車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

車のナンバープレートは、自己都合や必要に駆られてなど、さまざまな理由で変更できます。一方で、頻繁に変えるものではないため、変更方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、車ナンバー変更の方法について解説します。変更手続きに必要な書類や費用、注意点なども併せて解説しますので、これからナンバープレートの変更を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

※目次※

1.車のナンバープレート変更に必要な書類や流れ

2.車のナンバープレート変更は代行業者への依頼がおすすめ

3.軽自動車のナンバープレートの変更方法

4.車のナンバープレート変更が必要なケース

5.図柄入りや希望ナンバープレートへの変更方法

6.車ナンバープレート変更にかかる日数や費用は?

7.引っ越しをしたのに車のナンバープレートを変更しないとどうなる?

8.車に関する手続きでお困りならネクステージで解決!

9.まとめ

 

■POINT

・車のナンバープレート変更には「自動車検査証」「住民票」「車庫証明書」「委任状」などの書類が必要!

・ナンバープレートの変更手続きは、普通車の場合が「運輸支局(陸運局)」、軽自動車の場合が「軽自動車検査協会」で行う!

・ナンバープレートの変更は基本的に即日!ただし、繁忙期などは2日~3日程度かかるケースもある!

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のナンバープレート変更に必要な書類や流れ

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

車のナンバープレート変更手続きは、車を購入した自動車販売店で行うのが一般的です。そのため、どのような流れで変更手続きを行うのかわからないという方も多いでしょう。

 

そこでここからは、必要書類から具体的な手続きの流れについて詳しく解説します。

 

必要書類

車のナンバープレート変更手続きで必要な書類は以下の通りです。

 

【事前に用意する必要書類】

・自動車検査証(車検証)

・住民票

・車庫証明書

・印鑑(認印)または委任状

 

【窓口で用意する必要書類】

・申請用紙

・手数料納付書

・自動車税申告書

 

手続きを行う場所

車のナンバープレート変更手続きは、普通自動車と軽自動車で手続きを行う場所が異なります。まず普通自動車の変更手続きになりますが、現在住んでいるエリアを管轄している「運輸支局(陸運局)」にて手続きを行います。

 

一方で、軽自動車のナンバープレート変更手続きに関しては、現在住んでいるエリアを管轄している「軽自動車検査協会」にて手続きを行います。

 

手続きの流れ

1.必要書類を準備する

2.陸運局に出向く

3.窓口で申請用紙を受け取り記入する

4.印紙を購入する(登録手数料)

5.必要書類を全て提出する

6.車検証を受け取る

7.同敷地内に併設されている自動車税事務所に変更を申告する

8.古いナンバープレートを返却する

9.新しいナンバープレートを購入し取り付ける

 

通常、1時間程度で完了しますが、混雑が予想される時期(年末年始、年度末等)は数日かかるケースもあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のナンバープレート変更は代行業者への依頼がおすすめ

車のナンバープレート変更に関する手続きは、自分自身でも行えます。ただし、運輸支局や軽自動車検査協会は土日が休業日となっているため、手続きは平日に行わなければなりません。

 

とはいえ、平日に時間を取るのが仕事の都合で厳しいこともあるでしょう。そのような場合、有料にはなりますが代行業者に手続きを依頼することも可能です。なお、代行業者によっても異なりますが、おおむね1万円~4万円が代行料金の目安となります。

軽自動車のナンバープレートの変更方法

軽自動車の場合でも、基本的に必要書類や手続きに変わりはありません。ただし、申請書の書式が普通自動車の場合とは異なります。

 

なお、普通車のナンバープレート変更に関する手続きを行う場所は、国土交通省の運輸支局になります。一方の軽自動車は、軽自動車検査協会になり、陸運局では手続きは行えませんので注意しましょう。

車のナンバープレート変更が必要なケース

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

ナンバープレートは、一度取り付けたら頻繁に変更しないものの、場合によっては変更をしなければならないケースも存在します。

 

そこでここからは、車のナンバープレートの変更が必要になる代表的なケースを紹介します。

 

【ケース1】他の都道府県に引っ越しをした

ナンバープレートは地域によって管轄する運輸支局が異なるため、別の都道府県などに引っ越しをした場合は管轄も変わるため、変更が必要です。

 

なお、市外へ引っ越しをしていても、管轄する運輸支局に変更がない場合は、現状のナンバープレートから変更する必要はありません。

 

【ケース2】ナンバープレートを破損・紛失した

事故によるナンバープレートへのダメージや盗難など、何かしらの理由で破損や紛失をしてしまったケースでは、変更を行う必要があります。また、前後2枚のナンバープレートを返納できれば、今まで使用していた番号の引継ぎが可能です。

 

なお、紛失や盗難によって古いナンバープレートの返納ができない場合、変更手続きをする際に紛失した経緯などをまとめた「理由書」を添付しなければなりません。

 

【ケース3】図柄入りのナンバープレートに変更したい

ナンバープレートの中には、図柄入りナンバーが存在します。この図柄入りナンバーの中には、各地方の図解入りナンバーやオリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートなどが含まれます。

 

このような図柄入りにナンバープレートを変更したい際にも、変更手続きが必要です。また、図柄入り以外にも、通常のペイント式から字光式に変更したい場合も同様に、変更手続きをする必要があります。

 

