車のキーレスはどんな仕組み?電池交換の方法や盗難を防ぐ対策法をチェック[2020年09月15日] | クルマ買い替えガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車のキーレスはどんな仕組み?電池交換の方法や盗難を防ぐ対策法をチェック

クルマ買い替えガイド

車のキーレスはどんな仕組み?電池交換の方法や盗難を防ぐ対策法をチェック

今や当たり前のように使用しているキーレス機能ですが、実際にはどのような仕組みか分からないという方もいるのではないでしょうか。キーレス機能の仕組みが分かれば、きちんと防犯対策をしながら、便利な機能を活用できるでしょう。

 

そこでこの記事では、「キーレス」の仕組みやスマートキーとの違い、電池交換や盗難対策の方法をご紹介します。

 

※目次※

1.車の便利なシステム「キーレス」とは?

2.古い車でもキーレス化はできる?

3.キーレス車の電池交換はどうすればいいの?

4.キーレス車の盗難の手口と対策方法

5.便利なキーレス車はネクステージでも取り扱い中!

6.まとめ

 

■POINT

 

・キーレスとは、鍵と車体双方に取り付けられた送受信装置を使ってドアロックの施錠・開錠を行う遠隔機能

・スマートキー搭載車以外なら、ほぼすべての車種にキーレス機能の後付けが可能

・キーレスキーの発する電波を悪用したリレーアタックを防ぐためには、電波を遮断するグッズやシステムを活用する方法が有効!

質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の便利なシステム「キーレス」とは?

車は年々便利に、電子的になってきています。「キーレス」と呼ばれる機能もそのひとつです。最近はほとんどの車に標準装備されています。

 

車の鍵に関してはキーレス機能やスマートキー機能など、特徴の違ういくつかのシステムが存在するので、一度整理しておきましょう。違いを把握しておけば、車選びの際にも役立ちます。

 

正式名称は車の「キーレスエントリーシステム」

車の鍵にロックとロック解除のボタンが付いていたら、キーレス機能搭載の車ということになります。キーレスの正式名称は「キーレスエントリーシステム」です。キーは「鍵」、レスは「~なしで」という意味で、「鍵なしで」ドアロックを操作し乗り込める(エントリーできる)仕組みを指します。

 

「鍵なしで」とはいっても、鍵に付いているロック・ロック解除ボタンは使用しなければ操作できません。ちなみに、この際使われる鍵は「キーレスキー」または「リモコンキー」と呼ばれます。

 

車のキーレスの仕組みとメリット

キーレス機能の仕組みは、鍵と車体双方に取り付けられた送受信装置を使い遠隔操作を行うというものです。送受信に使われる電波は微弱なため、一定距離の範囲内でしか作動しません。

 

送受信装置が暗号化された特定情報を感知することで操作が可能となります。そのため、正しい鍵と車体の組み合わせでしか遠隔操作はできません。キーレスのメリットは以下のとおりです。

 

・ボタンを操作するだけでドアのロック・ロック解除ができる

・距離がある場所からドアのロック・ロック解除ができる

・スマートキーよりもリレーアタックによる犯罪に巻き込まれるリスクが少ない

 

スマートキーの仕組み&キーレスとの違い

キーレスにない機能を加えたものがスマートキーです。キーレスとスマートキーの違いをご説明します。

 

キーレス

スマートキー

ドアロック・ロック解除方法

キーレスキーのボタンを押す

スマートキーを持ってドアノブに触る

キーに非接触な状態でのドアロック・ロック解除

できない

できる

ドアの鍵穴

ある

ある

車内でのエンジンON/OFF

鍵を使う

スタートボタンを押す

車外からのエンジンON

できない

できるものもある

一般的に「スマートエントリーシステム」と呼ばれるスマートキーの機能は、メーカーごとに正式名称や仕様が異なります。キーレス同様、電波を使った送受信により遠隔操作を行う仕組みです。

 

スマホが車のキーレス代わりになる?

