車買い替え時の自動車保険の手続きについて

クルマ買い替えガイド

車買い替え時の自動車保険の手続きについて

車の買い替えをする場合には、自動車保険の手続きが必要になるのをご存じですか。多くの車に関わる手続きは中古車販売店などが行ってくれるため、自分でやる必要がないと考えている人も少なくありません。

 

しかし、自動車保険の車両入替に関しては、基本的に買い替えを行う人が手続きをすることになっています。中には、販売店が代行してくれるケースもありますが、原則自分で行えるようになっておくのが望ましいでしょう。

 

今回は、忘れていると危険な自動車保険の車両入替についての手続きや、その重要性を詳しくご紹介していきます。

 

■POINT

 

 

・車両入替の流れや必要書類を理解して、手続きをスムーズに済ませよう!

・自動車保険の種類による違いを把握し、忘れた場合の危険性も理解しておこう!

・保険を見直したい人や、手続き代行を依頼したい人はネクステージにお任せ!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類がある

車の保険は大きく分けて2種類に分けることができます。

 

「自賠責保険」は車を所有する全ての人が必ず加入しなければならない強制保険で、事故のときに対人の補償のみ受けられるものです。一方、「任意保険」への加入はその名の通り任意となっており、補償範囲が広く、事故にあっても金銭面で広く助けになるという特徴があります。

 

一般的にはこの2種類の自動車保険どちらにも加入している人が多いですが、買い替え時にはそれぞれ手続き方法が異なります。

 

中古車を購入する場合の自賠責保険については、購入する中古車に車検が残っており、前の所有者や中古車販売店が既に支払いを済ませていれば、残期限分の保険料を支払うことですぐに適用されます。中古車として売却する場合は反対に、残期間分の保険料を返金してもらえる場合が多くなっています。

 

一方で、任意保険については個人の意思で加入を決めるものであるため、前の所有者の保険加入状況とは関係がありません。これまで任意保険に入っていた人は、対象となる車の変更手続きである「車両入替」をすることになります。

 

保険がきちんと適用されるように、納車日までにこの2種類の保険手続きについて準備を進めておきましょう。

 

車両入替の手続きの流れ

車に乗り始める日までに自動車保険の手続きを完了しておけるように、事前に流れを把握しておきましょう。

 

ここでは、「車両入替」の手続きの流れについて解説していきます。任意保険の切り替えを行う場合や、廃車にした車の自賠責保険を引き継ぐ場合について全体の流れを確認していきましょう。

 

必要書類の準備

任意保険の車両入替の場合は、車検証のコピーまたは売買契約書と、クレジットカード又は銀行口座の分かる書類の2点を用意しておきます。

 

自賠責保険の場合は、自賠責保険証明書および新しい車の車検証、以前の車を廃車したことの分かる証明書、印鑑を用意します。ただし、車両入替を行うための必要書類が車種によって異なる場合があるため、詳しく知りたい場合は保険会社へ問い合わせをしておきましょう。

 

保険会社へ連絡

任意保険の場合は、保険会社へ車両入替の連絡をすると、手続きの方法をいくつか教えてくれます。会社によっても異なりますが、主に電話やウェブサイトを利用した手続き方法や、店舗へ直接行く方法などが挙げられます。

 

自賠責保険の場合、車両入替を行えるかの条件確認を行い、条件を満たしていれば用意しておいた必要書類に不備がないか確認します。というのも、自賠責保険に限っては、手続きを行えるのが保険会社の営業所と代理店の窓口のみと決められています。

 

漏れや不備があると何往復もしなければならないため、一度で済ませるためにも、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

 

手続き

自宅でネット環境が整っている人であれば、ウェブサイトでの手続きが簡単です。必要事項を入力して、書類を添付し送信するだけですので、ネットに慣れている人におすすめです。

 

しかし、ネットに自信がない人や少しでも不安のある人は、直接店舗へ足を運び、スタッフに相談しながら進めましょう。

 

自賠責保険はネットでの手続きを行うことはできないため、所定の営業所や窓口の営業時間内に足を運ぶ必要があります。平日しか空いていないところがほとんどですので、計画的に日程を決めていきましょう。

 

どちらの手続きも、書類さえきちんと用意していれば、基本的にスタッフの指示に従うだけで簡単に終わらせることができます。

 

差額を清算

任意保険の料金は車種や年式に応じて変わるため、以前の車よりも新しい車の方が安くなる場合、その分の差額が返金されることになります。反対に、以前の車よりも新しい車の方が高くなる場合、追加での支払いを行います。

 

一方、自賠責保険の場合は、残期間分を月割りで査定額に上乗せしたり、新しい車へ移行したりするため、任意保険のように差額分を保険会社で支払ったり、受け取ったりすることはありません。

 

同じ自動車保険でも仕組みが異なっていますので、それぞれの違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

自動車保険の車両入替手続きに必要な書類は?

