車を買い替える時は「下取り」と「買取」のどっちがお得なの?

クルマ買い替えガイド

車を買い替える時は「下取り」と「買取」のどっちがお得なの?

車を買い替える際には、所有している車をディーラーで下取りに出すか、買取業者に売却するかのいずれかを選ぶのが一般的です。「売る」という意味では2つとも同様ですが、どのように選ぶべきかわからないという方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、下取りと買取の違いから選び方まで徹底的に解説します。買い替えにベストな時期と手続きの流れについて知ることも可能です。買い替えや売却を検討している方は、事前情報として理解を深めておきましょう。

 

※目次※

1.車の「下取り」と「買取」の違いとは?

2.車の「下取り」のメリット・デメリット

3.車の「買取」のメリット・デメリット

4.下取りと買取のどちらがよいかはときと場合による

5.車の下取り・買取にベストな時期はいつ?

6.車の買い替え時に必要なものや注意点

7.車の買取・下取りの疑問解決Q&A

8.まとめ

 

■POINT

 

 

・下取り・買取のどちらを選ぶかは、手間を省くか節約するか、重視したいメリットによって異なる

・少しでも高額な価格で売るためには、業者の決算期を狙うのがおすすめ。走行距離が5万km・10万kmを超えるタイミングも把握しよう!

・売却や買い替えのスムーズな手続きには、書類と費用の用意が大切。提出する書類と支払うべき税金についてもチェックしておこう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の「下取り」と「買取」の違いとは?

下取りと買取を同じ意味としてとらえる方も多くいますが、目的に明確な違いがあります。下取りは、次の車を購入する目的で売却する方法です。買取は、新しい車を購入するかどうかを問いません。両者の違いを明確にして、どちらの方法を選ぶべきか計画しておきましょう。下取り・買取についての定義を解説します。

 

「下取り」は次の車の購入が前提

下取りは、車を売却すると同時に新しい車を購入する方法です。中古車販売店でも同様の仕組みを採用するケースがありますが、一般的に下取りといえばディーラーでの取引を意味します。これまで所有していた車を売却し、新車を購入する予定の方に適しているでしょう。

 

売却したお金は、そのまま購入費用に充てられます。売却した車の価値が購入金額に反映されるため、お得な買い替え方法として活用することも可能です。ひとつの店舗で手続きを完結できる点もメリットといえるでしょう。

 

「買取」はシンプルな売却

買取は、新しい車を購入するかどうかに関係なく売却する方法です。売却したお金の使い道は売り手の手元に渡るため、車の購入金額に充てたり貯金したり、自由に利用できます。下取りのような特殊な売却方法以外のケースが買取であると認識するとよいでしょう。

 

車の買取を行う場合は、中古車買取業者や買取専門店などに査定を依頼します。車種や走行距離から車の状態まで詳しくチェックし、リセールバリューをふまえたうえで価格を決定する仕組みです。

 

車の「下取り」のメリット・デメリット

下取りは、車の買い替えで手続きの手間を省ける点がメリットといえます。ディーラーでの購入を考えている方にとっては魅力的ですが、デメリットがある点も理解しなければなりません。金額面で損に感じる可能性もあるため、メリットを十分に活かせるかどうか把握しておきましょう。下取りのメリットとデメリットを解説します。

 

下取りのメリット:手間がかからない

下取りのメリットとしてあげられることが多いのは、手続きの簡単さと値引き交渉のしやすさです。中古車買取店と販売店で売却・購入を依頼した場合、2か所で手続きを進めなければなりません。下取りであれば、1か所で同時に進められます。

 

売却と購入にかかわる金額を業者が把握している点も特徴的です。売却金額が次の車の購入金額に直結するため、最終的な支払い金額が明確になります。ユーザーがお得感を可視化できるだけでなく、「もう少し高く買い取ってほしい」といった要望も提示しやすくなるでしょう。

 

このように、下取りは商談から契約まで手間をかけずに進めたい方にとって、メリットが大きい方法といえます。

 

下取りのデメリット:査定額が低くなりがち

手間がかからずメーカーの安心性も高い下取りですが、買取と比較するとお得な方法とはいえません。同じ条件で売却した場合、買取よりも査定額が低くなる傾向があるためです。「高く売って安く買いたい」と考えている方は注意しましょう。

