人はどんな理由で車を売る?車が売りたくなったときの最適な方法も紹介!

クルマ売却ガイド

人はどんな理由で車を売る?車が売りたくなったときの最適な方法も紹介!

新車の購入を決めたり、車が必要なくなったりと、車を売りたくなるシーンはいくつか考えられます。車を手放すとなれば、少しでも高く売りたいのではないでしょうか。

 

この記事では、車を売りたくなったときの最適な方法をご紹介します。「どうやって車を売ったら良いのだろう」と困っている方は、まずはポイントを押さえておくことがおすすめです。車を売りたくなったら、ぜひ読んでみてください。

 

※目次※

1.車を売る主な理由

2.車を売る理由に合わせた売却方法

3.車を売る理由に合わせた売却のコツ

4.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を売る理由は、新車の購入やライフスタイルの変化、免許返納など様々

・ディーラーによる下取りや車買取業者への依頼などがある

・車を高く売るためには最低限の掃除をして車買取業者に持ち込むのがおすすめ!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売る主な理由

生活に必要なもののひとつが車だという人もいるのではないでしょうか。買い物に行ったり、レジャーに行ったり、移動するときにとても便利です。特に地方では生活に欠かすことができない交通手段となっています。

 

車は高価なため、買うときや売るときは少しでもお得になるようにしたいものです。たとえ車が古くなったとしても、買い取ってもらえることも少なくありません。まずは、車を売る理由について考えてみましょう。

 

新車の購入を決めた

車を購入後、初めての車検前に売ってしまうという人もいるでしょう。特に車を趣味にしている人であれば、頻繁に車を買い替えるということもあります。

 

新型の車にどんどん乗り換えて、カーライフを楽しむという選択です。いくつかの車を乗り換えることで、自分に合った車を探すことができるのではないでしょうか。

 

古い車を買い替える

車は使い続ければ劣化していく消耗品です。時期が来れば古い車を買い替える必要があるでしょう。買ってから5~10年、走行距離でいうと5~15万キロ程度で、車を買い替えるドライバーが多いと言われています。

 

愛着のある車ですから、しっかりした値段をつけてもらいたいところです。高く買取してもらえると、新しい車を買うときに奮発もできるでしょう。車を売る理由として、古い車を買い替えたいから、というのはごく一般的なタイミングと言えるでしょう。

 

ライフスタイルを変える

ライフスタイルの変化も、車を売る理由のひとつです。例えば、子どもが生まれたり、両親と同居することになったりしたため、車を大きくしたいという場合もあります。

 

それまであまり運転していなかったけれど、通勤で車を使うことになったため、燃費を意識するようになるというケースもあるでしょう。

 

車は生活に深く関係しているので、ライフスタイルに合った選択をすることが多くなります。周りの環境に合わせて、使いやすさに重点を置いて考えたいところです。ライフスタイルを変えたら、車も変えるという選択肢があるということも考えてみましょう。

 

車が必要なくなった

地方では車がないと不便ですが、都会であれば車がなくても問題ないケースがあります。電車やバスなど車に取って代わる移動手段が多くあるためです。

 

例えば、引っ越し先や転勤先が車の必要がない環境だったときは、車を売っても問題がありません。あまり乗らない車を所有するより、カーシェアリングやタクシーを利用すること、経済的負担を減らすことができます。

 

経済的な理由で車を手放す

何らかの理由でまとまったお金が必要になったため、車を売るという人もいます。

 

所有している資産の中でも、車は価値のあるものです。経済的に負荷がかかる状況になったら、売ってみようと思っても不思議ではありません。特に人気車種やまだ新しい車であれば高額で買い取ってもらうことも期待できます。

 

今の車が高く売れる

現在乗っている車が、高く売れるのであればそのタイミングで売ってしまおうと考える人もいます。

 

車は高額な買い物ですから、買い替えの際はなるべく高く売り、次の車のための資金にしたいと考える人がほとんどです。車には高く売れる時期やタイミングが存在するため、その適切なタイミングで車を売るというケースも多いでしょう。

 

免許を返納した

年齢が高くなったために、免許を返納するという人も増えています。高齢化社会のなか、運転能力に自信がなくなったり、自分で決めた年齢で運転をやめたりする人も多いでしょう。

 

免許を返納したら、乗っていた車を売ることが多くなるでしょう。免許返納も、車を売る代表的な一つのタイミングといえます。

 

故障した

車が故障して修理代が割に合わないときも、車の売却を考える瞬間の一つでしょう。車は修理をするのにもある程度の金額がかかるため、高い修理代を支払って、今の車を修理して使い続けるのならば、いっそのこと売ってしまって新しい車を買おうという選択肢もあります。

 

事故にあった

事故にあって、車を売ることにしたという人もいるでしょう。事故車は価値がないと思われるかもしれませんが、まだまだ使える中古部品には価値があり、値段をつけてくれることもあります。

 

事故で破損が大きくても部品としては問題ない場合がありますので、一度買取査定を依頼してみても良いかもしれません。

 

車が災害にあった

近年、多くの災害が起こっています。地震や大雨、津波など車が災害に巻き込まれることもあるかもしれません。

 