任意保険の車両入替では新しく所有する車の車検証が必要書類となっていますが、納車の時期によっては準備が難しいこともあります。その際は、売買契約書で代用が可能で、通常車検証で確認する必要項目が確認できれば問題ありません。

 

また、銀行口座やクレジットカード、自動車保険の証券などは用意しておくと手続きをスムーズに行える書類となります。

 

一方、自賠責保険で手放す車を廃車にする場合の必要書類は、自賠責保険証明書および新しい車の車検証、以前の車を廃車したことの分かる証明書、印鑑です。廃車が確認できる書類は車種によって異なりますが、登録自動車の場合、登録事項等証明書や一時抹消登録証明書などで対応することができます。

 

しかし、上記の確認書類は車の登録内容によって変わる場合がありますので、ほかに追加で必要なものがないか、事前に保険会社で確認することをおすすめします。

 

自動車保険の手続きを行わないとどうなるの?

車の買い替えの際に任意保険の車両入替をしなかった場合は、当然自動車保険が適応されませんので、事故の際に補償を受けることができません。

 

例えば、任意保険の車両入替をしなかった場合、受けられる補償は自賠責保険の対人補償だけとなり、自分や相手の車への補償はありません。

 

さらに、手続きをしないまま一定の期間をすぎてしまうと、等級がリセットされてしまいます。これまで事故を起こしたことのない人でも料金が高くなってしまうのです。

 

以前の車を廃車にした場合、自賠責保険の車両入替をしていないと、たとえ保険期間が残っていてもそれは以前の車にかかっているままになってしまいます。補償を全く受けられない状態となりますので、事故に合った場合はすべてを実費で支払うことになってしまうのです。

 

ケースによっては非常に大きな負担となるため、万一に備えて必ず手続きを忘れないように気を付けましょう。

 

車両入替の期限に注意しよう!

任意保険には、「被保険自動車の入替における自動担保特約」が付いているため、新しい車を登録してから30日以内であれば、納車後でも手続きが可能となります。

 

ただし、30日という期間は納車日ではなく「車を登録した日」を起点としており、納車日から30日だとすでに有効期限が過ぎてしまっている可能性もありますので、あくまでも万一の事態に被害者を救済するための制度だと認識し、入れ替え手続きはできるだけ早く完了させましょう。

 

一方で自賠責保険には特約が設定されていないため、手続きなしで事故に合うと補償は完全に受けられません。そのため、手放す車を廃車にする場合は、納車前に必ず車両入替を行うようにしましょう。

 

自動車保険の金額を改めて計算しよう!

自賠責保険の料金は車種や加入期間などによって国土交通省で定められているため、申し込みをする保険会社によって金額が変わることはありません。しかし、任意保険の場合は車種や加入期間だけでなく、各保険会社のプラン内容によって料金が異なります。

 

車の買い替えのタイミングで保険料金が変化することにあわせて、任意保険の金額を改めて計算し、もっと安くできる保険会社やプランがあるかを探してみましょう。車の買い替えは、保険の変更を検討する良いタイミングでもあります。

 

中古車販売店の中には、保険会社と提携し、車両入替の手続きを代わりに行ってくれるところもあります。保険関係の手続きが心配な人は、そのような中古車販売店を探してみましょう。

 

自動車保険の費用はネクステージにご相談ください!

保険料を安くするために特約を省いてしまいたいと考える人もいますが、実際は省くべきでない特約は数多く存在します。また一方で、必要以上に補償を付けて料金が高くなってしまうということも。

 

任意保険の費用は各会社のプラン内容や車種などで違い、自分で全て決めるのが難しいのも事実ですが、信頼できる保険会社でなければ結局損をしてしまうことも考えられます。

 

中古車販売のネクステージでは、損害保険代理店と提携しており、お客様に本当に満足いただけるプランをご提案することができます。

 

さらに、車両入替にはいくつかの書類の用意や手続きが必要になりますが、ネクステージと保険会社とが連携することで、車両入替の手続きをお客様の代わりに行うことも可能です。

 

車買い替え時の保険切り替えを検討したい人や、車両入替の手続きに関して不安のある人は、ぜひネクステージへご相談ください。

 

まとめ

車の買い替えを検討している人は、自動車保険の車両入替の手続きを忘れないようにしましょう。手続きを忘れてしまった場合、新しい車で事故を起こせば補償が受けられないという事態に陥ってしまいます。

 

しかし、車両入替の手続きが必要なケースはさまざまで、自分1人で解決できないこともあるでしょう。ネクステージは、手間のかかる車両入替のお手続きについてサポートするだけでなく、保険プランについてもご相談に応じることができます。

 

車の買い替えをされる際は、ぜひネクステージへお任せください。

 

■買い替えをお考えなら、まずは無料査定で愛車の価値を知ろう!

気になる車種をチェックする