13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

何年も同じ車に乗っている方の中には、13年越えの車にかかる税金が気になっている方もいることでしょう。税金が高くなるタイミングは、乗り潰すか買い替えるか悩む時期とも重なります。

 

車を乗り換えるベストタイミングをつかむためには、長く乗っている車の税金について理解を深めておくことが大切です。

 

今回は、「13年目を迎える車の自動車税・自動車重量税の傾向」や「車の寿命と乗り換えを判断するポイント」などについて解説します。車の寿命の目安や乗り換えに適したタイミングにも触れるため、今後のカーライフの参考にしてください。

 

※目次※

1. 13年越えの車は自動車税が高いって本当なの?

2. 13年超えの自動車税や重量税はどのくらいなの?

3. 13年は乗りすぎ?車の寿命の目安

4. 自動車税が上がっても13年以上車に乗り続ける時の注意点

5. 乗り換えるなら自動車税が高くなる13年目を意識しよう

6. 車を手放すなら「乗り潰し」と「買い替え」どっち?

7. 年数だけではない!車の買い替えベストタイミング

8. 高価買取ならネクステージにおまかせ!

9. よくある質問

10. まとめ

 

■POINT

 

・13年超の車は自動車税と自動車重量税が高くなる!古い年式の車に乗り続けるほど税金の負担大!

・車の寿命は「10年10万km」が一般的。長く乗るならエンジンや部品のメンテナンスが必須!

・車を買い替えるならベストタイミングを見極めよう!「ネクステージ」なら長く愛用した車も高価買取!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

13年越えの車は自動車税が高いって本当なの?

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

13年越えの車は、自動車税が高くなると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。車の維持にかかる自動車税や車検時に納める自動車重量税は、年式の古い車ほど高くなることが特徴です。

 

車を乗り続けるか買換えるか悩んでいる場合は、まずは年式の古い車の税金が高くなる理由についてチェックしておきましょう。

 

年式の古い車は重課税の対象となる

地球環境保護のため、排出ガスが少なく燃費がいいエコカーの普及が進められています。排気ガスを多く排出する古い年式の車は環境負荷が大きく、そのぶん税金を多く納めなければなりません。

 

重課税の対象となるのは、新規登録から13年経過したハイブリッド車を除くガソリン車・LPガス車です。ディーゼル車の場合は、11年以上で重課の対象となります。

 

毎年支払う自動車税が高くなれば家計への負担が大きくなるため、税金が高くなるタイミングで車の買い替えを検討する方が多く見られます。

 

重量税も高くなる

自動車重量税は、車の重さによって税額が異なり、車検のたびに2年分をまとめて納める必要があります。自動車税と同様に、自動車重量税も新規登録から13年以上経過すると高くなる仕組みです。

 

自動車税は13年以上で税額が一律で決まっているものの、自動車重量税は13年・18年の2段階方式で重課されます。一方、エコカーの場合は、13年以上経過しても自動車重量税が重課されることはありません。

 

古い年式の車に乗り続ける方ほど、税金の負担が大きくなるシステムといえます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

13年超えの自動車税や重量税はどのくらいなの?

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

新規登録から13年以上経過した車の自動車税・自動車重量税は、それぞれの基準に当てはめて把握することが可能です。

 

ここでは、13年越えの車にかかる自動車税・自動車重量税の目安について解説します。

 

自動車税の目安

自動車税の金額を把握するためには、車の新規登録時期と総排気量に注目しましょう。

 

新規登録から13年以上経過した車は、「グリーン化税制による特例税率」により15%の重課となります。

 

自動車税の目安は、下記の通りです。

用途区分

総排気量

新車登録日:2019年10月1日以降

新規登録から13年経過(15%重課)

自家用乗用車

1.0L以下

2万5,000円

3万3,900円

1.0L超~1.5L以下

3万500円

3万9,600円

1.5L超~2.0L以下

3万6,000円

4万5,400円

2.0L超~2.5L以下

4万3,500円

5万1,700円

2.5L超~3.0L以下

5万円

5万8,600円

3.0L超~3.5L以下

5万7,000円

6万6,700円

3.5L超~4.0L以下

6万5,500円

7万6,400円

4.0L超~4.5L以下

7万5,500円

8万7,900円

4.5L超~6.0L以下

8万7,000円

10万1,200円

6.0L超

11万円

12万7,600円

※slide →

(参考:乗用車の税率表|神奈川県 )

