【車を売りたい人必見】車の査定方法や書類の注意点まとめ

クルマ売却ガイド

【車を売りたい人必見】車の査定方法や書類の注意点まとめ

 

新車への買い替えや経済的な理由など、様々な要因から所有している車を売却したいと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、車を売却した経験がないと手続きの流れが分からず、査定方法や必要書類の準備に手間取ってしまうこともあります。

そこでこの記事では、車を売りたい人必見の、売却する流れから査定方法、用意すべき書類や注意点をご紹介いたします。車を売りたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

※目次

1. 車を売却するときの流れを理解しよう

2. 車を高く売るためには?車の査定を高額にする方法

3. 車を売りたい場合に必要な書類

4. 車を売却する際の注意点

5. 車査定ならネクステージ

6. まとめ

 

車を売却するときの流れを理解しよう

 

どの売却方法にするか

車を売りたいと考えたとき、最初に考えるのはどの売却方法を選ぶかということです。

買い替えと同時にディーラーへの下取りを依頼するのか、買取店を探して依頼するのか、個人売買やオークションを利用するのかなど、いくつか売却方法はあります。売却に時間をかけられない方はディーラーへの下取りを選ぶ傾向にありますが、下取りと比較すると買取を依頼したほうが高値で買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

個人売買やオークションはトラブルが生まれた際に対処しきれない可能性が懸念されるので、優良な買取店を探して売却することはおすすめです。

 

どの買取業者にするか

売却方法を買取に決めた場合、どの買取業者に売却するのかも非常に重要な点と言えるでしょう。

車の走行距離や利用年数にも左右されますが、買取は業者によって査定価格に違いが生まれることがあります。満足できる買取価格を提示してもらうためにも、入念にリサーチをしましょう。

インターネットを利用して一括査定を依頼することも増えていますが、多くの業者から連絡が途絶えず入る可能性が考えられますので、向き不向きがあると言えます。

また業者によっては強引な姿勢で契約締結まで進めようとしてくる可能性も皆無ではありません。納得できない査定価格を提示された場合は、はっきりと断る姿勢を示すことも満足度の高い売却を実現するために必要になります。

 

車の売却に必要な書類とは

買取業者を決めると同時に準備しておくべきなのが、売却時に求められる書類です。スムーズな売却を実現するためにも、必要書類は早期に用意しておいて損はないでしょう。

また、売りたい車が軽自動車なのか、普通車なのかによって用意すべき書類も異なります。査定してもらう前のタイミングで用意することを心がけていれば、売却時にすぐに査定に進むことができます。

具体的に必要な書類に関しては、後ほど後述しているので、ぜひ参考にしてください。

 

車を高く売るためには?車の査定を高額にする方法

事前に車内を綺麗にする

車の査定をなるべく高くするために、事前に車内を掃除しておくと効果が期待できるでしょう。

車売却における査定は、外観部分のみならず車内の状態にも影響される傾向にあります。買取後に車内清掃が必要になる状態では査定額を減額される可能性がありますので、事前に車内も掃除しておきましょう。

 

車を売る時期を選ぶ

車は売却する時期によって価格変動が起こる傾向にあります。人気の車種であれば販売されてから早期に売却することで高値が付きやすく、車買い替えの時期を狙って売却すれば車検代が必要なくなるなどの方法もあります。

早期に売却したいなどのこだわりがない場合には、売却する時期にも目を向けてみると良いでしょう。

 

車の相場を知っておく

買取業者に査定をしてもらう前に、自身が所有している車の相場を知っておくのも重要な要素です。

走行距離や販売年数など、買取における査定額の変動はさまざまな要因から起こります。売却を検討している車の相場を知っていれば、査定額が相場よりも低い場合になぜ低いのか確認でき、交渉にも有益な情報となることもあります。

いくつかの買取業者に査定をしてもらうのと同時に、所有している車の相場を調べておくべきだと言えるでしょう。

 

車を売りたい場合に必要な書類

 

自動車検査証(車検証)

車を売却する際にはいくつかの書類が必要になりますが、自動車検査証はその内の1つです。

車内のダッシュボードに保管し続けている方が多い傾向にありますが、別名車検証とも呼ばれる自動車検査証は、適切なタイミングで点検を受けていることを証明する重要な書類です。手元に見当たらず紛失している可能性がある際には、運輸局に連絡を取り再発行の手続きを踏む必要がありますので覚えておきましょう。

