自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

自動車購入時にまとまった資金が手元になくても、ローン利用による購入は大変便利です。一方、時の経過とともに生活環境が変化して支出が少なくなったり、臨時収入が入ったりして手元資金に余裕ができる場合があります。その場合、自動車ローンの繰り上げ返済は可能なのでしょうか。

 

この記事では、繰り上げ返済のメリット・デメリット、検討のタイミングや注意点について解説します。現在組んでいる自動車ローンの種類や特徴と照らし合わせて、どれが良い返済方法なのかを考えながら参考にしてください。

 

※目次※

1.自動車ローンは繰り上げ返済が可能

2.自動車ローンを繰り上げ返済するメリット

3.自動車ローンを繰り上げ返済するポイントは早期に行うこと!

4.自動車ローンを繰り上げ返済するタイミングって?

5.自動車ローンを繰り上げ返済する際の注意点

6.自動車ローンの繰り上げ返済方法・手順

7.自動車ローンの繰り上げ返済で損をするケースがある?

8.ローンの繰り上げ返済・乗り換えをお考えならネクステージへ

9.まとめ

 

■POINT

・自動車ローンは基本的に繰り上げ返済が可能だがローン会社との契約内容を確認しよう

・ローンの種類によっては事務手数料や支払総額が変わらないなどのデメリットがある

・ローン返済中の車乗り換えはネクステージへ相談しよう

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンは繰り上げ返済が可能

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

自動車ローンには、銀行・信販会社・ディーラー・損害保険会社などが用意しているさまざまな種類があります。ローン会社によりマイカーローンやオートローンなど呼び方が異なりますが、基本的にほかの住宅ローンなどと同様、繰り上げ返済が可能です。

 

ただし、ローンの種類によっては繰り上げ返済に制限が設けられていたり、ルールが異なったりするケースがあります。自分が組んでいるローンの種類や契約内容を確認することが必要です。

 

一括返済との違い

ローン返済に関して一般的に使用される「一括返済」と「繰り上げ返済」という用語の違いは何でしょうか。「一括返済」とは、ローン借入残高を全額返済つまり完済することを指します。一括返済したあとは、毎月の返済に関する心配をせずに済むことがメリットです。

 

一方「繰り上げ返済」とは、ローン借入残高のうち一部を返済することを指します。元本の一部または全額をまとめて返済するために、毎月の返済額が軽減されたり、返済期間が短縮されたりすることがメリットです。

 

繰り上げ返済は期間短縮型と返済額軽減型の2つがある

繰り上げ返済には、期限繰上方式により返済期間を短縮する「期間短縮型」と、再計算方式により月々の返済額を軽減する「返済額軽減型」があります。

 

「期間短縮型」の場合、毎月の返済額は変わらず返済期間自体を短縮する返済方法です。一方「返済額軽減型」は、返済期間は契約のまま変更せず毎月の返済額が減るというメリットがあります。

 

毎月の負担を減らしたいのか、あるいは返済期間を短縮したほうがよいのか自分の状況と照らし合わせて検討してみましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンを繰り上げ返済するメリット

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

自動車ローンを繰り上げ返済することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。大きなメリットは、精神的負担の軽減を挙げられます。毎月の返済額が軽減される、または返済期間が短くなるためです。他にもメリットがありますので、具体的に見てみましょう。

 

ローンの総支払利息が減る

通常、自動車ローンでは元利均等返済方式が採用されています。これは、毎月の返済金額が変わらず一定である返済方法です。返済金額のなかから月割計算の利息充当分を差し引いた金額が、元本の返済に充てられます。

 

ローンの仕組みでは、返済期間や借入額に比例して支払利息が多くなり、総返済額が大きくなることは避けられません。そのため、繰り上げ返済を行えば返済期間の短縮や借入残高減額により、総支払利息が減ります。

 

完済によってほかのローンが組みやすくなる

自動車ローンだけでなく、全てのローン利用情報は国から認定された信用情報機関に登録されています。個人のローン返済能力を判断するためです。具体的には、個人情報に加え、ローン契約内容・返済状況・借入残高などが含まれます。

 

新たにほかのローンを組もうと思う場合、各ローン会社は信用情報機関の登録情報に基づき審査を行うため、ローン借入残高や返済残り期間などは重要です。繰り上げ返済により良い返済実績が記録されることは信用につながり、ほかのローン審査に有利に働きます。

 

車の所有権が自分になる

ローン利用の際は、車の所有権が自分でないケースがあることをご存じでしょうか。一般的に、ローン返済中の車所有権はディーラー、またはローン会社にあります。ローンを完済して初めて、所有権を自分名義に変更可能です。

 

車の所有権が自分名義の場合にのみ、車の売却や廃車を自由に行えます。繰り上げ返済により予定よりも早く完済できるのであれば、それだけ自由に車を扱えるようになることはメリットです。ローン完済後に所有権解除手続きが必要かどうか確認してみましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンを繰り上げ返済するポイントは早期に行うこと!

