自動車にはどんな税金がかかる?自動車の税金がお得になる買い替え時期はいつ?

クルマ買い替えガイド

自動車にはどんな税金がかかる?自動車の税金がお得になる買い替え時期はいつ?

車の購入や維持には、さまざまな税金の支払いが必要です。初めて車の購入を検討している人であれば、自動車にかかる税金にはどのようなものが含まれているのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。

 

また、中古車は買い替える時期によっても必要となる税額が変わってきます。さらに、税金のなかには売却した際に還付されるものも含まれています。そこで本記事では、自動車にかかる税金についてご紹介するだけでなく、税金がお得になる買い替え時期にも触れていきます。

 

■POINT

 

 

・自動車にかかる税金は「自動車税」「自動車重量税」「自動車取得税」「消費税」の4つ!

・買い替えの時期によってお得になる税金や必要のない税金もある!

・自動車税や自動車重量税は売却の時期によっては還付されることもある!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

自動車にかかる税金の種類は?

車を所有することによって、いくつかの税金を支払わなければいけません。また、税金の種類によって課される時期や税額が異なります。どのような税金が課されるのかを知っておくだけでも、事前に用意するべき資金を計算することができます。計画的に車を購入するためにも、自動車にかかる税金の種類について見ていきましょう。

 

自動車税

自動車税とは車検証に記載されている車の所有者に課される税金のひとつで、毎年4月1日時点での車の所有者に対して課税されます。用途や総排気量によって税額が異なりますが、軽自動車は総排気量に関係なく一律10,800円となっています。

 

車種(用途)

総排気量

税額

 

 

 

 

 

自家用普通車

1リットル以下

29,500円

1リットル超~1.5リットル以下

34,500円

1.5リットル超~2リットル以下

39,500円

2リットル超~2.5リットル以下

45,000円

2.5リットル超~3リットル以下

51,000円

3リットル超~3.5リットル以下

58,000円

3.5リットル超~4リットル以下

66,500円

4リットル超~4.5リットル以下

76,500円

4.5リットル超~6リットル以下

88,000円

6リットル超

111,000円

自家用軽自動車

一律

10,800円

 

自動車重量税

自動車重量税とは車の重さに応じて課される税金です。普通自動車は車両の重さ0.5トンごとに税額が変わります。ただし軽自動車の場合は、車両の重さに関係なく定額です。また、新規登録から13年以上経過すると税額が上がり、18年以上経過すると、さらに税額が上がります。

 

車検期間/車両重量

1年

2年

3年

軽自動車

5,200円

6,600円

9,900円

~500kg以下

4,100円

8,200円

12,300円

~1,000kg以下

8,200円

16,400円

24,600円

~1,500kg以下

12,300円

24,600円

36,900円

~2,000kg以下

16,400円

32,800円

49,200円

~2,500kg以下

20,500円

41,000円

61,500円

~3,000kg以下

24,600円

49,200円

73,800円

 

自動車取得税

自動車取得税とは、その名の通り車を取得(購入)したときに課される税金です。税額は新車と中古車を購入した場合で異なり、さらに同じ中古車でも年式によって税額が変わってきます。取得価格が50万円以上の車が対象で、普通車は取得価格の5%、軽自動車であれば取得価格の3%が、それぞれ課されます。

  • 普通車=取得価格×5%
  • 軽自動車=取得価格×3%
  • 取得価格=課税標準基準額×残価率

 

消費税

どの商品を購入しても、消費税はかかります。車の購入も例外ではなく、本体車両価格以外にもナビやETCなどのオプション品から代行費用まで、法定費用を含まないすべての金額に対して8%の消費税がかかります。また、消費税は2019年10月に8%から10%へと引き上げられる予定です。増税される前に購入すれば、自動車にかかる消費税を抑えることができます。

 

買い替えの時期によってお得になる税金はなにか

少しでも自動車にかかる税金を抑えるためには、増税のタイミングを考慮した購入をおすすめします。とは言っても、これは一時的な対策でしかありません。では、買い替えの時期によってお得になる税金は存在するのでしょうか。その税金の種類だけでなく、どの時期に購入すれば良いのか、また注意して欲しい購入時期についてもご紹介します。

 

買い替えの時期によってお得になる税金

買い替えの時期によってお得になる税金は、自動車税です。

 

自動車税は、毎年4月1日時点で車の所有者に対して課される税金のことです。毎年1年分を所有者がまとめて支払うことが義務付けられています。

 

普通車の場合、税金は日割り計算ではなく、月割りで税額が計算されます。つまり、月単位で課税されているため、購入するなら月末よりも月初の方がお得になります。

 

軽自動車の場合は月割ではなく年単位での納税になるため、更にお得になる可能性があります。購入の翌年から支払いが始まりますので、4月や5月に車を購入した場合、約1年間自動車税を支払うことなく車を利用することができます。

 

買い替えの時期に関係がない税金

買い替えの時期によって関係がない税金は、自動車重量税です。

 

自動車税と同じく一定期間分の税額をまとめて支払うことが義務付けられています。しかし、自動車重量税の場合は新規登録または車検時に、車検証の有効期限分をまとめて支払います。

 

つまり、車検が残っている中古車を購入するのであれば、自動車重量税は不要です。逆の考え方をするのであれば、車検をしたばかりの時期に売却すると損することになります。

 

年度の途中で買い替えた時の税金はどうなるの?

