車の買い替えは増税前がお得?ベストな車の買い替え時期はいつ?

クルマ買い替えガイド

車の買い替えは増税前がお得?ベストな車の買い替え時期はいつ?

新しく車を買い替えようと思ったら、車両本体価格だけでなくオプション品や代行費用など、さまざまな料金のことを考えなければいけません。また、法定費用を含めない購入価格には、身近な存在である消費税もかかります。

 

2019年3月現在の消費税は8%ですが、2019年10月から消費税の増税が予定されています。つまり、消費税が増税される前に買い替えを行った方がお得になるということです。そこで、増税前に知っておきたい、ベストな車の買い替え時期をご紹介します。

 

■POINT

 

 

・2019年10月に消費税アップが予定され、車の購入には数万円の差額がでることも!

・車の買い替えなら増税直前に行動するのではなく、8月までに準備を始めよう!

・車の買い替えに迷っている人は中古車販売店のスタッフに相談してみよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

2019年10月から消費税が増税される?

ニュースや新聞などで報道されているように、2019年10月から消費税の増税が予定されています。2019年3月現在の8%から10%へと引き上げられることは、少なからず生活に影響すると不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

 

たとえば、100円の商品なら108円から110円に変わるだけなので、大きな差を感じることはないかもしれません。しかし、100万円の商品であれば108万円から110万円と数万円単位での違いがあるように、価格が高くなればなるほど出費が増えることが考えられます。

 

では、車の購入価格にはどれくらいの影響が出るのでしょうか。

 

車種

消費税8%

消費税10%

差額

ホンダ・N-BOX

1,480,000円

1,507,408円

27,408円

トヨタ・ヴォクシー

2,480,073円

2,526,000円

45,927円

トヨタ・アクア

2,007,818円

2,045,000円

37,182円

※金額は一例です。

 

上の表は、人気車種の増税前と増税後による車両本体価格の差額を示したものです。つまり「差額」の欄に記載されている金額が、増税によって多く支払う必要が出てくるお金となります。どの車種も差額が万単位となっているため、消費税は注意すべきポイントといえます。

 

消費税だけなら増税前に買い替えた方がお得に!

消費税が8%から10%へと引き上がることだけを考慮した場合、増税前に車を買い替えた方がお得です。予定通り10月1日に消費税の増税が施行されるのであれば、9月末までに登録できない場合、増税後の消費税がかかってしまうことになります。

 

上の図でも分かるように、増税前と増税後の差額は万単位にもなりますので、買い替えを検討している人であれば、増税前に新しい車を購入するべきでしょう。では、増税前となる2019年9月末までに購入するのであれば、どの時期がベストなタイミングといえるのでしょうか。

 

例えば値引きを狙いたいなら、2月~3月の決算期や8月~9月半期決算前がおすすめですが、増税という観点では9月に購入に動き出すのは少し危険です。車の購入は車両選定や必要書類を取得など時間がかかります。そのため、購入したい1か月~2か月前には行動するようにしましょう。

 

また車の選定に関しては、中古車の登録済み未使用車を狙うのもおすすめです。登録済み未使用車とは、新車と同レベルのコンディションでありながら、中古車として扱われる車のことを指しています。車の価格によるため一概にいうことはできませんが、なかには新車価格より1割程度の値引きをして安く販売されているものもあります。

 

消費税の増税以外に考えるべきポイント

消費税が10%に引き上げられる2019年10月は、消費者にとってさまざまなことを決断する良いタイミングになるかもしれません。しかし、消費税の増税以外にも自動車に関するある政策が予定されています。一体どのような内容であるのか、また、生活にどのような影響を及ぼすのかについてご紹介します。

 

自動車取得税の廃止

車の購入時または譲り受けたときにかかる税金のことを自動車取得税といいます。自動車取得税の税率は、普通自動車は取得価額の5%、軽自動車なら取得価額の3%となっています。ただし、取得価格が50万円以下なら自動車取得税は0円です。

 

また、消費税と自動車取得税の二重課税は、これまで批判対象とされてきました。そこで2019年10月の消費税引き上げと同時に、自動車取得税が廃止されると言われています。ただし、2019年3月現在において、自動車取得税の廃止は決定事項ではありません。

 

環境性能割の導入

自動車取得税が廃止される代わりとして「環境性能割」の導入が予定されています。これは、車の燃費性能によって課税される税率が変化していくものです。増税前に購入すれば自動車取得税が課税され、増税後に購入すれば環境性能割が適用されることになります。

 

「環境性能割」という言葉だけだと新しく聞こえるかもしれませんが、簡単に説明すると「燃費基準に達していなければ税金がかかる」ということです。つまり、これから購入する車の燃費性能によっては、減税になることもあれば増税になることもあります。

 

車の買い替えには1~2ヶ月の期間がかかることも!

消費税が10%に引き上げられることだけを考えれば、増税前に新しい車に買い替えることをおすすめします。しかし、中には「9月以降に購入すれば大丈夫」と考えている人もいるのではないでしょうか。いわゆる「駆け込み消費」と呼ばれる方法です。

 

たしかに、多くの自動車販売店では増税前セールが開催されることが考えられます。そうなれば、多くの人がお店に殺到するはずです。しかし、購入がギリギリになってしまうことで9月中の登録が間に合わなくなり、増税後の消費税がかかってしまうかもしれません。

 

さらに先ほども触れましたが、車の買い替えには1~2ヶ月程度かかることがあります。「欲しい車を探す→商談→車の売却→車の購入→納車」といった一連の流れを短期間で済ませるのは大変です。そのため、買い替えをするなら余裕を持って行動するようにしましょう。

 

遅くとも8月までには買い替えの準備を始めよう!

では、いつまでに買い替えの準備を始めれば良いのでしょうか。消費税8%の時期に購入できたとしても、大幅な値引きをしてもらうことができなければお得な購入とはいえません。満足する買い物をするためには、それなりの準備期間が必要になります。

 

そのため、少なくとも8月ごろから新しい車の買い替えに向けた準備を始めることをおすすめします。ただし、消費税が引き上げられる直前である9月末までの登録は必須であるため、少しでも早めの段階で行動しておいた方が良いかもしれません。

 

どうしてもギリギリの商談になってしまう場合は、売却と購入を同じ店舗で行うようにしましょう。手続きをするためには、さまざまな書類を提出する必要があります。同じ店舗で進めていくことができれば、スムーズに買い替えを行うことができます。

 

車の買い替えに迷っている人は専門家にご相談ください!

車の購入に関する知識が少ないと、自分一人で買い替えの準備をすることを不安に感じる人もいるのではないでしょうか。また、車の購入をするべきかどうかを迷っている人もいるかもしれません。少しでも不安や疑問を感じているのであれば、専門家にご相談ください。

 

特に、自動車販売店で働いているスタッフは車のプロですので、一人ひとりの不安や疑問をしっかりと解決してくれるはずです。また、信頼できる店舗であれば高いオプション品を強引に購入させるのではなく、お客さまにとって本当に必要なものは何かを考えてくれます。

 

中古車販売店のネクステージでは、お客さまに最適なプランをご提案するだけでなく、購入後も素敵なカーライフを送っていただくために、定期的なメンテナンスや車検など、全力でサポートしています。ぜひ、お近くの店舗まで足をお運びください。

 

まとめ

2019年10月より消費税が8%から10%へと引き上げられるため、9月に入ると「駆け込み需要」が拡大することが考えられます。もちろん、増税前に車の買い替えを行うのは間違いではありませんが、ギリギリの購入になると10月以降の登録になってしまうかもしれません。

 

そのため、遅くとも8月までには買い替えに向けた準備を始めることをおすすめします。車の買い替えに迷っている人は、専門家にご相談ください。中古車販売店のネクステージでは、お客さま一人ひとりに最適なプランをご提案させていただいております。

ご相談お待ちしております。

 

■クルマの買い替えならネクステージグループへ!人気のクルマ、揃ってます!

気になる車種をチェックする