車を買い替えると保険はどうなる?必要な手続きと注意点

クルマ買い替えガイド

車を買い替えると保険はどうなる?必要な手続きと注意点

車の購入時にはさまざまな手続きが必要です。中古車販売店などが代行してくれるものもありますが、少し面倒くさいと感じている人もいるのではないでしょうか。しかし、しっかりと所定の手続きをしておかなければ、スムーズに車の買い替えを行えなくなります。

 

その中のひとつとして、保険の手続きがあります。他の手続きをするために忙しくて、その存在を忘れていたという人もいるかもしれません。そこで本記事では、車を買い替えることで保険はどうなるのか、必要な手続きと注意点について詳しくご紹介していきます。

 

※目次※

1. 車を買い替える際は、保険の変更手続きを忘れずに!

2. 車の保険は2種類に分けられる

3.【車の買い換えに必要な保険の手続き】自賠責保険

4.【車の買い換えに必要な保険の手続き】任意保険

5. 保険の変更手続きをする際の注意点

6. 知人から車を購入する場合

7. 車を廃車にする場合

8. 家族が新しく車を買う場合

9. まとめ

 

■POINT

 

 

・自賠責保険は売却の時期によって還付されることもあるため、しっかりと確認しておこう!

・自動車保険は一定期間内に車両入替を行っていないと、新しい車の補償がゼロになる!

・車を廃車にするときは、保険の一時中断が可能。その後どうするかによって解約か一時中断かを検討しよう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を買い替える際は、保険の変更手続きを忘れずに!

新しい車に買い替えるとき、忘れてはいけないのが保険の変更手続きです。

 

もし手続きをしていなければ、車の購入がスムーズに行えないだけでなく、新しく購入した車が自動車保険の補償を受けられなくなるなど、大きな損害を被ることになるかもしれません。

 

車を買い替えると、さまざまな手続きをしなければならず、保険の手続きを忘れてしまうこともあるでしょう。そのため、最初にやるべきことをメモとして残しておくことをおすすめします。

 

車の保険は2種類に分けられる

自動車に関する保険には、「自賠責保険」と「自動車保険」の2つに分けられます。

 

自賠責保険は法律で加入が義務付けられている保険です。一方で、自動車保険は必ずしも加入する必要はありません。つまり、自賠責保険は義務なのに対し、自動車保険は任意ということになっています。

 

また、自賠責保険は交通事故被害者の救済を目的としています。これに対して任意保険は補償範囲が広く用意されているため、相手方だけでなく、自分への補償もされるという違いがあります。

 

【車の買い換えに必要な保険の手続き】自賠責保険

自賠責保険は法律で加入が義務付けられていますが、車を購入すれば自動的に加入できるものではありません。基本的には、損害保険会社や代理店などで加入することになります。では、車の買い替えをした場合は、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。手続きの方法や、売却したときの還付金についてご紹介します。

 

自賠責保険は新規で申し込みをする

自賠責保険とは契約している人に対してではなく、車に対してかけられている保険です。

 

そのため、新しい車に買い替えたのであれば、自賠責保険も新規で申込まなければいけません。これまで加入していた自賠責保険を引き継ぐことはできないため、注意が必要です。

 

この場合、新しい車の車検証と現在加入している自賠責保険証明書を用意して各損害保険会社に連絡することになります。その他、保険会社によって必要な書類は異なります。

 

残りの有効期間分は、査定金額に上乗せされる

一般的に、自賠責保険は車検証の有効期限分をまとめて支払っています。

 

そのため、途中解約(売却)することで、支払い済みの自賠責保険が「未経過保険料」として還付されます。ただし、自分で解約手続きをしなければ還付金は受け取れないため注意が必要です。

 

また、還付された自賠責保険は手元に返還されることはなく、売却額に上乗せされることがほとんどです。しっかりと売却額に上乗せされているかどうかを確認するようにしましょう。

 

【車の買い換えに必要な保険の手続き】任意保険

任意で加入する自動車保険も、新しい車を買い替えたときには所定の手続きをしなければいけません。もし手続きを忘れていた場合は、大きな損をすることもあります。では、どのような手続きをする必要があるのでしょうか。手続きをしなければどのようなことが起こり得るのかということや、手続きをするための手順についてご紹介します。

 

任意保険は「車両入替」の手続きが必要

自賠責保険と同じく、任意保険も契約している人ではなく、車にかけられています。

 

そのため、新しい車に買い替えた場合は「車両入替」と呼ばれる手続きをしなければいけません。車両入替は車を所有してから30日以内に手続きをしなければならないと義務付けられています。

 

もし車両入替を行わないまま所定の期間が過ぎてしまうと、新しい車の補償はゼロになります。つまり、事故を起こしてもすべての費用が自腹となるだけでなく、事故の相手との示談交渉、必要書類の手配なども自分で行わなければなりません。

