人気の中古車を高額で売る方法とは?査定するならどこがおすすめ?

クルマ売却ガイド

人気の中古車を高額で売る方法とは?査定するならどこがおすすめ?

クルマの売却を考えていて、買取り業者への査定依頼を検討している人も多いのではないでしょうか。

愛車を売るなら少しでも高く買取ってもらいたいですよね。クルマはどういう方法で売却するか、どの買取業者に依頼するかで大きく金額が変わってきます。人気車種で走行距離も短いから大丈夫というわけではありません。

それでは、クルマの買取査定額を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。そこで今回は、自分のクルマの査定額を上げる方法について、どんなポイントや方法があるのかを詳しく解説していきます。

 

■POINT

 

・車の売却方法には買取、下取り、個人売買があるので、自分にあった方法で売却しよう
・高額で売却したいなら買取がおすすめ!
・車の内装を綺麗にしておくことも査定額を上げるためのポイントの一つ!

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売るメリットはなにか

そもそも、なぜ車を売却しようとしているのか考えてみてください。人によって理由はさまざまですが、愛車を手放すことでいくつかのメリットも生まれてきます。たしかに車を持っていることは実生活において便利ですが、マイナスになってしまっていることも少なくありません。車を売ることで感じられるメリットについてご紹介します。

 

維持費用を削減することができる

車を持っていることが家計の負担になっていることもあります。公共交通機関がしっかりと整備されているのであれば、車を手放しても困ることは少ないでしょう。実際に車を所持していることで、「自動車税」「車検代」「保険料」「ガソリン代」「オイル交換代」などの維持費が必要です。本当のこれらの費用を支払う価値があるのかどうかを考えてみてください。車の使用頻度が週に1回程度であれば、買取を検討してみても良いかもしれません。

 

健康になる

車を所持していることで、ギリギリの生活を続けていた人もいるでしょう。維持費を支払い続けることで、いままで我慢していたこともあるかもしれません。たとえば、健康のための費用です。健康診断や人間ドッグは年に1度受けた方が良いですが、それだけ費用もかかります。しかし、車を売却することによって、健康のための費用を捻出することも可能です。これから長生きしていくのであれば、思い切って車の売却も考えてみるのも良いかもしれません。また車の乗る機会が減ることによって、歩く機会も必然的に増えることになります。現代人は歩くことが少なくなってきているので、車を売ることによって、自ら健康になる機会を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

事故のリスクを削減することができる

健康を理由にするのであれば、車を手放すことで事故のリスクを軽減することもできます。もちろん、公共交通機関などで事故が発生しない可能性はゼロではありません。しかし、自分が運転する車で事故を起こしてしまった場合、さまざまな費用を支払う必要が出てきます。また、事故を起こしてからでは、車の査定額も大幅に下がってしまうことがほとんどです。このようなリスクを軽減させる意味でも、愛車を手放すことに大きなメリットはあります。

 

【手続き】車を売るときにやること、準備まとめ

では、車を売却するときの流れはどうなっているのでしょうか。はじめて買取業者などを利用する場合、必要な書類などを把握していないことがほとんどです。少し複雑なイメージもあるかもしれませんが、実際の手続きは簡単です。スムーズに車売却をするためにも、やるべきことや準備することについてご紹介します。

 

どこで車を売るのかを決める

車をなるべく高く売るためには、本当に高額査定をしてくれる業者を選ぶことが大切です。当たり前のことですが、買取店などの営業トークをそのまま鵜呑みにしてしまう人も少なくありません。また、無理やり契約を迫ってくる悪徳業者も存在します。愛車を高くお得に売却したいのであれば、慎重に業者を選ばなければいけません。そのために無料査定などを利用して、何社かに見積もり依頼をしながら比較してみると良いでしょう。

 

>>車を売却するときの手続きについてさらに詳細に知りたい人はこちら

『車売却の流れと手続きのご紹介』

 

業者に持っていく、取りに来てもらう

売却する業者が決定したら、店舗などに愛車を持っていく必要があります。ただし、車検が切れていることもあるかもしれません。車検切れの車を公道で走行すると、道路運送車両法に違反するため、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。ちなみに、自賠責保険が切れている場合も自動車損害賠償保険法により、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。車検が切れていれば、買取店に取りに来てもらってください。

 

売却に必要な書類を用意する

車売却のためには、以下の書類を用意する必要があります。

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券
  • 自賠責保険証
  • 委任状
  • 譲渡証明書

 

少し複雑のように感じますが、すぐに取りそろえられるものばかりです。必要な書類は買取店から指示されますが、スムーズに手続きを進めるためにも事前に用意しておくことをおすすめします。ちなみに、車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合は、住民票を用意してください。

 

>>車を売却するときの詳細に関してさらに知りたい人はこちらもオススメです!

『車売却、購入に必要な書類を紹介します!』

 

査定をしてもらう

基本的に、査定はすべて無料で行ってくれます。業者によっては、自宅まで出張査定を実施しているところもあるので、仕事などで忙しい方でも安心です。査定は1時間程度で完了し、納得のいく査定額が提示されれば、そのまま売却の手続きを行うことになります。また、査定を行ったからといって、必ずその業者に売却しなければいけないということはありません。無理やり契約を迫ってくる悪徳業者なども存在しますので、十分に注意してください。

 

値段の交渉をする

事前にどれくらいの金額で売りたいなどを想定しているのではないでしょうか。しかし、実際には希望額に届かないケースもあります。そういった場合には、値段の交渉をしてみてください。ここで重要なのは、売却する気持ちを伝えることです。「査定額を○○万円にしてくれたら、すぐに契約します」などと言うことで、希望額に近づく可能性は高くなります。あれこれと交渉するのではなく、自分の本当の気持ちを伝えてみることが高額査定につながりやすいです。

 

業者に売る

査定額に納得し、すべての売買契約が完了すれば、車両を業者へと引き渡すことになります。ここで注意しておきたいのが、車両を引き渡す日までに、車内の私物は片づけておいてください。業者側からすれば、売買契約とは関係のないものを勝手に処分するわけにはいきません。また、大切なものが残っていれば紛失してしまうこともあります。これまでの感謝の気持ちも込めて、車内は綺麗にしておくことをおすすめします。

 

振込をしてもらう

基本的に、売却額は銀行口座に振り込まれます。振込までに、数日から1週間程度かかることが一般的です。そのため、車両引き渡し日に売却額が支払われることはほとんどありません。ただし、業者によっては事前に相談しておくと、引き渡し日の当日または翌日、現金での支払いに応じてくれるところもあります。また、支払日については契約時に案内がありますので、入金日になったらしっかりと支払われているかの確認をしてください。

 

※目次

1. 車の査定方法を知ろう!

2. 車の査定金額、買取金額を高くする方法

3. 車買取で必要になる書類

4. 車買取の相場を知る方法

5. 一括査定が迷っている人は、まずは1社で無料査定がおすすめ!

6. まとめ

 

車の査定方法を知ろう!

人によって愛車を手放す理由はさまざま。とは言っても、ほとんどの人が自分のクルマを高額査定して欲しいと考えているのではないでしょうか。まずは、クルマの査定方法やそれぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

 

ディーラー下取り

下取り価格は新車の購入金額から差し引かれ、残った金額が次のクルマの購入金額となります。

新車との入れ替えの際に面倒な書類の用意や必要となる手続きはすべてディーラーが行ってくれるため、手間がかからないことが最大のメリット。しかし、単純に売却をすることで得られる金額は、販売店や買取専門店に依頼した方が高く売れる傾向にあります。

 

一括査定

近年、中古車の買取りで増えてきているのが一括査定です。一括査定サイトでは、提携している買取業者に査定の依頼をしてくれます。

買取店は下取りよりも高く買取りをしてくれる可能性が高く、さらに複数の業者の査定価格を比較して判断できることが最大のメリット。一方で、何度か査定を受けなければならず、売却までに時間がかかってしまいます。