 

下取りの査定で金額を決める要素は、年式・走行距離・消耗品の状態などさまざまです。基本的な項目は買取と同じですが、下取りの場合はオプションの加点率が少ないといわれています。社外品に付け替えている場合は、マイナス査定になる可能性も考慮したほうがよいでしょう。

 

手続きの手間を省ける一方、金銭的なメリットはほとんどありません。時間・お金のどちらを重視するかで適した方法が分かれるため、業者に相談しながら慎重に決断しましょう。

 

車の「買取」のメリット・デメリット

買取は、下取りに比べて金銭的なメリットを多く感じられます。タイミングを見計らうことが重要なポイントになるため、なるべく早い段階から計画を立てられると安心です。ディーラーでの下取りとは違い、業者選びも売却価格を左右する点を理解しておきましょう。買取でのメリットとデメリットを解説します。

 

買取のメリット:高額査定が期待できる

車を高く売りたい方には、買取がおすすめです。プラス査定に反映する項目が多いため、下取りよりも高額査定につながる可能性が高いといわれています。中古車市場で人気が高いのは、純正オプションを装備した車です。車種やボディカラーに人気があれば、さらなる高額査定を期待できるでしょう。

 

オプションでなくとも、業者にとって再販売価値のあるオプション・部品であれば加点されるかもしれません。中古車の買取を行う業者は、車本体ではなく部品単位に分解して販売できるためです。

 

また、売却したお金の使い道を限定しない点も買取のメリットでしょう。自分の好きなかたちで活用できるため、すぐに買い替える予定がない方にも適しています。

 

買取のデメリット:相場変動に影響される

買取のメリットを活かすためには、売却するタイミングを見極めなければなりません。ディーラーへの下取りに比べて相場変動が起こりやすく、価値が下がったタイミングで売却すると査定額が相場よりも低くなる可能性があるためです。

 

たとえば、メーカーからフルモデルチェンジが発表されると、旧モデルの需要が低くなる傾向にあります。市場でのニーズが減ると買取価格の相場も下がるため、高額査定にはつながりにくいといえるでしょう。

 

相場変動が起こる時期を予測するのは困難です。過去にモデルチェンジを発表した周期などからも予測できますが、WebサイトやSNSを介して情報を収集したほうがよいでしょう。人気の度合いや評判も含めてタイミングを見極めることが大切です。

 

買取と下取りのどちらが良いかは時と場合による

買取と下取りのどちらのほうが良いのかは時と場合によって異なります。車種や車の状態によって適切なほうは変わってくるので、ケースバイケースで選んでいくと良いでしょう。

 

どのような場合なら買取が良いのか、またディーラーでの下取りのほうが良いのはどういうときなのかについてご紹介していきます。下取りと買取の違いについても合わせて解説していきましょう。

 

売りたい車が人気車種なら買取で!

売りたい車が人気車種である場合は、ディーラーでの下取りよりも買取のほうがお得です。人気車種の場合は買取価格として高値がつきやすいことが理由として挙げられます。

 

人気車種とまではいかなくても、メンテナンスをしっかりとしていて状態が良い車や走行距離があまりない車、年式の新しい車の場合でも買取では高値がつきやすくなるでしょう。複数の買取業者で査定額を比較してみて、より高値で売却できるのも、買取ならではの魅力だと言えます。

 

買取でも価値がつかない車はディーラーでの下取りがお勧め

年式が古かったり、長く酷使し続けてきたりした車は、買取でも価値がつかない可能性があります。そんな場合は買取ではなく、ディーラーで下取りに出すのがおすすめです。買取業者への売却のように、売却益が直接手元に入るわけではありません。

 

しかし、ディーラーで新しい車を購入する際には値引き交渉を進めやすくなります。ディーラーの下取りなら価値がない車でも価格をつけてもらえるので、買取よりもお得になりやすいでしょう。

 

下取りと買取の違いはどこにあるの?メリットとデメリットを比較

ディーラーでの下取りと買取業者への売却は車を手放すという面では共通していますが、それ以外の部分ではさまざまな違いがあります。

 

まず、下取りにはディーラーとのやり取りだけで手続きを完結できるため、手間や時間がかからないというメリットがあります。新しい車の値引き交渉の材料にできるのもメリットだと言えるでしょう。

 

ただし、下取り価格にはオプションによる加算はなく、中古買取価格も影響しません。人気車種の場合は下取りに出すと金銭的な面で損をしてしまう可能性が高いので注意しましょう。

 

買取のメリットは需要のある車であれば、高値をつけてもらいやすいという点が挙げられます。ディーラーでの下取りとは違い、お金の使い道は限定されているわけではありません。買取業者から受け取ったお金は新しい車の購入費に限らず、生活費のような全く別の資金に充てても良いのが魅力です。

 

車の買取市場は相場の変動が起こりやすいのでタイミングによっては査定額が低くなりがちなのがデメリットと言えます。

 

車の下取り・買取にベストな時期はいつ?

車の売却や買い替えを検討している方は、最適なタイミングを把握することが大切です。高額買取につながるだけでなく、マイナス査定を避けるためにも役立ちます。ディーラーや買取業者の決算期と車の走行距離が重要な要素になることを理解しておきましょう。下取りや買取にベストな時期を2つご紹介します。

 

決算月が過ぎる前がベスト

下取りの相談や買取の査定でなるべく高値をつけてもらいたいのであれば、時期を考えることをおすすめします。決算期である3月や9月であれば、それ以外の時期よりも高値がつきやすくなっています。

 

決算に合わせたタイミングで買い替えをしたいのなら、決算月が過ぎる前に下取りや買取が完了させるのがポイントです。そのため、正確には決算月になるひと月前から準備を進め、計画的に下取りの相談や買取を行っていきましょう。

 

走行距離が大台に乗る前

車を査定する際、業者は「これまでどのくらい走っているか」を重視します。走行距離が長いほど故障のリスクが高まる傾向にあるためです。10万km以上走った車は価値が下がりやすいため、10万kmを超える前に売却を決めるとよいでしょう。

 

3万km・5万kmの2つのタイミングも大台といわれています。3万kmであればまだまだ高額査定の可能性も期待できますが、ひとつの区切りとしておさえておくのがおすすめです。10年以上乗り続けて10万kmを超えている場合は、「10年落ち」としてリセールバリューも下がります。

 

このように、走行距離によって売却価格が左右される点を理解しておくと、手放すべき時期も明確になるでしょう。

 

車の買い替え時に必要なものや注意点

車を買い替える際、実際にはどのような流れで進めるのでしょうか。手続きをスムーズに行うためにも知っておくと安心です。必要書類だけでなく、税金も支払わなければなりません。ETCの切り替えも忘れないよう注意しましょう。車の買い替えや売却を行う際に必要なものと注意点を3つご紹介します。

 

買い替え時に必要な書類

車を買い替えるときにはいくつか用意しなければならない書類があります。まずは、先述した自動車納税証明書です。他にも自動車検査証と自賠責保険証明書が必要になります。

 

書類ではありませんが、印鑑と振込口座情報も必要になりますので、前もって用意しておきましょう。普通自動車の場合は印鑑登録証明書も必要になるため、忘れないようにしてください。

 

必要書類を紛失してしまった場合には、各機関で再発行の手続きを行えます。自賠責保険証は保険会社、車検証は陸運局、納税証明書は管轄の税務署で行えるので、必要に応じて再発行手続きをしてください。

 

買い替え時に必要な税金

車の買い替えをする際には、今乗っている車を売却するために自動車税の納税証明書が必要になります。自動車税の支払いをしていないと、名義変更の手続きが行えないため、必然的に車の売却もできません。

 

毎年4月1日時点での車のオーナーに課される税金ですから、支払っていないのであれば、早めに納付を済ませてから売却の手続きを進めていきましょう。支払った税金は国から還付されることはありませんが、売却する際には査定額に反映されることもあります。

 

買取や下取りの際には自動車税の還付金が含まれているかどうかについて、スタッフに訊ねてみると良いでしょう。

 

【高速道路利用者必見】ETCも切り替えを忘れずに!

高速道路を利用している場合は、ETCの切り替えを忘れないように注意しましょう。新しい車で今まで使っていたETCカードを利用する場合には、再セットアップが必要になります。ETCには車の車種やナンバーに関する情報が登録されているため、そのままでは使用できません。

 

再セットアップは自分でも行えないことはありませんが、手間がかかります。ディーラーや中古車専門店のスタッフに再セットアップをお願いすると良いでしょう。

 

車の買取・下取りの疑問解決Q&A

 

車の買取や下取りに出す際はどんな点に気をつけるべきなのでしょうか。前もって知っておかないと思わぬところで損をしてしまう可能性もあります。そのようなトラブルを未然に防ぐためにも、車の買取や下取りのノウハウについてはある程度でも知っておいたほうが良いでしょう。買取や下取りに関するよくある疑問に答えていきます。

 

下取りで0円って本当にあり得る?

下取りで査定額が0円になるという話は聞いたことがあるでしょうか。結論から言えば、車の状態や買取先によって、車の価値が0円になることは十分にあり得ます。査定額がつかない車は廃車という選択肢しかなく、廃車手続きのための手数料によって逆にマイナスになることもあるでしょう。

 

せっかく車を下取りに出しても査定額がつかない場合は、下取りによる値引きにも期待できないので注意しなければなりません。

 

買取店の見積もりを持って行くと高く下取りしてもらえる?

できる限り高額で下取りをしたい場合には、あらかじめ中古車買取店で見積もりを出しておき、その見積もりの書類を持っていくのが効果的です。ディーラーはお客様からの価格交渉に備えて、最初は査定額を敢えて低めに設定するところが多いです。

 

見積もり書を提示しておけば、交渉がスムーズに行えるでしょう。前もって査定をしておけば自分の車の価値を把握しておけるというメリットもあります。下取りを考えているのなら先に中古車買取店での見積もりをしておくことをおすすめします。

 

廃車するといいことがある?

ディーラーでの下取り価格が0円だったり、手数料によってマイナスになったりする場合には、下取りではなく廃車業者での買取がおすすめです。廃車業者であれば、レッカー代や手数料はかからないため、損をしてしまうことはありません。

 

車そのものとしての価値はなくても、部品単位で買い取ってくれる可能性もあります。部品が使い物にならなくても、アルミや鉄のリサイクルのために買い取るケースもあるため、下取りよりも高く買い取ってくれる可能性は高いです。

 

下取りに出したい車にローンが残っていたらどうなる?

車のローンが残っていても、本人あるいは家族名義であれば下取りに出すことは可能です。車検証の所有者欄がディーラーやローン会社になっている場合には、そのまま売却したり、下取りに出したりすることはできません。所有者が自分や家族以外の場合は、自分の名義に変更する必要があるので覚えておきましょう。

 

このように、下取りに出すこと自体はできますが、ローンの残債がなくなるわけではありません。新しい車に買い替えるのなら、今乗っている車のローンがあとどれくらい残っているのかを確認しておきましょう。

 

車のローンが残っている場合で買い替えしないほうがよいケースはある?

車のローンが残っていても買い替え自体は可能です。しかし、下取りや買取価格を上回るローンの支払いが残っている場合は買い替えをおすすめできません。新しい車を購入するには新たにローンを組まなければならないのが一般的です。そんな中、今の車のローン残債があると、2台分の車を払わなければならないということになります。

 

新しい車のローンに今乗っている車のローンを上乗せすることはできますが、支払い額の負担が大きくなってしまいます。下取りの価格がローン残債を上回るまではなるべく買い替えを控えたほうが良いでしょう。

 

高く下取りしてもらえるテクニックはある?

ディーラーで下取りに出す場合は、車を中古車買取店で売却するときと同様に交渉が欠かせません。売却する意思を見せたり、下取りの希望額を伝えてみたりするのが効果的です。

 

査定してもらう前に洗車や車内の清掃をしておくのも良い対策となるでしょう。車を大切に利用してきたことをアピールできるので、丁寧に使ってきた車だと判断されれば査定額にも影響してきます。

 

まとめ

車を買い替える際に選択できるのは、下取りと買取の2パターンです。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の希望に適した方法を見極めなければなりません。手続きの手間を省きたい方は下取り、お得に買い替えたい方には買取がおすすめです。

 

実際に契約する業者を決めた方は、必要な書類と費用も把握しておきましょう。ローンが残っている場合でも手続きできるケースがあるため、まずは業者に相談してみることが大切です。車の買い替えや売却に関してお悩みの方は、ぜひこの機会にネクステージをご利用ください。

 
気になる車種をチェックする