車の買い替え周期はどれくらいが最適?買い替え時に検討するべきチェックポイント

クルマ買い替えガイド

車の買い替え周期はどれくらいが最適?買い替え時に検討するべきチェックポイント

ひと昔前までは「車は10年乗る」というのが定説でしたが、現在では1回目の車検のタイミングで買い替える方も少なくありません。「こうでなければならない」という周期はありませんが、1年前後するだけで金銭的な変動も出てきます。

    

今回は、車の買い替え周期をテーマに、検討すべきタイミングやチェックポイントなどをご紹介いたします。安く売買する時期についても解説しているので、お得に買い替える際の参考にしてください。

    

※目次※

1.車の買い替えの周期を検討する5つのポイント

2.購入後の経過年数ごとに車をどうするかを判断する

3.走行距離と部品交換頻度の不思議な相関

4.ライフステージの変化で訪れる乗り換えの時期

5.車を買い替えることが決まったら計画的に高く売ろう

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の買い替え周期には、車検・保証期間など5つのポイントがある。車の価値もチェックしておこう

・部品交換回数が多いなら買い替えどきかもしれない

・実際に買い替える前に、お得に売買できる計画を立てておこう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の買い替えの周期を検討する5つのポイント

 

車に乗り続けていると、早い人では3年ほどで買い替えを検討しはじめます。その理由は、車検やメーカー保証切れなどさまざま。また、ライフスタイルの変化によって車に乗り換える方も少なくありません。とくに金銭面に大きく関わる部分もあるので、適したタイミングで決断できるようポイントをおさえておきましょう。

 

車検を受けるタイミング

車の買い替えを検討する方のなかには、「車検で見積もりを取ったら高額だった」という理由を挙げる方も多いのではないでしょうか。次の車検はすでに2年後と決まっているので、それなら買い替えたほうがお得だと考えるでしょう。

    

もちろん金銭的には車検費用を支払ったほうが安くなりますが、「車検後に買い替えるのが損」というわけではありません。実は、車検前後で比べると、車検後のほうが買取価格は高くなることも多いのです。車検直後に買い替えを検討中の方は、ぜひ一度買取査定に出してみましょう。

 

保証期間が切れる前

車を購入する際にはメーカー保証が付帯されます。具体的な内容や金額は各メーカーにより異なりますが、購入後3~5年で満期となるのが一般的です。この保証期間が終わると、タイヤなどの消耗品をはじめとした車の整備・修理費用はすべて自己負担になります。

 

どれだけ大切に乗っていても、部分的な故障や不具合は避けられません。業者に修理を依頼する機会も増えるので、出費がかさむ前、つまり保証期間が切れる前に買い替えを考える方が多いのです。

 

修理やメンテナンス費用が増え始めたとき

メーカー保証は、満期となる前に期間延長を申請できる可能性があります。しかし、こういったサービスがない場合は、修理やメンテナンスで年々出費が増えるといえるでしょう。2年に1回の車検費用も合わせると、年間ではかなりの高額になりかねません。

 

それでも、命を乗せる車である以上はメンテナンスも大切です。「定期的に状態チェックしているにもかかわらず不良が多い」というようであれば、金銭面だけでなく車のために買い替えを検討するのも一つの考え方です。

 

リセールバリューが落ちる前

リセールバリューとは日本語で「再販売価値」のことで、現在乗っている車を中古車として販売したときの価値を表します。新車購入後3年目が境目といわれていますが、そのときの人気やモデルチェンジなどでも価値が変動するので要注意です。

 

同車種のフルモデルチェンジでなくとも、例えば「ライバル社の新車種が登場した途端に下落する」といったことも少なくありません。ときに数十万円の変動も十分にあり得るので、なるべく早い段階でリセールバリューを知っておくのがおすすめです。「もう少し早かったら……」とならないよう、価値が落ちる前に決断しましょう。

 

ライフスタイルに変化があった時

車に目立つ故障が見られなくても、ライフスタイルが大きく変わるタイミングで買い替えを検討する方も少なくありません。例えば、引っ越しや転勤が決まったとき。生活スタイルに合わない車を無理に乗り続けるよりも、ストレスの少ない車に買い替えたほうがいいでしょう。

    