また、自動車検査証に記載されている氏名、住所に誤りがないかも確認しておきましょう。住所が変わっている場合は、住民票も併せて提出する必要性が生まれますので注意してください。

 

自賠責保険証明書

車を所有している際に加入が義務付けられている自賠責保険は、売却時に証明書を併せて提出する必要があります。

頻繁に出し入れしない傾向にありますので、車検証と同様にダッシュボードに保管している方は多いと思いますが、万が一紛失してしまった際には加入している保険会社に連絡をすれば、無料で再発行の手続きが行えます。

加入している保険会社が分からない方は確認してみてください。

 

印鑑登録証明書

軽自動車の売却には求められない可能性が高くなりますが、普通車の売却時には印鑑登録証明書が必要になるケースが多く見受けられます。

実印と併せて効果を発揮する書類と言えますので、実印も用意しておきましょう。印鑑登録証明書は市区町村の役所で発行できますが、実印が変わっている場合には印鑑登録から取り掛かる必要があります。登録時の印鑑を紛失していないか確認してから役所に向かったほうが良いでしょう。

また、自動車税の還付金請求手続きを買取店に委託する場合、印鑑登録証明書が二通必要になることもあります。

 

納税証明書

普通車は自動車納税証明書、軽自動車は軽自動車納税証明書がそれぞれ売却時に必要となる傾向にあります。手元にある方は問題ありませんが、地域によっては軽自動車納税証明書のみ役所に足を運んで発行の手続きを踏まないといけないので注意してください。

また、有効期限が切れていないかどうかも併せて確認するべきだと言えるでしょう。

 

車を売却する際の注意点

 

売却内容をしっかりと確認する

買取業者に依頼をして所有している車の査定をしてもらう際、査定額の内訳はしっかりと確認しておきましょう。車の売却は車両の金額のみ提示されるわけではなく、自動車税の還付金が内訳に含まれているケース、販売手数料で車両価格が大幅に減額されているケースなどさまざまです。

事前に車の相場を知っておくとトラブルを未然に防げる可能性が高くなりますので、内訳確認と併せて車の相場も把握しておきましょう。

 

車を高く売るコツは理解しておく

車を高く売るためのコツはご紹介いたしましたが、ご紹介した方法以外にも実践できるコツはあります。

必要書類ではない可能性が高くなりますが、メンテナンスノートを提出するとスタッフの心証は良くなる傾向にあり、純正品の付属品や取扱説明書の用意をしておくと効果が期待できるでしょう。

また、自身で消せる小さな傷は査定前に消しておけば、査定額に良い影響を及ぼす可能性が高くなります。外観、内観併せてできる限り綺麗な状態で査定に臨みましょう。

 

個人同士の売買は避ける

買取業者に依頼して車を売却する方法を説明しましたが、個人間での売買を検討している方もいるのではないでしょうか。

個人同士の売買では自身の希望売却価格を先んじて伝えられるメリットがあります。しかし、専門知識を持っていない方同士で車を売買するのは避けたほうが良いでしょう。

トラブルが発生した際に収拾がつかず、訴訟にまでトラブルが発展することもあります。買取業者を利用したほうが安心して取引ができ、事前知識を備えておけば無用なトラブルが起こる可能性も低くなります。

 

車査定ならネクステージ

 

車の査定を考えている人におすすめなのがネクステージ。公式サイトでは予算や希望する車種、メーカーなど条件別に車を探せる仕様になっており、電話とネットの双方から在庫確認が行えます。

また買い取った車を店舗にて販売するダイレクト販売を実践していることから、不要な手数料等かからず、高額査定が期待できます。全国に展開しているので、ほとんどの都道府県でご利用できるのも嬉しいポイントです。無料で査定ができるので、ぜひご利用ください。

 

ネクステージのカンタン・安心・手間なしの車査定お申し込み

ネクステージコールセンター

車の査定依頼・売却のご相談はこちらまで。オペレーターが丁寧に対応いたします。

通話無料フリーダイヤル 0120-526-888

受付時間 9:00~21:00 年中無休(年末年始は除く)

 

まとめ

車の査定方法から査定に必要な書類、高く売るための方法までご紹介しましたが、事前に必要書類等を用意することで、売却への意欲を事業者に示すことができます。

意欲的な姿勢を示すことで、契約手続きにかかる時間や手間も短縮できる可能性があるので、満足度の高い売却を実現するために、事前準備を怠らないようにしましょう。

 

■高く売るにはまず情報収集から!ネクステージのクルマ愛情買取をチェック!