 

自動車税は永久抹消登録を行うまで支払いが発生します。

 

自動車重量税の目安

自動車重量税の金額は、車の重量によって決まる仕組みです。電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)・ガソリンを燃料とするハイブリッド車などのエコカーに適用されるエコカー減税は、2023年4月30日まで延長されています。

 

自動車重量税の目安は、下記の通りです。

車両重量

エコカー

(本則税率)

13年未満

13年経過

18年経過

500kg以下

5,000円

8,200円

1万1,400円

1万2,600円

1,000kg以下

1万円

1万6,400円

2万2,800円

2万5,200円

1,500kg以下

1万5,000円

2万4,600円

3万4,200円

3万7,800円

2,000kg以下

2万円

3万2,800円

4万5,600円

5万400円

2.500kg以下

2万 5,000円

4万1,000円

5万7,000円

6万3,000円

3,000kg以下

3万円

4万9,200円

6万8,400円

7万5,600円

※slide →

(参考:2021年5月1日からの自動車重量税の税額表|国土交通省

 

エコカー減税の対象車は重量税が安くなる一方で、13年以上経過した車は負担額が大きくなることが分かります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

13年は乗りすぎ?車の寿命の目安

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

愛車に長く乗り続けたいときに気になるのが「車の寿命」でしょう。ここでは、車の寿命について解説するとともに、自動車税や自動車重量税の税額などについても詳しくご紹介します。税金の知識までしっかりと頭に入れておくことで、お得なタイミングで乗り換えができるでしょう。

 

15年乗り続けることは可能

「15年乗り続けるなんてできるのだろうか」と疑問に感じる方もいるでしょう。結論から言うと、しっかりとメンテナンスをしていれば15年以上乗り続けることは可能です。以前に比べると、車の性能や部品の耐久性は高くなっています。また、現在では舗装がしっかりした道が多く、車への負担が少なくなっているといえるでしょう。

 

一般的な車の寿命は「10年10万km」

メンテナンス次第で15年以上乗り続けることは可能ですが、一般的な車の寿命は「10年10万km」といわれていることも覚えておきましょう。走行距離が10万kmを超えると、エンジンのパーツ交換が必要になることが一般的です。交換にはまとまった金額が必要ですから、寿命と考えこのタイミングで乗り換える人も多くなります。

 

また10年程度が経つと、経年劣化によって車の価値が下がるだけでなく、パーツの在庫がなくなり修理ができなくなるといったことも問題になるでしょう。

 

乗り換えタイミングは13年目がお得

物理的に乗り続けることは可能でも、13年を超えると自動車税や自動車重量税が高くなるため注意が必要です。自動車税について、13年を超えると軽自動車は約20%、普通自動車は約15%増税となります。さらに表でご紹介したように、総排気量が上がるにつれて増税額も増えるため気を付けましょう。

 

また自動車重量税は、13年を超えると軽自動車は約24%、普通自動車は約39%の増税です。さらに、18年を超えた普通自動車の自動車重量税は13年未満と比べると約1.5倍増となるため、乗り換えタイミングとしては13年目がお得といえるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税が上がっても13年以上車に乗り続ける時の注意点

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

13年目や15年目は車を手放すひとつのタイミングとしておすすめですが、中には「愛車に乗り続けたい」という方もいるでしょう。しかし長年乗り続けるときには、ゴム製品の劣化やエンジンの調子など、注意すべき点が多くあります。また、買取価格への影響もしっかりと考慮した上で乗り続けるかどうかを決めるのが賢明です。

 

ゴム製品の劣化

長く車に乗り続けていると、ゴム製品が劣化している可能性が高くなります。頻繁に車に乗っているかどうかよりも、年数によって部品はどうしても劣化していくものです。特にゴム製品は劣化しやすいパーツといえるでしょう。

 

具体的には、タイヤやエンジンに使用するバキュームホースの他、ドアや窓などのゴムパッキンも劣化していきます。部品だけを見ると小さいものかもしれません。しかしこれらは多用するパーツですから、全て修理するには時間がかかる上に費用もかさむでしょう。

 

エンジンの調子

長く乗り続けていれば、走行距離も長くなると予想できます。そうなると気になるのが、エンジンの調子です。一般的に、エンジンの寿命は走行距離にすると10万km~15万kmとされます。この走行距離を超えた車は、一度オーバーホールする必要があるでしょう。

 

オーバーホールとは、エンジンなどの部品を分解し点検・修理をした上で、再度組み立てることです。長く乗り続けているにもかかわらずオーバーホールをしていないと、エンジンの不具合が発生しやすいため気を付けましょう。

 

消耗品の交換

愛車だからこそできるだけ長く乗り続けたいという場合に重要なのは、しっかりとしたメンテナンスをすることです。特に消耗品の交換は寿命にも影響するため、きちんと行いましょう。

 

車における消耗品には、エンジンオイルやタイヤ、バッテリーなどさまざまなものがあり、定期的にチェックすることが大切です。長く乗っていれば、経年による劣化などから故障しやすくなるため、消耗品の定期的な交換を心掛けましょう。

 

屋外に保管しない

長く乗ることを想定しているのであれば、新車で購入したときから車を屋外に保管しないように心掛けます。

 

車を屋外に置いておくと紫外線や雨風をまともに受け、さびを引き起こすなど劣化の原因になってしまうでしょう。そのため、できるだけ車が外的刺激を受けないよう、ガレージなどの屋内で保管することが重要です。特に年数が経っている車は、外的刺激にさらさないように徹底しましょう。

 

買取価格への影響

車に乗り続けるときには、買取価格への影響もしっかりと考慮する必要があります。なぜなら、買取価格は基本的に減点式であり、長く乗れば乗るほど減点対象が多くなってしまうためです。すると買取価格が低くなるだけでなく、車の状態によっては買取自体ができないケースもあるでしょう。

 

1年間で約1万km走行すると考えると、走行距離は13年で13万km、15年で15万km程度と考えられます。このように走行距離が長ければ、値段が付かない場合もあると覚えておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

乗り換えるなら自動車税が高くなる13年目を意識しよう

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

性能や部品の耐久性が優れている車の場合、メンテナンス次第で長く乗り続けることができます。

 

しかし、車の買い替えは、タイミングを見誤ると損をしてしまう可能性があるため注意が必要です。車の買い替えを検討している場合は、メンテナンスのコストや税金面に注目しながらタイミングを見極めましょう。

 

自動車税・自動車重量税が高くなる13年目は、車の買い替えに適したタイミングの1つです。

 

ここでは、車の乗り換えに13年目のタイミングが適している理由について解説します。

 

13年目は車検のタイミングでもある

車検を機に車の買い替えを考える方もいるのではないでしょうか。車検では上の表でご紹介した2年分の自動車重量税をはじめ、自賠責保険料や交換が必要な部品代などもかかってきます。いくら車検代を節約できたとしても、普通自動車であれば10万円前後、軽自動車であっても7万円前後の費用がかかるのが一般的です。

 

13年目頃の車検では、経年による部品の消耗や劣化から、交換する部品も多くなるでしょう。15年目ならさらに増えると予想できます。税金だけでなく車検費用も考慮すると、13年目で買い替えるのがおすすめです。

 

乗り換えタイミングは13年目がお得

物理的に乗り続けることは可能でも、13年を超えると自動車税や自動車重量税が高くなるため注意が必要です。自動車税について、13年を超えると軽自動車は約20%、普通自動車は約15%増税となります。さらに表でご紹介したように、総排気量が上がるにつれて増税額も増えるため気を付けましょう。

 

また自動車重量税は、13年を超えると軽自動車は約24%、普通自動車は約39%の増税です。さらに、18年を超えた普通自動車の自動車重量税は13年未満と比べると約1.5倍増となるため、乗り換えタイミングとしては13年目がお得といえるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を手放すなら「乗り潰し」と「買い替え」どっち?

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

お得に乗り換えるタイミングとして13年目がおすすめとご紹介しました。しかし、長く愛用してきた車には愛着も湧くものです。とことん乗り潰すか、それとも買い替えるかという選択で迷ってしまう方もいるでしょう。

 

乗り潰とし買い替えのどちらが良いのかは、車の状態などによって異なります。ここでは、車の買い替えを判断するための3つのポイントをご紹介しましょう。決め切れないという方はぜひ参考にしてください。

 

消耗品の交換のみなら「乗り潰し」

高額な部品の修理や交換の必要がないときは、乗り続けるほうが良いでしょう。乗り換える場合は、車の購入費用だけでなく手続きにも費用がかかります。消耗品だけの交換で済むのであれば、乗り潰したほうが維持にかかる費用は安くなるといえます。

 

生産終了したモデルを所有している方の中には、パーツがなくなってメンテナンスが難しくなるのでは、と疑問に思う方もいるかもしれません。しかし、メーカーの多くはたとえ生産終了したモデルであっても10年間程度はパーツの販売を続けますから、その期間はメンテナンスが可能です。

 

またメーカーでの生産が終了したときでも、自動車修理工場でパーツを保管しているところもあります。交換用のパーツが入手できる状況であれば、乗り続けることも可能です。

 

重要なパーツが故障したら「買い替え」

一方で、重要なパーツが壊れたときには買い替えるほうが良いでしょう。特にエンジン系統やミッション系統などのパーツが故障すると、高額な修理費用がかかる可能性があります。

 

AT車は走行距離が15万km以上になるとトラブルが発生しやすくなり、変速がスムーズにいかず、速度が上がらなくなるといったケースもあるため注意が必要です。そのようなケースでは、30万円~40万円の修理費用がかかります。

 

また、長時間乗り続けているとエンジンが故障する可能性が高くなるでしょう。エンジンにはさまざまなパーツがあり、壊れた部分によって修理費用は異なります。エンジンの交換やオーバーホールを行うと高額になるケースが多く、100万円程度かかる可能性もあるでしょう。

 

軽自動車は「買い替え」を前提に

軽自動車は修理や交換を繰り返して乗り潰すよりも、早めの乗り換えを検討するのがおすすめです。その理由として耐久性が挙げられます。車体が軽くエンジンが小さい軽自動車は、普通車よりも耐久性が低いという点がデメリットのひとつでしょう。普通車の走行距離の目安は10万kmですが、軽自動車は8万kmとなっています。

 

走行距離が長くなると定期的なメンテナンスが必要になり、維持費も高額になる可能性があるため、買い替えがおすすめです。軽自動車へ乗り換える場合は、普通車への乗り換えよりも購入費用を抑えることができます。メンテナンス費用が高額になるときは、乗り換えのほうが安く済む可能性が高いでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

年数だけではない!車の買い替えベストタイミング

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

愛車に長く乗ってきたけれど劣化が目に付いてきた、気になる車の発売に合わせて乗り換えたいなど、車を買い替えるタイミングは人それぞれです。

 

とはいえ、できるだけお得に買い替えたいというのが本音ではないでしょうか。そこで、何を基準にして車の買い替えを検討すれば良いのか、目安となるタイミングをいくつかご紹介します。

 

車が故障したタイミング

最近発売の車であれば性能が良いため、すぐに故障することはほとんどありません。そのため、海外諸国では20年以上経過した車でも現役で走っているというのはよくある話です。

 

しかし、年数が経過すれば故障する確率も高くなり、それだけ修理費もかかります。修理したとしてもすぐに違う箇所が故障してしまうことも少なくありません。何度も修理するのであれば、新しい車に乗り換えることをおすすめします。

 

新型モデルが発売される前

車好きであれば、お気に入りの車種がモデルチェンジするタイミングまでチェックしているかもしれません。新型モデルが発売となれば、燃費性能や装備内容などがグレードアップすることが多いため、買い替えを検討する人もいるでしょう。

