中古車の売却・購入に必要な書類とは?売却・購入にはどんな流れが必要か

クルマ売却ガイド

中古車の売却・購入に必要な書類とは?売却・購入にはどんな流れが必要か

 

中古車の売却・購入を検討しているものの、「どのような流れなのか分からない」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

中古車の売却・購入では必要な書類が多く、最初から準備をしておかなければ、手続きをスムーズに進めることができません。「販売店が教えてくれるから大丈夫!」となにも準備しない人もいるかもしれませんが、手続きをスムーズに進めるためにも、最低限のことは知っておきましょう。

そこでこの記事では、中古車を売却・購入するときに必要な書類、そして売却・購入の流れを解説していきます。

 

※目次

1. 中古車売却の手続きの流れ

2. 中古車の売却に必要な書類

3. 中古車購入の手続きの流れ

4. 中古車の購入に必要な書類

5. 必要書類の取得方法

6. まとめ

 

中古車売却の手続きの流れ

まずは中古車を売却するための流れを簡単に説明します。愛車を少しでも高く売却するためには全体の流れを把握して、手続きを焦らずに進めていくことが大切です。

 

1.車の売却方法を決める

2.買取り業者を決める

3.契約手続きのための準備をする

4.販売店に車を引き渡す

5.入金の確認を行う

 

ここで重要なのが売却方法です。売却方法には以下の3つの方法があります。

 

・ディーラー下取り

・買取店への売却

・一括査定

 

少しでも高く売却したいのであれば、買取り店への売却がおすすめです。買取り業者を決める際は、査定金額の高さだけでなく、買取り店の評判や口コミも重要になります。これは後々のトラブルを未然に防ぐために欠かせません。

中古車の売却に必要な書類

車を売却する際、必要な書類の量に戸惑う人もいるほど、用意しなければいけない書類があります。いざという時に焦らないためにも、必要な書類は事前に把握しておきましょう。

 

普通車の売却に必要な書類

普通車の売却に必要な書類は以下の7つです。

自動車検査証

自動車検査証は車の戸籍謄本のようなもので、車が保安基準に適合していることを証明するための書類です。ディーラーローンが未完済であれば、所有者の名義が販売店になってこともあります。この場合は、所有者解除の手続きをする必要があります。

自賠責保険証明書

車の持ち主は、自賠責保険に必ず加入しなければいけません。これは、対人の損害を補償するための保険です。自賠責保険の期限が切れていると車を手放すことができないため、車の売却時が自賠責保険の有効期限内かどうか事前に確認しておきましょう。

自動車納税証明書

毎年4月1日時点で、車検証上の所有者に自動的に求められるのが自動車税です。自動車税を納付したことが証明できる書類が、自動車納税証明書で、売却時に必要になるので紛失に気をつけましょう。紛失した場合は、各都道府県の税事務所で速やかに手続きを行って発行してもらいましょう。

実印

実印は市区町村に印鑑登録を行った印鑑を指しています。実印は住民登録を行っている市区町村の役所で事前に登録をする必要があり、登録できる印鑑の規定は自治体によって異なるので、事前に電話で聞いておくことをおすすめします。

印鑑登録証明書

実印が登録されたものであることを、市区町村が証明する書類です。印鑑登録証明書には有効期限が設けられており、車の売却時には発行日から3ヶ月以内のものが必要となります。

基本的に1枚用意すれば問題ありませんが、新しい車を購入するのにも必要になるので、買い替えを検討している方は、同時に2枚以上用意しておきましょう。

振込口座情報

車を売却する人のなかには、すぐに手持ちのお金が必要な人もいるのではないでしょうか。一部の店舗では現金手渡しも可能ですが、車買取りは銀行振込が一般的です。少しでも早く振り込んでもらうためにも、事前に口座情報は用意しておきましょう。

リサイクル券

「自動車リサイクル法」で定められたリサイクル料が収められているかを確認するための証明書です。中古車として売った場合は、リサイクル料金が戻ってきます。

紛失した場合、自動車リサイクルシステムのサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を利用してください。

軽自動車の売却に必要な書類

軽自動車の売却に必要な書類は以下の6つです。

自動車検査証

多くの人がダッシュボードに保管している自動車検査証は、売却時に必要な書類の一つです。車検証の携帯は道路運送車両法により義務付けられているので基本的には用意できている状態になっていますが、必要になるということは頭に入れておきましょう。