 

変更のステップ①保険会社へ連絡する

新しい車へと買い替えたら、加入したい保険会社へ連絡しましょう。

 

現在加入している保険会社だけでなく、これを機会に保険会社を変更することもできます。また、車両入替をするタイミングで補償内容も見直してみると良いかもしれません。

 

ほとんどの保険会社では、車両入替に「30日以内」というルールが設けられています。そのため、車を買い替えた当日など早めに手続きをすると安心ですが、名義変更がされていないと車両入替の手続きもできない場合が多くなっていますので、名義変更日には注意が必要です。

 

変更のステップ②必要書類を用意する

車を買い替えて、車両入替する場合は以下の書類が必要になります。

  • 現在契約中の保険証券
  • 新しい車の車検証

 

保険証券は、車を買い替えた契約者を保険会社が特定するために必要な書類です。証券番号を伝えるだけで、契約しているかどうかを特定することができますので、事前に用意しておきましょう。

 

また、車の登録番号や車体番号を登録するために、新しい車の車検証も必要です。余裕を持って車両入替をするためにも、車検証が発行されたらすぐに手続きすることをおすすめします。

 

変更のステップ③差額分を精算する

自動車保険は、車のグレードや種類、等級などによって保険料が変わってきます。そのため、新しい車に買い替えることで保険料が変わることもあります。この場合、差額保険料分の支払い手続きもしくは、払い戻しの手続きが必要なので覚えておきましょう。

 

差額分を清算する場合は、保険証券や車検証の他に、口座情報やクレジットカード情報などが必要になります。手続きをスムーズに進めるためにも、事前に用意しておくようにしてください。

 

保険の変更手続きをする際の注意点

自賠責保険なら、加入していることを証明するための「自賠責保険証明書」を携帯しておかなければいけません。これに違反すると、30万円以下の罰金が課せられます。では、保険の手続きをする際、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。意外と知られていない3つの注意事項についてご紹介します。

 

納車日より前に手続きを終わらせよう

自動車保険の車両入替には「30日以内」というルールが設けられていることがほとんどです。しかし、名義変更のタイミングなどにより、納車当日に手続きをすると、危険な場合もあります。そのため、自動車保険の変更手続きは新しい車が納車される前に済ませておきましょう。

 

もし手続きが納車後になってしまうと、手続きが完了するまで、新しい車では補償を受けることができません。一般的に車両入替の手続きは一定期間前から可能になっていますので、早めに連絡するようにしてください。

 

変更手続きができる人は限られている

車両入替の手続きができる人には、一定の条件があるため注意しましょう。

  • ①変更前のお車の所有者ご本人
  • ②主に運転される方
  • ③②の配偶者
  • ④②または③の同居の親族

 

たとえば、上記に記載した内容は、ある保険会社で適用されている条件です。つまり、この条件に当てはまらない人は、変更手続きができないということになります。

 

なお、これらの条件に関しては保険会社によって内容が異なります。ホームページなどでも記載されていますので、事前に確認しておいてください。

 

「所有者」の名義変更を先にする必要がある

家族や友人・知人などに譲り受けた場合は、名義変更を先に済ませておきましょう。

 

保険会社によっては、車検証上の所有者が変更されていなければ、車両入替ができないケースもあるからです。そのため、管轄の陸運局などで名義変更の手続きをしておかなければいけません。

 

名義変更がされていなくても、事故を起こした場合に補償されるケースもありますが、補償対象者の範囲によっては保険が適用されないこともあるため、注意が必要です。

 

知人から車を購入する場合

車を購入する方法としては、ディーラーや中古車販売店での購入が一般的ですが、知人から譲り受けたり安く購入したりすることもあるかもしれません。そういった場合の自賠責はどのようになるのでしょうか。手続きは一般的な買い替えとほとんど変わりませんが、違う点もあるためご紹介します。

 

自賠責保険は名義変更を行う

知人から購入するということは、それまで知人が乗っていた車ということになりますので、名義も知人のままになっている場合があります。所有者に対してではなく車にかけられている保険なので、契約はそのままに名義だけを変更する必要があります。

 

自賠責保険の名義変更には、「契約権利譲渡通知書」と「移動承認請求書」という書類が必要になります。車を譲る側ともらう側がどちらも記入捺印したら書類を提出します。その際、本人確認書類が必要な場合があるため、提出の際には持参するようにしましょう。

 

自賠責保険は車に対してかけられる保険なので、誰が運転していても保険は適用されます。こういったことから、名義変更の手続きが必要ないと思われていることが多いですが、厳密には名義変更しなければならないということを知っておきましょう。

 