 

個人による売買

メルカリなどフリマアプリでも個人間によるクルマの売買が行われています。

場合によっては買取り店よりも高く売れることもあるでしょう。しかし、手続きが大変で、トラブルも多くなりがちです。特にクルマの売買は高額なので、金銭トラブルに発展してしまうケースもあります。

裁判となることも少なくないため、個人間売買についてはトラブルを避けるため、事前に両者で細かい部分を確認しておきましょう。

 

車を売るときに代車サービスはあるの?

次の車に乗り換えるまでに、代車サービスを利用したいという人もいるでしょう。結論としては、すべての買取店で同様のサービスがあるわけではありません。また、代車についても無料で借りられるところと有料になるところに分かれます。さらには、返却する際にガソリンを満タンにしておかなければいけないなどのルールがあるかもしれません。細かな規定については、各業者に対して事前に確認しておくとトラブルを防ぐことができます。

車の査定金額、買取金額を高くする方法

新車と違い、中古車の価値は多種多様です。同じ年式で同じ走行距離であっても、いろいろな条件が組み合わることで、査定額も大きく変わってきます。それでは、少しでも愛車の査定額を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

フルモデルチェンジ前に売る

クルマは新しいモデルの方が高く査定されます。この場合、フルモデルチェンジがひとつのポイントです。

新型のクルマが発売されると、古いモデルは中古車としての価値が大きく下がります。これは新型車の需要を高めるためで、マイナーチェンジの場合でも同じことがいえます。新型モデルが発売される前に、愛車の査定を済ませておきましょう。

 

内装と外装をキレイな状態にしておく

年式も走行距離も同じ、でもひとつは内装・外装ともにピカピカ、もうひとつはお世辞にもキレイとは言えない状態のクルマ。

もし、あなたが買取店の担当者だったらどちらを選びますか。査定項目に内装や外装の状態を問わなくても、キレイなクルマを高く買取りたいと思いますよね。傷やへこみを修理するのはもちろんのこと、車内も掃除機を丁寧にかけておきましょう。

 

魔法の言葉「いまここで決めたらいくら?」

本当に高く買取って欲しいのであれば、買取り店をその気にさせなければいけません。

査定依頼する人は他社と比較してから決めるのがほとんど。手放す気がないと思われたら、高価査定も期待できないでしょう。そこで大事なのは、いまここで決めても良いのを伝えることです。

最後のひと言で「いまここで決めたらいくら?」と聞いてみましょう。

 

車買取で必要になる書類

クルマを売却する際は、いくつかの書類が必要になります。これらを事前に用意しておくことで、手続きをスムーズに進めることができます。買取り店で用意してくれるものもありますが、念のため自分で用意するべき必要書類を確認しておきましょう。

 

自動車検査証(車検証)

車検証はクルマに常に備えているはずなので、わざわざ取り寄せる必要はありません。ただし、ディーラーローンなどが未完済であれば、所有者の名義が販売店になっていることがあります。この場合は、移転登録のため所有者を解除する手続きをしなければいけません。

 

印鑑登録証明書

クルマを売却する場合、譲渡証明書に実印で押印します。この時に使用する実印は、印鑑証明に登録されているものです。実印の登録を証明するための書類として、発行日から3ヶ月以内の印鑑登録証明書を用意する必要があります。

 

自賠責保険証明書

クルマの売却には、自賠責保険に加入している必要があります。すなわち、この期限が切れているとクルマを手放すことはできません。紛失した場合は保険会社から発行してもらえますので、速やかに手続きを行ってください。

(軽)自動車納税証明書

自動車税を納付したことが証明できる書類が、(軽)自動車納税証明書です。また、納税証明書には有効期限があるため注意が必要です。紛失した場合は各都道府県の税事務所で発行してもらえますので、速やかに手続きを行ってください。