また不携帯だった場合は、最高50万円の罰金が科せられるので必ず携帯するようにしましょう。

自賠責保険証明書

車の所有者は絶対に加入しなければならない自賠責保険ですが、ほとんどの人は任意保険を活用しているのではないでしょうか。

車検証と同様に自賠責保険証明書も携帯が義務付けられているので、どこに保管してあるのかということだけは理解しておきましょう。

軽自動車納税証明書

軽自動車納税証明書は、5月頃に届けられる「納税通知書」に同封されており、登録番号や納税金額、有効期限などが記載されています。また、模試自動車税を滞納した場合は、延滞した日数に応じて、最大で年率14.6%の延滞金が発生します。

印鑑

軽自動車は普通自動車と違い、国土交通省に登録する必要がありません。軽自動車は「軽自動車検査協会」に届出をするだけなので、実印や印鑑登録証明書を用意する必要がないのです。ただし、契約書に印鑑を押すことがありますので事前に用意はしておきましょう。

振込口座情報

軽自動車の場合でも銀行振込が一般的ですので、振込口座情報が必要になります。少しでも早く振り込んでもらうためにも、事前に用意しておきましょう。

リサイクル券

自動車リサイクル法は軽自動車も対象車両に含まれています。リサイクル料金は車種によって異なっており、新車購入時に預託金として支払うことになります。

中古車購入の手続きの流れ

次に中古車を購入するための流れを簡単に説明します。中古車を購入する店舗(中古車販売店orディーラー)によって多少の違いはありますが、基本的な以下の流れを抑えておけば手続きを進めることができます。

 

1.どの車が欲しいのか条件を決める

2.条件に合わせた車を選び、問い合わせ

3.店舗訪問・現車確認

4.見積もり

5.契約手続き

6.必要書類の作成

7.任意保険の検討・加入

8.金額の支払い

9.納車

 

また中古車の購入方法には大きく分けて以下の5つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

・中古車販売店で探す

・中古車検索サイトで探す(カーセンサーやグーネット)

・ディーラーで探す

・オークションで探す

・フリマアプリなど、個人間売買で探す

 

中古車の購入にはさまざまな方法がありますが、オークションや個人間売買はトラブルが発生しやすくなっているため、業界に詳しくない人は買取り業者などに相談することをおすすめします。

中古車の購入に必要な書類

車の売却と同様に、中古車を購入する際には多くの書類を用意しなければいけません。こちらも売却のサイト同様に、手続きをスムーズに済ませるためにも最低限の内容は把握しておきましょう。

普通車の購入に必要な書類

普通車の購入に必要な書類は以下の6つです。

実印

軽自動車の購入時と違い、普通自動車を購入する場合には国土交通省での登録が必要になるので、実印が必要になります。

ただし車の購入をマイカーローンやオートローンで行えば、ローン会社が自動車の所有者になるのが一般的なので、購入時の実印は不要となります。

印鑑証明書

実印が必要になる場合、印鑑登録証明書も用意しなければいけません。印鑑登録を行っていない人は、速やかに済ませておきましょう。

車庫証明書

正式名称は自動車保管場所証明書で、自動車の保管場所を証明するための書類です。

車の保管場所がない人が車を取得することがないように、車の購入時には車庫証明を用意することが法律で定められています。車庫証明書は、管轄の警察署で申請することができます。

自動車検査証明書

購入した人が用意する書類ではありませんが、中古車であれば販売店に必ず保管されています。

購入して納車されたら、車検証の使用者欄が自分の名前になっているかを確認してください。また、任意保険の加入時にコピーが必要になるため、事前にコピーしておくと良いでしょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険は、たとえ中古車であっても加入が義務づけられています。保険の対象となる被保険者は、車両の所有者もしくは運転者に限定されています。販売店で代行してくれることがほとんどですが、中古車を購入したら保険の名義を変更する必要があります。

委任状

委任状とは、特定の人に一定の事項を委任したことを証明するための書類です。

中古車購入で委任状が必要になるのは、車両の所有者名義を新しい所有者に移す手続きを販売店に代行してもらう場合です。陸運局でこの手続きを行う際は、必ず委任状が必要となるので事前に用意をしておきましょう。