中古車を買い替える時期によって、税金の支払い額にも影響が出てくることをご理解いただけたのではないでしょうか。しかし、年度の途中で買い替えたときの税金はどうなるのかという新たな疑問が生まれてくるかもしれません。そこでここでは、「元々所有していた車」の税金と「新しく購入した車」の税金について、2つに分けてご紹介します。

 

もともと持っていた車の税金

自動車税と自動車重量税に共通していることは、一定期間分の税額をまとめて支払うということです。

 

自動車税なら1年分を、自動車重量税は車検の有効期限分をまとめて支払わなければいけません。では、年度の途中で売却してしまった場合は戻ってこないのでしょうか。

 

実は、自動車税と自動車重量税の2つに関しては、残存期間分の税金が還付されます。ただし、一般的に還付金は直接支払われるのではなく、売却時の査定額に上乗せされるケースが多くなっています。

 

新しい車の税金

新しい車を年度の途中で購入した場合、税金の種類によって税額が変わってくることがあります。

 

たとえば、自動車税なら登録した次の月から税金が課されます。つまり、9月に購入したのであれば、1年分ではなく10月から3月までの6ヶ月分を納税することになります。

 

また、車検が残っている中古車を購入する場合は、自動車重量税を支払う必要はありません。購入するタイミングによって課される税金について、事前に計算しておくと良いでしょう。

 

自動車税・重量税の還付金は忘れずに受け取ろう!

自動車税と自動車重量税の2つにおいては、車を売却した時期によって税金が戻ってくることがあります。どのような場合に、どれくらいの税金が戻ってくるかが分からないという人もいるのではないでしょうか。それぞれの還付金の計算方法から返金時期、受け取り方法についてまでご紹介します。

 

還付金とは

自動車税と自動車重量税は一定期間分の税額をまとめて支払わなければいけません。

 

しかし、年度途中で中古車を売却すれば、税金を過払いしたことになります。そのため、残存期間分に応じて支払済みの自動車税と自動車重量税が返還され、このお金のことを「還付金」といいます。

 

ただし、車を家族や友人などに譲るなど、事実上車の持ち主が変わったというだけでは還付されません。名義変更をし、きちんと納税者の登録を変更しておきましょう。

 

自動車税・重量税の還付金の計算方法

基本的に、自動車税と自動車重量税の計算方法は同じ考え方です。

 

2つの税金ともに、何月に陸運局で登録変更の手続きをしたかを月末締めで計算します。たとえば、同じ月なら1日に手続きしても31日に手続きをしても戻ってくる金額は同じです。

 

そのため、月を1日でもまたいでしまうと、還付金は少なくなります。特に年度末などは繁忙期であることから、対応が遅れてしまうこともあり、売却するなら余裕を持った行動をおすすめします。

 

還付金の返金時期

還付金を受け取るための手続きは、登録変更の手続きと同時進行で行われます。

 

そのため、改めて手続きをする必要はありません。各都道府県によって若干の差はあるものの、手続きをしてから約1ヶ月~3ヶ月程度で還付金の通知はがきが送られてきます。

 

申請手続きについては、中古車販売店などが代行してくれるところもあります。平日の昼間しか手続きができないため、仕事などで忙しい人であればお願いしてみてください。

 

還付金の受け取り方法

還付金の受け取り方法は、都道府県によっても違いますが、主に以下の3通りです。

 

  • 郵便局の窓口で受け取る
  • 指定された銀行の窓口で受け取る
  • 指定した銀行口座に振り込まれる

 

金融機関や郵便局の窓口に還付金を受け取る場合は「還付通知書」「認印」「身分証明書」が必要になります。また、インターネットバンキングなど、還付金を受け取れない銀行もあるため、事前に確認しておきましょう。

 

自賠責保険の還付金受け取りも忘れずに!

車の売却をすることで、還付されるのは自動車税や自動車重量税だけではありません。

 

法律で加入が義務付けられている自賠責保険も、残存期間に応じて戻ってきます。ただし、自動的に戻ってくるのではなく、加入している保険会社に直接申請する必要があります。

 

そして、注意しておきたいのが、自賠責保険の還付金は解約手続き日から計算されるということです。手続きをするのはもちろんですが、早めのタイミングで保険会社連絡するようにしましょう。

 

まとめ

自動車にかかる税金は、買い替える時期によってお得になることがあります。また、自動車税や自動車重量税、自賠責保険など、売却することで還付されるものもあるということは覚えておきたいところです。

 

ただし、すべての場合で還付されるのではなく、1ヶ月以上の残存期間が必要です。どれくらいの金額が戻ってくるのかについては簡単に計算することはできますが、難しい場合は中古車販売店の担当者に気軽に質問してみてください。

 

■クルマのことならネクステージグループへ!ただいま高価買取キャンペーン中!

気になる車種をチェックする