事故車と同じように災害にあった車であっても、部品としては再利用できる可能性があります。廃車にするのではなく、車を売るという選択をする人もいるでしょう。

 

車を売る理由に合わせた売却方法

どのようにして車を売ると一番良いのか、悩んでいる人もいるかもしれません。車を売るときは、その理由に合わせて売却方法を選ぶと良いでしょう。

 

売却方法としては、主にディーラーによる下取りや、車買取業者への依頼などが考えられます。売却理由に合わせて、どんな方法を取ればよいのかを見ていきましょう。

 

ディーラーによる下取り

ディーラーによる下取りで車を売る場合は手間がかからないというメリットがあります。引っ越しで時間がない人や新しい車の購入を決めている人にとっては良いでしょう。

 

ディーラーによる下取りの場合、下取り価格を新しい車を購入費用として使うことができるため、スムーズに手続きを行うことができるでしょう。ほとんど価値がない車でも値段がつくこともめずらしくありません。新しい車を購入するときに値引きする代わりに、下取り価格を高くしてくれるというわけです。

 

車買取業者へ依頼

ライフスタイルが変化して車が必要なくなったり、免許を返納したりというケースでは、ディーラーによる下取りより車買取業者へ依頼するほうが良いでしょう。車買取業者の買取査定額のほうが、ディーラーによる下取り額を上回ることが多いからです。

 

ディーラーを検討している人も、車にどのくらいの価値があるのか知るために、一旦車買取業者に見積もりを出してもらうのも一つの手です。ネクステージをはじめとした大手中古車販売店では、ネットや電話で簡単に申し込みができます。

 

事故車や被災した車はどこに売るのか

事故車や被災した、廃車寸前の車であっても、できればお金にしたいという気持ちがあるのではないでしょうか。

 

事故車や被災した車は車買取業者へ依頼するか、解体業者へ持ち込むなどしてみましょう。値段がつきそうにもないと思っても、一度は査定してみることをおすすめします。

 

車を売る理由に合わせた売却のコツ

車を売ることを決めたら、「少しでも高く売りたい」と考えるものではないでしょうか。そこで、ここでは車を売る理由に合わせた売却のコツをご紹介します。10年超過の車や走行距離10万キロ超え程度の車なら、しっかり売ることが可能です。

 

日本車は海外で需要があり、パーツも活用できます。さらには分解して鉄としても売れますので、車は正しく価値をつけてもらいましょう。

 

高く売るなら下取りより買取を選択

車を買い替えするときはできるだけ高く売りたいものです。一般的に、ディーラーによる下取りよりも車買取業者に査定してもらうほうが高値になります。

 

なお、オークションへ転売することを目的としている業者ではなく、自社の在庫にすることを目的としている業者をおすすめします。店頭に出せる金額ギリギリまでの高額で査定してくれることが多いからです。

 

さらに、ネクステージなど大手中古車販売店では、インターネットや電話などで簡単に申込みできるため、気軽に相談することができます。手厚いサポートが受けられることから、売却手続きが終わったときに、「意外とスムーズに終わった」と感じることができるかもしれません。

 

古い車も最低限の掃除をする

古い車や故障車を売るときは、掃除をして少しでもきれいにしておきましょう。泥はねやほこりなどの汚れを洗い流す程度でも、水洗いをする手間をかけることで印象が変わります。

 

ただし、車のボディの傷や凹みは何もせず、そのままにしておいたほうが良いでしょう。素人が簡単に直せるものではないため、自分で何か手を加えることによってかえって車の価値を下げてしまう可能性が高いからです。

 

車内は、ダッシュボードやシート、ステアリングなど見えるところを拭いたり、マットを外して掃除機をかけたり、小物入れなどのゴミを捨てておきましょう。芳香剤や後付けのドリンクホルダーなど、余分なものは取り外してから査定してもらうと印象が良くなります。

 

車内の臭いは重要なポイントです。臭いは、査定に大きく影響します。消臭にはかなりの時間がかかるため、売ると決めたら消臭剤を活用しつつこまめに換気することを心がけてください。だいたい1ヶ月くらい前から手入れし始めると良いでしょう。

 

事故車を売る前に修理する必要はない

事故車の場合、売る前に修理に出したほうが良いのか悩む人もいるかもしれません。結論から言えば、修理せずに買取査定に出したほうがお得になりやすいといえます。なぜなら修理費を上回るほど、買取価格はアップしないことがほとんどだからです。

 

傷や破損があってもそこまで神経質にならずに、そのまま買取査定を依頼することをおすすめします。傷や破損を理由に価格を下げられたら、「もし修理したらどうなりますか」と相談してみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

この記事では、車をどのような方法で売れば良いのかということを、車を売る理由別にご紹介してきました。

 

新車購入やライフスタイルが変わって車が不要になるなど、車を売ろうと考えた際には、車買取業者に査定してもらうことをおすすめします。車の売却理由に適した方法を選び、お得に車を売りましょう。

 

中古車販売のネクステージでは、車を売りたいお客様にしっかり寄り添ってサポートいたします。車を売りたいとお考えの方は、ぜひネクステージへご相談ください。

無料の査定を申し込む