定することができるため、道路状況に応じて最適な車間距離を指定することができます。

 

もし前に車がいない時は、約40km/h~約100km/hの間であらかじめ設定しておいた速度をキープして走行してくれます。

 

全方位モニター

車の運転で非常に大変なことの一つが、狭い場所での駐車です。慣れている人でも場所によっては気付かず擦ってしまったなんて経験もよく聞きます。

 

スイフトには「全方位モニター用パッケージ装着車」という機能があります。この機能は、車の前後左右4カ所にカメラが設置されており、専用のナビゲーションを設置することで、車を真上から眺めたような映像をモニターで見ることができます。

 

全方位モニターを使えば、運転席から見にくい場所も画面上で確認できるため、縦列駐車などの狭い駐車スペースに車を止めるときに安心して駐車することができます。また、前後やサイドに取り付けられたカメラ単体の視点にも切り替えることができるため、駐車場所に応じて気になる部分を重点的に確認することができます。

 

スズキスイフトの燃費

スイフトの燃費はグレードごとによって違いますので、それぞれ見てみましょう。

グレード別

燃費性能/L

フルハイブリッド

32.0km/L

マイルドハイブリッド

27.4km/L

ハイブリッドRS

27.4km/L

XL/XG/RS(1.2Lエンジン)

24.0km/L

RSt(1.0Lターボエンジン)

20.0km/L

 

スイフトは同クラスのコンパクトカーと同等か、それ以上の燃費を実現しています。その理由の一つが、全てのグレードにアイドリングストップ機能が搭載され、エンジンも1気筒あたり2つの燃料噴射装置(インジェクター)で効率よく燃焼させる「デュアルインジェクションシステム」を採用しているからです。

 

また、新型プラットフォームの「HEARTECT」の採用により、従来モデルと比べて120kg近い軽量化を実現し、バッテリーが存在する分重くなるというハイブリッドのデメリットの部分をカバーしています。そのため、フルハイブリッドの燃費はリッター30キロ超えと、驚異的な燃費を実現しています。

 

さらに、ターボモデルの「RSt」はカタログ値の燃費では他グレードと比べて劣るものの、エンジンは3気筒で車重も軽いため、ストップ・ゴーが多い街中での燃費はハイブリッドモデルに匹敵するほどの勢いがあります。

 

スズキスイフトの価格

スイフトの販売価格帯は以下の通りとなります。

グレード

価格

XL/XG

1,343,000~1,497,000円

RS

1,685,000~1,911,000円

RSt

1,704,000~1,867,000円

フルハイブリッド

1,668,000~2,016,000円

マイルドハイブリッド

1,625,000~2,008,000円

 

標準に加えて「セーフティパッケージ装着車」や「セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車」がある場合、10~15万円ほど高くなります。また、フルハイブリッドとRSt以外のグレードは4WDもラインナップされており、その場合は2WDと比べて15万円ほど高くなります。

 

初代スイフトであれば発売から時間も経過しているので、中古車価格も下がっています。さらに2代目からはデザインも大幅に向上しているため、中古車であっても古いという感覚にならないのも特徴の一つです。

 

3代目は現行の1つ前のモデルだけあり、人気も非常に高くなっています。燃費も大きく向上していますので、お買い得とも言えるでしょう。

 

スズキスイフトのサイズ

スイフトはコンパクトカーに分類されるため、普通車の中でも一番小さいクラスとなります。スイフトの寸法を見てみると、以下の通りとなります。

 

全高

1,500mm

全長

3,840mm

全幅

1,695mm

ホイールベース

2,450mm

室内高

1,225mm

室内長

1,910mm

 

コンパクトカーであるため、寸法だけで見ると車内は狭いイメージがあるかもしれません。。

しかし、スイフトは「HEARTECT(ハーテクト)」という新型のプラットフォームを採用し、車内空間を大きく取ることに成功しています。エンジンルームを極力小さくし、キャビン部分は水平でゆとりある空間にすることで、大人でも楽に足を伸ばすことができるサイズを確保しています。

 

また、新型スイフトはホイールベースが伸びたため、その分外観でコンパクトにまとめ、車内の空間は最大限活用したデザインとなっています。フロントドアの開き幅を大きく、リアドアの開口地上高を低めにすることで乗り降りしやすい設計となっていることも特徴です。

 

スズキスイフトはハイブリッドも人気!

トヨタのアクアやホンダのフィットなど、同クラスのコンパクトカーはハイブリッドに力を入れているなか、スイフトもハイブリッドがラインナップされており、ガソリン車と比べて人気となっています。

 

スイフトのハイブリッドは「マイルドハイブリッド」と「フルハイブリッド」の2種類のモデルがあります。

 

マイルドハイブリッドはスズキが従来から開発している「モーター機能付き発電機(ISG)」が発進時とアイドリングストップ後の再始動時に機能する役目を持っています。マイルドハイブリッドのモーターは小さくエンジンの補助だけのため、モーターだけで走ることはできません。

 

一方、フルハイブリッドは小型の駆動用モーターを独立して搭載しているため、エンジンが始動していなくても直接ホイールを駆動することができます。

 

フルハイブリッドはリチウムイオン電池も搭載しているため、マイルドハイブリッドに比べて車重が60キロほど重くなりますが、燃費は5キロほど良くなっています。価格も含めてどちらがいいか検討しましょう。

 

スズキスイフトを安く買うためにはどうすればいいの?

年度末の決算期や、ボーナス期を狙って車を買いに行くと安く購入できる可能性もあります。しかし、新車で購入したい場合は値引きにも限度があるため、おすすめは中古車で探すことです。

 

スイフトは発売当時から人気車種であるため、中古車市場にはかなりの台数があり、中古車であってもお気に入りのグレードやカラーの車を見つけることができるでしょう。また、新しいスイフトに乗りたい場合でも、中古車販売店で探せば新型のスイフトが見つかる可能性があります。

 

中古のスイフトを探す時のコツは、少しでも多くの中古車を取り扱っている大手の中古車販売店を利用することです。

 

中古車販売店のネクステージは営業スタッフが丁寧に対応することを心がけ、初めて中古車を購入する方でも安心してご利用いただけるように努めています。中古のスイフトを探す際は、ぜひネクステージにご相談ください!

 

まとめ

スイフトは低価格でコストパフォーマンスに優れており、モデルチェンジするごとにデザインの変更や燃費性能の向上が見受けられます。また、ハイブリッドモデルには2種類のハイブリッド技術が使われており、どちらもトップクラスの燃費を実現しています。

 

中古車であればお手頃価格のスイフトを見つけることもできるはずです。少しでも安く購入したいと考えている人は、ぜひネクステージに足を運んでください!多くの中古車の中から、あなただけの自動車を一緒に探してみませんか。

よく読まれている記事