軽自動車の購入に必要な書類

軽自動車の購入には以下の5つの書類が必要になります。

住民票

軽自動車を購入する場合は、普通自動車とは異なり印鑑登録証明書を必要としません。その代わりに、現住所を証明するための住民票の提出が求められます。購入者の氏名と現住所が分かる内容の住民票を用意しましょう。

印鑑

普通自動車は、動く資産=動産として国土交通省に登録しなければいけないので、印鑑が人用になります。一方で、軽自動車は資産とみなされないため、軽自動車検査協会に必要書類を届け出るだけで使用することができます。

自動車検査証明書

中古車を購入したら、車検証上の所有者を自分名義にする必要があります。一般的には「名義変更」と呼ばれている手続きです。

販売店が代理で行ってくれる場合がほとんどですが、名義変更を怠ると、税金や保険などのトラブルに発展する可能性があることは覚えておきましょう。

自賠責保険証明書

中古車購入時に、必ず自賠責保険に新規で加入しなければならないわけではありません。と言うのも、自賠責保険とは車に対して締結されているものであり、車検ごとに更新されます。中古車購入時に車検が残っていれば、名義を変更するだけで引き継ぐことができます。

委任状

軽自動車でも、販売店が名義変更をする場合は委任状が必要となります。また、車両の所有者が変わる際は「譲渡証明書」と呼ばれる書類も必要です。こちらも販売店側が用意してくれる書類となっていますが、どのような内容であるのかは把握しておきましょう。

必要書類の取得方法

中古車の売却や購入に関係なく、さまざまな書類が必要になります。いざ用意する時に「わからない」とならないためにも、事前に準備しておきましょう。

 

実印の準備(※普通自動車購入時/売却時に必要)

実印とは、住民登録をしている市区町村の役所で印鑑登録を行った印鑑のことを指します。代理人による申請も可能ですが、以下は申請者本人が手続きをする流れです。

 

1.実印として登録する印鑑を用意する

2.身分証明書を用意する(満15歳以上から登録可能)

3.住民票登録をしている役所で申請書を提出する

 

時期によっても異なりますが、登録の手続きから申請まで数十分程度で完了します。また、印鑑登録には0~300円の手数料が必要です。

 

印鑑証明書の取得方法(※普通自動車購入時/売却時に必要)

車を購入する際は、一般的に「印鑑登録証明書」が必要になります。これは、実印の信用性を証明するための書類で、住民登録している市区町村から発行してもらえます。

取得に必要な書類は、「印鑑登録証(印鑑登録カード)」か「住民基本台帳カード」もしくは「個人番号カード」、さらに本人確認書類が必要になります。代理人による手続きも可能で、地域によっては委任状を求められるところもあります。

 

車庫証明の取得方法(※普通自動車購入時に必要)

車庫証明は、自動車の保管場所があることを証明するための書類です。以下の手順で取得することができます。

 

1.自宅から2km以内に駐車スペースを確保する

2.管轄の警察署で申請書をもらう

3.申請書の作成・提出

4.警察が駐車スペースを確認に来る

5.警察署で証明書を受け取る

 

車庫証明を取得する際、申請手数料(2,000円程度)と交付手数料(500円)が必要です。販売店が代理で行ってくれますが、自分で手続きすることで費用を節約することができます。

 

住民票の取得方法(※軽自動車購入時に必要)

住民票は市区町村の窓口だけでなく、以下の場所でも取得可能です。

 

・市区町村から郵送してもらう

・コンビニのマルチコピー機から取得する

・郵便局で取得する(一部に限る)

 

平日は仕事で役所に行くのが難しいという人には、コンビニはおすすめの方法です。ただし、それぞれに必要な書類や手数料が異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

想像していたよりも中古車の売却・購入に必要な書類が多いと感じた人もいるのではないでしょうか。

しかし必要な書類のなかには、用意することが難しいものは基本的にはありません。手続きをスムーズに進めるためにも、余裕を持って必要書類を揃えることをおすすめします。

 

■間違いやすい書類の書き方もわかりやすくお教えします!ネクステージのクルマ愛情買取