【ケース4】希望ナンバーに変更したい

希望番号(ナンバー)制度とは、ナンバープレートに自分が希望している番号を割り振りしてもらえる制度です。数字の始まりである「1」や無限大を表す数学記号に似た「8」なども非常に人気の高い番号です。

 

これらの希望する任意の番号に切り替えたい場合についても、ナンバープレートの内容が変わるため、変更手続きが必要になってきます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

図柄入りや希望ナンバープレートへの変更方法

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

通常のナンバープレートとは違い、図柄入りナンバープレートや希望番号のナンバープレートでは若干変更手続きが変わります。

 

そこでここからは、図柄入りや希望ナンバープレートの手続きについて紹介します。

 

図柄入りのナンバープレートに変更する方法

図柄入りナンバープレートに変更する手順は、以下の通りです。

 

1.図柄ナンバー申込サービスにアクセス

2.必要事項を入力して申し込みを行う

3.ナンバープレート費用を支払う

4.入金後、交換申請書が発行される

5.運輸支局で変更手続きを行う

 

図柄ナンバーの費用は7,000円~9,000円程度になるケースが一般的です。ただし、大型車両によっては10,000円を超えるケースもあるでしょう。なお、寄付金を支払うことで、モノクロ仕様からカラーデザインに変更できます。

 

希望ナンバーに変更する方法

希望ナンバーに変更する手順は、以下の通りです。

 

1.希望番号申込サービスにアクセス

2.必要事項を入力して申し込みを行う

3.番号が交付される

4.支払期日までに交付手数料を支払う

5.運輸支局で変更手続きを行う

 

希望ナンバーの申し込みは、希望番号申込サービスというWebサイトから予約を行いましょう。同じ番号を待っている方がいなければすぐに交付されますが、希望者が複数である場合は抽選が行われます。

 

なお、落選した場合についても、申込メニューから再度抽選の申し込みができます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のナンバープレート変更にかかる日数や費用は?

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

車のナンバー変更は陸運局や軽自動車検査協会で行いますが、平日手続きのため、あらかじめスケジュールを管理しておきたいという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでここからは、車ナンバー変更にかかる日数や変更手続きに必要な費用について解説します。

 

変更にかかる日数

車のナンバー変更にかかる日数は、通常、即日で交付されるケースが多いでしょう。しかし、必要書類に不備がある場合については、交付するのに数日かかってしまうケースもあります。

 

また、年度末や年末といった利用者が増える繁忙期についても、交付手続き自体が混雑してしまうことから、2日~3日程度かかる場合もあります。変更手続きをする時期によって、交付手続きに必要な日数が変動することは理解しておきましょう。

 

変更に必要な費用

ナンバープレートの変更手続きに必要な費用は以下の通りです。

ナンバープレートの種類

交付手数料

ペイント式

字光式

通常タイプ

1,500円~2,000円程度

3,000円程度

希望ナンバー

5,000円程度

6,000円程度

図柄入りタイプ

7,000円~9,000円程度

なし

※slide →

この他にも、変更手続きを車販売店や行政書士などの代行業者に依頼する場合、別途代行費用として1万円~4万円程度必要になります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

引っ越しをしたのに車のナンバープレートを変更しないとどうなる?

車のナンバープレートの変更について、直接的に義務づける法律はありません。一方で、車検証に記載されている所有者や使用者の住所変更手続きである「変更登録」は、住所が変わってから15日以内に行わなければならないと法律で定められています。

 

また、運輸局の管轄外へ引っ越しを行っている場合の「変更登録」は、ナンバープレートの変更を伴う手続きとなるため、結果的にナンバープレート変更は法律で定められていると言えるでしょう。

 

「変更登録」の手続きを行わなかった場合、50万円以下の罰金が科せられる可能性があるため注意しましょう。

車に関する手続きでお困りならネクステージで解決!

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

車に関する手続きは多いため、お困りの方も多いのではないでしょうか。ネクステージでは、中古車の買取や販売はもちろんのこと、各種手続きのご相談も受け付けています。

 

中古車情報やローンに関するご相談に加えて、各種手続きでお困りの場合、ぜひネクステージをご利用ください。

 

手続きに関するご相談はお気軽に!

通常、車に関する手続きは頻繁に行うものではありません。また、ナンバープレートの変更をはじめとする手続きの多くは平日にしなければならないため、仕事の都合などで時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。

 

ネクステージでは、このような手続きに関する各種ご相談も受け付けております。そのため、車に関する手続きでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

ネクステージなら車の買い替えがスムーズ!

ネクステージでは各種手続きのご相談受付はもちろんのこと、中古車の買取や販売も行っています。買取に関しては、プロの査定スタッフによる確かな査定を実施しており、他社よりも高額査定が可能です。

 

また、中古車をお探しの方についても、ネクステージでは全国に3万台を超える在庫があるため、ご希望の車種を簡単に見つけられます。そのため、質の良い中古車をお探しの方は、ぜひネクステージをご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

車のナンバープレート変更をする際には、車検証や住民票などの必要書類を用意して、運輸支局または軽自動車検査協会にて変更手続きを行いましょう。なお、ご自身で手続きが難しい場合については、代行業者などを利用するのもおすすめです。

 

なお、ネクステージでは、車に関する各種手続きのご相談はもちろんのこと、買取や買い替えのご相談も受け付けています。信頼できる業者をお探しの方は、ぜひネクステージをご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のナンバープレート変更方法は?必要なケースや費用、注意点を紹介!

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