「車の鍵を鍵穴に入れて回す」というそもそもの形は変わりつつあります。スマートフォン(スマホ)が普及している現代、車の鍵もスマホがその役割を代行しようとしています。

 

すでに始まっているのは、iPhoneをデジタルキー情報と連動させることで車のキーレスキー代わりに使用するという使い方です。この機能を使えば、簡単に車のキーをシェアできます。なお、対応車種は各メーカーに問い合わせましょう。

 

さらに現在、「スマホそのものをキーにする」システムの開発も進められています。これはキーレス機能だけでなく、エンジン始動やパーキング機能など、幅広い使用を可能にするシステムです。質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

古い車でもキーレス化はできる?

新しい車ではキーレス機能の搭載が一般的になってきました。しかし古い車となると、キーレス機能が搭載されておらず、従来のキーのみということがあります。車そのものは気に入っていても、キーレス機能がないために購入を迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、古い車でもキーレス化ができるのかを解説します。

 

古い車でもキーレス化は可能

実はキーレスは後付け可能な機能です。自分で取り付ける場合には、キーレスエントリーキットを購入します。必要部品やキットはインターネット通販やカー用品店で手に入るので、気になった方は調べてみましょう。

 

キーレスエントリーキットの主要部品だけでなく、モーターや集中ドアロック機能も同時に取り付けなければならない場合には、プロに任せたほうが無難です。

 

キーレス化ができる車とできない車

キーレスの後付けはほとんどの車でできます。ただし、スマートキーの紛失・故障の場合には取り付けができません。取り付けられるかどうかの確認方法は以下のとおりです。

 

1.運転席から他のドアをロックする手段がない→集中ドアロックなし

2.運転席のドアをロックすればすべてのドアがロックされる→集中ドアロックあり/運転席のドアロックモーターなし

3.すべてのドアをロックできる集中ドアロックボタンが別にある→集中ドアロックあり/運転席のドアロックモーターあり

 

3の場合のみ、キーレスエントリーキットの主要部品を取り付けることでキーレス化できます。1や2の場合にはその他の部品の取り付けが必要です。

 

キーレス化でロック&解除の音も変えられる!

キーレスエントリーキットを取り付ける際にサイレンや電子ブザーといったオプションを追加することで、ドアロック・ロック解除を音で知らせるサウンドアンサーバック機能を付けられます。もともとキーレス機能のある車にサウンドアンサーバック機能を加えたいと言う場合の必要な部品は、サウンドアンサーバックキットのみです。

 

オプションは音の種類で選びます。

・「コッコッ」音→サイレン

・「ピッ」「ピッピッ」音→電子ブザー

・人の声→ボイスモジュール

 

なお、ボイスモジュールは本来セキュリティユニットと連動させて使用するものです。取り付けもサイレンや電子ブザーよりやや複雑になります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

キーレス車の電池交換はどうすればいいの?

キーレス機能は電波の送受信によって行われるため、動力が必要です。車体側は車のバッテリー、キーレスキーは電池を使用します。電池は充電できないので、交換が必要です。突然電池が切れてしまったときに慌てないよう、キーレスキーの電池交換について知っておきましょう。

 

反応が悪くなったら電池交換時期

キーレスキーはボタンを押したときに電波を発します。そのため、電池の消耗はそれほど多くありません。ボタンを押したときの反応が悪くなったと感じたら電池を交換しましょう。

 

スマートキーは常に電波を発しており、キーレスキーよりも電池を消耗します。年に1度を目安に電池交換をしておくと安心です。

 

キーレスキーとスマートキー共に使用電池はボタン電池ですが、車種によって使用電池の型番は異なります。キーに合うものをきちんと選びましょう。

 

キーレスの電池交換は自力で可能

キーレスキーの電池交換は自分で行うことができます。基本的に取り扱い説明書にボタン電池の型番が記載されているので、確認してから購入しましょう。

 

