【中古車買取】リサイクル料金とリサイクル券とはなにかを説明します

クルマ売却ガイド

【中古車買取】リサイクル料金とリサイクル券とはなにかを説明します

 

自動車を購入する際、新車でも中古車でも車体価格の他に諸費用が上乗せされ、その合計が正味の販売価格となる価格表示が通例であり、諸費用の中にはリサイクル料金も含まれます。

現在、日本は自動車リサイクル法に基づき、自動車の所有者はその自動車を廃棄処分する際の処分費用もリサイクル料金として負担するのが義務となっています。

そこでこの記事では、自動車の購入の際に必要な費用負担となるリサイクル料金について解説します。

 

中古車のリサイクルに関して

自動車購入の際に必要となるリサイクル料金の支払いは、2005年(平成17年1月1日)に施工された「自動車リサイクル法」で定められた制度に基づいており、自動車の所有者は必ずリサイクル料金を支払う必要があります。

自動車リサイクル法は自動車を廃車にする際に使える部品は残し、使えない部品のみを適切に処理する、つまりリサイクルを適正に行うことを目的として定められた法律です。

 

日本は多くの人が車を生活の足として利用する車社会のため、廃車の廃棄処分の場所が不足傾向にあり、廃車の処分費用も高騰しています。そのため廃車の不法投棄や放置車両などが増加し、問題視されていました。

自動車リサイクル法はそういった問題に対処するため、自動車の処分費用を購入した所有者が預託金として前払いするシステムです。

 

中古車のリサイクル料金とは?

リサイクル料金ってなに?

リサイクル料金とは上記で解説した自動車を廃棄処分する際に必要となる処分費用で、基本的にその自動車の所有者がリサイクル料金を負担します。

 

リサイクル料金は主に以下の3種類になります。

●シュレッダーダスト料金(破砕した際に出るゴミ)

●エアバッグ類料金(エアバッグやシートベルトの素材のゴミ)

●フロン類料金(カーエアコンに利用するフロンガスなどのゴミ)

 

上記の素材は処分するのに費用がかかるため、その費用をリサイクル料金として自動車購入時に先払いします。

リサイクル料金の合計はその自動車の設備内容よって異なりますが、概ね6,000〜18,000円程度となり、基本的にグレードの高い車種ほどリサイクル料金も高額になる傾向があります。

 

2005年(平成17年1月1日)以前の車は大丈夫?

自動車リサイクル法は平成17年1月1日から施行された制度です。そのため、それ以前に販売されている自動車には購入時にリサイクル券は発行されていません。

日本車は耐久力に定評があるため、平成17年以前に購入した自動車を今でも利用し続けている人も珍しくないと思われます。自動車リサイクル法施工の前に購入した車は、平成17年以後の車検の際にリサイクル券を購入するのが一般的です。

つまり現在、日本で利用されている、車検を通している自動車はどんなに古くても所有者がリサイクル料金を支払い、リサイクル券を保有しているはずです。

 

リサイクル料金はいつ払う?

リサイクル料金は自動車を購入の際に前払いで支払い、その預託証明としてリサイクル券が発行されます。つまり自動車一台につき、必ずその車のリサイクル券が存在しているはずです。リサイクル券は車検証と一緒に車内に保管しておくのが一般的です。

 

 

リサイクル料金は買取してもらうときに返ってくる?

リサイクル料金は自動車を購入した際に支払いますが、実際にリサイクル料金が使われるのはその自動車を廃棄処分したときです。つまりリサイクル料金は前払いする仕組みで、リサイクル券とは預託金の預かり証と考えることができます。

 

リサイクル料金は還付されるって本当?

例えば新車を購入した際は自動車リサイクル法に基づき、リサイクル料金も支払い、その預託証明としてリサイクル券が発行されます。

リサイクル券はあくまでその自動車を廃棄処分する際に必要になる費用の前払いです。そのため自動車を廃車にせず、中古車として売却した場合、リサイクル料金は使っていないため、リサイクル券も売却という形でリサイクル料金が還付されます。

 

その後、売却された自動車が中古車として売り出され、新しい購入者が車体本体の料金と併せてリサイクル券も購入します。以上のような流れで、リサイクル券は自動車の所有者に引き継がれていきます。

 

 

リサイクル料金は買い替えのとき毎回払うの?

自動車のリサイクル券はあくまでその自動車の所有者が保有するため、自動車を売却処分すればリサイクル券も一緒に売却となります。逆に考えると、自動車購入の際は新車でも中古車でも、必ずリサイクル券の購入が必要になるということです。

 

 

リサイクル券を無くした!再発行の手続きは?

リサイクル券は車検証と一緒に保管しておくのが一般的です。もしもリサイクル券を紛失した場合、再発行は不可能ですが、リサイクル券を紛失してもさほど心配はありません。

そもそもリサイクル券とは、自動車を廃棄処分した際に必要となるリサイクル料金を前払いしたことの証明書に過ぎず、感覚としては公共料金の払込用紙の控えのようなものです。

 

もしもリサイクル券を紛失した場合は「リサイクル券の預託状況」を示す書類があれば事足ります。

具体的には、自動車のリサイクル料金が支払われているかどうかの情報を管理している「自動車リサイクルシステム」というWebページにアクセスし、自身の保有する自動車の車台番号と登録番号で照会すればリサイクル料金を支払い状況が表示されます。

車台番号と登録番号は車検証に記載されています。照会したページをプリントアウトすればリサイクル料金の支払いを証明するリサイクル券の代わりとなります。

 

ちなみにリサイクル券は車検の際や売却の際も、提示の義務はありません。もしも売却の際に手元にない場合は、買取業者が「自動車リサイクルシステム」にアクセスして調べ、支払い済みであることが確認されればリサイクル料金は戻ってきます。

 

まとめ

平成17年(2005年)に自動車リサイクル法が施行され、自動車を廃棄処分する際にはリサイクル料金が必要になりました。自動車のリサイクル料金は、自動車を購入する際に預託金として前払いするシステムであり、リサイクル料金の預託証明として発行されるのがリサイクル券です。

リサイクル料金はその自動車を廃棄処分した際に使われる費用のため、自動車を売却した場合はリサイクル料金も売却価格の一部として、還付されます。そして新しい所有者が改めてリサイクル料金を支払う形でリサイクル券が引き継がれていきます。

リサイクル券は紛失してもすぐに代わりの書類が用意できるシステムのため、さほど問題はありません。

 

■愛車の買い替えをご検討なら、まずはネクステージの「愛情買取」をチェック!