リサイクル券

「自動車リサイクル法」で定められたリサイクル量が正しく収められているかを確認するための証明書です。中古車として売った場合は、リサイクル料金が戻ってきます。また、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を使用してください。

 

その他

車買取りで必要になる書類は以下の通りです。

 

・自動車検査証(車検証)

・印鑑登録証明書

・自賠責保険証明書

・(軽)自動車納税証明書

・リサイクル券

 

これらの書類は売却時に必要になってきますので、事前に用意しておきましょう。

車買取の相場を知る方法

クルマの価値を知っておかないと、市場よりも低い金額で売ってしまうことになるかもしれません。そこで、愛車を手放すことを検討し始めたら、まずは自分のクルマがどれくらいの価格で売れるのか、その相場を知ることが重要です。

 

中古車業界に詳しい友人・知人に聞く

クルマの相場を知るという方法の中でも確かな情報を得られるのが、中古車業界に詳しい友人・知人に聞くことです。

親しい間柄であればあるほど、正確な相場を知ることができるでしょう。しかし、中古車業界に精通している友人・知人がいるケースは少ない方もいるのではないでしょうか。その場合は、以下の方法で調べることができます。

 

ネットで中古車買取相場サイトを利用する

誰でも気軽に相場を調べる方法として、中古車買取相場サイトの利用が挙げられます。

ちょっとしたスキマ時間でも調べられるため、手間もかかりません。「カーセンサー」や「グーネット」でも、中古車の価格相場を調べることができます。また、同じタイプのクルマがどれくらいの価格で販売されているのかを確認してみるのもひとつの手でしょう。

 

【車買取】一括査定のメリット・デメリット

あなたの愛車を高く買取ってもらう手段として、一括査定を利用してみるのもいいでしょう。ですが、メリット、デメリットがあるので、把握した上で利用するようにしましょう。

 

メリット

メリット①複数社から一括で見積もりが取れる

自分の足で複数店舗を回るという方法もありますが、時間と手間がかかってしまいます。そのうち面倒になってきて「あそこでいいや」と投げやりになることだって考えられます。一括査定なら簡単に複数社から見積もりが取れるため、じっくりと比較することができます。

 

メリット②自宅に査定しに来てくれる

複数業者に依頼している一括査定の場合自宅まで査定しに来てくれます。自分の足で回る方法の場合、手間がかかってしまうため、時間を有効活用することができます。

 

メリット③交渉が得意でない人でも安心

「クルマに詳しくない」「交渉が得意じゃない」そんな人も少なくないでしょう。少しでも高く査定してもらうためには、ある程度の交渉は必要です。

ですが、人気車種等の買取店が欲する車であれば高価な価格提示をしてくれることもあるため、高度な交渉術は必須ではありません。

 

デメリット

デメリット①申込後の電話勧誘がしつこい

実際に利用してみれば分かりますが、申し込みが完了した1~2秒後に何件もの電話がかかってきます。しかも、買取業者はアポ取りができるまで、何度も電話をかけてきます。このような電話勧誘がしつこいと感じて、嫌気がさしてしまうユーザーも少なくありません。

 

デメリット②スケジュールの調整が難しい

電話口でも概算見積もりは出してくれます。しかし、本当の査定額は担当者があなたの愛車を見てみないことには何とも言えません。査定は1時間程度で終わることがほとんど。しかし、複数業者に依頼しているため、スケジュール調整が難しいのは否めません。

 

デメリット③地域によっては複数業者を選択できないことも

車一括査定サイトは、全国の買取業者と提携を結んでいます。しかし、地域によっては提携している買取店が少なく、複数の業者に査定依頼することができないケースも出てくるでしょう。山間部など近隣に買取業者が少ない地域にお住いの方には不便に感じるかもしれません。

 

車を売る時のトラブル、注意点まとめ

車を売却することは大きなお金が動くことでもあるため、トラブルが発生しやすくなっています。とは言っても、しっかりと準備しておけばスムーズに問題なく買取を完了させることが可能です。では、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。そこで、車を売るときに起こりやすいトラブルの事例とともに、注意点をご紹介します。

 

自分の車の相場を事前に調べておく

愛車を手放すときに、一番重要なのは自分の車の価値を知っておくことです。相場を把握していなければ、買取店の営業トークを鵜呑みにして低い査定額で契約してしまうことになりかねません。相場はインターネットなどでも簡単に調べることはできますが、納得できる方法は無料査定に出してみることです。さらにいくつかの買取店の見積もりを比較すれば、後悔することもなくなります。まずは、1社に対して査定依頼をしてみてください。

 

査定の内訳を確認する

査定をしてもらったら、必ず内訳を出してもらってください。中古車の査定金額には、さまざまなものが入っています。たとえば、自動車税やリサイクル料金、保険料といった車体金額以外の費用です。場合によっては、本来受け取れるはずの金額が含まれていないこともあるかもしれません。特に自動車税の還付金など見逃しやすい項目もいくつかありますので、査定の内訳はしっかりと目を通しておきましょう。

 

車が手元にない期間のことを考えて売る

車を買い替えようと検討しているのであれば、車が手元にない期間のことを考えてください。たとえば、同じ店舗で売却と購入を済ませるのであれば、代車を用意してくれることもあるでしょう。しかし、業者によっては代車サービスを行っていないところもあります。普段の生活において車がないと困るのであれば、そのあたりのこともしっかりと確認しておきましょう。買取の担当者に相談すれば、何かしらの解決策を見出してくれるかもしれません。

 

車の売却に必要な書類を用意していない

必要書類が用意できていなければ、車を売却することができません。さらに時間がかかってしまうと、契約途中で破棄されることもあります。どの書類もすぐに用意できるものばかりですが、なかには紛失してしまったということも出てくるでしょう。中古車売却で必要な書類に関しては、紛失しても再発行することが可能です。しかし、自賠責保険証など再発行に時間がかかってしまうものもありますので、余裕を持って取り掛かるようにしてください。

一括査定が迷っている人は、まずは1社で無料査定がおすすめ!

中古車の買取りは一括査定が有利なのかと言われれば、決してそうではありません。なぜなら、業者側も一括査定に慣れてしまっているからです。とりあえず査定依頼したけど、売却時期はまだ先というユーザーも少なくありません。

 

本気で売りたいと考えているなら、1社での無料査定をおすすめします。自社内でジャンルに特化した販売店を多く展開するネクステージなら、他社より1円でも高く買取ることが可能です。愛車の査定額が気になる方は、ぜひ利用してみてくださいね。

 

➡圧倒的な販売力で高価買取を実現!愛車を高く売るならまずはこの会社をチェック!もちろん査定は無料。

 

車がアプリで売れる?ネクステージならLINEで買取!

どこの買取店に査定を依頼しようかと迷っている方もいるのではないでしょうか。お店に行くのは面倒だし、一括査定も電話はちょっと……。そんな方には、ネクステージのLINE買取査定がおすすめです。LINE買取査定では、LINEで車の基本情報や写真画像を送信するだけで、査定額を知ることができます。仕事などで忙しい方でも、LINE買取査定なら時間をとられる心配もありません。気軽に査定額を知りたい方は、ぜひ活用してみてください。

 

>>ラインで気軽に車買取したい人はこちら!

『LINEで車買取を行ないたい人へ』

 

まとめ

愛車を少しでも高く売りたいと考えているのであれば、一括査定がおすすめです。また、有利に交渉を進めるためにも、事前に自分のクルマの価値を知っておくことも忘れないようにしましょう。一括査定のメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、上手に活用してくださいね。

 

■愛車を高く売るなら、ネクステージの「クルマ愛情買取」がおススメ!

 

無料の査定を申し込む