手元資金に余裕ができた場合、自動車ローンの繰り上げ返済について検討できます。その際に、注意したいポイントはどのようなことでしょうか。それは、なるべく早期に行うことと、できれば多額を返済することです。

 

ローンは元金の減額により支払利息を減らせるため、早ければ早いほど、そして元金返済が多ければ多いほどお得と言えます。一方、ローンの種類によっては、繰り上げ返済をしてもさほどお得ではないケースがあることを覚えておきましょう。

自動車ローンの一括返済を検討するタイミング

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

生活環境が変化する場合などには家計の見直しを行うことがあります。その際に現在組んでいるローンについても考慮する方は多いのではないでしょうか。自動車ローンの一括返済を検討するタイミングとはどのような場合なのか、多くの人が行っている代表的なタイミングを解説します。

 

資金に余裕がある時

一番多いタイミングは手元資金に余裕がある時です。一般的にローンの金利は元本に追加される仕組みとなっており、返済期間が長いほど支払利息が増えてしまうことは避けられません。

 

そのため、経済的に余裕ができたタイミングで一括返済できるかを検討してみましょう。自動車ローンは住宅ローンとは異なり税控除はないため尚のことそう言えます。

 

廃車にする時

万が一自動車を廃車にしなければならない時は基本的に一括返済が求められます。ローン完済までは車を勝手に手放すことはできないというルールがあるからです。

 

しかし、不慮の事故等やむを得ない事由の場合は例外的に一括返済を求めないローン会社や銀行もあります。どのようにすればよいかローン会社や信頼できる販売店に相談してみましょう。

 

売却や乗り換えの時

廃車にする時同様、ローン完済していない場合は基本的に車を勝手に手放すことができないため売却や乗り換えを行うことができません。

 

銀行系ローンの場合は車の所有者名義は購入者ですが、ディーラー・信販会社系ローンでは所有者名義は借入先のディーラー・信販会社となります。このことから通常は売却や乗り換えを検討する際には一括返済を行うことが必要となるのです。

 

ローンを完済しないと車を売却できない?

厳密には一括返済した後でなければ車を売却できないと定められていますが、別の手段があります。それは、売却したいローン残債車を中古車買取店で査定してもらう方法です。査定買取額からローンを一括返済できないか考えてみましょう。

 

査定買取額が一括返済額より下回った場合は、自分で手出しすることによりローンを完済して車を売却するという方法があります。ネクステージをはじめとした信頼できる中古車販売店に相談してみましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンを繰り上げ返済する際の注意点

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

どの場合にも言えることですが、繰り上げ返済にもメリットだけではなくデメリットがあります。デメリットをきちんと把握しておかなければ思ったよりお得ではなかったという結果になってしまうため注意が必要です。主なデメリットについて考えてみましょう。

 

事務手数料がかかる場合がある

繰り上げ返済に当たって必ず考慮すべきなのは、事務手数料が発生するかどうかということです。

 

一般的に、ローン会社所定の事務手数料が必要になります。それは、ローン会社にとってはローンの利息に伴う収入がなくなってしまうからです。ローンの会社・種類によっては想像以上に事務手数料が高額だったという事例も生じていますので、きちんと確認しましょう。

 

ローンの残債額が少ない場合や残りの返済期間が短い場合は、返済軽減額よりも事務手数料の方が高くなりかねません。一方、ネット手続きでの返済方法や条件等によって無料設定している会社も多くあります。いずれにしてもローン会社・種類によってルールが異なりますのでその都度確認するようにしましょう。

 

手元資金の減少

他のデメリットとしては、ローン返済から自由になりたい一心で繰り上げ返済だけに気を取られてしまったがために、手元資金が減少し家計を圧迫しかねないという点が挙げられます。繰り上げ返済にはまとまった資金を支払うことが必要です。

 

たとえ自動車ローンを完済したとしても生活面で苦境に陥り、そのために別のローンを組まなくてはならないとすれば本末転倒ではないでしょうか。臨時収入を利用する場合でも、病気や怪我など想定外の出費についてある程度予算を立てて貯蓄しておくことで後悔することを避けられます。

 

利息が減らない場合がある

一般的に、自動車ローンの支払利息は元金に応じた計算方法が採用されています。前述のとおり、繰り上げ返済により元金を減らせば総支払利息額が減るという仕組みです。ただし、繰り上げ返済するタイミングによっては利息が思ったほど減らないケースがあります。

 

借入総額の半分以上をすでに返済している場合などです。多少利息が減ったとしても、事務手数料を含めた総支払額はさほど減らない場合があります。慎重に検討しましょう。

 

返済方法に指定がある場合も

自動車ローンの種類によっては、繰り上げ返済方法が指定されている場合があります。ディーラー系ローンでは、借入残高全額を返済する一括返済のみ可能、と規定されている場合が多い傾向です。

 