 

一方で、モデルチェンジすれば旧型モデルの価値は大きく下がる傾向にあることから、買取価格も下落するのが一般的です。

 

もし自分が乗っている車の売却を検討しているのであれば、新型モデルの発売時期を確認してみてください。お得に売却したいのなら、新型モデルの発売前のタイミング、もしくは新型モデルが発売してから1年以上待ったタイミングで買取専門店に査定依頼するのがおすすめです。

 

ライフスタイルが変わるタイミング

就職や転勤をした、結婚して子どもが生まれたなど、ライフスタイルが変われば車に求めるものも変わっていくでしょう。

 

独身の頃はスポーツカーや軽自動車に乗っていた方も、子どもが生まれるとチャイルドシートを設置したり、ある程度の広さを求めたりするようになるかもしれません。乗り降りしやすいよう自動スライドドアなどにこだわる、家族でレジャーに出掛けるようになれば性能面にこだわってSUVを選ぶなど、ニーズの変化が考えられるでしょう。

 

乗っている車の生産が終了したとき

乗っている車が生産終了となった場合、希少性が上がり、買取の際に高値が付く可能性があります。そのため、お得に買い替えができるチャンスともいえるでしょう。

 

反対に、生産終了となった車に乗り続ける場合、故障したときに部品を手に入れることが困難になると予想できます。そのため、高値が付かなかった場合でも手放すタイミングとして検討するのがおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

高価買取ならネクステージにおまかせ!

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

長年乗り続けた車を手放すと決めた際、どこで売却するのが良いのでしょうか。その答えは、買取専門店です。

 

全国に中古車販売店を展開するネクステージでは、買取後の車はオークションなどに出品するのではなく、自社の在庫としています。そのため、車が持っている本来の価値で買取をしている点が強みです。買取だけでなく中古車の販売から車検まで、一人ひとりのカーライフをトータルサポートしているため、安心してお任せいただけます。

よくある質問

 

Q.新車購入から13年目で税金が高くなる?

A.新車購入から13年目以降になると、自動車重量税の税額がアップします。18年目以降はさらに税額が上がるため、税金が高くなる前に買い替えるのがおすすめです。

 

Q 車の買い替えにおすすめのタイミングは?

A.ほとんどの車は、乗れば乗るほど価値が下がっていきます。特に新車購入から10年を過ぎると、買取相場も下落傾向になるため、その前に売るのがおすすめです。また、故障による修理代が高いと感じたときに買い替えるのも良いでしょう。愛車のモデルチェンジに関する発表があれば、値下がりする前に動くのが賢明です。

 

Q.10年落ちの車でも売れるの?

A.10年落ち・走行距離10万kmオーバーという理由だけでは、価値がゼロになるとは限りません。なぜなら、人気車種であれば十分買い手は見つかりますし、海外なら古い車でも需要があるためです。

 

ただし、10年落ちの車を高く売りたい場合は買取を選びましょう。ディーラーでの下取りだと値が付かないケースも多いため、注意が必要です。

 

Q.車は車検前に買い替えたほうがよい?

A.車検が残っていれば、プラス査定になることもあります。しかし、高額な車検費用をまかなえるほどの査定アップは見込めないでしょう。買い替えを検討しているなら、車検前に行動するのがおすすめです。税金が高くなる13年目はちょうど車検の時期でもあるため、買い替えに適したタイミングといえるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

愛車にはできるだけ長く乗り続けたいかもしれませんが、13年を超えれば税金が高くなるとともに、故障や、部品の在庫がなくなり修理できなくなるといったリスクも高まります。長く乗った後に車を乗り換えるのであれば、13年目のタイミングがおすすめです。

 

ネクステージでは、買取から販売まで一貫して行うことで高価買取を実現しています。豊富な実績を誇る大手中古車販売店としての信頼もありますので、大切な愛車の買い替えを検討しているのであれば、ぜひお近くのネクステージにお任せください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

13年を超えると自動車税は高くなるの?税金の目安や乗り換えのタイミング

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