また、車の維持費が高いと感じたら、燃費のいい車の検討を始める人もいます。電気自動車やハイブリッド車といった環境にやさしい車も次々開発されているので、車自体が高価でも、長い目で見ると節約につながります。

 

購入後の経過年数ごとに車をどうするかを判断する

 

車の買い替えを考える一つの理由として、車検のタイミングも大きいといえます。年数につれ部品交換頻度も増えていき、「これなら買い替えたほうが……」と感じるためでしょう。

 

ここからは、3・5・7・13年目それぞれの周期ごとに、買い替えを検討する基準を解説いたします。経過年数で判断基準が変わるため、自分の年数に近いポイントをチェックしておきましょう。

 

【3年】車を高く売れるうちに新しい車に乗り換える

新車であれば、購入後3年以内がもっとも高く売れるといわれています。3年後(1回目)の車検を過ぎると買取価格も下がっていくため、「車検費用を支払う前に買い替えてしまおう」と考える方もいるでしょう。

    

まだまだ乗れそうだと、もったいない気持ちもあるかもしれませんが、買取価格が高いうちに売ってしまって、そのお金を新しい車の代金の足しにする方法も決して損ではありません。4年目の中途半端な時期に買い替えるなら、思い切って3年で手放したほうがいいでしょう。

 

【5年】走行距離や部品交換頻度を見ながら車の買い替えを検討する

新車購入後5年目は、2回目の車検の時期です。同時に、メーカー保証期間が満期となる節目でもあります。このころになると消耗品の不良が出てくることもあり、「保証が切れて部品交換・修理費用が高くなる」という点から買い替えを考える人が増加します。

    

走行距離は1年で1万kmが基準とされており、10万kmを超えると徐々に故障の回数が増えるといわれています。頻繁に運転する方は5年で10万km近くに達するかもしれませんが、これ以上になると買取価格も下落します。さらにタイヤ交換が必要になる時期でもあるため、部品交換の頻度と走行距離をふまえて買い替えを検討してみましょう。

 

【7年】リセールバリューがほとんどなくなるため乗り続けるかどうか検討する

新車の買い替えとしてもっとも多いのが、7~8年の周期です。丁寧に乗り続けている車であれば大きな故障が見られない場合もありますが、何かしらの不具合で買い替えを検討する方も多いでしょう。

 

このタイミングで注意したいのは、リセールバリューが大幅にダウンするということです。モデルチェンジや新車の登場があれば、なおさら価値は下がります。つまり、買取価格によって買い替えるか、このまま乗り続けるかを決断するタイミングといえるでしょう。

 

【13年】自動車税が高くなるので乗り続けるかどうか判断する

10年以下で買い替えを検討するのが一般的とされるなか、13年乗り続けている理由として「乗りつぶしてもいい」と考えている方も多いのではないでしょうか。好きなメーカーや車種ならとくに愛着がわきますが、13年目を迎えると自動車税が約15%(軽自動車は約20%)増税されてしまうのです。

    

そして5年後、18年が過ぎるとさらなる増税が待っています。故障の頻度も増え、リセールバリューもほとんどなくなるため、完全に故障するまで乗り続けるか、増税される前に買い替えるかを検討する必要があるでしょう。

 

走行距離と部品交換頻度の不思議な相関

 

「10万km走ったら買い替えどき」という考え方は、現在まで広く知られています。この数字がすべての基準になるわけではありませんが、「10万kmを節目に不良が多くなる」と感じたことがある方も多いでしょう。部品交換の頻度が増えると目に見えて出費がかさむので、タイミングを見極めて買い替えを検討することも重要です。

 

軽自動車は8万km、普通自動車は10万kmが目安

前述したとおり、車の買い替え目安として10万kmという走行距離があります。軽自動車の場合は8万kmとなり、1年に1km程度が一般的なので「10年落ち」といった言葉で総称されることも多いのです。

 

このころから、エンジンをはじめとする消耗品の故障が多く見られるようになります。ただし、これは買い替えを検討するための区切りであって、必ず故障するというわけではありません。

 

昭和時代の車は「10万kmまで壊れない」を目標に作られていましたが、現在は技術も進化しています。8万kmや10万kmといった数字は、あくまで1つの目安として考えておきましょう。

 

部品交換が増え始めたと思ったら判断の時

走行距離を見て買い替えを考え始めた方は、部品交換や故障の回数・費用がどのくらいかも思い出してみましょう。「部品交換の回数が明らかに増えている」「年間にかかる費用が想像以上に高い」といった場合は、買い替えを決断するタイミングかもしれません。

 

1つの部品交換が数万円であったとしても、例えばそれが1年で5ヶ所にわたると20万円以上の出費も考えられます。古ければ古いほど、走れば走るほど経年劣化は進むので、「最近部品交換が多い」と感じたときには、買い替えるか乗り続けるかを決断しておくべきでしょう。

 

ライフステージの変化で訪れる乗り換えの時期

結婚や出産など、ライフステージによって変わる生活に合わせて買い替えを検討する方も多いでしょう。例えば、現在軽自動車に乗っている夫婦のあいだで出産が決まったとき、このままでは手狭になってしまいます。

 

軽自動車に近いボディサイズでも、チャイルドシートやベビーカーをゆったりと乗せられるコンパクトカーが便利かもしれません。兄弟がともに大きくなれば、旅行などで大きな車へ乗り替える可能性も。反対に、子どもの独立で夫婦生活になった場合は「軽自動車で十分」と感じて買い替えを検討しはじめるかもしれません。

 

車を買い替えることが決まったら計画的に高く売ろう

 

車の買い替えを決断したら、手放す車が少しでも高く売れるように計画を立てておきましょう。高く売れる時期はもちろん、購入にもベストなタイミングがあります。安心して買取を任せられる業者を見つけて、お得に、そしてスムーズに新しいカーライフを実現しましょう。

 

車が高く売れる時期

車が高く売れる時期にはいろいろな基準がありますが、とくに高く売れるのが3月です。進学・就職・転勤などライフスタイルの変化がもっとも多い時期であり、新車よりも手軽な中古車の購入を希望する人が増えるからです。1年を通して見ると、1~3月と8~10月が高く売れる傾向にあります。

    

また、中古車販売店やディーラーの決算期にも注目しておきましょう。この時期は販売台数も増えるため、在庫確保のために通常より高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

 

車を安く購入できる時期

ご存知の方もいるかもしれませんが、ディーラーやメーカーは、1年の締めである決算期までになるべく多くの車を売りたいと考えています。そのため、決算期直前には大幅な値引きが受けられるかもしれません。

 

もちろん販売店やディーラーにより異なりますが、決算期以外を選ぶよりも安くなる可能性はグンと上がります。3月期決算の店舗が多いので、手放す車と新しい車の売買がスムーズに進む点もメリットです。

 

下取りをするよりも買取のほうが高く売れる

車を売るなら、少しでも高い値をつけてほしいものです。買い替え時には下取りと買取の2択がありますが、ほとんどの場合買取のほうが高く売れます。

 

新しい車を買う店舗で引き取ってもらう下取りに対し、中古車販売店などで価値をつけてもらうのが買取です。自ら足を運んで査定してもらう手間はかかりますが、それをふまえてもお得な手段といえるでしょう。

 

信頼できる中古車業者で売る

中古車販売店などの業者に買取を依頼する場合は、買取価格以外に信頼性を大切にしなければなりません。チェーン店の場合は店舗によって対応が異なることもあるので、口コミを過信せず実際に問い合わせ・訪店できると安心です。

 

買取価格とスタッフの対応、直観的な部分も含めて、自分に合うと感じた中古車業者を選びましょう。ネクステージでは、お客様に満足していただけるよう、適正な買取価格を実現しているだけでなく、サービスの充実化も図っています。ぜひご相談ください。

 

まとめ

今や生活に欠かせないと言っても過言ではないのが車です。その買い替え周期は定期的に訪れ、ほんの数年で買い替えを考えるという人も少なくありません。「車の故障が多くなった」「子どもが生まれるので大きい車にしたい」など、買い替えの理由は人それぞれです。

    

また、買い替えの決断と同時に「今の車をどう手放すか」も重要になってきます。多くの人が選ぶのは買取・下取りですが、車検やリセールバリューといったポイントもしっかりおさえておきましょう。

 

信頼できる買取業者なら、ぜひネクステージをご検討ください。お客様にご満足いただける価格で、充実したサービスをご提供いたします。

気になる車種をチェックする