また、繰り上げ返済回数が指定されているケースや、一定の期間までのみ可能という期間指定のケースもあります。自分が組んでいるローンの契約内容をきちんと確認してみましょう。

 

繰り上げ返済に対応していない場合も

ローンの会社・種類によっては、繰り上げ返済自体に対応していなかったり制限が設けられている場合があります。繰り上げ返済について考える際には、まず自分が組んでいるローン会社の公式サイトや電話等で繰り上げ返済を行えるのか、行うに際して何か条件はあるのか等を問い合わせてみましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンの繰り上げ返済方法・手順

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

繰り上げ返済のメリットやデメリットをきちんと把握したうえで実行することに決めたのであれば、実際に申し込みましょう。メリット・デメリットの項目で取り上げた事柄も含まれますが、繰り上げ返済方法・手順について下記に解説しますので参考にしてください。

 

勘違いだったという事を避けるためにも、自分のローン会社・種類について何度も確認してみましょう。

 

ローン残高の確認

まず現時点でのローン残高がどれくらいあるかを確認します。希望する返済日までにまとまった資金を用意できるのか、その日までの利息や繰り上げ返済に関わる事務手数料について把握しておくことが大切です。

 

中でも事務手数料についての確認は、面倒に思えても必ず行うようにしましょう。残りの返済期間が短い場合、早期返済による利息軽減分よりも事務手数料の方が高額になってしまう可能性もあるからです。電話・Webサイトの問い合わせフォーム・窓口等を活用できます。

 

申し込み

ローン残高や繰り上げ返済に関わる事務手数料の有無など、いくつかの必要事項を確認したら実際に申し込みを行います。ローン会社により店舗窓口のみ、またはネット手続き可能など申し込み方法が異なりますので確認しましょう。

 

同じローン会社でも申し込み方法によって事務手数料が無料になる場合があります。申し込みを行う際にも再度確認し、なるべくメリットが多い申し込み方法を選ぶことが大切です。

 

ローン完済

申し込み手続きが完了したら、指定日までに資金を用意して返済します。ローン会社で違いがありますが、繰り上げ返済の場合も月々の返済に使用している口座から口座振替される事が一般的です。金融機関によっては繰り上げ返済に限っては口座振替ではなく振込を指定している場合もあります。

 

指定日までに支払方法もきちんと確認しておきましょう。ローンが完済するとお知らせが郵送またはメール等で届く場合があります。

 

所有権の変更

ローンが完済したことを確認したら、車検証の所有権を確認します。先述の通り、ディーラー系ローン等の場合は使用者名義は自分であっても所有者名義は異なっている場合が多いからです。

 

もし車検証の所有者名義がディーラーや信販会社になっているのであれば、所有権の変更を行いましょう。所有権が自分の名前に名義変更されたことにより、より愛着が深まります。その後は売却や廃車など自分お好きなように扱うことが可能です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンの繰り上げ返済で損をするケースがある?

繰り上げ返済を行う際に覚えておきたい注意点がいくつかありますが、場合によっては損をしてしまうケースがあることを覚えておきましょう。損をするケースのひとつは、繰り上げ返済時に高額な事務手数料が発生する場合です。

 

一部自動車ローンでは、繰り上げ返済にかかわる事務手数料が高額必要なため、何度も繰り返していると総支払額がかさんでしまう結果となります。また、ローン返済期間が少ない場合も注意が必要です。

 

繰り上げ返済を行う際には、事前に利息軽減額と事務手数料を含めた総支払額をシミュレーションしてみましょう。

ローンの繰り上げ返済・乗り換えをお考えならネクステージへ

ローンで購入している車の売却・廃車の際には基本的に繰り上げ返済が必要ですが、手続きに不安を感じる場合は中古車売買の知識が豊富な店舗を利用することがおすすめです。

 

ローン返済中の車を査定士、買取価格からローン残高を相殺してもらうという方法もあり、その後所有権解除手続きも合わせて行ってもらえれば面倒な手間を省くことができます。

 

中古車販売店に特化しているネクステージでは自社買取・ダイレクト販売を行っているため、車本来の価値を見極め純粋な相場価格での買取が可能です。数多くの販売実績をもとにローン返済中の車を含む中古車全般の乗り換え手助けを全力で行っています。

まとめ

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

手元資金に余裕ができた場合は、自動車ローンの繰り上げ返済について考慮できます。繰り上げ返済を行う際には、自分が組んでいるローンの契約内容をきちんと確認するようにしましょう。メリット・デメリットをきちんと把握しておくことは大切です。

 

ローンの仕組みは馴染みがないため、どうすればお得に繰り上げ返済できるのか悩む場合があるのではないでしょうか。

 

ネクステージでは、ローンに関する悩みや面倒な手続きを含め、お客様の不安を解消できるよう全力でサポートしています。ローン残債がある車の査定や買取が可能です。ぜひお気軽にネクステージへご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車ローンの繰り上げ返済はお得?検討のタイミングや注意点を解説

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