車の買い替え時に必要な書類の種類と新車を手に入れるまでの流れを学ぼう

クルマ買い替えガイド

車の買い替え時に必要な書類の種類と新車を手に入れるまでの流れを学ぼう

自動車メーカー各社は次々と新たな技術を開発しており、それらを搭載した魅力的な新車を発売しています。「自動車が古くなった」、「もっと燃費の良い車にしたい」、「最新技術を搭載した車を楽しみたい」など、皆さんさまざまな理由から車の買い替えを検討するのではないでしょうか。

 

しかし、車の買い替えにどのような書類を用意する必要があるのか分からず不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、車の買い替え時に必要な書類の種類と新車を手に入れるまでの流れをご紹介します。

 

※目次※

1. 車の買い替え時に必要な書類

2. 車を買い替えるまでの流れ                                                                    

3. 車の買い替えに必要な書類は前もって用意するとラク

4. 車の買い替えに必要な書類を紛失した場合の対処方法

5. まとめ

 

■POINT

 

 

・車の買い替えには、さまざまな書類が必要となる

・しかし、実はすでに所有している書類や販売店が用意してくれる書類も多いため、実際に自分で用意すべき書類はそれほど多くない

・あらかじめ必要な書類を把握し事前に準備しておくことで、スムーズな買い替えを目指そう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の買い替え時に必要な書類

車を買い替える際には、代金の支払いと同時にいくつかの書類提出も必要ですが、具体的にどのような書類が必要なのか分からず不安に感じてしまうこともあるでしょう。必要な書類をあらかじめチェックし、買い替え時の手続きをスムーズに進められるようにしましょう。

 

自分で用意する書類は、実はそれほど多くない

車検証などすでに所持しているものが多いため、実は新たに自分で準備すべき書類の種類は少なめです。自分で用意するものと、販売店側が用意するものを確認していきましょう。

 

【自分で用意するもの】

・実印(軽自動車の場合は認印)

普通自動車の場合、購入時や売却時に必要です。市町村役場で事前に印鑑登録を済ませておきましょう。軽自動車の場合は認印で問題ありません。

 

・印鑑登録証明書(軽自動車は不要)

普通自動車の場合、購入時や売却時に必要です。

 

・住民票(軽自動車の場合のみ)

軽自動車を購入する場合に必要です。現住所の証明書類として使用します。

 

・車検証

売却時に必要です。車検証は各自車に携帯しているはずですので(道路運送車両法第66条で、自動車は車検証を備え付けなければならないことが規定されています)、これを提出してください。

 

・自賠責保険証明書

売却時に必要です。こちらも車に携帯しているはずですので(自動車損害賠償法第8条)、改めて準備する必要はありません。

 

・自動車納税証明書(軽自動車の場合は軽自動車納税証明書)

自動車税の納付書に付属している証明書です。売却時の必須書類ではないのですが、所有者の納税状況を確認するため提出を求められることがあります。

 

・自動車リサイクル券

売却時に必要です。

 

【販売店で用意してくれるもの】

・自動車保管場所証明書(軽自動車の場合、地区によっては不要)

購入時に必要です。購入した車の保管場所、保管状況を警察署に説明するための書類です。保管場所の所在図や配置図、住所などを記入した書類を警察署に提出することで車庫証明書を取得できます。

 

車庫証明書は業者で手続きをしてくれますが、その場合代行手数料が発生します。自分で準備すれば手数料はかかりませんので、ご自身で取得する場合にはその旨業者に伝えましょう。なお、軽自動車の場合はお住まいの地域により不要な場合もありますので、販売業者や警察署で確認をすると良いでしょう。

 

・委任状

購入時や売却時に必要です。自動車売買の登録手続きを販売業者へ委任する際に使用します。なお、軽自動車の場合、売却時には不要です。

 

・譲渡証明書(軽自動車は不要)

売却時に必要です。新しい所有者へ譲渡したことを証明する書類で、実印による押印が必要です。

 

・自動車検査記入申請書(軽自動車のみ)

軽自動車を売却する場合に必要です。車検証に記載されている使用者と所有者が異なる場合は、使用者の氏名や名称などを変更するために必要となります。

 

普通自動車の購入時は印鑑証明(印鑑登録証明書)が必要

普通自動車は法律上「資産」であり、国への届け出が必要となるため、売買にあたっては実印と印鑑証明書が必要です。

 

実印とは、住民登録をしている市町村役場で登録を行った印鑑のことで、普通の印鑑とは異なり法的な効力が発生します。

 

普通自動車の売買では、信用性の証明が非常に重要です。そのため、契約書に押印する際にも、購入者本人の実印が必要となります。印鑑登録証明書は、その印鑑が間違いなく本人により公的機関に登録した実印であることを保証するもので、必ず用意しなければいけない書類です。

 

住民票が必要になるケース

車の買い替え時に必要な書類の一覧にも挙げましたが、軽自動車を購入する場合は住民票の提出が必要です。また、車検証の住所と印鑑登録証明書の住所が異なる場合は、普通車の購入時にも住民票が必要となりますのでご注意ください。

 

車を買い替えるまでの流れ

車の買い替えでは、購入と同時に売却も行います。具体的にどういった流れになるのかご存じない方も多いのではないでしょうか。あらかじめ流れを把握しておけば、購入・売却のプロセスをよりスムーズに進められますので、ポイントを押さえておきましょう。

 

自分の車を決める

まず行うべきなのは、どんな車を購入したいかを明確にすることです。欲しい車を決定しておかないと、買い替え手続きは進められません。具体的な車種が決まっていなくても、新たに購入する車の用途や目的、希望する性能やタイプなどからある程度車種を絞り込んでおきましょう。

 

SUV、セダン、ミニバン、軽自動車など、ある程度車種のイメージを絞っておけば、その後の車選びがぐっと楽になり、欲しい車がスムーズに見つかるでしょう。

 

商談・見積もり

欲しい車のイメージが固まったら、販売店で商談と見積もりを行います。販売店に行ったら、まずはお目当ての車の見積もりを依頼しましょう。

 

見積の結果に納得できたら、実車に試乗させてもらいましょう。外観だけでなく、運転したときの感触や乗り心地についても入念に確認することをおすすめします。

 

試乗して問題がなければ、実際に商談に移ります。新車であれば、オプション品やコーティングの有無なども決定します。どのようなオプションがあり、何を希望するのか、あらかじめメーカーのウェブサイトやカタログで調べて決めておくと良いでしょう。

 

買い取り・下取り・廃車の準備

購入する車が決定したら、これまで乗っていた車の売却手続きを進めます。売却には、新しい車を購入する販売店に依頼する方法と、買取業者に別途依頼する方法があります。

 

新しい車を購入した販売店に下取りをしてもらう場合は非常に簡単です。車を購入する手続きを終えたら、そのまま売却の手続きを行うため手間もかかりません。しかし、下取りの場合は一般的に売却価格が安い傾向にあるため、買取業者に依頼してみても良いでしょう。

 

書類の準備・各種手続き

新しい車の購入に続き、これまで乗っていた車の買い取りの段取りがついたら、必要な書類を準備しましょう。購入時と売却時、普通車と軽自動車によっても必要書類が異なります。業者の説明をしっかり確認して、指定の期日までに提出するようにしましょう。

 

また、自動車保険の車両入れ替え手続きも忘れずに行いましょう。新しい車の車検証コピーを用意して、保険会社に手続きを依頼します。新しい車を所有後、30日以内に手続きをする必要があります。

 

納車

購入や売却の手続きが終わり、書類の提出が完了したら、納車を待ちましょう。

 

納車は、手続きが完了してからすぐに行われるわけではありません。新車であれば、工場で生産されてから販売店に届くまで数か月かかることもあります。特に人気の高い車種の場合は、1年待つことさえあります。

 

中古車の場合は、比較的速やかに納車が行われます。車を公道で走らせるための手続きや納車前整備(車検切れ車両の場合は車検整備も)が行われ、数日から1週間程度で納車となる場合が多いようです。

 

車の買い替えに必要な書類は前もって用意するとラク

車の買い替え時に必要な書類は、いずれも市町村役場などの公的機関で揃える必要があります。特に、普通車の場合は印鑑登録証明書が必要ですので、印鑑登録がまだの方は買い替えに先立って手続きを済ませておくようにしましょう。

 

なお、印鑑登録証明書や住民票の有効期間は発行日から3カ月以内です。間際になって焦ることのないよう、買い替えのタイミングに合わせ事前に用意しておくことをおすすめします。

 

また、車庫証明書は前述のとおり自分で管轄の警察署へ届け出を行うこともできます。自分で書類の届け出を行った場合、業者への代行手数料はかかりません。費用を抑えたい方は、自分で届け出を行ってみるのも良いでしょう。

 

車の買い替えに必要な書類を紛失した場合の対処方法

印鑑登録証明書や住民票は、お住まいの市町村役場で新たに申請すれば済みますが、もしも車検証や自動車税納税証明書などが見つからなかった場合どうすればよいのでしょうか。実はこれらも再発行や代替する書類で対応可能です。万一のためにその手順をチェックしておきましょう。

 

車検証

車検証を紛失してしまった場合は、その車両の自動車登録番号を管轄している運輸支局(または自動車検査登録事務所)で再発行を申請します。自動車登録番号を管轄する運輸支局が現在のお住まいから遠く離れている場合でも、管轄の運輸支局まで直接出向かなければいけないのでご注意ください。

 

自動車税納税証明書

車両の自動車登録番号を管轄する都道府県税事務所、自動車税事務所または同支所で再発行を申請できます。窓口で依頼するほか、郵便による申請が可能な場合もあります。ご自身の車の自動車登録番号を管轄する都道府県のウェブサイトなどで詳しい情報を確認してみましょう。

 

なお、軽自動車納税証明書については、お住まいの地域の市町村役場窓口で再発行を申請します。

 

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)

自賠責保険の場合は、加入している保険会社の窓口、代理店で再発行の手続きを行えます。紛失してしまうと、どこの保険会社に加入していたか分からない場合もあります。万一に備えて、証明書のコピーをご自宅で保管しておくと良いでしょう。

 

自動車リサイクル券(リサイクル券)

自動車リサイクル券は再発行することができません。その代わり、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで代用可能です。自動車リサイクル料金の預託状況は、「自動車リサイクルシステム」のウェブサイトにアクセスし、車検証の車台番号や登録番号、またはリサイクル券番号を入力して確認することができます。

 

まとめ

車の買い替えの際、「いろいろな書類が必要で大変そう」と感じていた方も多かったのではないでしょうか。しかし、今回ご紹介したように、新たにご自身で用意するのは印鑑登録証明書や住民票などで、実際にはそれほど手間のかかるものではありません。

 

必要な書類の大半は販売店側で用意したり代行してくれたりするので、あまり難しく考える必要はありません。ただし、万一車検証などを紛失していた場合には再発行が必要となりますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。今回ご紹介した情報で実際に必要な書類を把握し、買い替え時には余裕をもって準備してください。

 

ネクステージでは人気車種はじめ、さまざまな車をご用意しております。興味のある車種がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

気になる車種をチェックする