自動車保険は新規加入を行う

自賠責保険は必ず入らなければならない保険ですが、自動車保険は任意であり、「車」ではなく「人」に対してかけられる保険のことをいいます。車の所有者と保険の契約者、被保険者を想定します。所有者は車検証の名義人、保険の契約者は自動車保険の支払い義務がある人、被保険者は主に運転する人のことですが、一般的には全て同一人物であることがほとんどです。

 

自賠責保険は車に対してかけられている保険なので、知人から譲り受けた場合でも車と一緒に譲り受けることができます。しかし任意保険の場合は、知人に保険を解約してもらい、自分で新規加入することになります。

 

車を廃車にする場合

車は一度購入したら長く乗るという人と、数年で乗り換える人とに分かれます。乗り換える場合は下取りに出して、次の車の購入資金にする人が多いでしょう。長く乗る場合は、乗っている間に次の車の購入資金を貯めて、それまで乗っていた車は廃車にするという人もいます。車を廃車にする場合の自賠責保険はどうなるのでしょうか。

 

解約や一時中断することができる

結婚や引っ越しといったライフスタイルの変化によって車が必要なくなり、やむを得ず手放さなければならなくなるときがあります。廃車にした場合、契約している自動車保険がどうなるのか気になる人もいるかもしれません。また一旦廃車にはするけれども、時間が経てばまた車を購入するかもしれないといった場合もあります。

 

そのようなときは、自動車保険の一時中断をすることもできます。解約しようかどうか迷っている場合は、とりあえず中断するという選択をすることもできるので安心です。「中断証明書」を発行すると、現時点での等級を維持したまま一時停止することができます。

 

長期間車に乗る予定がない場合は、もちろん解約もできます。保険期間の途中で解約した場合、保険料は返還されます。満期までの期間と保険会社によっても異なります。

 

自動車重量税は解約となる

車を廃車にすると、車検までの残存期間分の「自動車重量税」が還付されます。これは「使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度」と呼ばれるものです。廃車手続きをお願いした業者から「廃車にした」という連絡をもらった後運輸局で申請すると、後日還付金が入金されます。忘れがちな手続きですので、しっかりと念頭においておきましょう。

 

家族が新しく車を買う場合

都会では、多くても車は一家に一台であることがほとんどですが、地方に住んでいると一人一台という家庭が目立ちます。一緒に住んでいる家族が新しく車を買う場合は、制度を活用することで保険料を抑えられるかもしれません。

 

合計した保険料が安くなることがある

生計を共にしている家族が数台の車を所有する場合、車一台ごとに自動車保険を契約することになります。そういったときに等級を渡せる「吐き出し制度」というものがあります。年齢が若いと保険の審査が厳しかったり保険料が高かったりしてしまいますが、この制度を利用することで、家族からもらった等級からのスタートとなるのです。

 

制度を利用できる条件として、一緒に住んでいる家族か配偶者であること、車両を交換して適用することはできないことなどがあります。

 

また補償を受けられる運転手を限定することで、保険料が抑えられることもあります。本人のみ、夫婦のみ、家族全員、などの種類がありますが、別居している家族には適用されません。一人暮らしや結婚している子どもが帰省した場合に車を運転することもあるかもしれませんが、適用されないということを頭に入れておきましょう。

 

保険料の比較

車を複数台所有していて、同じ保険会社で保険に入っている場合、家族割が適用されます。これをノンフリート多数割引と呼び、台数によって割引率が異なります。一般的な割引率を表でご紹介します。

パターン

2台

3~5台

6台

  •  

1%

3%

5%

  •  

2%

3%

5%

  •  

3%

4%

6%

  •  

3%

  •  

5%

保険はダイレクト型と代理店型に分かれます。ダイレクト型はインターネットで直接保険会社と契約することをいい、代理店型は保険の代理店を仲介して保険に加入することをいいます。

 

ダイレクト型は代理店型に比べると保険料が安く、インターネットで簡単に契約できるのが特徴です。しかしデメリットとしてサポートを受けにくいことや自分で調べて契約しなければならないことが挙げられます。代理店型は保険料が割高な代わりに、相談がしやすいことやアドバイスをもらえること、手続きを代行してもらえるという特徴があります。

 

まとめ

自動車に関する保険は「自賠責保険」と「自動車保険」の2種類です。自賠責保険への加入は義務なのに対し、自動車保険は任意などの違いはあるものの、車の買い替えを行ったら、保険の種類に関係なく所定の手続きを行わなければいけません。

 

また、手続きをしていないことで車の購入がスムーズに行えないだけでなく、新しい車の補償がゼロになるなど、大きな損をすることもあります。他の手続きで一杯いっぱいになり忘れてしまうこともあるため、最初にメモ書きなどをしておくようにしましょう。

 

もしも買い替えを検討しており、諸々の手続きがわからないという人は、ぜひネクステージにご相談ください。保険の手続きだけでなく、その他のお悩みに関しても丁寧に対応させていただきます。

気になる車種をチェックする