キーレスキーには鍵そのものにリモコン部分が付いているタイプと、鍵がリモコンの内側に隠されているタイプがあります。どちらのタイプでも、リモコンカバーを2つに分解し、中のボタン電池を入れ替えるだけです。分解にはマイナスドライバーを差し込んで使用します。

 

電池交換方法はメーカーで異なることも

電池交換の基本は同じですが、メーカーによって手順や造りに違いがあります。中にはディーラーのみにしか交換が許されていないものあるので、取り扱い説明書をきちんと確認することが重要です。

 

無理にこじあけてカバーを変形させてしまったり、実は内部部品が破損していたのに電池切れと思い込みカバーを開けたところ小さな部品を紛失してしまったりというケースもあります。自信がないときには無理をせず、車の購入先に相談しましょう。キーを落としたり濡らしたりしないことも大切です。

 

また、電池が切れていなくても、接触不良や汚れにより送受信が正常にできないことがあります。ボタン電池や電池の接触部を、印字されていない紙やクリーニングクロスで掃除すれば解決することがほとんどです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

キーレス車の盗難の手口と対策方法

キーレス機能は便利な反面、その仕組みをしっかり理解しておかなければ犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。キーレスキーよりもスマートキーのほうが危険度は高いといえますが、どちらも発している電波を悪用されてしまうという点では同じです。

 

便利な機能を安全に使用するためにも、キーレスシステムを悪用した犯罪の手口と対策方法を確認しておきましょう。

 

キーレスシステムを悪用した盗難事件が発生中

最近頻発しているのが「リレーアタック」という手口です。狙われるのは駐車中の車で、車内の物を盗まれるだけでなく、車そのものも盗まれてしまうケースがあります。

 

リレーアタックによる盗難事件は、複数人による犯行がほとんどです。1人が運転手に近づき、特別な装置を使ってキーレスキーやスマートキーが発する電波を拾うことで、運転手になりすまします。拾った電波は仲間が持つ受信機へと送られ、その電波を使って車のロックを解除する手口です。

 

スマートキーの場合、同じキーでエンジンの始動も可能であるため、拾った電波で簡単に車を持ち去られてしまいます。

 

リレーアタックによる盗難を防ぐには

リレーアタックによる盗難を防ぐには、防犯グッズや防犯システムを利用する、キーレスキーやスマートキーが発する電波を拾われないようにする、という2つの方法があります。具体的にどのようなことができるのかは、以下のとおりです。

 

防犯グッズや防犯システムを利用する方法

・リレーアタック防止用に開発された盗難防止装置を取り付ける

・ハンドルロックを取り付ける

 

電波を拾われないようにする方法

・外出時だけでなく自宅にいるときも電波遮断ケースにキーを入れておく

・「節電モード」など、微弱電波をOFFにする設定にする

 

なお、電波遮断ケースは金属製の缶でも代用可能です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

便利なキーレス車はネクステージでも取り扱い中!

たいていの中古車には便利なキーレス機能の後付けが可能です。しかし、できれば最初からキーレス機能搭載の車を選びたいものではないでしょうか。キーレス機能を後付けすることもひとつの方法ですが、車を買い替えるというのもおすすめの選択です。

 

2万台の在庫数を誇るネクステージでは、キーレス車も数多く取り扱っています。希望条件をできるだけ多く満たした車なら、満足して長く乗り続けられるでしょう。キーレス機能が付いたお気に入りの1台をぜひネクステージで見つけてください。

 

まとめ

キーレス機能はボタンひとつでドアロックの施錠・開錠ができる便利な仕組みです。そこにさらなる機能が加わったスマートエントリーシステムやスマホのキー化など、便利な機能はますます進化しています。

 

今や当たり前となったキーレス機能を、古い車だからと諦める必要はありません。後付けすることも可能で、車の買い替えもひとつの選択肢です。ネクステージにはキーレス機能搭載の車を多く取り扱っています。車種や年式だけでなく、機能もデザインも妥協しないお気に入りの中古車を見つけたい方は、ぜひご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェック