車のエンジンオイル漏れとは?原因や対処法まとめ!

クルマ買い替えガイド

車のエンジンオイル漏れとは?原因や対処法まとめ!

定期メンテナンスをしないまま車を使用すると、知らないうちに車のエンジンオイル漏れが起きてしまうこともあります。車のメンテナンスを任せていたりすると、エンジンオイル漏れについてあまり知らないという方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車のエンジンオイル漏れについて解説します。原因や対処法もあわせて紹介するため、万が一の際には知識が役立つかもしれません。車のエンジンオイル漏れの症状や原因、放置した場合の危険性を知りましょう。

 

※目次※

1.車のエンジンオイル漏れの症状

2.車のエンジンオイル漏れが起こる原因

3.車のエンジンオイル漏れを放置する危険性

4.車のエンジンオイルが漏れていたときの対処法

5.車のエンジンオイル漏れの修理にかかる費用

6.車のメンテナンスや買い替えならネクステージにお任せ!

7.まとめ

 

■POINT

 

・外部漏れと内部漏れの症状を知ろう。自分で気付けない場合もある!

・車のエンジンオイル漏れを放置すると走行不能や火災へ発展する可能性もある。気付いたらできるだけ早く修理しよう!

・エンジンそのものが悪くなれば修理費用に100万円必要なこともある。費用を安く抑えるには早期発見が大切。

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のエンジンオイル漏れの症状

外部漏れと内部漏れはそれぞれ症状が異なります。そのため、それぞれどのような症状なのかを把握しておきましょう。しかし、素人が見た目で車のエンジンオイル漏れが起きているかを判断することは難しいといわれています。ここでは、外部漏れと内部漏れ、それぞれの症状を見ていきましょう。

 

外部漏れ

車を停めたときに車の下にポタポタとまとまってエンジンオイルが垂れる症状があれば、外部漏れの可能性が高いといえます。

 

燃焼室へオイルが落ちると、外部漏れが起こります。ほかにも、外部漏れが原因でエンジンが焼き付くこともあります。この場合、火災が発生する可能性もあるため注意しましょう。

 

内部漏れ

見た目だけでは判断しにくいものが内部漏れです。内部漏れは症状が進行すると、マフラーから白い煙がもくもくと出てきます。それまでは特に異常が見られないことも内部漏れの特徴といえます。症状が悪化するまで気付きにくい内部漏れを未然に防ぐには、定期メンテナンスが欠かせません。

 

車のエンジンオイル漏れが起こる原因

長年同じオイルを使用していたり、ゴムが劣化したりすることでも車のエンジンオイル漏れが起こります。それ以外にも、事故による損傷を受けて車のエンジンオイル漏れが起こることもあるようです。原因を正しく理解して、安心安全な車に乗るための知識として役立てましょう。

 

経年劣化

交換することなく、同じエンジンオイルを長年使用していると経年劣化します。新しいエンジンオイルは透明度が高く透き通っていますが、長く使用することで黒くなることが特徴です。エンジンオイルだけでなく、ゴム部分となるエンジンオイルキャップやヘッドカバーパッキンも長期間の使用により劣化します。

 

車のエンジンオイル漏れは、エンジンオイルとゴム部分のパーツの経年劣化も原因となり、放置しておけば火災に発展する可能性もあります。症状が当てはまる場合は、できるだけ早くメンテナンスするとよいでしょう。

 

ピストンリングの摩耗

ピストリングの摩耗やシリンダーに傷が付いてしまうと、燃焼室へオイルが上がります。「オイル上がり」と呼ばれるもので、車のエンジンオイル漏れの原因のひとつです。「オイル上がり」とは、オイルパン内のオイルがエンジン内部のシリンダーとリングの間から燃焼室へ上がってくる状態を意味します。

 

「オイル上がり」が原因の内部漏れは、低年式のトラック・バスでよく起こるといわれています。内部漏れは見た目だけでは気付けないこともあるため、エンジンオイルの減りに違和感を覚えたらメンテナンスを受けたほうがよいでしょう。

 

事故による損傷

車両が事故車かどうかも車のエンジンオイル漏れに関係している場合があるようです。過去に交通事故が起きていてオイルパンなどを損傷していれば、車のエンジンオイル漏れの直接的な原因となることもあります。オイルパンの損傷は、事故で車両が受けたダメージによるものや道路など地面と触れ合うことが原因となるようです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のエンジンオイル漏れを放置する危険性

車のエンジンオイル漏れに気付いていながらも放置してしまうと、さまざまな危険性が出てきます。車のエンジンオイル漏れが起きている車両は、走行不能となったり、症状が悪化すれば火災の原因となったりすることも考えられるでしょう。ここでは、車のエンジンオイル漏れを放置することでどのような危険性があるのかを見ていきます。

 

エンジンが焼き付く

エンジンオイル漏れが起きている車を放置していると、エンジンオイルが減っていき最終的には焼き付いてしまいます。エンジンオイルはエンジンがもつ性能を最大限に発揮する役割がありますが、エンジンオイルの量が減少すればその役割を果たせません。

 

エンジン内の環境は悪化し、燃焼室も機能しなくなります。そして、エンジンが焼き付き走行不能になると考えてよいでしょう。その状態でエンジンオイルがマフラーなどに付くと火災の原因となります。

 

修理費用が高くつく

車のエンジンオイル漏れに早めに気付ければ、修理費用はそれほど高くならないでしょう。一方で、車のエンジンオイル漏れに気付いているにもかかわらず放置すると、時間が経過するほど修理費用は高額になる傾向にあります。

 

早期発見できればそれほど高額な修理費用にはならないと考えられますが、症状が悪化している場合は十万円以上となることもあるようです。費用を安く抑えるには定期メンテナンスが欠かせません。

 

車検に通らなくなる

車のエンジンオイル漏れがある状態で走行することは、道路交通法違反となります。検査員が行う車検の下回り検査でエンジンオイル漏れが確認されれば、それだけで車検に通りません。たとえ少量であっても、エンジンオイル漏れがあるとみなされれば車検は通らなくなります。

 

知り合いの民間車検場であっても、車検に関わる規定は変わりません。仮に不正が起きれば、その民間車検場は国から認証されなくなるリスクがあります。そのため、何とかして車検に通りたいと思っても、エンジンオイル漏れを修理しない限りは通れないことを覚えておきましょう。

 

車のエンジンオイルが漏れていたときの対処法

車を使用しているときに車のエンジンオイル漏れに気付いた場合は、適切に対処する必要があります。いくつか対処法は存在しますが、どれも修理を受けられる場所まで移動するための応急処置として覚えておきましょう。車のエンジンオイル漏れに気付いたら、できるだけ早く修理してもらうことが大切です。

 

漏れ止め剤を使用する

応急処置として、漏れ止め剤を使用することもひとつの方法です。漏れ止め剤はエンジンオイルと混ぜて使うアイテムで、数千円で購入できます。漏れ止め剤を使用するとエンジンオイル漏れの原因となっているゴム類の劣化を回復させることができるため、漏れている部分を一時的に固められます。

 

ただし、シールが破損している場合はほとんど効果が得られないと考えましょう。十分な効果を実感するにはそれなりの走行距離や時間が必要となります。シールやゴム類の劣化スピードを遅らせるために、予防策として漏れ止め剤をあらかじめ混ぜてエンジンオイルを使用する方法もあるようです。

 

オイルの継ぎ足しをする

漏れているエンジンオイルの量が少ない場合、オイルを継ぎ足すことで一時的に対処できます。規定量までオイルを追加で注入し、修理を受ける場所まで車を移動させましょう。シンプルで簡単な対処法になるため、「軽度のエンジンオイル漏れであれば問題ないだろう」と修理した気になる方もいるかもしれません。

 

しかし、オイルの継ぎ足しをしただけでエンジンオイル漏れの原因そのものを修理できるわけではありません。オイルの継ぎ足しが済んだら、いち早く修理先へと車を移動させることが大切です。

 

粘度の高いオイルに交換する

車のエンジンオイル漏れに気付いたら、使用するオイルを変えてみることもよいでしょう。粘度の高いオイルに交換することで、エンジンオイル漏れが止まることもあります。

 

ただし、粘度の高いオイルは車との相性が悪いこともあるため注意しましょう。相性が悪い場合はエンジンへ負担がかかりやすくなり、エンジンがもつ性能を発揮できなくなります。さらには、燃費が悪化したりすることもあるようです。

 

車のエンジンオイル漏れの修理にかかる費用

軽度なのかそれとも症状が進行しているのかによって、車のエンジンオイル漏れの修理費用は異なります。また、どこに修理を依頼するかによっても費用は変わってくるでしょう。

 

軽度のエンジンオイル漏れであれば数千円程度で収まることも考えられますが、エンジン自体に異常がある場合は100万円程度と高額な費用が必要になることもあります。

 

交換が必要なパーツだけを修理する整備工場であれば、費用を抑えられるでしょう。一方で、部品を丸ごと交換するディーラーの場合は、費用は高額になる傾向にあります。

 

車のメンテナンスや買い替えならネクステージにお任せ!

ネクステージでは、手ごろな価格で車検サービスを提供しています。入庫前に車の点検を無料で行い、その上で見積もりを提示します。安心して車検を受けていただくために、国土交通省から認められている指定工場や認定工場で実施していることもポイントです。

 

車検は1時間~2日ほどで終了しますが、その間は無料で代車の用意が可能なため生活に支障なく過ごすことができるでしょう。車に関するお悩みがある方は、私たちネクステージへご相談ください。

 

まとめ

車のエンジンオイル漏れには、外部漏れと内部漏れがあります。原因は複数考えられますが、定期メンテナンスをすれば未然に防ぐことも可能です。修理せずに放置しておくと、車検に通らなくなったり走行不能な状態になったりする危険性もあります。

 

ネクステージでは、国家資格保有のスタッフが車検を担当しています。安全に車を使用したいと考える方やネクステージの車検サービスが気になる方、オイル漏れの有無など車の状態が気になる方は、ネクステージをご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェック