車の買い替えなら下取りよりも買取のほうがお得な理由をご紹介します

クルマ買い替えガイド

車の買い替えなら下取りよりも買取のほうがお得な理由をご紹介します

車を買い替える際に、買取と下取りのどちらを選択しようか迷う人も多いでしょう。2種類のうち、どちらの方法を利用するかは人によって異なりますが、おすすめなのは買取です。

 

車を下取りに出す以上に、買取に出す方がお得といえる理由をまとめました。車を売ろうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1.車の買い替えには下取りと買取という2つの選択肢がある

2.下取りに出すメリットとデメリット

3.買取で売却するメリット、デメリット

4.下取り価格の金額はどのように決まるか

5.下取りと買取に価格差が生まれるのはなぜ?

6.下取りよりも買取のほうが良い理由

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を買い替える際は、下取りよりも買取がおすすめ!

・下取りと買取のどちらが適切かは、車の売却後に新車を購入するかどうかで異なる

・買取は、下取りよりも高い金額での売却が期待できる

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の買い替えには下取りと買取という2つの選択肢がある

車を買い替える方法は、主に2種類あります。それは、「下取り」と「買取」です。

 

車の買い替えを検討する際には、事前にこれら2種類の違いを把握しておくことが大切です。なぜなら、この2種類について知っておかないと、損をしてしまう可能性があるからです。

 

それぞれの違いを理解して、お得に車を買い替える方法を確認しておきましょう。車は高額な商品なので、損をしないようにポイントを押さえておきましょう。

 

下取りとは

下取りとは、お店に車を買い取ってもらいながら新車を購入することを指します。それらがセットとなっているのが「下取り」なのです。

 

車を下取りに出すことで、新しい車を購入する際の費用を割り引いてもらうことができます。お得な金額で新車を買う代わりに、前に保有していた車を売却することが下取りです。新車を購入しようと検討している人には適した方法と言えるでしょう。

 

買取とは

次に、買取について見ていきましょう。買取とは、買取専門の店で車を買い取ってもらう方法です。

 

買取店では、車の売却だけを行うことが可能です。売却と同時に新車を購入する必要がないため、車を手放したいだけの人には適した方法と言えます。

 

引っ越しや転勤などで車に乗らなくても生活ができる場合は、車を買い取ってもらうことがおすすめです。買取店に相談してみましょう。

 

下取りと買取の違い

車の下取りと買取について、違いが分かりにくいと考える方も多いでしょう。ここでは、具体的に異なる点を解説します。

 

一つ目の違いは、車を買い取るお店の種類です。例えば下取りは、ディーラーで行われます。大手ディーラーで新車を購入する際に以前使用していた車を売ることで、新車を安く手に入れることができるのです。買取の場合は、車の買取を専門としている買取店へ持ち込みます。

 

二つ目の違いは、新車を購入するかどうかです。下取りを選択すると、新車を購入する必要があります。しかし、買取の場合は、その必要はありません。

 

これらの違いを把握して、自身の場合はどちらが適切かを検討しましょう。下取りと買取では、手元に残る金額も異なります。2つの方法の違いを理解して、自分に合った方法を選択しましょう。

 

下取りに出すメリットとデメリット

車を下取りに出すことには、メリットとデメリットがあります。下取りのメリットは、業者を通して、手続きがスムーズに進められることです。一方デメリットには、査定金額が低く、手に入れたお金を自由に使用できないことが挙げられます。

 

メリットやデメリットを事前に理解しておくことで、上手に買い替えを進めることができます。どのような点に注意すればよいのか具体的に見ていきましょう。

 

下取りのメリット

車を下取りに出すメリットは、2点あります。安心感があることと、車の売却から新車の購入までの流れがスムーズであることです。

 

まず、一つ目に挙げた安心感について解説していきます。下取りは大手のディーラーで行いますが、小さな買取店などで取引を行うよりも安心感があると言えます。大手であれば実績も多く信頼でき、トラブルが生じる可能性も低いと考えられます。そのため、安心して任せることができるでしょう。

 

二つ目は、車の売却、購入の流れがスムーズであることです。基本的には、車を売却することと新車を購入することは別の手続きになるため、時間がかかる場合も多くあります。しかし、下取りに出すと1人の担当者が全ての手続きを行うことが多いため、スムーズに話が進む傾向にあります。

 

1人の担当者に一貫して任せることができ、スムーズな手続きやサポートを期待できることが下取りの魅力と言えます。取引金額も大きな額になりがちなため、安心して手続きを進めたい方にぴったりです。

 

下取りのデメリット

下取りには、デメリットが2点考えられます。メリットだけに目を向けることなく、どのような点に注意するべきなのかもここでしっかり確認しておきましょう。

 

一つ目は、査定金額が低い傾向にあることです。それは、担当者の査定スキルが低いことも多く曖昧な金額設定をする場合もあり、高値がつきにくいためです。また、その店舗での販売になるため価格競争が生じることもほとんどありません。販売する際の金額を上げることも難しく、査定金額を低く設定せざるを得ない状況にあることも理由の1つと言えます。

 

二つ目は、下取りで手に入れたお金を自分の好きなように使用できない点が挙げられます。買取の場合は、車を買い取ってもらって手に入れたお金を自身の好きな用途で使用できます。しかし下取りの場合は、その金額を新車購入にあてなければならないため、自由がききません。

 

下取りサービスを利用する場合は、後悔しないためにもこのようなデメリットがあることを理解しておきましょう。

 

買取で売却するメリット、デメリット

次に、買取サービスを利用して車を売却する時のメリットとデメリットを見ていきましょう。下取りをする場合と比較しながら、確認してみてください。

 

買取を上手に利用することで、高値で車を売却することができます。そのためにも、深く掘り下げて説明していきます。

 

買取のメリット

車の買取を利用するメリットは、下取りと比べ高値で売却できることと、無料で出張査定をしているなどサービスが充実していることが挙げられます。

 

まず価格の面ですが、買取は下取りよりも高値で売却できる傾向にあります。大きな理由としては他社との価格競争が激しく、査定の際の金額が上がりやすいことが挙げられます。また、高値で買い取ったとしても販路が広いため、損をするリスクが低く、利益が出やすいのです。

 

さらに、無料出張査定などのサービスも充実しているため、費用が抑えられることもメリットと言えるでしょう。下取りの場合はこのようなサービスがないため、ディーラーに出向く必要があります。しかし買取であれば、無駄な費用や時間を抑えつつ売却することができるため、コストパフォーマンスが高いと言えます。

 

下取りと比較すると、買取サービスは魅力な点も多くあります。メリットを活用して、お得に売却することを意識してみましょう。

 

買取のデメリット

買取を利用するデメリットとしては、売却後に新車の購入する場合、売買が長期化してしまうことが挙げられます。

 

買取は、車を売却するだけであれば便利なサービスです。ただし、古い車を売って、新しい車を購入したい方には、あまりおすすめできません。車の売却と新車の購入では、それぞれ別の手続きをする必要があり、担当者が変わることなどから手続きが長期化する傾向にあるのです。

 

そのため、買取は高値で売却できる点はメリットと言えますが、リスクもあることを覚えておきましょう。自分に合った方法で車を売ることが大切です。

 

下取り価格の金額はどのように決まるか

下取りをする場合、計算式にあてはめて価格を決定します。ディーラーが加盟している社団法人日本自動車査定協会で、計算式は以下のように定められています。

 

ディーラーの下取り価格=基本価格 + 加点(装備、車検残、色) -減点(傷、内外装、修理歴)

 

まずは、基本価格に対して加点要素が加わります。装備や車検、色などの加点要素を見て、その次に減点要素を判断し引いていきます。このような計算式によって下取り価格が決まるため、加点を多くして減点を少なくすることが高値で売るポイントとなります。

 

下取りと買取に価格差が生まれるのはなぜ?

下取り価格と、買取り価格にはギャップがあることがほとんどです。下取りよりも買取のほうが、価格が高くなる傾向にあります。

 

どちらも車を売却するという同じ行為であるにも関わらず、価格差が生まれてしまうのはどうしてなのでしょうか。その理由は、車を売却するお店と査定をする人に関係しています。

 

ディーラーで下取りをする際に対象の車が他社のものである場合、高い査定金額を出すことは難しいものです。

 

もともと、ディーラーに所属している営業マンは、車を売ることが主な仕事です。それも新車を売ることがメインであるため、中古車や、自社以外の車を査定することには慣れていません。自社のものではない車の査定するポイントを把握していない場合も多く、評価が低くなりがちなため、高価買取はあまり期待できません。

 

買取り業者の方が、中古車やさまざまな種類の車に詳しく、査定の知識も持っています。また、市場の動向や価格などにも詳しいため、より適切に、より高値で車を買い取ることができるのです。

 

下取りよりも買取のほうが良い理由

車を手放すことを検討するのであれば、下取りよりも買取の利用をおすすめします。なぜかというと、高値で車を売却できる可能性があるからです。

 

先にも解説した通り、ディーラーの営業マンは査定に慣れていないことも多く、査定時に高値をつけることは難しい傾向にあります。また、他社の車を買い取ったとしても販売しにくいため、査定価格は低くなりがちです。加えて、下取りをする場合は、査定をするだけでも費用がかかる場合もあります。

 

このように、下取りでは高値で売却することは見込めないと考えられます。買取を選択して、可能な限りお得に売却することを心がけてください。

 

まとめ

ここまで、車の買い替えには下取りよりも買取りの方がおすすめできる理由をご紹介してきました。どちらの方法を選択したとしてもメリットとデメリットがありますが、できるだけ高値で売却したい方には、買取をおすすめします。

 

人によっては、どこに買取に出そうか悩んでしまう方もいるかもしれません。そんな方は、ぜひネクステージにご相談ください。お客様の満足を第一に考えるネクステージで、お得に車を売却しませんか。

気になる車種をチェックする