車の査定・買取にかかる時間はどれくらい?必要書類と書類集めにかかる時間は?

クルマ売却ガイド

車の査定・買取にかかる時間はどれくらい?必要書類と書類集めにかかる時間は?

 

所有している車を手放す際、買取業者を利用して売却を検討する方も多いのではないでしょうか。一般的に下取りよりも高く車を売却できるので、よりお得に車を手放すことができるでしょう。

今回は車を買い取ってもらう際にどれくらいの時間が必要になるのか、車査定から売却までの流れをご紹介します。買取業者の利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

※目次

1.車査定・売却の流れ

2.車査定にかかる時間はどれくらい?

3.必要書類と書類集めにかかる時間

4.まとめ

 

車査定・売却の流れ

車の買取をしている業者は、インターネットや雑誌などの広告を見ればすぐに多くの買取業者を見つけることができますが、業者ごとに査定から売却までの流れが異なることは基本的にありません。

もちろん些細な違いはありますが、依頼から売却までの流れは共通していますので、車売却の流れを事前に理解しておきましょう。

 

流れ①:買取業者を決める

車査定・売却を検討し始めると、どの業者に依頼すれば良いのか迷う方もいるかと思います。

業者選びに迷った際には、高価に買い取ってもらうことに加えて、出張買取はしているのか、依頼から査定までどれくらいの時間で来てもらえるのか、利用した方の評判にも注目してみてください。

車の売却を検討している方でも、それぞれ重視したいポイントやサポート内容は異なります。

 

流れ②:必要書類を準備する

買取業者を探すのと並行して進めたほうがよいのが、必要書類の準備です。

必要書類の準備を後回しにするのと、査定のタイミングで用意しておくのとでは、買取業者の心証が変わる可能性があります。スムーズに契約を締結するために、必要な書類を手元に用意している方とそうではない方とでは、売却に向けて積極的な行動を起こしているかどうか印象が異なります。

早期に売却したいという意思が感じ取れれば、業者の心証もよくなる可能性がありますので、査定前に用意しておくほうがよいでしょう。

 

流れ③:査定を受ける

車の査定を受ける方法は、事前に連絡をして業者の元に持ち込むか、出張買取に来てもらうかの2択になります。

方法によって査定額が異なることはありませんので、ご自身にとって便利に感じられるやり方を選んでも問題はないでしょう。

 

流れ④:契約手続きを進める

査定額を見て問題がなければ、そのまま契約手続きに進みます。

必要書類を提出するのと併せて、買取店から委任状・譲渡証明書を手渡されますので、必要事項に記入して提出してください。

 

流れ⑤:車両の引き渡しと査定額の振り込み確認

契約手続きが滞りなく済んだら、所有している車を引き渡して手続きは完了です。

売却手続きが済んだ後に、査定額がちゃんと指定した銀行に振り込まれたかどうかまで確認してください。振り込みまでの期間は業者によって異なりますが、早い業者なら2営業日前後、遅くとも1週間前後で振り込まれるでしょう。

提示された査定額が振り込まれていない場合にはトラブルの可能性がありますので、お金が振り込まれるタイミングまでが車の売却手続きだと考えておきましょう。

 

車査定にかかる時間はどれくらい?

車査定にかかる時間がどれくらい必要になるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。車両引き渡しに至るまでの時間を詳しくご紹介します。

 

・査定依頼~査定までの時間

査定を依頼する業者の選別にかかる時間は個人差がありますが、依頼をしてから実際に査定してもらうまでの時間は業者によって異なります。

電話やホームページから査定してもらう業者に事前に依頼しますが、査定の予約日を連絡した翌日に確保できることもあれば、混雑状況によっては一週間ほど必要になるケースもあります。

自身のなかで予定していた車の引き渡し日ギリギリに予約してしまうと、予定よりも大幅に遅れて車の引き渡しをするということもありますので注意してください。

 

・車査定にかかる時間

車の査定を業者スタッフが行う際、チェックするポイントは多岐に渡ります。

外装や内装、エンジンの状態、足回りの劣化具合、修理や事故歴がある車ではないかといった点がチェックされる代表的なポイントです。

また、査定にかかる時間は車の状態を見るだけではなく、商談や交渉の時間も含まれています。一般的に査定を始める前の商談で10分前後、査定時間に30分前後、査定額の提示と内訳の説明で10分前後、その後の交渉でさらに10分前後要します。

合計1時間は少なくとも見ておく必要がありますが、改造車や事故歴のある車の場合にはさらに時間が延びる可能性もありますので覚えておきましょう。

 

必要書類と書類集めにかかる時間

車の売却は業者に依頼して査定をしてもらうだけではなく、様々な書類を準備する必要があります。必要となる書類は以下のとおりです。

 

・自動車検査証

・印鑑登録証明書(普通車のみ)

・自賠責保険証明書

・納税証明書

・印鑑(普通車の場合は実印)

・リサイクル券

 

普通車と軽自動車で必要となる書類が異なりますが、既に所持している書類も多く、ただ取得するだけならさほど時間もかからないでしょう。書類集めに時間がかかるケースは、その書類を紛失していた場合です。

 

・自動車検査証の再発行に必要な時間

車検証と略称される自動車検査証は、車検をしっかりと通している証明ができる重要な書類です。

自動車検査証を紛失していた場合、ナンバーを管理している運輸局に再発行の申請をする必要があります。再発行の費用は300円前後で済みますが、書類作成と申請の手続きに半日は必要となることもあるので、見当たらない場合には早めに再発行の手続きを済ませましょう。

 

・印鑑登録証明書の発行に必要な時間

印鑑登録証明書は居住している市区町村の役所に申請をすれば、さほど時間もかからず発行してもらえます。

しかし、登録している実印と現在所有している実印に違いがある場合、再度印鑑登録をし直す必要があるので注意してください。その場合、実印の登録をした後に再度印鑑登録証明書を発行しなければいけなくなりますので、役所での手続きに半日程度の時間を費やす可能性があるでしょう。

 

・自賠責保険証明書の再発行に必要な時間

車の売却に必要な書類のなかで、もっとも再発行に時間がかかると言えるのが自賠責保険証明書です。

書類を紛失していた場合、加入している保険会社に連絡をして再発行してもらう必要がありますが、即日発行されるわけではありません。加入している保険会社にもよりますが、自賠責保険証明書が手元に届くまで、少なくとも一週間前後は見ておいたほうが良いでしょう。

頻繁に出し入れしない可能性が高い自賠責保険証明書は、紛失が発覚した際には他の書類よりも優先して再発行の手続きをしましょう。

 

まとめ

車の査定における流れから必要書類を準備するのにかかる時間までご紹介しましたが、余裕を持って準備をしておけばスムーズに車両の引き渡しまで行えます。

必要書類は紛失していた場合、再発行に時間がかかる書類もありますので、早いタイミングで確認しておくようにしてください。事前準備をしっかりと行い、満足のいく車売却を目指しましょう。

 

■準備ができたらネクステージの「愛情買取」で査定額をチェックしよう!